生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

Broad WiMAXの速度は利用者から高評価!通信制限とその他の遅くなる原因も解説

投稿日:2019-09-27 更新日:2020-10-12

Broad WiMAXの速度に満足している女性

「Broad WiMAXがお得と聞いているけど、通信速度が遅くないか心配」

「Broad WiMAXを使っていてカクカクしたんだけど、ほかのプロバイダより遅いんじゃないの?」

という疑問をお持ちの方のために、もうはじめからBroad WiMAXの通信速度についてまとめておきましょう。

Broad WiMAXの速度についてまとめ

  • Broad WiMAXの通信速度は大元のWiMAX回線速度次第
  • Broad WiMAX以外のWiMAXプロバイダの通信速度もWiMAX回線次第
  • WiMAX回線の実際の通信速度は30~50Mbps
  • ゲームアプリや高画質配信を楽しむのに必要な速度は20Mbpsあれば問題なし

つまり、Broad WiMAXはほかのWiMAXプロバイダに比べて遅くないし、基本的に動画もゲームも十分楽しめる通信速度のプロバイダなんです。

とはいえ、言葉だけではなかなか信じられませんし、実際使っていてカクついたことがある、という方はとても納得できませんよね。

そこでこの記事では、次の3点を主にご紹介しています。

この記事でわかること
☑ WiMAXの速度の仕組み
☑ WiMAX通信速度の全国実測値
☑ Broad WiMAXを実際に使っている方のリアルな速度の口コミ(編集部アンケート)

さらに、記事の後半では「Broad WiMAXが突然遅くなる原因」についても解説していますよ。

前もって速度低下の原因を知っておけば、「Broad WiMAXが突然遅くなってイライラした」という事態を未然に防ぎやすくなるでしょう。

また、すでにご利用中の方であれば通信速度を改善できるかもしれません。

それでは、この記事を参考に、Broad WiMAXを高速なまま快適に使ってみてくださいね。

プロバイダ名

おすすめポイント

Broad WiMAX

☑月額割引タイプの人気プロバイダ
☑最短即日発送、店舗近くなら即日受け取り可能

記事内の情報に関して細かな精査を行ってはおりますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もありますのでご留意ください。

Broad WiMAXの通信速度は遅くない!WiMAXプロバイダの速度の仕組み

「Broad WiMAXの通信速度は遅くない」という言葉には、2つの意味があります。

Broad WiMAXの速度について
  1. Broad WiMAXの通信速度は他のWiMAXプロバイダと比べて原則的に変わらない
  2. Broad WiMAXが使っている大元のWiMAX回線速度自体が遅くない

まず1の意味からご説明しましょう。

Broad WiMAXは、WiMAXプロバイダという「WiMAX回線を使ったインターネットサービスを販売する代理店」のひとつです。

WiMAXプロバイダは現在20社ほどありますが、売っているのはすべて同じ「WiMAX回線を使ったインターネットサービス」なんですね。

WiMAXのプロバイダとの関係

図のとおり、プロバイダが違ってもユーザーが使っているのは同じUQコミュニケーションズのWiMAX回線なんです。

そのため、「Broad WiMAXだけが他のプロバイダと比べて遅くなったり速くなったりすることはない」ので安心してくださいね。

実際、Broad WiMAXや他のプロバイダも、「よくある質問」の「通信速度がどれくらいか」という質問に対して、UQコミュニケーションズ社の公表値と回答をしています。

次に、2の「WiMAXの回線速度自体が遅くない」という点を簡単に解説していきましょう。

UQコミュニケーションズ社によると、現在のWiMAX自体の最大通信速度は440Mbpsと公表されています。

ちなみに、メジャーな動画配信サービスであるAmazonプライムビデオを最高画質で見る場合の推奨通信速度は、15~20Mbpsとされています 。

「440Mbpsって速すぎ!」と思いますよね?

WiMAXはそもそも高速な通信速度と毎月無制限のデータ容量(ギガ放題プラン)が売りの無線インターネットサービスなので、「WiMAXの回線速度自体も遅くない」んです。

ただし、最大通信速度は440Mbpsですが、これはあくまで「最高の条件が重なった場合の最大通信速度」です。

「じゃあ実際の通信速度は遅いんじゃないの?」という点はもっとも気になるポイントですよね。

そうした疑問を解消するため、ここからは「全国の地域別実測値」と、「実際にBroad WiMAXを利用している方のリアルな速度評価」をご紹介していきましょう。

WiMAX通信速度の地域別実測値

さっそく、直近3ヶ月のWiMAX通信速度の地域別平均実測値を見ていきましょう。

WiMAXは通信に使うルーター(WiMAXに接続するための端末)によっても通信速度が変わってきます。
そのため、今回は現在主力のW06(モバイルルータータイプ)と、据え置きタイプのL02(ホームルータータイプ)の通信速度を紹介しています。
また、実測値は全国の通信速度を集計しているサイトみんそく様からの引用になります。

W06の通信速度(Mbps) L02の通信速度(Mbps)
全国平均 41.74 41.75
東京 44.95 31.29
大阪 41.13 49.82
北海道 32.13 40.01
福岡 29.03 35.12

※この数値は2020/10/12のものです

地域によって多少違いますが、全国平均で見ると、ホームルータータイプであるL02の通信速度のほうが速めになっていますね。

家に据え置きするL02のほうが、機器のサイズも大きく受信アンテナの性能が高いため実測値にも影響が出ていると考えてよいでしょう。

とはいえ、持ち運びできるモバイルルータータイプでも高画質動画やゲームアプリを楽しむうえで十分な通信速度が出ています。

さらに、当編集部ではより詳しくBroad WiMAXの通信速度を調べるため、実際の利用者の方々にアンケートを取っています。

次の章では、実際のBroad WiMAXユーザーからの通信速度評価や口コミを紹介していきますよ。

Broad WiMAX利用者が語るリアルな通信速度評価

Broad WiMAXの速度の口コミを気にする女性

当編集部では、Broad WiMAX利用者の方に実際にアンケートを取り、リアルな口コミや評価を調べています。

その中でも、通信速度にフォーカスして口コミをご紹介していきますね。

できるだけ使用端末やご利用の地域が幅広い口コミをピックアップしているので、ご自身の利用環境に近い人の口コミがあればぜひ参考にしてみてくださいね。

 

makkomi_imageみいさん
20代
北海道札幌市
Broad WiMAX利用者の実機1

利用機種 W05

Broad WiMAXの通信速度評価とエピソード
他社よりも安く、キャンペーンがお得です。私はキャンペーンで2万円の端末が無料になり、初期費用も安く済みました。
通信も安定していて、YouTubeもサクサク観ることができます。毎日観ていますが制限されたことは今のところありません。
ポケットWi-Fiなので家以外でも利用できます。

 

makkomi_image高橋@大田区さん
50代
東京都
Broad WiMAX利用者の実機2

利用機種 W04

Broad WiMAXの通信速度評価とエピソード
1人暮らしなので、自宅に固定回線を引く必要はないと思い、モバイルルータにしています。カバンに入れておけば、自宅のほか外出先でのPC操作に使用でき、スマートフォンでも容量が大きい送受信には使えますので、スマホのデータ契約が最小で済みます。通信速度にも問題ありません。

 

makkomi_imageこなちゃんさん
20代
東京都
Broad WiMAX利用者の実機3

利用機種 HOME 01

Broad WiMAXの通信速度評価とエピソード
速度制限が深夜帯なので、日中に使いすぎても深夜にさえ使わなければ特に不自由はない。ただ、通信制限が入ると本当に遅くなるので注意が必要です。前に別会社のネット回線を使用していたが、それより料金もおさえられているので、基本的には満足しています。

 

makkomi_imageumbrellaさん
30代
北海道
埼玉県
鹿児島県
Broad WiMAX利用者の実機4

利用機種 W05

Broad WiMAXの通信速度評価とエピソード
私はスマートフォンを持たずタブレット端末とガラケーを所有していて、 WiMAXを使用しています。トータルの料金もこちらの方が断然安く済んでいます。
仕事柄出張が多くネット環境がない事もあるので、使用していますが、電波、速度など不便を感じたことがありません。ちなみにオンラインゲームもサクサク動くぐらい速度は満足しています。7G制限もありますが通常の使用状況で越えたことはありません。2+にしなくても全然問題ないレベルです。

 

makkomi_image佐々木 綾香さん
20代
東京都品川区
Broad WiMAX利用者の実機5

利用機種 W06

Broad WiMAXの通信速度評価とエピソード
通信量の制限が3日で10Gなのでほとんどの作業に支障が出ないですし、たとえ通信制限がかかってしまってもインターネット使用量の少ない深夜帯だけなので朝から普通の速度でネットが使用できるところがとても素晴らしいと思います。しかもこの性能で金額もかなりお得なのでとても気に入っています。

通信速度については、ご利用の機種にばらつきがあるにも関わらず、ほとんどの方が星4評価をつけていました。

Broad WiMAXはやはり速度面で特別な不安はなく、多くの方の用途で十分な通信速度が出ていると考えてよいプロバイダでしょう。

また、通信速度以外に「料金が他社と比べても安いと思う」「キャンペーンがお得」という料金面で高評価をつけていた方が多いのは、Broad WiMAXの特徴ですね。

WiMAXプロバイダは、通信速度はどのプロバイダも基本的に変わりませんが、料金面やサポート面は「プロバイダ次第」で変わってきます。

つまり、「安くて満足できるWiMAXプロバイダを選ぶなら、料金面やサポート面を重視して比較するべき」といえます。

Broad WiMAXのお得なキャンペーンと、サポート面も含めたリアルな評判をより詳しく解説した記事もありますので、Broad WiMAXに申し込むかどうかを考える参考にしてみてくださいね。


ここまで、Broad WiMAXの速度は遅くないということを解説してきました。

とはいえ、遅くなることが決してないというわけではありません。

次の章からは、WiMAXの通信速度が低下する場合について解説していきますね。

WiMAXが遅くなる主な原因は「速度制限」

通信速度が速いはずのWiMAXが極端に遅くなってしまった場合、まず考えるべき原因は速度制限です。

WiMAXの速度制限とは、短期間に大容量のデータ通信を行った場合、一定期間通信速度を制限することを指します。

スマホでいう、月のデータ容量を超えてネットをすると通信速度が遅くなる通信制限のようなものですね。

「WiMAXって無制限じゃないの!?」と驚く方もいるかもしれませんので、簡単に解説しておきましょう。

WiMAXは月のデータ容量は無制限ですが、3日間で10GB以上のデータ通信をしてしまうと、翌日の18時~深夜2時までの8時間だけ、速度が1Mbpsに制限されてしまいます(ギガ放題プランの場合)。

上記の場合、速度制限が解除されるのは3日間のデータ使用量の合計が10GBを切った日です。

3日10GBの速度制限条件の図

10GBというと、YouTubeを最高画質で6~7時間ほど見てようやく突破できる容量なので、普段使いする分にはあまり気にする必要はないかもしれません。

しかし、固定回線代わりにWiMAXを使っていて、大きなデータのアップデートを連続でしてしまうと10GBを超える危険性もあります。

WiMAXを使う場合、思わぬ速度低下を防ぐためにも短期間の速度制限については意識しておいたほうがよいでしょう。

WiMAXの速度制限についてより詳しく書かれた記事もありますので、速度制限の不安を解消してWiMAXを使いたい方はぜひ参考にしてくださいね。

速度制限じゃないのにBroad WiMAXの速度が遅くなることはある?

速度制限でないなんらかの原因で、Broad WiMAXの通信速度が遅くなる場合もあります。

そうした場合、大まかに分けて次の3つのどこかで問題が発生している可能性が高いでしょう。

速度低下の問題が起こるのは?

  1. WiMAX回線の問題
  2. WiMAXルーターと接続する機器の問題
  3. WiMAXルーターを使用する環境の問題

wimaxの速度低下問題発生部分

1は「大元のWiMAX電波を受信する時点で発生する問題」。

2は「WiMAXルーターと機器を接続する際に起こる問題」です。

3の「使用環境の問題」は、WiMAXの利用環境固有の問題という意味になります。

さらに、よくある速度低下の原因として考えられるものを、問題別により詳しく一覧にしてみました。

大まかな問題箇所 考えられる原因
1.WiMAX側 電波が入りにくい場所でルーターを使っている
ルーターが省電力設定になっている
古いほうのWiMAXを使っている
2.接続機器側 WiFi接続が「802.11ac」設定になっていない
USB接続していない(PCの場合)
3.使用環境側 家電使用時の電波が干渉している
電波を遮る障害物が家の中にある

それぞれの原因について、もう少し説明していきましょう。

WiMAX側の原因

WiMAX電波を受信する時点で起こる速度低下問題の原因は、主に次の3つが考えられます。

WiMAX側の主な原因

  • 電波が入りにくい場所でルーターを使っている
  • ルーターが省電力設定になっている
  • 古いほうのWiMAXを使っている

まず、大元のWiMAX電波は、「まっすぐ進む性質が強いので障害物が多いとつながりにくくなる」んです。

建物の密集地や地下施設、分厚い壁に囲まれた屋内などは苦手なんですね。

周囲にビルが多く、壁のしっかりしたマンションでWiMAXルーターを使う場合は遭遇しやすい問題でしょう。

そうした環境にお住いの場合は、「窓辺など電波を受信しやすい場所にルーターを置く」と通信速度が改善されやすくなります。

ほかにも、「金属製のボウルなどでルーターを囲んであげると電波の受信状況がよくなる」という対策もあります。

WiMAX電波受信を改善する方法

次に、WiMAXルーターのバッテリーを節約しようとして省電力モードにしていた場合も、速度低下の原因になります。

省電力モードではバッテリーの消費が抑えるために通信性能も制限されているので、高速ネットを楽しみたいときは省電力モードを解除しておきましょう。

また、2015年以前からWiMAXをご利用の方は、「古いほうのWiMAX回線を使っている可能性」があります。

実は現在のWiMAX回線は、「WiMAX2+」という新しい規格なんです。

古いほうのWiMAX回線(以降は旧WiMAX回線と呼びます)は2009年からサービス開始しており、2015年により通信速度の速い「WiMAX2+回線」が登場しました。

旧WiMAX回線は現在最大13.3Mbpsに通信速度が制限されており、2020年3月にはサービス自体終了しました。

もし旧WiMAX回線を使っていて、今後もWiMAXを使いたいという方は「WiMAX2+回線」対応機種にルーターを変更しましょう。

WiMAX2+回線への乗り換えについて詳しく解説した記事はこちらですので、旧WiMAX回線をお使いだった方はご参考にしてくださいね。

接続機器側の原因

WiMAXルーターとPCやスマホなどを接続する時点で速度が遅くなっている場合、よくある原因は次の2つです。

接続機器側の主な原因

  • 接続機器のWiFi設定が「802.11ac」になっていない
  • USB接続していない(PCやタブレットの場合)

まずは接続機器のWiFi設定について簡単に説明していきましょう。

WiMAXルーターとPCやスマホなどを無線で接続する場合、主にWiFiという規格の短距離無線通信を使います。

現在のWiFi設定は簡単に言うと、「高速な通信速度の802,11ac」と「前者に比べやや低速な802,11b,g,n」という2種類に分けられます。

802.11ac 802.11b,g,n

違い

  • 高速
  • 障害物に遮られやすい
  • 802,11acに比べやや低速
  • 障害物を回り込んでつながりやすい

接続機器側のWiFi設定が「802.11b,g,n」になっていると、「802.11ac」設定と比べて通信速度が遅くなってしまいます。

接続機器が「802.11b,g,n」設定になっていて遅いと感じた場合、「802.11ac」設定にすると通信速度が改善される可能性がありますよ。

また、PCやタブレットをWiFi接続で使っていて「遅い」と感じた場合は、WiMAXルーターとUSB接続すると通信速度が改善される可能性が高いです。

無線接続と違い、USBケーブルでの有線接続は周囲の電波環境の影響を受けないため通信速度が安定します。

USBケーブル自体のデータを送受信する速度も最大480Mbps(USB2.0規格)と高速なので、PCやタブレットをWiMAXで利用する場合は、できるだけルーターとUSB接続しましょう。

使用環境側の原因

WiMAXを使用している環境が問題で通信速度が低下している場合、考えられる原因は主に2つあります。

使用環境側の原因

  • 家電使用時の電波が干渉している
  • WiMAX回線やルーターのWiFi電波を遮る障害物が家の中にある

「電波の干渉」とは、わかりやすく言うと「WiFiの電波と同じ周波数帯の電波がぶつかるとWiFi電波がつながりにくくなったり途切れたりする」現象です。

周波数帯とは電波の性質の1つで、同じ周波数帯の電波はぶつかって遮られやすくなります。

とくに、「802.11b,g,n」のWiFi電波は、電子レンジなどと同じ「2.4Ghz帯」という周波数帯なので、近くで多くの家電を使っていると電波干渉により速度低下しやすくなってしまうんです。

ちなみにWiMAX電波と「802.11ac」WiFi電波は「5Ghz帯」です。

電波干渉による速度低下を防ぐには、作動中の家電から機器を離すか、「802.11ac」接続またはUSB接続を試すとよいでしょう。

また、家の中にWiMAX電波やWiFi電波を遮る障害物がある場合も、接続が切れやすくなる可能性があります。

さきほど、WiMAX電波と「802.11ac」WiFi電波が障害物を苦手とすることはお伝えしました。

金属製のインテリアや分厚い壁にルーターの電波がさえぎられていると、通信速度に悪影響を及ぼしてしまいます。

ルーターと機器の間にはなるべく障害物がないように配置するか、障害物に強い「802.11b,g,n」設定で利用すると改善される可能性が高くなりますよ。

通信速度が低下する主な原因を知っておけば、遅くなったときでも自力で改善できる可能性があります。

しかし、自力で対策をしても通信速度が改善しない場合は、プロバイダサポートに頼らざるを得ません。

そこで最後に、Broad WiMAXを使っていて、どうしても原因がわからない通信速度低下が発生した場合の対処方法をご紹介します。

原因不明ならBroad WiMAXサポートへ問い合わせよう

Broad WiMAX利用中に原因不明の速度低下が発生した場合、公式サポートセンターに問い合わせる方法は次の3つです。

Broad WiMAXのサポート

  • チャットサポート
  • 電話のサポート窓口(受付時間11:00~18:00 月曜~土曜)
  • メールフォームでの問い合わせ

Broad WiMAX会員サポートページ(公式)

Broad WiMAXはサポート体制が充実していると評判のプロバイダでもあります。

とくに、チャットサポートが新規契約者向けだけでなく、利用中のユーザー向けにも用意されているところがありがたいポイントです。

Broad WiMAXに限りませんが、電話でのサポートは混雑して待たされることも多く、困っているときはなおさらイライラしてしまいますよね…。

電話がなかなかつながらないときも、チャットサポートなら長時間待たされるストレスを感じずに相談できるでしょう。

まとめ

ここまでBroad WiMAXの速度について詳しく解説してきました。

記事の内容を簡単にまとめておきましょう。

この記事のまとめ

☑ Broad WiMAXなどのWiMAXプロバイダの速度は基本的にどこも同じ
☑ Broad WiMAX自体の通信速度や安定性は評判よし
☑ WiMAXの速度が遅くなった場合の主な原因は「速度制限」
☑ 速度制限以外もさまざまな原因で通信速度が低下する可能性はある

WiMAXプロバイダはどこも同じWiMAX回線なので速度自体は基本的に変わらないものの、「料金面でのお得さ」や「サポート体制」はプロバイダによって違います。

つまり、お得に安心してWiMAXを使うためにはWiMAXプロバイダを比較したほうがよいということですね。

20社以上あるプロバイダの中でも、Broad WiMAXは「毎月料金」「キャンペーンのお得さ」「サポート体制」といった点で高評価の人気プロバイダです。

安くて安心できるWiMAXプロバイダを探しているという方には、候補の1つに入れてもよいプロバイダといえますよ。

Broad WiMAXのお得なキャンペーンや、実際に使っている方の評判をより詳しく知りたいという方は、こちらの記事をぜひ参考にしてみてくださいね。


WiMAXおすすめプロバイダTOP5【2020年10月】キャンペーン込み料金・評価を徹底比較

2019.03.27

2020年10月ポケットWiFiのおすすめTOP5!安さ・容量・速度を徹底比較

2020.02.14

WiMAXが遅いときの原因は9つ!通信速度を改善するための対処法も紹介

2020.10.06

WiMAXの速度を全国のユーザーからアンケート調査!改善方法も教えます

2018.12.14

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-10-12 15:32:04
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/167122/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!