生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポケットWiFiのおすすめを269件の口コミから徹底調査!無制限ならどんなときもWiFi

投稿日:2020-02-14 更新日:2020-02-14

osusume_eyecatch

「スマホの利用料金を安くしたい」

「固定回線よりも安い料金で制限なしのインターネットを楽しみたい」

上記のような理由でポケットWiFiを利用してみたい人は多いのではないでしょうか。

最初に結論を言いますと、2020年2月現在利用者からの評判が高くて最もおすすめなポケットWiFiは「どんなときもWiFi」です。

どんなときもWiFiのおすすめポイント
どんなときもWiFi(芸能人有)
どんなときもWiFi
  • 現役ユーザーの評価が5段階中4.5の高評価!
  • ドコモ・au・ソフトバンクの回線が使える
  • 速度制限にならずに完全使いたい放題

どんなときもWiFiは、対応エリアが広く利用料金も安いですが、なによりもユーザーからの評価が高いので初めてポケットWiFiを使う人や詳しくない人に特におすすめです。

しかし、すべての人にどんなときもWiFiが向いているとは限りません。

ポケットWiFiサービスを提供している会社は実は何十社もあります。

ポケットWiFiの中でも人気のWiMAXだけでも、プロバイダ(販売代理店)が20社以上もあるんですよ。

これだけ多くのポケットWiFiがあると、どれが自分の目的や利用環境に合っているのかわかりにくいですよね。

そこでこの記事ではあまり詳しくない人でも安心して快適なポケットWiFiを選べるように、

「おすすめのポケットWiFiと選ぶべき理由」

「ポケットWiFiを比較するうえで大事な7つのポイント」

「ポケットWiFi選びでよくある質問」を解説しています。

さらに、当編集部では実際にポケットWiFiを利用しているユーザーにアンケート調査し、リアルな口コミ250件以上を集めたうえでおすすめのポケットWiFiを選んでいます

あなたがポケットWiFiで気になっているポイントの口コミがあれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

記事内の情報に関して細かな精査を行ってはおりますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もありますのでご留意ください。

2020年2月現在最もおすすめのポケットWiFiはこれだ!

いま最もおすすめのポケットWiFiは、どんなときもWiFiです。

おすすめの理由は「口コミで高評価」「広いエリアで繋がりやすい」「速度制限なし、データ無制限」の3点です。

しかし、いきなりどんなときもWiFiがおすすめだといわれても素直に「へーそうなんだ」と納得しにくいですよね。

そこでここからは、おすすめの理由をわかりやすく解説していきますね。

無制限系WiFi「どんなときもWiFi」のおすすめポイント

どんなときもWiFiには、3つの特徴があります。

どんなときもWiFiの特徴

  • 実際のユーザーからの口コミで高評価
  • ドコモ、au、ソフトバンクの回線が使える
  • 速度制限にならない

1つずつみていきましょう。

ユーザーからの口コミで高評価

当編集部でどんなときもWiFiの利用者にアンケート調査をしたところ45件も集めることができました。

それだけいま注目されていて、利用者も増えているということですね。

アンケートの項目には「どんなときもWiFiのおすすめ度」というのがあり、どんなときもWiFiを5段階で評価してもらった結果、どんなときもWiFiのおすすめ度の平均値は、5段階中4.5でした。

これは当編集部が集めたポケットWiFiのアンケート調査のなかで最も高い結果です。

それでは実際の口コミを見てみましょう。

OL風の女性のアイコン
わさびーぬさん
長野県
(30代)
わさびーぬの端末
他のポケットワイファイに比べ、携帯の電波を拾ってくれるので、田舎暮らしでも使うことが出来ています。
サラリーマンの男性のアイコン
シュウヘイさん
岐阜県
(20代)
シュウヘイの端末
利用料金も安く、名前通りどんなときでも使えるから良いです。別のモバイルWiFiは圏外になって使えなかったことがありましたが、どんなときもWiFiは場所や時間を問わずWiFiが繋がるのとても便利です。
髪を分ける女性のアイコン
ペコさん
徳島県
(20代)
ペコの端末
契約に至る前にチャットみたいなので何点か気になることを問い合わせたが返答も早く納得のいく受け答えだった。

料金・通信エリア・サポート体制で上記のような高評価が目立ちました。

安さや安心して使えるかどうかというポイントで評価が高いのはユーザーにとって安心できますよね。

次はどんなときもWiFiの通信面での特徴について見てみましょう。

ドコモ、au、ソフトバンクの回線が使える

どんなときもWiFiはクラウドSIMという通信システムを使っています。

通常は、SIMカードを通信端末に差すことでインターネットと接続されて利用できるようになります。

しかし、クラウドSIMの場合はSIMカードを差さずに利用できるのです。

つまり、クラウドSIMは特定の回線ではなく、今いる場所で最も繋がりやすい回線を自動的に選んでくれるということです。

そのため、1つの回線しか使わないよりも広いエリアで繋がりやすくなっているというわけですね。

速度制限にならない

スマートフォンで動画やアプリゲームを長時間楽しむ人は、月のデータ上限を超えて速度制限になってしまったことがあるのではないでしょうか。

じつはポケットWiFiの中にも速度制限があるサービスがあります。

たとえば、UQコミュニケーションズ社が提供しているWiMAXは、通信量が3日間で10GBを超えると速度制限になってしまうのです。

キャリアスマホの速度制限は最大128kbpsですが、WiMAXは最大1Mbps。

しかし、2019年春ごろから速度制限になる条件がないポケットWiFi(無制限系WiFi)のサービスが開始されました。

無制限系WiFiの中でもどんなときもWiFiはYouTubeやTVのCMによって今もっとも有名になったサービスといえるでしょう。

ここまでご紹介したどんなときもWiFiのおすすめポイントをまとめましょう。

おすすめポイントまとめ

  • ユーザーの評判が良い
  • 利用料金が安い
  • サポートの評判がい
  • 通信エリアが広い
  • 速度制限にならない


ここまでのおすすめポイントを見て「どんなときもWiFiについてもっとよく知りたい」と思われた方は、まずは公式サイトで詳細をチェックしてみるとよいでしょう。

とはいえ、どんなときもWiFiは優れたポケットWiFiですが、すべての人にベストな選択かといえばそうとも限らないでしょう。

たとえば、利用料金の安さを最も重視する人は次にご紹介するWiMAXのほうが合っているかもしれませんよ。

WiMAXならGMO WiMAX(GMOとくとくBB)がお得

WiMAXの特徴はなんといっても利用料金の安さです。

WiMAXはプロバイダ(販売代理店)が20社以上あり、それぞれに利用料金が設定されています。

また、料金だけではなくキャンペーンも各社積極的におこなっており、GMO WiMAXはそのなかでも高額キャッシュバックがもらえるのでおすすめです。

WiMAXはプロバイダが違っても利用する回線は同じなので、お得に利用できるプロバイダにするべきでしょう。

34,600円の高額キャッシュバックが受け取れる

GMO WiMAX最大の特徴は高額キャッシュバックです。

そもそもキャッシュバックがもらえるプロバイダ自体少ないのですが、GMO WiMAXはWiMAXプロバイダのなかでも圧倒的に高額なキャッシュバックがあります。

ただし、GMO WiMAXのキャッシュバックは、やや受け取りにくく稀に受け取り損ねてしまう人もいるようです。

髪を立てた男性のアイコン
はにわにはさん
熊本県
(40代)
はにわにはの端末
キャッシュバックの案内メールが、GMOのメールにしか届かなかったのでそのメールに気づかずに申し込み期限を過ぎていた。

GMO WiMAXのキャッシュバックを受け取る際の注意点を解説した記事があるので興味がある人はぜひご覧くださいね。

実質月額最安値だから安い

GMO WiMAXは実質月額が非常に安いポケットWiFiサービスです。

まず、ポケットWiFiのお得さを比べるためによく使われる実質月額について説明しますね。

実質月額料金とは
公式サイトの複雑な料金プランをより正確にわかりやすく計算するための考え方。
この記事での実質月額料金の計算式は、
[{初期費用+(月額料金×契約期間)}-キャッシュバック]÷契約期間

じつはGMO WiMAXは毎月支払う月額料金が最安というわけではありません。

しかし、キャッシュバック額込みで計算すると、GMO WiMAXの実質月額が20社以上あるWiMAXのなかで最安値の3,349円となります。

wimax料金比較表
プロバイダ名
契約期間中の総支払額
キャッシュバック額
契約期間中の実質月額
GMOとくとくBB
評判・口コミを見る
155,160円
34,600円
3,349円

JP WiMAX
評判・口コミを見る
134,100円
11,000円
(Amazonギフト)
3,419円
新規契約停止中
GMOとくとくBB
月額割引タイプ
125,660円
2,000円
3,435円
DTI WiMAX
NTTカード払い

評判・口コミを見る
129,670円
6,000円
3,435円
Asahi Net WiMAX
135,990円
10,000円
3,500円
Broad WiMAX
評判・口コミを見る
132,176円
3,672円
Smafi WiMAX
評判・口コミを見る
132,240円
3,673円
カシモWiMAX
評判・口コミを見る
135,668円
3,769円
So-net WiMAX
評判・口コミを見る
148,656円
4,129円
UQ WiMAX
※2年契約

評判・口コミを見る
157,680円
3,000円
4,297円
BIGLOBE WiMAX
※1年契約

評判・口コミを見る
59,120円
7,000円
4,343円
家電量販店WiMAX
キャンペーンを見る
157,680円
4,380円
@nifty WiMAX
評判・口コミを見る
179,002円
4,972円
au WiMAX
※2年契約N適用時
評判・口コミを見る
130,128円
5,422円

ちなみに、WiMAX回線の回線元であるUQ WiMAXの実質月額料金は4,505円なので、GMO WiMAXの3,349円はかなり安いといえるでしょう。

ここまでの話をまとめると、誰でも使いやすい無制限ポケットWiFiを探している人は「どんなときもWiFi」、料金の安さにこだわりたい人は「GMO WiMAX(GMOとくとくBB)」がおすすめです。

ここからは、自分に合ったポケットWiFiを選びやすくするために、それぞれの回線の特徴を解説していきますね。

ポケットWi-Fi・WiMAX・無制限Wi-Fiそれぞれの特徴を徹底解説

ポケットWiFiを探すためにはまずは有名なPocket WiFi・WiMAX・無制限Wi-Fiの3種類を知っておいたほうがよいでしょう。

利用料金だけではなく、通信速度や速度制限になる条件がそれぞれ大きく違うため、特徴を知っておけば自分に合ったポケットWiFiを探すとき選びやすくなりますよ。

さて、ここまでどんなときもWiFiやWiMAXをポケットWiFiと紹介してきましたが、じつはPocket WiFiは正確にはワイモバイルが提供しているモバイルWi-Fiルーターのことなんです。

しかし、一般的に持ち運びできるモバイルWiFiのことをポケットWiFiと言われますよね。

そこで、この記事ではWiMAXやどんなときもWiFiのことは、このままポケットWiFiとします。

そして、ワイモバイルのポケットWiFiについてはPocket WiFiとしてご紹介していきますね。

Pocket WiFi(ワイモバイル)とは

Pocket WiFi(ワイモバイル)はワイモバイルが提供しているモバイルWi-Fiルーターです。

ではPocket WiFiの特徴を解説しますね。

Pocket WiFiの特徴

  • ソフトバンク回線で通信
  • 無制限モードは対応エリアが狭い
  • 利用料金は安くない

まずPocket WiFiには無制限モード(アドバンスモード)が使えるオプションがあります。

アドバンスモードのオプションに加入すると月間通信量で無制限になります。

3日間の通信量が10GBを超えると速度制限になります。

しかし、アドバンスモード対応エリアは非常に狭く東京、名古屋、大阪などの都市部以外はほとんどがエリア外となっています。

青色のエリアが「アドバンスモード対応エリア」、オレンジ色のエリアが「通常エリア」

また、通常モードは月間の通信量が7GBを超えると速度制限になってしまいます。

そのためPocket WiFiは都市部でしか利用しない人にはおすすめですが、そうでないに人は向いているとは言えないでしょう。

また、Pocket WiFiの実質月額は、4,380円です。

実質月額をWiMAXプロバイダの実質月額と比較すると最安値より1,000円ほど高い料金です。

そのため料金の安さで選びたい人にはおすすめできません。

ただし、ソフトバンク光ユーザーなら「おうち割」が適用され毎月500円割引になりますよ

ソフトバンク光と一緒に使う、支払いをまとめたいという人はポケットWiFi(ワイモバイル)も候補にしてもいいかもしれませんよ。

WiMAXとは

WiMAXはUQコミュニケーションズ社が提供しているインターネット回線サービスです。

WiMAX WiFiの特徴

  • 20社以上のプロバイダがある
  • 3日間で10GB利用すると短期の速度制限になる
  • auケータイユーザーは1,000円料金が安くなるプロバイダもあり

テレビCMでよく流れていますし、家電量販店での取り扱いもあるのでポケットWiFiといえばWiMAXという人が多いかもしれませんね。

WiMAXはUQコミュニケーションズのUQ WiMAXが有名ですが、じつはUQ WiMAX以外にもWiMAXプロバイダがあります

プロバイダによって、利用料金やサポート体制が違うので自分に最も合っているプロバイダを選ぶことができるのです。

WiMAXプロバイダのなかでとくにおすすめなのが、高額キャッシュバックを受け取れる「GMO WiMAX(GMOとくとくBB)」か、1年契約で利用できる「BIGLOBE WiMAX」です。

WiMAXプロバイダの多くは3年契約なので、「3年間も使い続けるのかわからないよ」という人は1年契約で利用できるBIGLOBE WiMAXはそれだけで選ぶ価値はあるでしょう。

無制限WiFiとは

最後に無制限系WiFiについて紹介しますね。

無制限系WiFiの特徴

  • 速度制限にならない
  • 月のデータ上限が無制限
  • WiMAXに対して端末の性能がやや低め
  • 新しい会社がサービス提供していることが多い

無制限系WiFiはTVでも宣伝しているどんなときもWiFiやよくばりWiFiなどが有名ですね。

無制限系WiFi最大の特徴はデータ上限がなく、速度制限になる条件もないことでしょう。

ほかのポケットWiFiでも無制限で使えるところはありますが、短期間では速度制限になってしまう条件があることも。

しかし、無制限系WiFiは速度制限になる条件はありません

ただしインターネット犯罪や大量のパソコンを同時に使用し、大容量ファイルを何度もやり取りするような明確に負荷をかけようとすると速度性能になることがあります。

速度制限にならないという大きなメリットがある一方で、端末の性能がやや低いというデメリットもあります。

たとえば、WiMAXの高速機種W06とどんなときもWiFiのカタログスペックの速度を比較してみましょう。

下り最大速度 上り最大速度
WiMAX(W06) 1.2Gbps 75Mbps
どんなときもWiFi(D1) 150.0Mbps 50.0Mbps

この表は横スクロールできます

 

これらの数値はベストエフォート値というわれる理想値なので、実際の通信速度がこのまま出るわけではありませんが、下りの通信速度性能に80倍も差がつくと少し気になりますよね。

また、2019年のどんなときもWiFiのサービス開始を皮切りに、新しい無制限系WiFiのサービスがどんどん増えてきています。

なかにはインターネットサービスを前から提供している大手企業もありますが、基本的には新しい通信サービス会社が多いです。

信用できる企業のポケットWiFi利用したいという人は、大手通信企業オールコネクト社のグループ会社が運営するどんなときもWiFiや、老舗の通信企業GMOインターネット株式会社が提供するGMO WiMAXなどを選ぶといいでしょう。

ポケットWiFiを選ぶときに比較すべき7つのポイント

ここでは満足できるポケットWiFiを選ぶうえで大事なポイントを7つあげていきます。

ここからはそれぞれのポイントの解説と、なぜ大事なのかをわかりやすくお伝えしていきますね。

利用者からの評判

利用者からの評判を聞けばそのポケットWiFiと契約して大丈夫か、満足できるかわかるので重要なポイントです。

しかし、最近ではサクラコメントやネガティブキャンペーンをする人も多くなっていて信頼できる評判なのかわかりにくくなっていますよね。

そこで当編集部では信頼できるアンケートを集めるために、実際に利用している端末の写真も一緒に撮ってもらいました。

前置きが少し長くなりましたが、ここで利用者からの評判が特によかったポケットWiFiを最初におすすめしたどんなときもWiFi以外の口コミをご紹介しますね。

ネクストモバイル(5点満点中4点)

髪をおろした女性のアイコン
dahliazulさん
宮崎県
(20代)
dahliazulの端末
トップにデータ通信使用量が表示されるが、毎月リセットされないので(仕様)リセット方法を問い合わせたところ、即対応してくれた。
眼鏡をかけた女性のアイコン
佐藤さん
神奈川県
(20代)
hitochanの端末
購入時に使用方法などの不明点を明確に教えてくださり、使用後に行ってほしい取引に関して、分かりやすく説明がありました。

BIGLOBE WiMAX(5点満点中4点)

眼鏡をかけた男性のアイコン
梅崎さん
長崎県
(50代)
梅崎の端末
こちらのミスで一度解約になってしまい、再度一から契約する事になりましたが、申し込み手順やお得になる申込方法など、丁寧に案内して頂きました。また、チャット式のオンラインサポートも適切で対応も良かったです。
男子学生のアイコン
匿名さん
北海道
(30代)
tokumeiの端末
新規での契約でしたが、公式ホームページから表示される順番通りに進めていくだけで、簡単に手続きできました。

アンケート調査では、サポート体制が充実しているネクストモバイルとBIGLOBE WiMAXの評判がとくによかったです。

はじめてポケットWiFiを持つ人は、ちゃんと設定し利用できるのか不安になる人もいると思いますので、上記の2社もおすすめですよ。

月額料金

ポケットWiFiの契約期間は短くても1年間以上のところが多いので毎月料金の安さは非常に重要ですよね。

しかし、いくらくらい料金がかかるのか確認したくても、ポケットWiFiの利用料金は利用期間に比例して高くなることが多く、合計でいくらかかるのかわかりにくいです。

そこでおすすめなのが実質月額を用いた料金の計算方法です。

実質月額料金とは
公式サイトの複雑な料金プランをより正確にわかりやすく計算するための考え方。
この記事での実質月額料金の計算式は、
[{初期費用+(月額料金×契約期間)}-キャッシュバック]÷契約期間

実質月額料金が安いポケットWiFiはこちらになります。

月間データ使い放題のポケットWiFi料金表
プロバイダ名
契約期間中の総支払額
キャッシュバック額
契約期間中の実質月額
Next Mobile
(ネクストモバイル)

評判・口コミを見る
77,400円
(2年契約)
3,225円
hy-Fi
79,420円
(2年契約)
3,309円
GMO とくとくBB WiMAX
評判・口コミを見る
155,160円
(3年契約)
34,500円
3,349円

よくばりWiFi
86,600円
(2年契約)
6,000円
3,358円
Mugen WiFi
評判・口コミを見る
81,720円
(2年契約)
3,405円
FUJI WiFi
83,520円
(2年契約)
3,480円
限界突破WiFi
84,000円
(2年契約)
3,500円
どんなときもWiFi
評判・口コミを見る
86,520円
(2年契約)
3,605円
めっちゃWiFi
86,520円
(2年契約)
3,605円
SAKURA WiFi
91,320円
(2年契約)
3,805円
STAR WiFi
106,520円
(2年契約)
4,438円
NOZOMI WiFi
111,500円
(2年契約)
4,646円

無制限系WiFiだとネクストモバイル、WiMAXだとGMO WiMAXが最も安い結果となりました。

ネクストモバイルはサポートの評判も良かったですし、かなりおすすめできるポケットWiFiといえそうですね。

では次にキャンペーンをみてみましょう。

キャンペーンのお得さ

ポケットWiFiはできるだけお得に利用したいですよね。

お得なキャンペーンといえばキャッシュバックキャンペーンを思い浮かべる人が多いと思いますが、じつはほかにもお得なキャンペーンがあります。

たとえば乗り換え違約金を負担してくれるBroad WiMAXは、まだ契約期間が残っているけどBroad WiMAXを使いたいという人におすすめのキャンペーンです。

また、無制限系WiFiのMugenWiFiは30日間も無料でお試し利用ができます。

キャッシュバックキャンペーンがあるかないかだけを見るのではなく、自分に合ったお得なキャンペーンを開催しているポケットWiFiがあるかどうかもチェックしてから契約しましょう。

通信速度

通信速度はポケットWiFiを選ぶうえで非常に重要です。

たとえば、高画質動画を見たくてポケットWiFiを契約したのに通信速度が遅いとまともに見られないということもあるので絶対に失敗したくないですよね。

そこで参考になるのが、「みんそく」というサイトです。

みんそくでは、通信速度の実測値だけではなく「いつ・どこ・なにで」測定したのかもすべてわかるので通信速度を調べる際はとても参考になります。

それではさっそくそれぞれの実数値をみてみましょう。

ワイモバイル(603HW) WiMAX(W06) どんなときもWiFi(D1) MugenWiFi(G4)
下り平均速度 25.64Mbps 49.58Mbps 22.58Mbps 19.21Mbps
上り平均速度 6.74Mbps 5.45Mbps 11.77Mbps 12.25Mbps

この表は横スクロールできます

WiMAXのW06が圧倒的に速い結果となりましたね。

ただ、ほかのポケットWiFiも20Mbpsは出ています

アプリゲームやインターネットサーフィンをするには5Mbps必要と言われており、AmazonやNetflixを最高画質で見る場合の推奨通信速度は20Mbps以上なので通信速度に関しては充分といえるでしょう。

速度制限の条件

スマートフォンで速度制限になるとホームページを開くのにも時間がかかりますし、絶対に避けたいですよね。

そのためにも速度制限の条件を知っておくことは重要です。

じつはポケットWiFiの速度制限後の速度は、スマホの速度制限のようになにもできなくなるほど遅くなるとは限りません。

しかし、速度制限になる条件を知っておくことで、速度制限を防ぐ対策になるのでよく条件を確認しておきましょう。

ワイモバイル(アドレスモード) 3日間で10GBを超えた場合
WiMAX 3日間で10GBを超えた場合
どんなときもWiFiなどの無制限系 なし

無制限系WiFiは速度制限になる条件はありませんが、ポケットWiFi(ワイモバイル)とWiMAXのどちらも3日間で10GBを超えると速度制限になってしまいます。

動画やオンライン対戦アプリなど通信量が多いコンテンツを楽しみたい人はどんなときもWiFiなどの無制限系WiFiを選ぶべきでしょう。

対応エリア

ポケットWiFiは持ち運んで使うものなので、自宅だけではなく旅行先や出張先などでも使えるかも気になりますよね。

今回はそれぞれのポケットWiFiが利用する回線をご紹介し比較します。

ポケットWiFi(ワイモバイル) ソフトバンク
WiMAX WiMAX、au
どんなときもWiFi ドコモ、au、ソフトバンク
ネクストモバイル ソフトバンク
Mugen WiFi ドコモ、au、ソフトバンク

トリプルキャリア対応のどんなときもWiFiとMugenWiFiがもっとも対応エリアが広いですね。

また、ポケットWiFi(ワイモバイル)やWiMAXはLTE回線を利用する場合にモードを切り替える必要があり、もし速度制限になってしまうと通信速度が遅くなるので注意しましょう。

LTEモードを利用した場合、月間通信量が7GBに制限される

LTEモードを利用すると通信速度がさらに速くなり、対応エリアも広くなりますが、速度制限のことを考えるとあまりおすすめできません。

そのため、対応エリアに不安がある人は制限がなく大手スマホキャリア3社のLTE回線が利用できる「どんなときもWiFi」や「MugenWiFi」がおすすめです。

端末の性能

利用できる端末は回線によって違います。

たとえば、WiMAXのW06の性能が優れているから無制限系WiFiで使いたくても残念ながらできません

そのためポケットWiFi選びにおいて、端末の性能も重要なのです。

ワイモバイル
803ZT
WiMAX
W06
どんなときもWiFi ネクストモバイル
連続通信時間 約12時間 約14時間 約12時間 約20時間
重量 約153g 約127g 約151g 約128g
同時接続台数 16台 16台 5台 15台

この表は横スクロールできます

大きな差があるのは同時接続台数ですね。

どんなときもWiFiの5台は少ないように思えますが、「同時」接続台数なので、同居人と利用したりパソコンやゲーム、スマートテレビなどを同時に楽しむような人でなければ充分でしょう。

基本的な性能はそこまで大きな差はありませんが、重量や接続台数などを気にする方は、ご自身の利用環境に合った端末が使えるポケットWiFiサービスを選びましょう。

ポケットWiFi選びでよくある9個の質問を解説します

ポケットWiFiの特徴やそれぞれの強みはおわかりいただけたでしょうか。

しかし、これだけではまだ「ポケットWiFiを使ってみよう」とは思わないかもしれませんね。

そこで、ポケットWiFi利用前の不安を取り除くためによくとりあげられる質問をいくつか解説していきますね。

なかにはこれまでに解説しているものありますが、より多くの人が疑問に思っていることなので、もう一度よく確認しましょう。

Q1.無制限WiFiは本当に無制限で使えるの?

A.使えます。

WiMAXなどの無制限プランがあるポケットWiFiでも通信量が一定数を超えると速度制限になるため勘違いされがちですが、無制限系WiFiは速度制限にならずに使えます

ただし、違法ダウンロードなどの犯罪行為や大容量ファイルを複数のパソコンで行うような悪質な通信をすると速度制限になることもあります。

Q2.光回線とどっちがいいの?

A.オンライン対戦ゲームやスポーツライブ配信を高画質で楽しみたい人は光回線がおすすめです。

ポケットWiFiでもオンライン対戦ゲームやスポーツライブ配信を楽しめないことはありませんが、通信量が多いコンテンツを楽しむのが目的なら光回線にするべきですよ。

Q3.クレジットカードがないと契約できない?

A.口座振替でも契約できます。

ただし、口座振替に対応しているポケットWiFiの数は多くありません。

また、口座振替で契約するとキャンペーンが適用されないこともあるので、キャンペーン目当てで契約する人はよく確認しましょうね。

ちなみにこの記事でおすすめしてるどんなときもWiFiは口座振替に対応していますよ!

Q4.WiMAXとワイモバイル(ポケットWiFi)ってどっちが速い?

A.WiMAXです。

通信速度結果共有サイトのみんそくでは、WiMAXのW06がもっとも通信速度が速いです。

ポケットWiFiのなかで通信速度にこだわりたい人は、WiMAXにするべきでしょう。

Q5.初心者でも設定は簡単?

A.簡単です。

ポケットWiFi端末は基本的に電源を入れるだけで、インターネット回線と繋がるようになっています。

もし、スマートフォンやパソコンとの接続に困ってしまったときはカスタマーサポートに相談しましょう。

当編集部が集めたアンケートでも、設定がわからなくてカスタマーサポートに相談したらすぐ解決したとありました。

また、公式サイトにチャットサポートが用意されていることもあります。

電話する時間がなかなか取れない人はチャットサポートを利用しましょう。

Q6.WiMAXはプロバイダによって速度が違う?

A.変わりません。

WiMAXは20社以上プロバイダ(販売代理店)があり、料金やサポート体制、カスタマーサポートの窓口がそれぞれなので勘違いしがちですが、どのプロバイダでも通信速度は変わりません

WiMAXのプロバイダ選びで迷っている人は、通信速度ではなく料金やキャンペーン、サポートの評判などを比較して選択しましょう。

Q7.端末はレンタルと購入どっちがいいの?

A,基本的には購入をおすすめします。

端末レンタルのポケットWiFiサービスは解約時に端末だけではなく、箱などの付属品も返却することがあります。

もし返却できないと端末がきれいな状態でも、数万円の端末損害金や端末違約金を支払うことになってしまう危険性もあるのです。

そのためきれいな状態で郵送物を保管する自信がない方は、解約時に無駄な支払いを防ぐためにも購入タイプのポケットWiFi(WiMAXなど)をおすすめします。

ただし、どちらかというと端末購入がおすすすめだというだけで、絶対に端末を購入するべきとも言い切れません

たとえば、どんなときもWiFiはレンタルしかないです。

もし、どんなときもWiFiの特徴や料金を魅力に思っているのにレンタルだからという理由で契約を避けるのはもったいないでしょう。

レンタルでも箱や付属品をきちんと保存しておけば解約時に予想外の支払いが発生することはないので、レンタル契約の場合は取り扱いに注意しましょうね。

Q8.ショップ店頭とWebのどっちで契約すべき?

A.Webがおすすめです。

Webからの申し込みしか受け付けていないポケットWiFiは、人件費などを削っており利用料金をギリギリのところまで安くしています

そのためショップ店頭で購入するよりもかなり安くなります。

ポケットWiFiは長期間使うため少しでも料金が安いほうがいいので、料金の安さは大きな魅力です。

しかし、ネットワーク通信の知識に不安がある人やWeb契約に不安がある人もいますよね。

まずは気になるポケットWiFiのカスタマーサポートに契約方法や、サポートについて相談してみてはいかがでしょうか。

もし、安心感が得られたならよりお得に利用できるのでWebから契約するべきですよ。

Q9.ポケットWiFiでオンラインゲームは遊べる?

A.可能です。ただし、FPSや対戦ゲームなどの常に通信するようなゲームは通信量を大量に消費するため快適なプレイは難しいでしょう。

オンライン対戦ゲームのような通信量が多いコンテンツは、じつは通信速度よりもPing(ピン)値が重要になります。
注釈:Ping値とは処理速度のこと。数値が低ければ低いほど良く、高いとラグが発生する。

ポケットWiFiは、このPing値が高いためオンラインゲームに向いていないのです。

フレッツ光 WiMAX どんなときもWiFi Pocket WiFi
平均下り通信速度 193.8Mbps 49.58Mbps 22.58Mbps 25.64Mbps
平均Ping値 28.67ms 86.52ms 69.32ms 75.38ms

この表は横スクロールできます

固定回線のフレッツ光と比較すると通信速度だけではなく、Ping値に大きな差があるのがわかりますよね。

快適なプレイ環境のために最低限必要なPing値は50ms以下といわれています。

たとえば、アプリゲームやターン制ゲームならPing値が高くてもそれほどストレスにならずにプレイできます。

しかし、リアルタイムオンライン対戦ゲームなどが目的ならばフレッツ光などの固定回線にするべきでしょう。

まとめ

ポケットWiFiは種類が多いので選ぶのが大変ですよね。

しかし、ポケットWiFiを使う目的と比較するべきポイントを絞り込むことで選びやすくなりますよ。

たとえば、とにかく利用料金を安くしたい人は「GMO WiMAXのとくとくBB」がおすすめです。

しかし、それでも「自分にとってどれが合っているのかわからない」という人もいるかもしれません。

そういう人にこそ、「どんなときもWiFi」をおすすめします。

どんなときもWiFiは、通信量を無制限で使えてポケットWiFiのなかで利用料金も安いです。

ポケットWiFiを使ってスマホの料金を安くしたいけど、決められないという人はどんなときもWiFiを選べば後悔する可能性は低くなるでしょう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-14 19:24:49
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/188268/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!