生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

【体験談】auからUQモバイルに乗り換える手順とお得なキャッシュバックキャンペーン

投稿日:2019-09-05 更新日:2019-12-02

auからUQモバイルに乗り換えた女性

「毎日長時間電話をかけたり動画を観たりしてるわけじゃないのにauのスマホ代が高い……」

auからUQモバイルへの乗り換えを考えている方は、おおむねこのように感じたことがあるのではないでしょうか。

3年目auユーザーだった筆者も、使用量に対して毎月のスマホ代が8,200円~8,500円と高かったので、スマホ代を節約するためにUQモバイルへ乗り換えました。

結果から言いますと、「毎月スマホ代は8割安くなり」「通信速度はau時代と体感上変わらず高速」で大満足です!

しかし、実際の乗り換え作業中、ネットを調べただけではわからなかった大変さもありました。

そこでこの記事では、筆者の実体験をもとに次の4点を詳しく解説しています。

 

この記事でわかること
  • UQモバイルに乗り換えるとどうなるか
  • あなたがUQモバイルに乗り換えるべきかどうか
  • お得な乗り換えキャンペーン
  • 実際の乗り換え手順と意外な注意点

 

「大手キャリア以外を利用するのは不安」「UQモバイルに乗り換えたいけど自分でできるか心配」という方でも安心して乗り換えられるように、実際の写真と図も盛り込んだ内容となっていますよ!

わからないところだけでも目を通して、安心してお得にUQモバイルへ乗り換えてくださいね。

※記事内で紹介しているキャンペーン内容、料金プランは2019年11月時点であり、筆者が乗り換えた当時と大きく変更がありました。最新情報の正確性に関しては徹底的な精査を行ってはおりますが、実際の料金はリンク先の公式サイトにて必ずご自身でお確かめください。

auからUQモバイルへ乗り換えたら月額6,500円ほど安くなった

auからUQモバイルに乗り換えて喜ぶ主婦

この章でわかること
  • 毎日長時間の電話が必要な人以外はauからUQモバイルに乗り換えるとほぼ確実にスマホ代が安くなる
  • キャンペーンサイトからUQモバイルに申し込むと「現金5,000円キャッシュバック」がもらえてお得!

 

auからUQモバイルへ乗り換えてもっとも大きかったメリットは、月のスマホ代が6,500円は安くなったことです。

au時代
LTEプラン利用 月額8,200円~8,500円

UQモバイル
旧おしゃべりプランS利用 月額1,600~1,700円ほど
UQモバイル月額の明細

 

元々一番の目的は「スマホ代の節約」だったので安くなるのは当たり前ですが、7,000円近く安くなるんだなと驚きました。

といっても、「人によって使用状況や料金プランが違うからそこまで安くなるとは限らないだろう」と思う方も多いですよね。

結論からいうと、「毎日電話を長時間する人以外はほぼ間違いなくauからUQモバイルに乗り換えたほうがお得」になります。

「ネットをかなり使う」という方でも、毎月9GBまで使える料金プランが、2,980円で使えるのでほとんどのau利用者がスマホ代を節約できるでしょう。

とはいえ、「自分もauから乗り換えたら本当に安くなるのか」と疑問を持つ方もいると思いますので、まずは私の過去のスマホ使用状況から解説していきますね。

※「auからUQモバイルに乗り換えたほうが安くなるのはもうわかった」という方は、この章を読み飛ばしても大丈夫ですよ。

筆者の以前のスマホ使用状況

  • 2016年にauと契約(3年目)
  • auでの料金プランはLTEプラン(月のデータ上限7GBの旧定額プラン)
  • 毎月料金は税込みで8,200~8,500円ほど(プラン基本料金+通話代)
  • 月のデータ使用量はおよそ3GB前後、多いときで4GB(LINE、ツイッター、サイト閲覧をかなり使う)
  • 短い電話が多く、1ヶ月の通話時間は合計30~40分程度だが、まれに10分以上通話することも(通話オプションを使うほど通話しない)
  • 持っているスマホ(iPhone7)はまだ使い続けたい

まとめると、「月のデータ使用量およそ3GB、月の通話時間およそ30~40分で、毎月8,200~8,500円払っているauユーザーだった」というわけですね。

自分のスマホ料金を見直してみると、「データ使用量などの割にスマホ代が高い」と感じたのが、auから格安SIMへの乗り換えを考えたきっかけです。

UQモバイルに乗り換えた結果、ひと月のスマホ代は1,600円ほどまで安くなったんですが、実ははじめは乗り換えだけを考えていたわけではありません。

「UQモバイルなどの格安SIMは大手キャリアよりは不便なのではないか」

「格安SIMへの乗り換えはやったことがないので少し心配」

という気持ちもあったので、「auでの料金プランの変更でスマホ代を節約できないか」とも考えました。

同じような疑問をお持ちの方のために、次にau料金プランの簡単な解説とUQモバイルの料金プランとの比較をしていきますね。

auの料金プラン解説とUQモバイルとの比較

現在のauの利用料金プランは次のように考えるとわかりやすくなります。

※2年間の利用で料金が割引される「2年契約(自動更新)」を前提としています。

auの新料金プランイメージ※クリックすると大きな画像が開きます

つまり、自分のネットと電話の使用状況に合わせて、データ容量ごとの料金プランと通話オプションを組み合わせるということですね。

「家族割」や「スマートバリュー」といった割引対象の場合は、データ容量ごとの料金プラン代から値引きされますよ。

料金プランや通話オプションについてもう少し詳しく見てみましょう。

auの料金体系

【データ容量に合った基本料金プラン】

  • 月のデータ使用量が0~1GBなら月2,980円の「新auピタットプランN」
  • 1~4GBなら月4,480円の「新auピタットプランN」
  • 4~7GBなら月5,480円「auフラットプランプラス7N」
  • 20GBまで使いたい人は月6,000円の「auフラットプラン20N」
  • 25GBまで使いたい人は月7,150円の「auフラットプラン25NetflixパックN」
  • 無制限にネットを使いたい人は月8,980円の「auデータMAXプランPro」

【通話料金】

  • 月700円で5分以内の国内電話が無料になる「通話定額ライト」
  • 月1,700円で国内電話がかけ放題になる「通話定額」 
  • オプションを付けない、または適用外の国内電話は20円/30秒

私の場合は、「月のデータ使用量3GB前後、5分以内の電話が多いがたまに10分ほど超過する」ユーザーなので、「新auピタットプランN+通話定額ライト+超過分通話代」となります。

料金計算式は次のようになります。

筆者が新auピタットプランを利用した場合の基本月額

  • 4,480円+ 700円+ 600円= 5,780円(8%税込6,242円

以前私が加入していた「LTEプラン(2019年8月に新規受付終了)」は基本料金が7,488円、通話代を合わせた毎月料金が8,200~8,500円ほどでした(消費税8%時点)

つまり、auのままでも料金プランを見直すだけで、2,000円ほど安くできたわけです。

 

しかし、「格安SIMを使えば月のスマホ代が2,000~3,000円になる」という情報を知っていたため、今回は格安SIMへの乗り換えを決めました

有名な会社だけでも20社はある格安SIMの中からUQモバイルを選んだ決め手は、次の3つの要求を満たしてくれそうだったからです。

筆者の望み
  • 読み込みが遅くてイライラは絶対にしたくないから通信速度は高速
  • 電話もある程度かけたい!できれば無料で!
  • 翌月にデータ繰り越しがあるとうれしい

 

特に、UQモバイルの「おしゃべりプラン」は最初から最大60分の無料通話がついているため、たまに15分ほどの電話もかける自分にとっては魅力的でした。

もちろん、私と同じような使用状況で、「大手キャリアのほうが安心感がある」「月のスマホ利用代が6,000円台なら許せる」という方もいますよね。

「auのままがいいし料金プランを見直してみる!」という方は、au公式サイトの「料金シミュレーション」を利用したり、チャットサポートで相談したりすれば、最適なプランが見つけられるでしょう。

【10月2日追記】

10月から「ぴったり・おしゃべりプラン」が廃止され、「3種類のデータ容量+通話オプション選択制」になりました。

次は、現在のUQモバイルの料金と利用したお得なキャンペーンについてわかりやすく解説していきますね。

UQモバイルの最新料金プランとお得なキャンペーン

UQモバイルの料金プランは3種類だけなのでわかりやすいです。

※契約は2年更新です。

UQモバイルの料金プラン
  • プランS(月のデータ容量3GB)
  • プランM(月のデータ容量9GB)
  • プランL(月のデータ容量14GB)

そして、自分の電話利用スタイルに合わせて、2種類の無料通話オプションを選べます。

UQモバイルの通話オプション

  • 10分以内の国内通話は何回かけても無料の「かけ放題(月額700円)」
  • 毎月通話時間合計60分(2,400円分)まで無料になる「通話パック(月額500円)」

オプション不要の場合は20円/30秒の通話代がかかる

まとめると、次のようになります。

プランS プランM プランL
月額(固定) 1,980円 2,980円 3,980円
月データ容量 3GB 9GB 14GB
通話オプション かけ放題 10分以内の国内通話は何回かけても無料(月額700円)
通話パック 月の合計通話時間60分まで無料(月額500円)

※この表はスライドできます

「月のデータ使用量3GB前後、短い電話が多いがたまに10分ほど超過する」ユーザーの私には、現在は「プランS+通話パック」が最適というわけですね。

月の合計通話時間も40分ほどですし、重要でない通話はLINEですることも多いので十分です。

データ使用についての補足

「ネットを3GB以上使う月はどうするの?」と思われるかもしれませんが、UQモバイルはデータ消費をカウントしない節約モードがあるんです。

最大通信速度を300kbpsに抑えてデータ消費を節約するモードなんですが、SNSやLINEチェックくらいなら特に困りません。

UQモバイルアプリのスイッチをワンタップするだけでモードは切り替えられるので、画像や動画を早く見たいときは節約モードを解除すればOKですよ。

毎月料金は計算するまでもなく、1,980円です。

ここで、「最初に言っていた料金と違うじゃないか」と気づいた方もいるかもしれませんね。

UQモバイルの詳しい明細

※クリックすると大きな画像が開きます。

実は筆者が乗り換えたときは、当記事から申し込めるUQモバイル専門キャンペーンサイトを利用すると毎月料金がさらに割引される特典が適用されていました。

そのため、1年目の利用料金が税込み1,600円まで安くできているんですね。

ここで、現在のauでの月々料金とまとめて比較してみましょう。

  • 今まで使っていたau LTEプラン 8,200~8,500円(8%税込時点)
  • auで見直した料金プラン(新auピタットプラン+通話代) 6,248円(新税込)
  • UQモバイルのプランS+通話パック 2,728円(新税込)

私と同じようなスマホユーザーの方は、圧倒的にUQモバイルにしたほうが安くなるというわけですね。

次に、現在のUQモバイルキャンペーンの「キャッシュバック特典」をご紹介します。

キャッシュバック特典

【特典内容】

プランに関係なく申し込むだけで5,000円キャッシュバック!

【適用条件】

  • キャンペーンサイトからクレジットカード払いで申し込む
  • 「SIMのみ」でも「端末セット」でもOK!
  • 料金プランもどれでもOK!

筆者が乗り換えたときは、プランごとにキャッシュバック額が違うなど少し条件が複雑でしたが、現在は適用条件も簡単になっているようですね。

キャンペーンを適用して申し込む手順については、記事の後半で実体験を交えて解説していますよ。

auからUQモバイルに乗り換えてよかったことと改善してほしいこと

UQモバイルの3つのメリットを説明する女性

私が実際にUQモバイルに乗り換えてみて特によかったと感じたことは、次の3点です。

UQモバイルに乗り換えてよかったこと

  • 料金が安くなった
  • 通信速度や電話などの使用感に全く不満がない
  • ポータルアプリが使いやすい

余談ですが、UQモバイルに乗り換えるとき月末ギリギリに申し込んだのですが、その日のうちに審査対応してくださったのでとても助かりました……。

※月替わり前に乗り換えたい方は余裕を持ってお申し込みください。

もちろん、いいことだけでなく、実際に使っていて「ここはもう少し改善してほしい」と思った点もあります。

改善してほしかったこと

  • データ増量オプションの使い方が気づきにくい
  • データ繰り越しの仕組みがわかりにくい

【10月2日追記】現在上記二点は解消されました。

そのほか、後悔していることとしては、「もっと早く乗り換えるべきだった」という気持ちがあります。

「違約金」と「乗り換え前との料金の差額」を考えての後悔なのですが、どういう意味かもご説明していきますよ。

それでは、まずはよかったことから。

よかったこと

はじめのほうでご説明したとおり、毎月料金はau時代より圧倒的に安くなりました

UQモバイル月額の明細

毎月の明細を見ると思わず笑顔になってしまいます。

また、料金プランがシンプルなので明細内容が非常にわかりやすくなったのもうれしいポイントです。

料金についてはすでに詳しく解説してあるので、ここでは使用感について紹介していきますね。

大手キャリア以外の格安SIMでよく心配されるのは、次の3点です。

格安SIMの不安要素
  • 「通信速度」が遅くなるのでは?
  • 「通信の安定性」が下がってネットがつながらないときがあるのでは?
  • 「電話の通話品質」が低くてちゃんと電話できないのでは?

結論から言いますと、私が使っていた限りでは「使用感に不満を感じたところは今のところありません」。

特に、UQモバイルへの乗り換えを考えている方なら、「通信速度が速い」という評判はすでに聞いたことがあるかもしれませんね。

ここで、実際に私が計測した通信速度と、全国の通信速度を掲載している「みんそく」の実測値を載せておきましょう。

筆者計測値(8月) みんそく(直近三ヶ月を引用)
平常時 107.93Mbps 44.11Mbps
混雑時(12~13時) 95.56Mbps 33.04Mbps

※筆者計測値をクリックすると計測アプリのスクショが開きます

「みんそくと速度が違いすぎるじゃないか」と思われるかもしれませんが、筆者の場合は「auで買ったiPhone7を使っている」「都市中央部で使っている」ので条件がいいのかもしれません。

実は筆者の実測値があまりにも速すぎたので、これでも日時を変えて何回か計測しなおしています(笑)

都市部の大きな駅近くで普段使ったり計測したりしているので、混雑時はもっと遅くなると思っていたのですが、嬉しい結果ですね。

みんそくの全国結果を見ても、UQモバイルの通信速度に不満を覚えることは少なさそうです。

ちなみに、Netflixなどの高画質な動画サービスを楽しむために推奨されている通信速度は20Mbpsとされています。

また、「通信の安定性」と「電話の通話品質」に関しても、ネットや電話が途切れがちになったといったトラブルは起こっていません。

混雑シーズンのお盆に東京へ旅行に行きましたが、ちょっと読み込みが遅いかな?と思うときがあったくらいで、乗り換えた影響を感じたことはありませんでした。

ただ、au回線を使っている以上、au圏外近くへ出かけた場合は不満が出てくるかもしれませんね。

通信面での快適さや安定感はUQモバイル最大の強みなので、私と同じように「格安SIMの通信性能が心配」という方には、むしろ強くおすすめしたいポイントです。

 

3つ目の「ポータルアプリが使いやすい」についてですが、UQモバイルにも「My au」のような公式アプリがあります。

UQモバイルポータルアプリ

ポータルアプリで使える主な機能は、次の4つです。

UQモバイルアプリの主機能
  • 残りデータ容量の確認
  • 高速モードと節約モードの切り替え
  • 追加データチャージ
  • 会員ページ「my UQmobile」へのログイン

なかでも、「高速モードと節約モードの切り替え」がワンタップでできるのがデータ節約に便利なんですよ。

UQモバイルポータルアプリのトップ画面

※クリックすると大きな画像が開きます

私の場合は、出先でマップアプリを使ったり動画やゲームを楽しんだりしたいときは高速モード、普段のLINEやSNSチェックは節約モードという風に使い分けています。

個人的にmy auアプリよりシンプルでわかりやすいと感じますし、動作が軽いので気軽にアプリを立ち上げてデータ容量や料金を確認する習慣がつきました。

改善されたこと

先ほどお話ししたとおり、以前のプランで改善してほしいと思ったのは「データ増量オプション」と「データ繰り越し」が複雑すぎたところでした。

現在は「増量オプションなしで以前の最大データ容量が使える」ようになっています!

無料分のデータチャージをする必要がなくなったため、データ繰り越しについても「当月のあまりデータ容量が翌月に繰り越される」というシンプルなものになっています。

データが足りなくなったらポータルアプリから「追加データを購入」すればOKですよ。

そのほか後悔したこと

UQモバイルに乗り換えて後悔したこととしては、「auとの料金差額が大きいのでもっと早く乗り換えるべきだった」という点です。

乗り換えにかかる費用は、更新月なら「auからのMNP番号発行料」と「UQモバイルでの初期費用(キャンペーン利用で無料になります)」だけです。

しかし、更新月以外では「違約金」がかかってしまいます。

【10月2日追記】9月13日から開始された新料金プランでは違約金が1,000円になり更新月関係なくUQモバイルに乗り換えやすくなりました!

au旧プランで乗り換えにかかる費用

  • auに払う「MNP番号発行料」 3,000円(必須)
  • UQモバイルに払う初期費用 3,000円(必須)
  • 更新月以外はauに「違約金」 9,500円または1,000円

2019年9月13日以前のauプランをご利用されている方の場合、更新月以外の乗り換えは12,500円(税別)の乗り換え費用が必須になるというわけですね。

UQモバイルに乗り換えたら4,000円安くなるという方なら、更新月まで3ヶ月以上あれば、すぐに乗り換えてしまったほうがお得ということになります。

私の場合は料金差額が4,500~5,000円ほどで、更新月まで4ヶ月のタイミングで乗り換えたので、乗り換え費用を差し引いてもお得にはなっています。

それでも、もっと早く乗り換えていればよりお得になったのに……という気持ちはありました。

乗り換え費用で絶対に損をしたくないという方は、料金差額と乗り換え費用を計算したうえで、お得になりそうなら早めに乗り換えてしまうのがよいでしょう。

新料金プランをご利用の方であれば契約解除料は1,000円で済むので、乗り換えるタイミングはそこまで考えなくてもよいでしょう。

UQモバイルのおすすめポイントと乗り換えるべき人

auから乗り換えた実体験を踏まえてのUQモバイルおすすめポイントは次の6つです。

UQモバイルおすすめポイント!

  • auに比べてスマホ料金がほぼ確実に安くなる
  • au時代と体感的にほぼ変わらない通信速度と通信安定性
  • 料金体系やデータ容量がわかりやすい
  • 余ったデータ容量を翌月繰り越しができる
  • 家族割がある

また、UQモバイルを運営するUQコミュニケーションズ社はKDDIのグループ会社なので企業としての安心感もばっちりです。

公式サイトのサポートページが充実しているだけでなく、UQモバイル実店舗も全国展開されているので、お近くに店舗がある場合は直接サポートを受けられますよ。

ほかにも、家族で乗り換えを考えているのであれば、auと同じく家族割がある点もうれしいですよね。

おすすめポイントを踏まえて考えると、auからUQモバイルに乗り換えるべきなのは次のような人でしょう。

UQモバイルに乗り換えるべき人

  • auで料金プランを見直しても「ちょっと高い」と感じている人
  • 格安SIMに乗り換えても快適な速度でネットを利用したい人
  • 割引で毎年月額が変わる複雑な料金体系が嫌いな人
  • 余ったデータ容量を無駄にしたくない人

この中で「自分に当てはまる!」と思うところが多い方は、auからUQモバイルへ乗り換えれば満足できるはずですよ。

UQモバイルの注意点と乗り換えるべきでない人

逆に、乗り換えを考える前に知っておくべき注意点もまとめておきましょう。

UQモバイルの注意点
  • au旧プランユーザーは更新月以外の乗り換え費用が高くつく
  • 電話完全かけ放題オプションがない
  • 格安SIMの中では実はあまり安くない

UQモバイルに限りませんが、2019年9月13日以前のau旧プランのユーザー方は、更新月以外の乗り換え費用が12.500円かかってしまいます。

また、仕事で必要だったり友達と何時間も通話をしたりしたい、という方にとっては「電話かけ放題がない」というのは大きなデメリットでしょう。

友達との通話ならLINEでも問題ないかもしれませんが、仕事上電話が必要な方も結構いますよね。

「格安SIMでもかけ放題は絶対必要!」という方には、ワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイルはソフトバンクの低価格サブブランドで、UQモバイル並の通信品質を誇っています。

10分以内の無料通話がついているほか、月額1,000円でかけ放題オプションをつけられるので、電話をよくかける方はワイモバイルも検討してみてはいかがでしょうか。

それと、auと比べると非常に安く利用できるUQモバイルですが、実は格安SIMの中ではやや高めの価格設定なんです。

例えば、「BIGLOBEモバイル」は現在データ容量3GB以上のプランで初月料金無料、さらに初期費用無料で使い始められるキャンペーンを開催しています。

BIGLOBEモバイルを運営するBIGLOBE社は、現在はUQコミュニケーションズ社と同じくKDDIグループ企業になっています。

UQモバイルほど通信速度は速くありませんが、比較的快適な通信速度が出る人気の格安SIMなので簡単にご紹介しておきますね。

普段スマホを使う目的が最低限のネット使用や電話に限られる、「とにかく安さが最優先」という方は、UQモバイル以外の格安SIMをチェックしてみてはいかがでしょうか。

auからUQモバイルへお得に乗り換える方法

auからUQモバイルへ乗り換える手順を理解した女性

auからUQモバイルへもっともお得に乗り換える方法は、「正規代理店のキャンペーン利用」です。

キャッシュバック特典

【特典内容】

プランに関係なく申し込むだけで5,000円キャッシュバック!

【適用条件】

  • キャンペーンサイトからクレジットカード払いで申し込む
  • 「SIMのみ」でも「端末セット」でもOK!
  • 料金プランもどれでもOK!

ただ、端末セット購入を考えていてもUQ mobileで欲しい機種が売っていないかもしれませんよね。

好きな機種を買ってUQ mobileに乗り換えたいのであれば、「好きな機種を本体だけ購入して、手持ちのau機種はUQモバイルで下取りする」というお得な方法もあります。

UQ mobile下取りキャンペーンページ(公式)

スマホを本体のみ安く買う方法についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、よかったら参考にしてくださいね。

それでは、いよいよauからUQモバイルに乗り換える具体的な手順を解説していきましょう。

まず、大まかな流れと所要時間をご覧ください。

乗り換え作業手順と所要時間

事前準備(SIMのみ申し込みする人だけ)
☑手持ちのスマホで「SIMのみ申し込み」の場合はUQモバイル対応端末か事前に確認
☑↑の確認で「SIMロック解除」が必要なスマホだったらSIMロック解除しておく
所要時間:5分ほど

  1. UQモバイルに申し込む前にやること
    ☑ auでMNP番号を発行してもらう
    所要時間:電話の場合は待ち時間なければ10分ほど
  2. UQモバイルキャンペーン申し込み時やること
    ☑ キャンペーンサイトから申し込み手続きを進める
    所要時間:5~10分ほど
  3. 申し込んだあと
    ☑ 修正点があればメールか電話で連絡がくるので対応
    申し込み内容の審査がOKなら商品が発送される
    所要時間:届くまでは当日~1週間ほど(公式記載)
  4. 商品が届いたあと
    ☑ SIMカードを入れて「回線切り替え」する
    ※「端末セット購入」の場合はここまででOK
    ☑ 手持ちのスマホによっては「APN設定」する
    作業時間:10分ほど

それぞれの作業自体は難しくないんですが、詳しくない人や、初めて格安SIMに乗り換える人は不安も多いと思います。

私も初めてSIMカードを自分で入れ替えての乗り換えだったので、最初は不安でしたし、思わぬところでのつまずきもありました。

とはいえ、作業時間自体は「申し込むまでで20分ほど」「商品が届いたあとは10~20分ほど」です。

長くても一日あたりせいぜい20~30分ほどの作業で、筆者は毎月6,500円、年間で考えると78,000円も節約できるようになりました。

スマホを乗り換えるだけで、年に一回2泊3日の台湾旅行に行けるくらいのお金が浮いたわけですね…。

そこで、「UQモバイルに乗り換えて節約したいけど手順が難しそう」と迷っている方でも安心して乗り換えられるよう、ここからは写真と図を使って丁寧に手順を解説していきますよ。

実際に乗り換え作業をしてみてわかった意外な注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

※この章の画像はクリックするとすべて大きな画像を開けます

事前準備

事前準備でやること

  • 手持ちのスマホがUQモバイルに対応しているか確認
  • APN設定の要不要と手順書の確認
  • SIMロック解除の要不要と手順の確認

「auで使っていたスマホをUQモバイルでも使う」という方は、まずはお手持ちのスマホがUQモバイルに対応しているか確認しましょう!

なお、UQモバイルでスマホも一緒に買って乗り換えるという方は、この「事前準備」については読み飛ばして大丈夫ですよ。

 

対応端末確認方法
  1.  UQモバイル公式の動作確認端末一覧ページへ
  2. オレンジの囲いに書いてあるように持っているスマホを検索するUQモバイルの対応端末を確認できる画面
  3. 自分のスマホが見つかったら、+ボタンを押すと次のように対応状況表が開きますauのiPhone7のUQモバイル対応表

次に、私が使っている「auのiPhone7」を例に見方とチェックすべきポイントを説明しますね。

auのiPhone7のUQモバイル対応詳細

ネットをするのに必須な「データ通信」、電話に必要な「通話」、電話番号だけでショートメッセージを送れる「SMS」は最低限必要になるでしょう。

この3つの項目のうち、どれかが〇でないスマホは買い替えてしまったほうがよいかもしれません。

 

キャリアアドレスの「メール」と「テザリング」は必要な人だけ〇になっているかチェックすればよいでしょう。

「テザリング」とは、UQモバイルと契約したスマホを中継機器にして、ネットにつながっていない他の機器でネット出来るようにする機能です(月間データ容量が消費されます)。

また、UQモバイルのアドレスでキャリアメールを利用するには、月額200円のオプション加入が必要になります。

 

対応状況の中で、もっとも大事なチェックポイントは、「APN手順書」と「SIMロック解除」の欄です。

作業自体は簡単なんですが、初めての方にはもっとも「難しそう」と感じるポイントだと思いますので、順に説明していきますね。

「APN(アクセスポイントネーム)設定」とは、簡単に言うと契約したキャリアのネットワークを使うための初期設定です。

実際にAPN設定をするタイミングは、UQモバイルと契約して届いたSIMカードを入れたときです。

しかし、事前にAPN手順書を先に確認したりダウンロードしたりしておけば、いざ設定するときもあわてずに済みますよ。

APN設定が必要なiPhoneの場合は、次のような表示になっています。

iPhone8のUQモバイルでのAPN設定

APN設定が必要なAndroidスマホの場合は次のような表示になっています。

AndroidスマホのUQモバイルでのAPN設定

APN設定手順はおおむね、「iPhoneなら指定のURLへアクセスしてファイルをダウンロードするだけ」、「Androidスマホは設定アプリを使用」することになります。

とくにAndroidスマホの場合、詳細は機種ごとに違うので、APN手順書は必ずチェックしておいてくださいね。

 

最後に、「SIMロック解除」についてご説明しましょう。

SIMロックとは、「購入したキャリア以外のSIMカードは使えないようロックされた状態」のことです。

SIMロック解除の欄が要になっていた場合は、次の手順でSIMロック解除をしておきましょう(タイミング自体はUQモバイルのSIMカードが届くまでに解除しておけば大丈夫です)。

SIMロック解除手順
  1. 「au公式サイト」の「SIMロック解除のお手続き」から「my au」にログイン
  2. 「SIMロック解除したい端末」にチェックを入れ、SIMロック解除手続きを申し込む
    ※ここで表示される「IMEI番号」をメモアプリなどに保存しておくのがおすすめです

すごく簡単にみえますが、実際に簡単ですぐ終わる手続きです。

「SIMロック解除をしたらスマホがおかしくなるんじゃないの?」と不安になるかもしれませんが、auでの使用にもUQモバイルの使用にも影響はないのでご安心くださいね。

注意点としては、「SIMロック解除条件」を満たさないスマホはSIMロック解除できない可能性があります。

SIMロック解除条件を満たしているかどうかは、上の手順を進めるとmy auで確認できますよ。

ここまでで、お手持ちのスマホをUQモバイルで使うための準備はできましたでしょうか?

もしわからないことがあったり、対応状況表にお手持ちのスマホが載っていなかったりした場合は、公式サイトのサポートページから問い合わせるとよいでしょう。

UQモバイルサポートページ(公式)

特に、チャットサポートの「オペレーターに相談」は、電話よりも待たされることが少ないためおすすめですよ。

申し込む前

申し込む前にやること

  • auでMNP発行手続き

必要なもの

  • 電話で発行手続きする場合はメモを用意しておくのがおすすめ
  • webで発行手続きする場合は暗証番号の入力が必要

電話番号を引き継いでUQモバイルへ乗り換える場合は、大手キャリアから大手キャリアへの乗り換えと同じく、「MNP乗り換え」することになります。

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)乗り換えのためには、まずauで「MNP番号」を発行してもらいましょう。

MNP番号を発行する方法は次の3つです。

auでMNP番号を発行する方法

  • 電話での発行(9:00~20:00まで受付。通話料は無料)
  • web(my au)での発行(9:00~20:00まで受付)
  • ショップ店頭での発行(店頭により受付時間が違う)

おすすめは「web(my au)」か「電話」での発行です。

私はwebで発行できることを知らず電話で手続きしてもらいましたが、混雑時の待ち時間が嫌な方はwebがよいでしょう。

オペレーターの方に確認しながら手続きしたい方は、電話での手続きがよいかもしれません。

ここでは電話とwebでの発行手順をご説明しますね。

電話での発行手順
  1. auのMNP発行受付窓口に電話をかける
  2. 音声ガイダンスに従い「キーパッドで1番を押す」(予約の申し込み・お問い合わせ)
  3. オペレーターに「MNP番号の発行」をお願いする
  4. 契約情報の質問に答えたり、MNPに関わる説明(解約金含む具体的な費用なども)を聞いたりする
  5. 最終的な同意をしたらMNP発行手続き完了

まとめると、「電話をかけてオペレーターに回答したり説明を聞いたりしてからMNP番号を発行してもらう」という流れですね。

難しい質問があるわけではないので、電話がすぐにつながれば、所要時間は5分~10分ほどで済みますよ。

筆者の場合は、混雑のためつながるまで5分はかかりましたが、それでも15分程度で全て完了しました。

MNP番号は口頭で伝えられるので、メモを用意しておくか、SMSで送ってもらうようお願いするとよいでしょう。

次に、webからのMNP番号発行手順です。

webからのMNP番号発行手順
  1.  webの「my au」へアクセス
  2. 「my au」の「スマートフォン・携帯電話」と「ご契約内容/手続き」を選択my auでのMNP手続き
  3. 画面を下にスクロールすると出てくる「お問い合わせ/お手続き」を選択し、さらに下のほうにある「MNPご予約」を選択する
  4.  画面の指示に従いMNP手続きを進めればOK

ちなみに、MNP番号を発行しただけでは、auを解約したことにはなりません。

MNP番号を発行してから「やっぱりauのままがいい」となっても、特に手続きしなければauでの契約が継続されるのでご安心くださいね。

注意点として、MNP番号には15日の有効期限があります。

UQモバイルでの審査対応時間がかかる可能性を考えると、MNP番号を取得したらそのまま余裕を持って申し込み手続きに進むほうがよいでしょう。

申し込むとき

申し込むときやること

  • 「キャンペーンサイトから」UQモバイルへ申し込む

必要なもの

  • 本人確認書類(運転免許証、日本国パスポート、健康保険証など)
  • MNP番号
  • クレジットカード(キャッシュバック特典はクレカ払い必須)
    ※口座振替の場合は申し込み後にUQモバイルから口座登録用紙が届きます

本人確認書類は撮影した画像(スマホ写真OK)を申し込みフォームで添付します

注意点として、健康保険証を使う場合は「水道などの公共料金の領収書」や「住民票」といった補助書類も合わせて添付する必要がありますよ。

それでは、「手持ちのスマホをそのまま使って申し込む場合」と「端末も一緒に買って申し込む場合」に分けて、キャンペーンを確実に適用して申し込む手順を解説していきますね。

手持ちのスマホをそのまま使う場合
  1.  UQモバイルキャンペーンサイトにアクセスする
  2. 緑色の「端末セット・SIMのみを申し込む」ボタンを選択
  3. 申し込み画面に移動するので、「ご契約形態の選択」で「SIMを他社からお乗り換え(MNP)」を選択する
  4. 「現在ご利用中のキャリア」などの入力欄が出てくるので、指示通り入力する
    UQモバイルのキャッシュバック特典適用方法
  5. 「料金プランの選択」は自分が利用したいものを選択
  6. 「お支払い方法の選択」は「キャッシュバック特典が欲しいなら必ずクレジットカード払い」を選択してください
  7. あとは自分の目的に合ったオプションを選択し、指示通りにお客様情報を入力していけば申し込み完了です

 

端末も一緒に買って申し込む手順
  1. UQモバイルキャンペーンサイトにアクセスする
  2. 緑色の「端末セット・SIMのみを申し込む」ボタンを選択
  3. 申し込み画面に移動するので、「ご契約形態の選択」で「他社からのお乗り換え(MNP)」を選択する
  4. 「現在ご利用中のキャリア」などの入力欄が出てくるので、指示通り入力するUQモバイルのキャッシュバック特典適用方法
  5. 「料金プランの選択」は自分が利用したいものを選択
  6. 「お支払い方法の選択」は「キャッシュバック特典が欲しいなら必ずクレジットカード払い」を選択してください
  7. 端末セット申し込みの場合は「希望商品の選択」が表示されているので、購入したいスマホを選びましょう
  8. あとは自分の目的に合ったオプションを選択し、指示通りにお客様情報を入力していけば申し込み完了です

どちらも最後に本人確認書類を申し込みフォームから送付します。

本人確認書類やMNP番号の準備が事前に済んでいれば、申し込み時点で困ることはあまりないと思います。

とはいえ、お金のかかる契約ですので、申し込み途中で表示される「重要事項」はご自分でも十分にご確認なさってくださいね。

申し込んだあと

申し込んだあとにやること

  • 申し込み内容についての確認対応

必要なもの

  • 申し込み内容に不備などがあった場合は指定されたものを用意

申し込み完了後、しばらくすると契約を受け付けた正規代理店から、申し込み内容について確認の電話かメール連絡があります。

(筆者の場合は夕方に申し込み後10分も経たずに電話がかかってきました)

この連絡で、「IMEI番号」というスマホ本体の固有番号を聞かれます。

SIMロック解除時にメモしておけばすぐに伝えられますが、忘れてしまった方は「電話アプリ」から「*#06#」と入力すればIMEI番号が表示されますよ。

申し込み内容に問題がないか、不備な部分の対応が終われば審査後契約完了となり、SIMカードやスマホがUQモバイルから発送されます。

契約完了から商品が届くまでは、早くて当日から翌日、遅くて1週間ほどのようです。

筆者の場合は、金曜日の夕方に契約完了して、日曜日に商品が到着しました。

商品がとどいたあと

商品が届いたあとやること

  • SIMカードを入れて「回線切り替え」
  • 「SIMのみ申し込み」で契約した場合は機種によっては「APN設定」する

必要なもの

  • UQモバイルから届いた商品
  • SIMピン
  • iPhoneでAPN設定する場合はWiFiなどのネット環境

SIMピンとは、SIMカードが入ったSIMトレイを取り出すための部品です。

普通のSIMピン

機種によって多少大きさが違いますが、おおむねこのような形をしています。

スマホを買ったときに付属しているはずですが、なくしてしまったという方はAmazonなどできちんとした代用ピンを購入しておきましょう。

クリップの先などをのばして使ってもいいですが、サイズが合わないものやとがったものをねじこむとスマホに傷がついてしまうかもしれないので気をつけてくださいね。

UQモバイルから無事商品が届いたら、内容物を確認しましょう。

UQモバイルから届くもの

  • SIMカード
  • UQモバイルで購入したスマホ(セット購入の場合)
  • UQモバイルはじめてガイドの手順案内書類
  • 契約関係書類

UQモバイルから届いた内容物

とっても大事なSIMカードの実物写真もご覧ください(切り離すサイズははじめてガイドを読んだうえで調節しましょう)。

UQモバイルのSIMカード

また、他のサイトではあまり言及されない点ですが、筆者はまず「契約内容が間違っていないか確認するべき」だと思います。

せっかく苦労して申し込んだのに、申し込んだ内容と違っていたり、適用されているはずの割引特典がついていなかったりといった不備に気づかないまま使い続けてしまったら損ですよね。

「あのとき気づいていれば」という後悔を防ぐためにも、一番はじめに契約関係書類はチェックしておきましょう。

UQモバイルの契約内容

内容物にも契約内容にも不備がなければ、いよいよ「SIMカードを入れて回線切り替え」と必要であれば「APN設定」をしましょう!

この作業が終われば、晴れてUQモバイルに乗り換え完了です!

回線切り替えとAPN設定に関しては一緒に届く「はじめてガイド」に詳しく書いてありますので、ここでは実体験をもとに気を付けるべきポイントを一緒に紹介していきますよ。

SIMカードの入れ替え方

[ポイント]作業前に必ず「スマホの電源はOFF」「充電ケーブルなどは外す」

  1.  UQモバイルから届いたSIMカードを手で切り離しておきます
  2.  SIMピンを使ってスマホのSIMトレイを引き出します
    [ポイント]「SIMのみ申し込み」した方は、「auのSIMカード」が入っているので向きを確認したうえで取り出しましょう!
  3.  空のSIMトレイに「UQモバイルのSIMカード」を正しい向きでそっと載せる
  4.  SIMトレイを本体に入れる

SIMピンの使い方は実物の写真をご覧ください。

スマホのSIMトレイ部分 SIMピンをスマホに挿したところ SIMトレイを出したところ

※SIMトレイ部の位置は機種によって異なります。

SIMカードを入れたら、次は「回線切り替え」をしましょう。

回線切り替え手順

[ポイント]WiFi環境か、PCなどのUQモバイル以外にネットができる機器が必要です

  1. 「my UQmobile」ページにログインしますUQモバイルの初ログイン画像
  2. 「お申し込み状況一覧」を選択し、回線切替をクリックし、「実行」
  3. 切替完了後、30分ほどで利用できるようになります

 

回線切替後、利用できるようになるまでの時間はまちまちのようです。

筆者の場合は10分ほどで回線切り替えが完了しました。

最後に、「事前準備」で確認した「APN設定手順書」に従って「APN設定」を終えれば乗り換え作業は全て完了です!

お疲れさまでした!

実際に乗り換えてみて気を付けたほうがいいと思ったこと

実際に乗り換えてみて、筆者がもっとも手間取ったのは「SIMカードの入れ替え」です。

普通は簡単な作業だとは思うのですが、筆者と同じように手先が不器用な方は次のポイントに注意ですよ!

不器用な人向けの注意点!

  • SIMトレイもSIMカードも小さくて軽いので、飛ばしたり落としたりしやすい
  • SIMトレイやカードを落としてしまうと、最初にどういう向きで入っていたかわからなくなることがある
  • SIMカードを適当に載せてスマホ本体に入れると認識しないことがある

筆者はSIMトレイを引き出した瞬間うっかりトレイごと落としてしまったので、auのSIMカードがどういう向きに入っていたのかわからなくなりました!(笑)

具体的には、SIMカードの金属面とロゴ側どちらが表になるのかわからなくなったんですね。

そのため、SIMカードをどの向きで入れればいいのかPCでネット検索しましたが、機種ごとによって違うようなので、参考になる記事がなかなか見つからずあわてました…。

全ての乗り換え作業の中で、この作業だけ20分以上かかってしまいましたね。

筆者のようなうっかりミスを防ぐためには、次のような対策をするとよいでしょう。

SIMカードうっかりミス対策!

  • 最初にSIMトレイを引き出すときは落とさないよう慎重に!
  • 最初にauのSIMカードが裏表と左右、どういう向きで入っていたか確認しておく!
  • SIMカードは丁寧にトレイに載せてスマホに入れる!
  • SIMカードを認識しなければもう一度入れ直して起動する!

上記を参考に、皆さんは失敗なくSIMカードを入れ替えてくださいね!

UQモバイルのSIMカードの向き

まとめ

実際にauからUQモバイルに乗り換えた経験から、UQモバイルの魅力や乗り換え手順まで詳しくご紹介してきました。

長くなってしまったので、記事の内容を簡単にまとめておきますね。

記事のまとめ
  • auユーザーはほとんどの場合UQモバイルに乗り換えれば料金が安くなる
  • UQモバイルに乗り換えても通信速度などの不満はそうそうない
  • 乗り換え作業自体はそんなに難しくないが余裕を持ってやったほうがいい
  • お得に使うためにはキャンペーンサイトからの申し込みが一番

 

実際に乗り換えてみて、UQモバイルは「速くて安い」優秀な格安SIMだと感じています。

2019年価格コムの満足度ランキングで1位をとるのも納得ですね。

筆者と似たようなauユーザーの方であればきっと満足できると思いますので、この記事を参考にお得にUQモバイルを利用してみてくださいね!

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-12-02 19:58:39
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/161867/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!