生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

WiMAXの口座振替対応プロバイダ3社を比較!契約手順と注意点も解説

投稿日:2019-09-30 更新日:2020-09-15

WiMAXの口座振替を目的とプロバイダ別に徹底紹介!

「WiMAXを契約したいけれど、クレジットカード持ってないんだよなぁ……」

「口座振替対応WiMAXプロバイダで安いところはない?」

WiMAXプロバイダはほとんどがクレジットカード払いのみ対応ですが、口座振替払いでも契約できるプロバイダがあります。

口座振替対応WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX……口座振替でもキャッシュバック特典あり!1年だけ使いたい人におすすめ
  • Broad WiMAX……3年間での実質月額が口座振替最安!
  • UQ WiMAX……公式WiMAXプロバイダ。申し込み手順は手間があるけどサポートが丁寧で安心感あり

WiMAXの口座振替は、銀行口座さえあれば誰でも選択できるとても簡単な支払い方法です。

ところが、細かいところを見落としてしまうと思わぬ損をしてしまうことも少なくありません。

この記事では、口座振替のいろはから注意点・おすすめのプロバイダに至るまで、WiMAXの口座振替について余すところなく紹介していきます。

この記事を参考にすれば、口座振替でも損することなく上手な契約ができるようになりますよ!

記事内の情報に関して細かな精査を行ってはおりますが最新の料金やプラン、キャンペーンは予告なく変更される場合があり、本文と差異が生じる可能性がありますのでご留意ください。

WiMAXは口座振替でも契約できる!

そもそも口座振替ってなんだろう?

WiMAXに限らず「モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)はクレジットカードがなければ契約できない」と思い込んでいる人もいるかもしれませんが、そんなことはありません!

Y! mobile(ワイモバイル)社のポケットWi-Fiやグッド・ラック社のNEXT mobile、どんなときもWiFi、この記事でご紹介していくWiMAXプロバイダでは口座振替でも契約が可能です。

とはいえ、「そもそも口座振替って何?」

「口座振替とクレジットカード払いってどこが違うの?」という疑問のある人もいるかもしれませんよね。

そこでまずは、口座振替についての基礎知識を押さえていきましょう。

口座振替とはどんな支払い方法?

口座振替とは銀行口座を利用する料金の支払い方法です。

この口座振替という支払い方法は、クレジットカードがなくとも銀行口座さえあれば支払えることが最大のメリットといえます。

そうはいっても、「銀行口座ってメガバンクの口座しか使えないんでしょう?」と思っている人もいるのではないでしょうか。

じつはこれもそんなことはなく、地方銀行や信用金庫、はたまた最近話題ネット銀行なども含めたほとんどの銀行の口座が利用できます

利用できる銀行についてはこちらが参考になりますよ。

「銀行口座といえば、『口座振込』っていうのもあるけど、口座振替ってこれのことじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんね。

口座振込と口座振替。

最後の1文字だけが違うよく似た言葉ですよね。

このふたつの言葉は「誰が中心になるか」という点に着目すれば違いが理解できます。

口座振込と口座振替の違い

口座振込の中心になるのは、銀行口座の持ち主である「あなた」です。

というのも、口座「振込」とは、預金や手元の現金を口座に振り込む(入れる)行為を指す言葉だからです。

一方、口座「振替」の中心には「銀行」があります。

なぜなら、口座振替というのは、銀行が「ある口座から別口座に預金を振り替える(移動させる)」行為だからです。

要するに口座振替とは、「あなたの銀行口座から別の銀行口座へ銀行にお金を移動させてもらって料金の支払いをする支払い方法」であるといえます。

ちなみに、「銀行にお金を移動させてもらって」という部分からわかるように、口座振替には200円の手数料がかかります

クレジットカード払いとの違いは?

口座振替がどういった支払い方法であるかがわかったところで、次に気になるのは口座振替とクレジットカード払いとの違いではないでしょうか。

WiMAXの口座振替では、クレジットカード払いと比べると、

  • 審査がある
  • プロバイダによっては本人確認書類が必要
  • プロバイダによっては「初期費用」がかかる

という3つの違いがあります。

このうち、審査と本人確認書類はとても大切なお話になるので、このあとの章で詳しくお伝えしていきますね。

初期費用については関係のあるプロバイダのところでお伝えします。

契約できるプロバイダはここだ!

では、口座振替可能なWiMAXプロバイダはいくつあるのでしょう。

当編集部が調べたところ、口座振替対応のWiMAXプロバイダは次の4社でした。

口座振替対応のWiMAXプロバイダ
  • BIGLOBE WiMAX……最新機種が契約できるプロバイダでは最安でキャッシュバック特典もある
  • Broad WiMAX……初期費用が総額で3万円近くかかるものの、月額料金が安い
  • UQ WiMAX……申し込みの流れがややわかりづらいものの、利用開始までが早い

それぞれのプロバイダについて知りたい方は、プロバイダ名をクリックすると、そのプロバイダのお話の部分までジャンプできますよ。

WiMAXを口座振替で契約する場合の大まかな流れは下記の通りです。

WiMAXを口座振替で契約する場合の大まかな流れ
  1. 申し込み
  2. 口座振替依頼書の記入・返送
  3. プロバイダでの開通審査
  4. 端末の発送
  5. 端末の到着
  6. 翌月から口座振替での料金支払いが開始される

プロバイダによって少々の違いはありますが、このようなプロセスを踏めば、WiMAXを口座振替で契約できますよ。

口座振替はここに注意!

警告標識(注意)
口座振替でWiMAXを申し込むうえでは、これからお伝えするふたつの点に気を付けなくてはなりません。

「審査」がある

WiMAXを口座振替で契約する場合、避けて通れないのがプロバイダによる審査です。

「審査」と聞くと、なんだか大変そうなものに聞こえますが、簡単にいえば「支払い能力があるかどうかの抜き打ちテストのようなもの」です。

というのも、実際に銀行口座を開設した経験のある人はおわかりのことかとは思いますが、銀行口座は最低でも1円用意すれば誰でも作れますよね。

つまり、クレジットカードと違って「銀行口座があること=支払い能力がある」という証明にならないからです。

そのため、「この人、本当に月額料金払ってくれる?」ということを確かめる目的でプロバイダは審査をするのです。

テストを受ければ、合格・不合格の判定が出されるものですよね。

それと同じで、審査にも「審査落ち」という不合格判定があります。

テストで不合格になりたくない場合は、きちんとテスト勉強をしておくなど対策をしておくことがセオリーですよね。

では、プロバイダの審査落ちにはどのような対応策が取れるのでしょうか。

じつは、プロバイダの審査落ちには明確な対処法が挙げづらいんです。

なぜなら、プロバイダの審査落ち基準は公開されていないからです。

そもそも審査落ちの基準を公開してしまったら、嘘情報でも申請ができるようになってしまって、その結果プロバイダは損をしてしまいますよね……。

そうはいっても、クレジットカードの審査落ちでは、「こんな人は落ちる!」という基準が推測されています。

それを基にすると、これから挙げる条件に当てはまる人は審査落ちに要注意かもしれません。

クレジットカードの審査落ち理由

  • ブラックリスト入りしているなど信用情報に問題がある
  • 過去に料金滞納、延滞がある
  • 本人確認書類に不備がある

裏を返せば、これらの条件に当てはまらない場合は、何の問題もなく口座振替の審査に通るといえるでしょう。

口座振替で契約する前には一度自身の支払い状況を整理しておくといいかもしれませんね。

プロバイダによっては本人確認書類が必要

BIGLOBE WiMAXでは不要ですが、Broad WiMAXとUQ WiMAXでは本人確認書類が必要となります。

Broad WiMAXではこれらが本人確認書類となります。

Broad WiMAXで使える本人確認書類
  1. 運転免許証
  2. 健康保険証
  3. パスポート
  4. 住民基本台帳カード
  5. 障碍者手帳

のうちのいずれか1点
(上記以外の書類を使いたい場合はカスタマーサポートへ要問い合わせ)

また、UQ WiMAXではこれらが本人確認書類として機能しますよ。

【UQ WiMAXの本人確認書類一覧】

本人確認書類名 条件
運転免許証 公安委員会発行で有効期限内のもの
国際運転免許証を除く
パスポート 有効期限内のもので、現住所が記載されているページも必要
日本国発行のものに限る
身体障がい者手帳 有効期限内のもので、現住所が記載されているページも必要
現住所の記載がない場合は、補助書類と一緒に提出
療育手帳
精神障がい者保健福祉手帳
特定疾患医療受給者証+「補助書類」 有効期限内のもので、住所記載されている面も必要
特定疾患登録者証+「補助書類」
健康保険証+「補助書類」
住民基本台帳カード 有効期限内のもので、顔写真があるもの
在留カード 有効期限内のもので、現住所が記載されているもの
※居住地が「未定(届出後裏面に記載)」と表記されている場合……別途、「補助書類」が必要
口座振替の場合……在留期間残り8ヶ月以上
特別永住者証明書 有効期間内のもの

本人確認書類として使える書類は全部で11種類もありますが、このうちのどれかひとつを用意すれば大丈夫ですよ。

ちなみに補助書類とは、

  • 電気やガス・水道などの公共料金領収証(発行日から3ヶ月以内で、現住所が記載されているもの)
  • 住民票(発行日から3ヶ月以内のもの)

のどちらか1点も併せて用意してください、という意味です。

これらの書類に不備があることは、先ほどお伝えしたように審査落ちの原因ともなります。

本人確認書類を用意する際は、書類のどこの面まで必要かまで気を付けて準備してくださいね。

未成年者でも申し込めるの?

親権者同意書があれば、未成年でもWiMAXを申し込める!
WiMAXの口座振替を検討している人の中には、もしかすると未成年の人もいるかもしれませんよね。

未成年者にとって重要になってくるのは、「そもそも未成年者の場合、WiMAXを口座振替で契約できるのか?」ではないでしょうか。

今回ご紹介していく3社は「親権者同意書」さえあれば未成年者でもWiMAXを口座振替で契約できますよ!

未成年者のWiMAX契約には「親権者同意書」が必須

今回の記事でご紹介していく3社のうち、BIGLOBE・Broad・UQの3社では「親権者同意書」を用意すれば未成年者でもWiMAXを契約できます

BIGLOBE WiMAXの場合

当編集部のスタッフがBIGLOBE WiMAXの公式サイトのチャットサポートに未成年者の申し込みについて問い合わせたところ、

avatar

BIGLOBE WiMAXチャットサポート

未成年者につきましては、お電話でのみお申し込み可能です。
Webでのお申し込みはできませんので、予めご了承ください。

との回答をいただきました。

その理由は、

avatar

BIGLOBE WiMAXチャットサポート

未成年者様の場合、ご契約に関する詳細説明が不可となっておりますので窓口までお問い合わせいただけますと幸いです。

とのことでした。

要するに、BIGLOBE側の大人の事情ということですね。

さらに未成年者契約の流れについても説明をいただけたので、下記をご覧ください。

BIGLOBE WiMAXの未成年者契約の流れ
  1. BIGLOBE WiMAXのカスタマーサービスへ電話をかける(電話番号は公式サイトでご確認ください)
  2. 申し込み手続き(手続き完了後、「法定代理人同意書(「親権者同意書」のこと)」が送られてくる)
  3. 親権者(保護者)が「法定代理人同意書」を記入、確証の準備をする
  4. 申込者(未成年者であるあなた)がBIGLOBEへ、「法定代理人同意書」および確証を返送
  5. BIGLOBEが申込者(あなた)へ端末を発送

ちなみに、「親権者名義(保護者の名前)」での申し込みの場合は、Webからの新規契約もできますよ。

Broad WiMAXの場合

Broad WiMAXの公式サイトのチャットサポートでも同じように未成年者の申し込みについて問い合わせたところ、

avatar

Broad WiMAXチャットサポート

未成年者の場合、19歳以上であればご両親の同意書の確認をいただければお申し込みが可能でございます。
使用者と契約者が別でもご利用いただけますので、ご家族さまの名義にてご契約いただければと存じます。

との回答をいただけました。

なお、「同意書はメールもしくは書面で送付」しているとのことなので、それらに記入を済ませたうえでBroad WiMAXへと返送しましょう。

Broad WiMAXの未成年者契約の流れを整理すると、こんな感じです。

Broad WiMAXの未成年者契約の流れ
  1. 申し込み(同意書はメールもしくは書面で送られてくる)
  2. 両親の同意書など必要書類を記入・返送
  3. 端末の発送

BIGLOBEと違いカスタマーサービスへ電話をしなくて良いので、こちらのほうが未成年者申し込みのハードルが低いかもしれませんね。

とはいえBroad WiMAXでは口座振替の申し込みには本人確認書類が必要になるので、準備を忘れないようにしましょうね。

UQ WiMAXの場合

UQ WiMAXは親切なことに公式サイトの「よくある質問」のページで未成年者契約について紹介していました。

UQ WiMAXでは、クレジットカードを持たない未成年者の場合、親権者名義のクレジットカード、もしくは口座振替での申し込みができます。

どちらの申し込み方法を取るにせよ、申し込みには親権者同意書および本人確認書類のコピーが必要です。

ちなみに、親権者同意書はUQ WiMAX公式サイトの資料請求からダウンロードできます。

UQ WiMAXにおける未成年者契約の流れを整理すると、次のとおりになります。

UQ WiMAXの未成年者契約の流れ
  1. 申し込み
  2. 必要書類の記入・返送
  3. 端末の発送

UQもカスタマーサービスへの電話をかける必要がないので、申し込みがしやすいといえるでしょう。

そうはいっても、こちらも本人確認書類を用意しなくてはならないので、必要書類の不備には充分気を付けてくださいね。

BIGLOBE WiMAXはキャッシュバック特典がある!

さて、ここからは契約できるプロバイダについての詳しいお話をしていきますね。

まずは、BIGLOBE WiMAXです。

BIGLOBE WiMAXの基本情報

BIGLOBE WiMAXは大手老舗(しにせ)プロバイダ・ビッグローブ株式会社が運営しています。

BIGLOBEの表

プロバイダ名 BIGLOBE WiMAX
契約プラン ギガ放題(1年)
特典 キャッシュバック
支払い方法 口座振替
初期費用
  • 申込手数料:3,000円
  • 端末代:19,200円
  • 代金引換手数料:400円
月額料金 3,980円
口座振替手数料:200円
支払い総額 72,760円
実質月額料金 4,813円
取り扱い機種
  • モバイルルーター:WX06・W06・WX05
  • ホームルーター:HOME 02・L02
キャッシュバック額 15,000円
加入審査の必要期間 7日ほど
端末を受け取るまでの日数 通常2日~1週間

2019年10月の電気通信事業法(インターネットや電話などの通信についての法律)の改正でBIGLOBE WiMAXの料金はまったく新しいものとなりました。

「あれ? 代引手数料400円って、『クレードル・ACアダプタを申し込んで、データ端末代との合計が8,960円を超える場合』の話じゃなかったっけ?」と思った人もいるかもしれませんね。

じつは料金一新の結果、代引手数料の「クレードル・ACアダプタを申し込んで、データ端末代との合計が8,960円を超える場合」という条件はなくなったんです。

そのため、クレードルやACアダプタなどの付属品の有無に関わらず、代引手数料は一律400円です。

ちなみに、すでにBIGLOBE光などビッグローブ社が提供している光回線などのユーザーである場合は、BIGLOBE会員割引で月額料金が毎月200円安くなりますよ。

クレジットカード払い契約前提のお話にはなりますが、当編集部ではBIGLOBE WiMAXの記事を用意しています。

BIGLOBE WiMAXの評判についての詳しいお話を知りたい場合は、こちらの記事も合わせてご一読ください。

BIGLOBE WiMAXの口コミと評判が好評!料金や速度の詳細、注意点も紹介

2019.06.14

口座振替でキャッシュバックがもらえるのはBIGLOBE WiMAXだけ!

軽く20社を超えて存在しているWiMAXプロバイダ。

そのため、各プロバイダは他社よりも一人でも多い顧客を獲得しようとさまざまなキャンペーンを展開していました。

しかし2019年10月の電気通信事業法の改正の結果、お得なキャンペーンを終了させてしまったプロバイダも少なくありません

これらお得なキャンペーンはクレジットカード契約を対象としたものなので、「口座振替契約の場合は、どうせ変わらないでしょ……」と思う人もいるかもしれませんね。

しかし、そんなことはありません!

というのも、BIGLOBE WiMAXは口座振替契約でもキャッシュバックを受け取れる唯一のプロバイダなんです。

しかもBIGLOBE WiMAXのキャッシュバックは、BIGLOBEマイページから申請してサービス開始翌月に受け取れるという超親切設定です。

一般的なキャッシュバックは受け取りに1年かかるなどの厄介な仕様に泣かされることも少なくないので、これはまたとないチャンスといえます。

「口座振替払いでもキャッシュバックがもらえるプロバイダないかなぁ……」と考えている人は、BIGLOBE WiMAXから契約することをおすすめします。

BIGLOBE WiMAXを口座振替でお得に契約する方法

BIGLOBE WiMAXを口座振替で契約する場合は、こちらの方法がおすすめです。

BIGLOBE WiMAXのお得な申し込み方法の流れ
  1. こちらをクリック
  2. オレンジの「お申込み>」ボタンをクリック
  3. 機種と機体色・付属品の有無を選ぶ
  4. プランはギガ放題(1年)一択なので、契約したい機種を選びましょう。

    モバイルルータータイプの機種を選んだ場合、端末のボディカラーも選ぶことになります。

    また、併せて付属品の有無も決めます。

    すべて選んだら、申し込み手続きに進みましょう。

  5. ユーザー情報の登録登録
  6. 契約に必要な情報を入力していきます。

    個人情報入力欄の下に支払い方法の選択画面があります。

    デフォルトがクレジットカードなので、口座振替で契約する場合は、切り替えてくださいね。

    また、支払い方法の選択項目すぐ下の「BIGLOBEメールアドレス取得」欄の入力も必要です。

    最後にページ最下部の「規約・重要事項説明書を読んで同意する」にチェックを入れたら、確認画面に進めます。

  7. 入力した情報を確認
  8. 確認画面で入力した情報に誤りがないか再度確認しておきましょう。

    入力した情報に間違いがなければ、オレンジ色の「お申し込みを確定」ボタンをクリックして申し込み完了です。

  9. 会員証と共に支払い方法登録申込書が届く(通常:2~7日ほど)ので、記入して返送する
  10. 支払い方法登録申込書などの記入例はこちらで確認できます。

    「10日以内にご返送ください」という制約があることからすると、郵便料金は少し高くなるものの、速達郵便で出したほうがWiMAX利用開始までの待ち時間を減らせるかもしれませんね。

  11. 審査を経て端末が発送される(通常: 1週間ほど)
  12. 審査には1週間くらいかかります

    審査を通った場合、端末が発送されます。

    発送された端末は、2~7日ほどであなたの手元に届きますよ。

  13. 端末が手元に届いたら、利用開始!

Broad WiMAXは初期費用とキャンペーンなしがネックだが月額料金が安い

Broad WiMAX「初期費用」がかかるなど少し癖のあるプロバイダです。

とはいえ、決して悪いプロバイダではありません。

Broad WiMAXの基本情報

Broad WiMAXは株式会社Link Lifeが運営しているWiMAXプロバイダです。

Broad WiMAXの表

プロバイダ名 Broad WiMAX
契約期間 3年
契約プラン 月額最安プラン
プラン種別 ギガ放題プラン
初期費用
  • 申込手数料:3,000円
  • 初期費用:18,857円
  • 口座振替手数料:200円
  • 代引き手数料:300円
月額料金 利用開始月:2,726円の日割り 1日あたり約91円
1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
3年支払い総額 157,983‬円
実質月額料金 4,388円
取り扱い機種
  • モバイルルーター:WX06・W06
  • ホームルーター:HOME 02・L02
加入審査の必要期間 不明
端末を受け取るまでの日数 不明

「初期費用の欄にある『初期費用: 18,857円』ってなんだよ!」と思った人もいるかもしれませんね。

この初期費用は公式サイトのよくある質問によると、「月額を抑える頭金」で「端末代ではない」とのことです。

とはいえ、初期費用: 18,857円に契約事務手数料や口座振替手数料・代引き手数料を足すと総額で2万円近く初期費用を支払わなければなりません

口座振替でもできるだけ安く契約したいと考える人には、あまりおすすめできるプロバイダではないかもしれません。

3年以上使うならBroad WiMAXがおすすめ

初期費用が総額で3万円近くかかるため、できるだけ安く契約したいと考える人には、あまりおすすめできるといえないBroad WiMAX。

しかし、「乗り換えが面倒だし3年は使うからトータルで安ければOK」にとってはおすすめのプロバイダといえるかもしれません。

というのも、先ほどご紹介したBIGLOBE WiMAXよりも月額料金が安いからです。

Broad WiMAX とBIGLOBE WiMAXの月額料金の比較表(ギガ放題プラン)

プロバイダ名 Broad WiMAX BIGLOBE WiMAX
特典タイプ なし キャッシュバック
月額料金 利用開始月:2,726円の日割り 1日あたり約91円
1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
3,980円
3年支払い総額 157,983‬円 218,280円

3年支払い総額で見ると、Broad WiMAXはBIGLOBE WiMAXよりも約6万‬円も安いんですね!

ちなみに、Broad WiMAXのキャンペーンはすべてクレジットカード払い契約が対象のため、口座振替払いを選択した場合、本当にお得になるキャンペーンは何も適用できません

とはいえ、各種オプションは口座振替契約でも変わりなく受けられるので、安心してくださいね!

Broad WiMAXの評判については下記の記事で取り上げていますので、より詳しい評価を知りたい方はぜひご一読ください。

Broad WiMAXの評判と口コミまとめ。利用者が語る高評価の理由とは?

2019.04.30

Broad WiMAXでの口座振替の契約方法

Broad WiMAXで口座振替契約をする場合は、これからお伝えする流れを参考にしてくださいね。

Broad WiMAXの口座振替契約の流れ
  1. こちらをクリック
  2. 「WebからWiMAXをお申込みする」ボタンをクリック
  3. 機種・プラン・支払い方法・オプションを選択する
  4. 機種の選択では、カラーや付属品の有無も選択することになるので、これらも忘れずに選んでいきましょう。

    また、「ハイスピードプラスエリアモードについてのご注意点」という項目にチェックを入れることも忘れないようにしてください。

    プラン選択の項目に、「auスマホ割プラン」というものもありますが、こちらはクレジットカード払いのみのプランとなるので、口座振替払いでは契約できません

    選択できるのは「月額最安プラン」一択となります。

    ちなみに、UQ mobileのギガMAX月割は、口座振替契約でも適用できますよ。

    支払い方法の選択はクレジットカードがデフォルトのため、口座振替に切り替えましょう。

    Broad WiMAXで口座振替を選択すると、「口座振替でお申込みご希望のお客様はお電話のみでご案内できる特別なプランをご用意させていただいております」という表示が追加されます

    この「特別なプラン」に興味のある人は追加された表示の中にある「オペレーターに電話で相談する」というボタンを押して問い合わせてみてくださいね。

    オプションは「いつでも解約サポート(無料)」・「安心サポートプラス(月額550円)」・「My Broadサポート(月額907円)」の3つがデフォルトで選択されています。

    このうち、「安心サポートプラス」と「My Broadサポート」は任意なので、契約するしないを決められます。

    そうはいっても、安心サポートプラスには加入しておくことをおすすめします。

    というのも、このオプションに加入しない場合、端末故障時に5,000円~19,000円ほどの実費負担をすることになるからです。

    選択画面の最後に「Broad WiMAX割引のご案内」というものがありますが、これはクレジットカード払い契約者を対象としているものなので、口座振替払い希望の場合は確認しなくても問題はありません

    入力が完了したら、「お客様情報の入力へ進む」をクリックしてくださいね。

  5. お客様情報の入力
  6. 「お名前」から「メールアドレス」までは必須項目なので、漏れなく入力・選択してください。

    また、入力画面下のチェックボックスにも忘れずにチェックを入れましょう

    入力ができたら、ページ下部の「この内容でお申し込みする」をクリックすれば、申し込みは完了です。

  7. 申し込み完了!
  8. 本人確認書類を送る
  9. Broad WiMAXでは本人確認書類をメールもしくはFAXで送信できます。

    詳しい方法はこちらから確認してくださいね。

  10. 端末が発送される
  11. 端末を受け取ったら利用開始!

Broad WiMAXといえば、全国5ヵ所に実店舗(リアルストア)があって、即日受け取りできることでも有名ですよね。

口座振替で契約する場合は「電話申し込みの場合のみ」店頭での受け取りが可能です。

Webからの申し込みでは店頭受け取りできないので、ここも要注意ポイントですね。

UQ WiMAXは口座振替でも利用までが早い!

WiMAXの回線元であるUQ WiMAXは、もちろんのことですが、口座振替払いに対応しています。

UQ WiMAXの基本情報

UQ WiMAXは、WiMAX回線の提供元であるUQコミュニケーションズ社直営のプロバイダです。

【UQ WiMAXの表】

プロバイダ名 UQWiMAX
契約期間 2年
契約プラン 新「ギガ放題」
初期費用
  • 端末代:15,000円
  • 申込手数料:3,000円
  • 支払手数料:200円
  • 代引き手数料:300円
  • 口座振替手数料:200円/月
月額料金 1~25ヶ月:3,380円
26ヶ月目以降:4,050円(2年自動更新なしプランの場合)
3年支払い総額 157,680円
実質月額料金 4,505円
取り扱い機種
  • モバイルルーター:WX06・W06・WX05
  • ホームルーター:HOME 02・L02
加入審査の必要期間 1~2日
端末を受け取るまでの日数 申し込みから5~7日

元々各WiMAXプロバイダは回線提供元であるUQ WiMAXの月額料金を基に、それぞれの月額料金を決めていました

しかし、2019年10月の電気通信事業法の改正によって、UQ WiMAXの新料金形態にならうプロバイダと、改正以前月額料金基準を維持するプロバイダと大きく2つの系統に分かれてしまった感があります。

とはいえ、UQ WiMAXはWiMAXプロバイダの総本家。

WiMAXの実質月額料金を出す場合は、改正以前基準に合わせて3年契約時の実質月額料金で比較していけば間違いはないでしょう。

UQ WiMAXのサポート評価や詳細については下記の記事でより詳しくご紹介していますよ。

UQ WiMAXの評判・口コミ集めました!サポート体制が高評価!

2019.06.17

口座振替でもなるべく早く使いたいならUQ WiMAXがおすすめ

あまり知られていないようですが、UQ WiMAXは口座振替でも割と早めに端末を使い始められるプロバイダなんです。

一般的に口座振替の審査には1週間ほどかかるといわれています。

しかし、UQ WiMAXではこちらのページから本人確認書類をアップロードした場合、1~2日で端末が発送されます。

これは今回の記事で紹介しているプロバイダの中ではもっとも迅速な対応なんですよ!

そのため、「口座振替でもなるべく早くWiMAXを使い始めたいよ!」という人はUQ WiMAXでの契約をおすすめします。

UQ WiMAXの申し込み方法

UQ WiMAXで申し込むのあれば、これからお伝えする方法がおすすめです。

UQ WiMAXの申し込みの流れ

1.こちらをクリック

2.契約したい機種を選ぶ

3.機種のボディカラー・付属品の有無・料金プラン・オプションを選ぶ

これらの項目は、基本的には二者択一なので、選ぶことは難しくないとは思います。

しかし契約プランが、「2年自動更新あり」「2年自動更新なし」「期間条件なし」と3通りあるのは難しいですよね。

これら3プランの違いは以下の通りです。

プラン名 月額料金 契約解除料(違約金) 自動更新
2年自動更新あり 3,880 円/月 1,000円 あり(2年間)
2年自動更新なし 1~25ヶ月目:3,880 円/月
26ヶ月目以降:4,050円/月
1~24ヶ月目:1,000円
25ヶ月目(更新月):0円
26ヶ月目以降:0円
なし
期間条件なし 4,050 円/月 なし(契約期間の縛りが設定されていないため) なし

解約のしやすさを踏まえると、おすすめは「2年自動更新なし」タイプといえそうですね。

また、端末補償オプションの選択も求められていますが、こちらは任意のものです。

すべて選んだら、ページ下部・緑の「ご購入手続きへ」ボタンをクリックして、次に進みましょう。

4.申し込みフォームに切り替わるので、規約類を確認していく

このステップでは規約類を確認していきます。

規約類はチェック項目横のボタンをクリックすれば確認できますよ。

なお、チェック項目は対応する規約類のボタンをクリックしていなければチェックできないようになっています

必ずすべての規約のチェックボックスが選択されていて「同意するボタン」も選択されていることも確認してから「次へ」ボタンをクリックしてくださいね。

5. 「お客様情報」の入力

契約者情報を入力していきます。

入力し終わったら、ページ下部の「次へ」ボタンをクリックしましょう。

6. 「ご利用料金のお支払方法」の選択

ここでようやく口座振替の選択ができます。

デフォルトはクレジットカードなので、口座振替で申し込みたい場合は切り替えを忘れないでくださいね。

UQ WiMAXでは口座振替の手続き方法を「Web申込」「口座振替依頼書」のどちらかから選べるようになっています。

「Web申込」を選択すると、申込完了後に専用のサイトで振替口座のある金融機関を選択する手続きをします。

一方、「口座振替依頼書」を選択すると、「口座振替依頼書」と「本人確認書類(コピー)」の提出が必要となります。

この口座振替依頼書パターンでは、端末とは別に送られてくる口座振替依頼書を返送しなくてはならないので、時間がかかるといえます。

タイムラグをなるべく減らしたいのであれば、郵便料金が少し高くなっても速達で返送するのが得策かもしれませんね。

また、口座振替依頼書パターンでは手続きの完了まで2ヶ月ほどかかる可能性もあるといわれています。

ちなみに、口座振替手続きが完了するまでは「コンビニ支払いの振込用紙」で料金を支払うことになります。

選択し終えたら、「次へ」ボタンをクリックして次のステップに進みましょう。

7. 「ご購入商品のお支払方法」の選択

こちらもクレジットカードがデフォルトなので、口座振替で申し込む場合は「代金引換」に切り替えるようにしてください。

ちなみに、UQ WiMAXの代引き手数料は、

  • 1万円まで……300円
  • 3万円まで……400円
  • 10万円まで……600円

となっています。

切り替え終えたら、「次へ」ボタンをクリックしましょう。

8.申し込み情報の確認

ここまで入力してきた情報に間違いがないことを確認したら、最後に数字4桁の暗証番号を設定しましょう。

この暗証番号というのは、会員ページ(My UQ WiMAX)利用時に必要となるものです。

設定したら、忘れないようにどこかにメモを控えておきましょう

暗証番号を設定して、楕円形で緑色の「お申し込みをする」をクリックすれば、申し込み手続きは完了です!

9.申し込み完了!

10.本人確認書類の提出

すでにご紹介したように、専用ページを利用する形で本人確認書類を提出すると、あとの流れがスムーズです。

11.端末が発送される

すでにお伝えしているように専用ページを利用して本人確認書類を提出している場合は、最短1~2日で端末が発送されます。

発送された端末は申し込みから5~7日であなたの手元に届きますよ。

12.端末を受け取って利用開始!

申し込み手続きがややわかりづらいのが難ですが、利用までの早さを求める人にはこれ以上のプロバイダはないといえます。

申し込みフォームによると、「約5~10分で申し込みが完了します」とのことなので、落ち着いて順に進めていきましょう。

まとめ

ここまでWiMAXの口座振替についてご紹介してきました。

口座振替対応のWiMAXプロバイダ3社についてまとめると次のとおりです。

口座振替対応WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX……口座振替でもキャッシュバック特典あり!1年だけ使いたい人におすすめ
  • Broad WiMAX……3年間での実質月額が口座振替最安!
  • UQ WiMAX……公式WiMAXプロバイダ。申し込み手順は手間があるけどサポートが丁寧で安心感あり

どのプロバイダにも一長一短があるので、それぞれをしっかりと比較して、納得できるプロバイダで契約してくださいね。

WiMAX以外のポケットWiFiで口座振替できるかどうか気になる方は下記の記事でわかりやすく解説していますのでご参考にしてみてください。

【2020年10月】ポケットWiFiは口座振替契約可能!月額比較でおすすめはWiMAX

2020.02.10

WiMAX・ポケットWiFiのおすすめ記事

WiMAXおすすめプロバイダTOP5【2020年10月】キャンペーン込み料金・評価を徹底比較

2019.03.27

2020年10月ポケットWiFiのおすすめTOP5!安さ・容量・速度を徹底比較

2020.02.14

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-09-15 12:04:17
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/167557/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!