生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんなときもWiFiは速度も速い!無制限だけじゃない魅力をご紹介

投稿日:2019-09-03 更新日:2020-04-07

モバイルWiFiトップクラス!どんなときもWiFiの通信速度が速すぎる!!!

どんなときもWiFi最新情報

4/3からどんなときもWiFiは新規受付を停止しています。
詳細はどんなときもWiFi公式サイトをご確認ください。

また、記事の内容・情報は新規受付停止以前のものとなります。

この記事ではどんなときもWiFiの実速度を調査し、ほかのモバイルWiFiと比較しています。

2019年3月に開始された比較的新しいモバイルWiFiサービスであるどんなときもWiFiですが、結論からいえば他のモバイルWiFiとほぼ変わらない速度が出ています。

人気も非常に高まっており一時期は端末の在庫がなくなるほど、爆発的に契約する人が増えました(現在では在庫復活しているので安心してくださいね)。

新規モバイルWiFiなのに、なぜここまでの人気が出ているのかというと「トリプルキャリア」と「通信量が完全に無制限」という特徴があるためです。

トリプルキャリアとはドコモ、au、ソフトバンクそれぞれのLTE回線を使用できるシステムになります。

このシステムによって、1つのLTE回線しか使えないほとんどのモバイルWiFiと比較すると対応エリアがとても広くなりました

また、どんなときもWiFiは3日間で10GBを超えると速度制限になるといった規制はなく完全に無制限で利用できるという点も見逃せません。

記事内の情報に関して細かな精査を行ってはおりますが実際の料金やプラン、対応エリアは予告なく変更される場合があり、本文と差異が生じる可能性がありますのでご留意ください。尚、WiMAXとネクストモバイルの速度は両サービスの主要なルーターであるW06とFS030Wでの計測となっています。

どんなときもWiFiの速度はほかのモバイルWiFiと比べても最速クラス

表彰台の頂点で腕を組む人

まずは、こちらのモバイルWiFi実測速度比較表をご覧ください。

どんなときもWiFi WiMAX(ギガ放題)
速度制限の条件 なし 3日間で10GB超
下り平均速度 20.94Mbps 41.19Mbps
上り平均速度 11.21Mbps 4.65Mbps

※速度は2020年3月3日時点のものをみんそくから引用

速度はWiMAXが少々速いですが、速度制限の条件はまったく違いますね。

今回比較したモバイルWiFiだと、どんなときもWiFiのみ速度制限になる明確な条件はありません。

制限がかかる可能性はほぼありませんが、じつは公式ホームページに速度制限に関する記載があります。

「不正利用・ネットワーク占有レベルの大容量通信をされた場合のみ、制限がかかる場合があります。」(引用:よくある質問|【公式】どんなときもWiFi

とあるのです。

不正利用は違法ダウンロードなど犯罪行為にあたるようなものを指しているので、どういうものか理解できるかと思いますが、気になるのは「大容量通信」についてですね。

公式のサポートに問い合わせたところ、長時間オンラインゲームをしながら動画を流すようなヘビーユーザーの人でも規制にかかることは基本的にないそうです。

では、どのようなユーザーが速度制限にあたるのかというと、何台もパソコンと接続し大容量ファイルを何度もダウンロードするような意図的な悪質行為をした場合です。

つまり、通常の使い方であれば速度制限にはならないとのことなので安心してくださいね。

つぎに通信速度を見てみましょう。

速度には、下り速度と上り速度がありますね。

下り速度(ダウンロード)はYouTubeなどの動画やホームページの画像などの読み込み速度に大きく影響するもので、上り速度(アップロード)はメールやファイルを送る速度に影響しています。

一般的に、通信速度の速い遅いは下り速度を指すことが多いので、下り速度を見てみましょう。

下りの通信速度はネクストモバイルが20Mbpsに少し届かない程度で、どんなときもWiFiが25Mbps近く、WiMAXは40Mbpsを超えています。

しかしこの数値だけを見ても、正直なところ速いのか遅いのかよくわからない方もいるのではないでしょうか。

それではインターネットを快適に利用するために必要な速度はどれくらいなのかみてみましょう。

通信速度は20Mbps以上あれば充分なんです!

通信量を多く消費するコンテンツといえば動画視聴を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

「Wi-Fiに繋がないで、動画を長時間見たから速度制限になってしまった」

こんな経験をした人は少なくないでしょう。

動画視聴の通信量は画質によって大きく変わり、高画質ほど通信量が多くなり低画質ほど通信量が少なくなります。

とはいえ、低画質であってもネットサーフィンやSNSより動画視聴の方が格段に通信量は多くなるのです。

しかし、逆を言えば最高画質の動画を視聴できるような通信速度であれば、ネットサーフィンやSNS、ほかのインターネットコンテンツも快適に利用できるといえますよね。

そこで、メジャーな動画配信サービスであるAmazonプライムビデオやNetflixで4Kの超画質動画を見る場合の、推奨通信速度をみてみましょう。

推奨通信速度は20Mbps以上とありますね。

そして今回ご紹介したモバイルWiFiはすべて20Mbps近く出ていますよね。

そのなかでもどんなときもWiFiは通信速度が22Mbps以上あるうえで、通信量を気にせずに利用できるので、速度に関しては安心して利用できるといえるでしょう。

どんなときもWiFiと比較するべきなのは「光回線」

青いこぶしと赤いこぶしがぶつかり合う

通信を無制限で利用できるのに、通信速度が20Mbpsを超えるどんなときもWiFiはモバイルWiFiのなかで抜きん出ている存在です。

正直にいえば、他のモバイルWiFiと比較してもどんなときもWiFiが優れすぎているためにあまり意味はありません。

そこで、つぎは「どんなときもWiFi」と固定回線である「光回線」を比較します。

光回線と比較することで、どんなときもWiFiが光回線に劣っていることや逆に光回線に負けていない部分も出てくるでしょう。

どんなときもWiFiの速度ではできなくて光回線の速度ならできること

基地局から電波を受信するどんなときもWiFiよりも、直接光ケーブルを自宅に引き込む光回線の通信速度のほうが速いというのはなんとなく想像できるかと思います。

どんなときもWifi NURO光 auひかり
下り速度 20.94Mbps 335.14Mbps 268.49Mbps

※下り速度は2020年4月3日時点のものをみんそくから引用

しかし、このように約10倍も光回線の通信速度のほうが速いことはあまり知られていないかもしれません。

通信速度が約10倍変われば、モバイルWiFiでは満足にできなかったことができるようにもなります。

例えば以下の2つです。

  • オンラインゲーム
  • スポーツ中継などのライブ配信の視聴

これらは通信量が多いためPing(ピン)値という応答速度を評価する値が重要になります。

モバイルWiFiのPing値はオンラインゲームなどに適していないので、まったくプレイできないことはありませんが、快適に楽しむことは難しいでしょう。

また、通信速度ではありませんが、「同時接続台数」もどんなときもWiFiと光回線を比較すると大きな差になります。

では、それぞれを詳しく見てみましょう。

オンラインゲーム

オンラインゲームを快適にプレイするための推奨環境はゲームによって違いますが、通信速度が100Mbps以上で、Ping(ピン)値が30以下としているところが多いです。

Ping値とは通信の応答速度を評価する値の事で、数値が少ないほど良いとされています。

ネットサーフィンでもPing値が低いほどレスポンスがよくなりますが、普通のサイトは通信量が少ないので、たとえPing値が高くても気にならない程度にすぐ表示されるのです。

しかし、オンラインゲームの場合は常に通信しているため通信量が多く、Ping値がとても重要になります

Ping値が高いと動作が重くなり、いわゆるタイムラグが発生しプレイすることが難しくなってしまうのです。

それでは、まずはみんそくのレポートでモバイルWiFiの平均Ping値を見てみましょう。

どんなときもWiFi WiMAX
Ping値 67.94ms 82.78ms

※Ping値は2020年4月3日時点のものをみんそくから引用

どちらも推奨Ping値とされる30ms以下を大きく上回る結果となってしまいました。

では、光回線だとどうでしょうか。

NURO光 auひかり ソフトバンク光
Ping値 14.29ms 20.36ms 23.35ms
下り速度 335.14Mbps 268.49Mbps 201.92Mbps

※Ping値と下り速度は2020年4月3日時点のものをみんそくから引用

3つともPing値が30ms以下となり、下り速度も150Mbpsを大きく超える結果となりました。

オンラインゲームは特にPing値が重要になるので、オンラインゲームを快適に楽しみたいという人は光回線にすることをおすすめします。

スポーツ中継などのライブ配信

スポーツ中継などのライブ配信は、番組を流しているネットワークにアクセスして視聴をします。

応答速度が重要になるためPing値が高いと見ている放送が途切れてしまったり、生中継から録画中継に切り替わったりしてしまうこともあるのです。

もちろんモバイルWiFiでも視聴することはできますが、ライブ配信をよく見る人は光回線で視聴するとより快適に視聴できるでしょう。

同時接続台数

どんなときもWiFiの端末であるD1は同時接続台数が5台しかありません。

そのため、スマートフォンだけでなくパソコンやテレビもWiFi接続したい人や、家族で利用する場合は5台だと足りないかもしれませんね。

もし多くの機器とつなげたい場合は、たとえば光回線にして接続台数が多いルーターを使うか、WiMAXのホームルーター(HOME L02の同時接続台数は最大40台)にするといいでしょう。

また、光回線はモバイルWiFiと比べて通信性能が優れていますがおおよそ利用料金が約1,000円高くなります

月額料金表(参考値)
どんなときもWiFi NURO光 au光 ソフトバンク光(戸建)
3,480円 4,743円~ 5,100円~ 4,700円~

どんなときもWiFiでもインターネット通信は可能ですが、自分が好きなことをよりいい環境で楽しむためにも光回線の利用も検討に入れるとよいでしょう。

光回線の知識が無くて不安な人でも、こちらのサイトでは100種類以上の業者から利用者にもっとも適したプランを専門スタッフが丁寧にナビゲートしてくれるのでおすすめです。

外では「どんなときもWiFi」家では「光回線」という使い方も

光回線の優れているところをご紹介しましたが、絶対にモバイルWiFiにしかできないことがあります。

それは外に持ち運べることです。

固定回線である光回線は外で使うことはできません。

もし外でインターネットを利用する場合は、スマートフォンを使うか、コンビニやカフェなどのフリーWiFiスポットを利用するしかありません。

仮に通信量が少ないユーザーであるならばそれらの利用で充分でしょう。

しかし、WiFiがない環境で動画の視聴や、通信量が多いアプリゲームをするヘビーユーザーは要注意です。

そのような人は、どんなときもWiFiのような無制限で利用できるモバイルWiFiがないとすぐに速度制限になってしまうかもしれません。

もちろんどんなときもWiFiがあれば、動画視聴やネットサーフィン、SNSなどのインターネットを楽しむことができます。

しかし、速度の必要なオンラインゲームやライブ配信を快適な環境で楽しみたい人は「どんなときもWiFi」と「光回線」の両方を使うというのも選択肢の一つです。

「どんなときもWiFi」と「光回線」のダブル持ちがおすすめの人はこんな人

  • 外でインターネットを多く使う人
  • オンラインゲームやライブ配信を快適な環境で楽しみたい人
  • 家族や同居人がいる環境でインターネットをよく使う人

これらの条件に当てはまる人はどんなときもWiFiと光回線があれば快適なネット環境が手に入ります。

とはいえ、利用するインターネット回線が増えればその分利用料金も高くなってしまいますよね。

理想のインターネット環境を作ろうとするときは、自身の利用環境やなにがやりたくてどんなときもWiFiを検討しているのかよく考えると後悔するようなことが減りますよ。

どんなときもWiFiが向いている人

TEACHと書かれた木がテーブルの上に置かれている

どんなときもWiFiをおすすめできる人は以下のような人になります。

  • 電波の届きにくい場所に住んでいる人
  • モバイルWiFiを完全に無制限で利用したい人
  • 海外出張、海外旅行が多い人

これらに当てはまる人は、どんなときもWiFiならではの特徴に当てはまっているのでおすすめです。

それでは1つずつみていきましょう。

電波の届きにくい場所に住んでいる人

どんなときもWiFiはクラウドSIMという技術を使用しています。

クラウドSIMとはドコモ、au、ソフトバンクの3社のなかからその場の環境で最も適切なLTE回線を利用するものです。

ご存知の人もいるかもしれませんが、LTE回線はキャリア回線よりも対応エリアが広く、通信速度が速い回線になります。

良いところしかないLTE回線はぜひ使いたいですよね。

じつは、どんなときもWiFi以外のモバイルWiFiもLTE回線を使うことができます

しかし、ネクストモバイルの場合はソフトバンクのLTE回線しか使えませんし、WiMAXの場合はauのLTE回線しか利用できません。

つまり、もしソフトバンクやauが圏外となる場合は利用できなくなってしまうのです。

どんなときもWiFiは前述したように3つのキャリアのLTE回線を使うので、WiMAXやネクストモバイルの対応エリア外でも使えることがあります。

「モバイルWiFiを使いたいけど、対応エリアじゃないから諦めた」

このような人にとって、どんなときもWiFiは救世主のようなモバイルWiFiなのです!

モバイルWiFiを完全に無制限で利用したい人

何度もご紹介していますが、どんなときもWiFiは速度制限がなく、完全に無制限で利用できます。

通信量が完全に無制限で利用できることはそれくらいすごいことなのです。

これまでは、WiMAXのギガ放題プランがヘビーユーザーからの人気がありました。

しかし、ギガ放題プランは3日間で10GBを超えると速度制限になってしまい、速度制限になると通常画質の動画再生に必要な速度(1Mbps)しか出なくなってしまいます。

そうはいっても1Mbpsは出るので何もできなくなるわけではありませんが、高画質動画の視聴などは通常よりも多くの時間がかかってしまうでしょう。

このように通信量の制限でいえばWiMAXよりもどんなときもWiFiが勝っています。

しかしWiMAXのほうが優れている点もあります。

それは利用料金の安さです。

WiMAXは回線元のUQコミュニケーションズ以外に、プロバイダ(販売代理店)が20社以上もあり、なかには利用料金がどんなときもWiFiより安いところもあります。

とにかく安い料金でモバイルWiFiを使いたいという人はWiMAXを選択肢に入れてもよいでしょう。

海外出張・海外旅行が多い人

モバイルWiFiを探しており、海外に行く機会が多い人や、行く予定がある人にもどんなときもWiFiはおすすめになります。

まずは利用料金についてです。

ヨーロッパで利用した場合の料金
どんなときもWiFi ¥1,280/日
イモトのWiFi ¥1,880/日

上の表は海外利用を専門にしているモバイルWiFiレンタル業者のイモトのWiFiと料金を比較したものです。

表を見るとヨーロッパで利用する場合の利用料金は、どんなときもWiFiのほうが600円安くなっていますね。

ただし、イモトのWiFiは海外利用を専門にしているだけあって利用できる国の数が多いです。

どんなときもWiFi 131ヵ国/地域
イモトのWiFi 214ヵ国/地域

どんなときもWiFiが利用できる国の数は、イモトのWiFiと比べて少ないですが、メジャーな観光地や旅行先はほとんど網羅しているので安心してくださいね。

また、どんなときもWiFiは面倒な手続きが不必要というのも大きな魅力です。

これまでは海外でWiFiを使いたい場合は、現地で「プリペイド式のSIMを購入する」か、国内で海外利用できる「モバイルWiFi端末をレンタルする」ことが主流でした。

しかし、海外旅行はなにかとバタバタしがちです。

「海外になれていないからSIMをレンタルできるのか不安」
「当日レンタルしようと思ってたけど在庫がないからレンタルできなかった」

せっかくの海外旅行ならこのような事態は避けたいですよね。

どんなときもWiFiは面倒な手続きが一切不要であり、普段使っているときと同じように海外へ持っていくだけですぐに利用できます

そのため、海外旅行になれていない人にはどんなときもWiFiが優れた選択肢になります。

普段からモバイルWiFiを使いたいし、海外にも頻繁に行くという人にはどんなときもWiFiがおすすめです

  • 電波の届きにくい場所に住んでいる人
  • モバイルWiFiを完全に無制限で利用したい人
  • 海外出張、海外旅行が多い人

以上の3つに当てはまる人は、モバイルWiFiのなかでどんなときもWiFiを選べば間違いないでしょう。

また、こちらの記事では実際の利用者からアンケート調査をしどんなときもWiFiの評判と口コミを集めました。

利用者の感想を詳しく知りたいという方はぜひ参考にしてください。

まとめ

どんなときもWiFiは、モバイルWiFiのなかで充分な速度を持っており、光回線はもちろんほかのモバイルWiFiにはない特徴があります。

「通信量を無制限で使いたい」、「海外でも利用したい」といったように、モバイルWiFiをどういう目的で使いたいかはっきりさせると、なにを契約すべきか納得したうえで決められるでしょう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-04-07 15:39:17
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/160710/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!