生活110番辞典 パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOのWiMAXの評判はキャッシュバック次第!貰い忘れを防ぐ極意

2019-05-17

GMOのWiMAXの評判、キャッシュバックが諸刃の刃

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。

「WIMAXの契約を考えているけれど、GMOのWiMAXの評判が気になる」

そのようにお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、思い悩む必要は全くありません。

確かにGMOのWiMAXはキャッシュバックの受け取りが難しい一面があります。

しかしキャッシュバックの受け取り損ねにさえ気をつければ、GMOはWiMAXプロバイダのなかでもトップクラスに月額が安いプロバイダなんです!

こちらの記事ではGMOとくとくBBのWiMAXの評判についてご紹介していきます。

注意点を知って、GMOのWiMAXをよりお得に契約しましょう!

♦この記事の3つのポイント

☑GMOとくとくBBの魅力は超高額キャッシュバック
☑確実にキャッシュバックを受け取る方法教えます
キャッシュバックが受け取りづらいというデメリットを解消!

そもそもGMOとくとくBBってどんなプロバイダ?

GNMOとくとくBBは老舗の最大手

WiMAXの契約をご検討中の方のなかには、「『GMOとくとくBB』という名前は聞いたことがあるけれど、どんな会社なのかは知らないよ」という方もいるかもしれませんね。

評判をご紹介する前に、GMOとくとくBBがどんなプロバイダなのかを簡単にご案内しておきます。

GMOとくとくBBについて

GMOとくとくBBGMOインターネット株式会社が運営しているプロバイダになります。

GMOはWiMAX以外にもドコモ光などの光回線も取り扱っているため、「そちらでお世話になっているよ」という方も多いかもしれませんね。

このGMOインターネット株式会社は、1995年からインターネットへの接続サービスを提供しており、プロバイダ業界では「老舗しにせ」に当たります。

東証一部への上場もしており、契約者数も多く「GMOなら大丈夫だよね!」と企業グループとしての安心感や信頼性は非常に高いです。

こうした「安心と信頼の実績」が相まって、GMOグループは光回線業界では人気があり、WiMAX業界でもトップクラスのシェアを誇っているのです。

またGMOとくとくBBは、WiMAXプロバイダのなかでも「高額キャッシュバック」のキャンペーンをしていることでも有名です。

では、なぜGMOとくとくBBは高額キャッシュバックを実現できているのでしょうか。

 

その秘密は、GMOとくとくBBの集客方法にあります。

じつはGMOとくとくBBは「タレントを起用した広告」や「接客販売をするリアルストア(実店舗)」などの高いコストのかかるマーケティング戦略をしていないんです。

その代わりインターネットで広告を出し、それによる収入でしっかり稼いでいます。

こうした努力の結果、GMOは20社以上がひしめき合うWiMAXプロバイダ業界で、頭ひとつ抜けた地位を確立しているのです。

 

現在開催中のキャンペーン

さて、GMOの高額キャッシュバックの理由がわかると、知りたくなるのが「現在のキャッシュバック金額」ではないでしょうか。

GMOのキャッシュバックには「額の高さ」に加えて、もうひとつ特徴があります。

 

それは「キャッシュバック金額が月単位で変動する」ことです。

キャッシュバック月額の変動は微増微減を繰り返すのですが、時には4万円近い金額になることもあるんですよ!

 

現在GMOが取り扱っている端末は下記の6種類です。

GMOが取り扱っている端末

「W06」
「WX05」
「W05」
「HOME L02」
「HOME01」
「HOME L01s」

 

このうち「W06」「WX05」「W05」の3つがいわゆるモバイルルーター型で、「HOME L02」「HOME01」「HOME L01s」の3機種は据え置きタイプのルーターになります。

 

各端末の2019年4月時点でのキャッシュバック金額は以下の表の通りです。

キャッシュバック金額一覧表

機種名 キャッシュバック金額
W06 3万1,050円(本体のみ)
WX05 3万1,050円(本体のみ)
2万3,050円(本体+クレードルセット)
W05 3万6,100円(本体のみ)
3万1,900円(本体+クレードルセット)
HOME L02 3万500円(本体のみ)
HOME01 3万300円(本体のみ)
HOME L01s 3万1,900円(本体のみ)

WX05の「本体+クレードルセット」が2万円代であることを除けば、どれも3万円を超えていますね。

多くのプロバイダでは「最新機=性能が良い」ことから、W06を進めている場合がほとんどです。

しかし、GMOの高額キャッシュバックを望む場合はW05の「本体のみ」での契約一択といえるでしょう。

 

このキャッシュバックキャンペーン以外に、GMOとくとくBBではもうひとつ「紹介キャンペーン」も開催されています。

こちらは、「メール・Facebook・LINE・Twitterのいずれかを用いてGMOとくとくBBのメールアドレスを紹介すると、紹介した側には「紹介料」が支払われ、紹介されてGMOと新規契約した側には、キャッシュバック月額割引が適用される」というものです。

紹介料ですが、1人目は5,000円。

2人目以降は1,000円増額されて、6,000円が支払われます。

 

紹介された側のキャッシュバック金額は先ほどの表の「本体のみ」の金額です。

また、月額割引を選択した場合は、無制限プラン(月間7GB制限なし)・通常プラン(月間7GB制限あり)のどちらでも、最大3ヶ月間月額料金が2,170円になります。

キャッシュバックキャンペーンの詳細はこちらから。

紹介キャンペーンはこちらからご覧になってください。

 

料金設定

多くのWiMAXプロバイダがそうであるように、GMOとくとくBBのWiMAXも「ギガ放題プラン」と「通常プラン」の2種類に分かれています。

ギガ放題プランと通常プランの違いは、月間7GBの通信制限の有無です。

ギガ放題プランは3日で10GB、通常プランは月額7Gbの制限がかかります。

では7GBとはどれくらいのデータ量なのだろうか、となりますよね。

7GBのデータの換算は下記を参考にしてください。

7GBのデータ量(おおよその目安)

  • メールの送受信:約268万通
  • サイトの閲覧:約7,200ページ
  • 動画視聴:6.5時間(HD画質 720P)
  • 動画視聴:25時間(標準画質 360P)
  • 音楽DL:約1400曲(1曲5M換算)

さすがに1ヶ月でメールを268万通もやり取りしたり、サイトを7,200ページも見ることはないとは思いますが、動画視聴6.5時間、25時間はあり得える数値ですよね。

そのためWiMAXを契約する方の93%が、3日で10GBの容量を使用可能であり月間7GB制限のない「ギガ放題プラン」を選択しています。

 

ちなみに、GMOとくとくBBでは月単位でのプラン変更ができるうえに、プランの変更回数に上限はありません。

初めは月額料金の安い7GBのプランから始めて、物足りないようならギガ放題へ切り替えるといった使い方も可能ですね。

そしてGMOのWiMAXの月額料金は下記のとおりです。

GMOとくとくBBの月額プラン

GMOとくとくBB
  • ギガ放題(月間7GB制限なし):1~2ヶ月目:3,609円
  • 3ヶ月目以降:4,263円
  • 通常プラン(月間7GB制限あり):月額:3,609円

 

では、この金額はWiMAXプロバイダにおいては高いのか、安いのか、ということになりますよね。

UQ WiMAX、Broad WiMAXの2社と比較すると以下の表のようになります。

WiMAX料金3社比較表

プロバイダ名 ギガ放題プラン 通常プラン ギガ放題プラン3年総額 通常プラン3年総額
GMOとくとくBB 1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
月額:3,609円 3,609円×2ヶ月+4,263円×34ヶ月=15万2,160円 3,609円×36ヶ月=12万9,924円
UQ WiMAX 月額4,380円 月額3,696円 4,380円×36ヶ月=15万7,680円 3,696円×36ヶ月= 13万3,056円
Broad WiMAX 月額1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
月額1~24ヶ月目:2,726円
25ヶ月目以降:3,326円
2,726円×2ヶ月+3,411円×22ヶ月+4,011円×12ヶ月=12万8,626円 2,726円×24ヶ月+3,326円×12ヶ月=10万5,336円

 

「あれ?3年総額で見ると、GMOより安いプロバイダあるじゃん!」と気が付かれた方も少なからずいるのではないでしょうか。

まさにそのとおりなんです。

「安い」、「安い」といわれるGMOとくとくBBですが、GMOよりも低価格でWiMAXを提供しているプロバイダも普通にあります。

そのため、プロバイダを決めるときは月額料金やキャッシュバックなどを総合的に比較することが大切です。

 

契約可能端末について

キャッシュバックキャンペーンのお話の中ですでにご紹介したように、GMOとくとくBBで現在契約できる端末は、「W06」「WX05」「W05」「HOME L02」「HOME01」「HOME L01s」の6機種。

このうち前3者がWiMAX端末(いわゆるモバイルルーター型)、後3者は据え置き型(いわゆるホームルーター型)です。

 

外出先でもネットを使いたい方はモバイルルーター型が、ネットの利用が自宅だけの方ならホームルーター型を選ぶことがおすすめです。

WiMAXは「最新機種=性能が良い」ので、モバイルルーター型はW06を、ホームルーター型の場合は「HOME L02」を選ぶとよいでしょう。

 

GMOとくとくBBの5つの魅力とは

 

パソコンを見て喜ぶ女性

ここまで簡単にGMOについてご紹介してきました。

GMOとくとくBBでWiMAXを契約することには5つの大きな魅力があります。

 

キャッシュバックが厚い!

すでにご紹介しているように、GMOとくとくBBといえば高額キャッシュバックです。

そのため、「考えていたよりもキャッシュバックがたくさんもらえた!」と満足の声も聞かれます。

avatar

フラッフィーさん(女性・20代)/大阪府

キャッシュバックの値段が高いためお安くりようできる。
ネットで検索するとキャッシュバックは落とし穴があり、返ってこない可能性があるとの口コミがありましたが全然そんなことはなく、登録から10ヶ月後にしっかりキャッシュバックされました。
うっかり口座登録期間を逃してしまった方にはつらい制度かと思いますが、登録さえ忘れなければ問題ないので良いと思います。


こちらの口コミはGMO WiMAXを利用している方へ、実際に編集部がアンケートを取ったものです。

初期解約制度対応

GMOは老舗しにせで大手のプロバイダだけあって、初期解約制度にも対応しています。

初期解約制度というのは、「わけもわからず契約を結んでしまったなどの場合に、契約した日を含めた8日間の間であれば違約金を払わずに解約できる」ということを定めたものです。

一言でまとめると、「通信サービス版クーリング・オフ制度」といったところでしょう。

 

とはいえ、利用には以下のような注意点があるので気をつけてくださいね。

  • 期限内に手続きを完了させなければならない
  • 付属品を含めたWiMAX一式と「初期契約解除書面」を送る必要がある
  • 事務手数料3,000円は支払わなければならない

 

これらの注意点を守らないと初期解約制度は利用できず、高額な違約金を払って解約することになってしまいます。

GMOとくとくBBの初期解約制度についての詳細はこちらから確認してくださいね。

 

20日間違約金無料解約制度がある

GMOとくとくBBでは、「ピンポイントエリア判定で「〇」が出たにもかかわらず通信速度が遅かった場合に、申し込み日から数えて20日間以内の解約は違約金を請求しません」というサービスをおこなっています。

ピンポイントエリア判定というのは、WiMAXのサービスエリア圏内かどうかを知ることができるUQ WIMAX提供の「サービスエリア確認サービス」です。

 

電波状況は

「〇」
「〇~△」
「△」
「×」
「使用できません」(サービスエリア圏外)

の5段階で判定されます。

 

判定結果「〇」ということは、「文句なしでWiMAXを使える」ことが普通の状態です。

それなのに通信速度が思ったよりも出ないのは困りますよね。

そうした「WiMAXが期待はずれだった」を解消してくれるのが、この20日間違約金無料解約制度なのです。

 

とはいえこの制度を利用するためには「GMOとくとくBBの公式サイトから契約していること」や「お客様センターに電話をかける」といった条件があるので注意が必要です。

また、20日間のカウントが「申し込み日から」であったり、返送時の消印が「20日目当日の消印無効」であったりとちょっとした「日数カウントトラップ」が用意されています。

契約日数の数え間違いにはご注意くださいね。

 

端末を即日発送してもらえる

光回線とは違うWiMAX端末のいいところは、厄介な配線工事なしにインターネットを利用できることにあります。

「それならできるだけ早く使ってみたい」と考えてしまうのが人の心理ですよね。

 

そんな方にこそGMOとくとくBBはおすすめなんです。

なぜかというと、GMOは最短即日でWiMAX端末を発送してくれるからです。

 

即日発送してもらえるのは以下の時間までに申し込みを受け付けてもらった場合になります。

  • 平日:15時30分まで
  • 土日祝日:14時まで

 

とはいえ、申し込み者の居住地域や選択機種の在庫状況によっては、即日発送が難しい場合もあるでしょう。

その場合は受付完了から4営業日以内での発送になります。

 

auかUQ mobileのユーザーなら、スマホ代が割引できる

加えて、GMOはauあるいはUQ mobileのユーザーにもおすすめです。

その理由は、GMOとくとくBBがauスマートバリューmineとギガMAX月割に対応しているからです。

 

auスマートバリューmineはauスマホが1台だけではありますが、最大で永年月額1,000円割引されるサービスです。

詳しい割引額は下記の表をご覧くださいね。

 

auスマートバリューmine割引額一覧表

プラン名 パターン 割引額
ピタットプラン シンプル(1GBまで) 割引対象外
データ定額2/3
データ定額2(スーパーカケホ/カケホ)(2GBまで)
シンプル(1GB超~2GBまで)
月額500円OFF
スーパーカケホ/
カケホ/
シンプル(2GB超~20GBまで)
月額1,000円OFF
auフラットプラン20/30 500円
データ定額5/20/30
LTEフラット
ISフラット
月額934円OFF
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付き)
月額743円OFF
データ定額1 月額500円OFF

 

このauスマートバリューmineを適用するためにはGMOの会員ページから申請手続きをしたうえで、最寄りのauショップで申込み手続きをする必要があります。

 

一方、ギガMAX月割はUQ mobileユーザーを対象にしたスマホ代割引プランです。

このギガMAXプランはUQ mobileの「おしゃべりプランS/M/L」もしくは「ぴったりプランS/M/L」加入者のスマホを1台だけ最大月額300円割引するものです。

ギガMAX月割にはプランの指定以外にも、「UQ mobileとWiMAXの両方を契約していること」、「WiMAXの契約プランが2年プランではないこと」という適用条件があります。

これらの適用条件をクリアして申し込むと、申し込み完了翌月から割引がされるようになります。

ギガMAX月割の適用手続きは、UQ mobileの取り扱い店舗またはUQの会員ページから可能です。

 

GMOは「とくとく」ではない?

 

パソコンを見てショックを受ける女性

さまざまなメリットがある一方で、GMOのWiMAXの評判を見てみると、「GMOにしてやられた」というユーザーの嘆きが散見されます。

では何がどうしてGMOとくとくBBのWiMAXユーザーは涙をのんでしまうのでしょうか。

その理由を探っていきましょう。

 

キャッシュバックが受け取りづらい

高額のキャッシュバックをもらえることが魅力のGMO。

しかし編集部の取ったアンケートの中でキャッシュバックが受け取りづらいと嘆くユーザーも一定数存在しています。

avatar


福岡県福岡市/ざっきーさん(男性・30代)

東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営しているプロバイダで契約する際にも安心感があり、そんなGMOとくとくBBが提供するWiMAXの特徴は、なんと言っても利用料金が安い事が評価が高い点になります。キャッシュバックがもらいにくいのは難点ではありますが、この点を注意すれば契約して損はしないと思います。

その原因は「GMOとくとくBBのキャッシュバックの仕様」にあるんです。

GMOのキャッシュバックは、『契約から11ヶ月目に登録したメールアドレスに送られてくる「案内メール」に従って、1ヶ月以内に振込口座の情報を登録する』必要があります。

 

文字に起こすととても簡単そうにみえるのですが、実はこれがとんだ曲者(くせもの)で、結果、泣きを見るユーザーが少なくありません。

詳しくは次の章でお話しますので、気になる方は先にそちらから読んでくださいね。

 

お客様センターに電話がつながりにくい

GMOとくとくBBは「お客様センター」へ電話がつながりづらいときがあるようです。

GMOのお客様センターの電話はフリーダイヤルではないため、固定電話からかけた場合、全国一律で3分8.5円の通話料がかかります。

そのため何度もかけ直すと、結果としてその分だけ通話料がかさみます

 

余計な出費はできればしたくないものですよね。

そんなときこそ「Webフォーム!」と行きたいところですが、「Webからの問い合わせは放置されているのではないか」という話もあるので、確実な方法ではない可能性があります。

どうしても確実に電話で問い合わせたい場合は、混雑曜日と時間帯を避けた「火~木曜日の10時~12時までもしくは15時以降~19時」を狙って問い合わせるといいかもしれません。

 

解約金が他のプロバイダよりも高い!

GMOユーザーは、解約金の高さにも嘆いているようです。

多くのWiMAXプロバイダは、回線提供元であるUQコミュニケーションズ社が設定している違約金の額を採用しています。

参考:一般的なWiMAXの違約金額

1~12ヶ月目:1万9,000円
13~24ヶ月目:1万4,000円
25ヶ月目以降:9,500円
更新月:0円

 

しかしGMOとくとくBBでは、以下のように違約金の値段設定がされているんです。

1~24ヶ月目:2万4,800円
25ヶ月目以降:9,500円
更新月:0円

 

「2年以内2万4,800円」という高額な違約金は、できるだけ払いたくはないですよね。

リスクとリターンの兼ね合いを考えたうえで、GMOの解約を考えるようにしましょう。

 

悪評の元はキャッシュバックの「初見殺し」!

 

GMOとくとくBBの悪評はキャッシュバックの所見殺しに原因があった

GMOとくとくBBのWiMAXの評判には、「キャッシュバック逃した」という嘆きが少なくない数出てきます。

では、どうしてキャッシュバックのメリットを受けられない人が多発してしまうのでしょう。

それは先ほどもいったように「GMOとくとくBBの仕様に原因がある」からなんです。

この仕様を知っていればキャッシュバックは確実に受け取れるのですが、知らない場合は受け取り損ねてしまうことが平気であり得ます。

これはさながら、ゲームにおける「初見殺し」のようなものです。

 

初見殺しとは、ゲームにおいて初めてステージを訪れたときに「ほぼ必ず」といっていいほど引っかかってしまうトラップや、倒しづらい強敵のことを指す言葉です。

ですが、「初めて見たときに引っかかってしまう」から、初見殺し。

予備知識さえあれば、攻略は難しくありません。

 

つまりポイントにさえ気を付ければ、GMOのキャッシュバックは確実に受け取れるんです!

それでは、GMOの仕様のどのあたりが「初見殺し」なのか押さえていきましょう。

 

キャッシュバックの案内メールは普段使っているメアドには届かない!

契約から11ヶ月目に「登録した」メールアドレスに送られてくるキャッシュバックの案内メール。

じつは「登録した」メールアドレスという部分が初見殺しなんです。

その理由は、登録したメールアドレス=GMOのメールアドレスであり、普段使っているメールアドレスではないからです。

普通に考えれば、登録したメールアドレス=「登録受付確認メール」の受信先として登録した普段使いのメールアドレスと思ってしまいますよね。

さらに、このキャッシュバックの案内メールはGMOのメールアドレス以外には送信されないんです。

これでは気付けというほうが難しいかもしれませんね……。

 

ちなみにこの状況は、初見殺しにたとえると「敵キャラが想定外の攻撃を仕掛けてくるパターン」にあたります。

例を挙げるとこんな感じです。

 

たとえばRPGのとあるステージに白黒ぶちの猫型ザコ敵がいて、引っかき攻撃を仕掛けてくるとします。

ザコ敵を倒していると、上位互換種と思われる黒猫風の敵に遭遇しました。

 

それまでの間に出てきた白黒ぶちは引っかき攻撃しかしてきませんでした。

そうなると、黒猫風も引っかき攻撃を仕掛けてくると思いますよね。

 

ところが黒猫風は引っかき攻撃ではなく口からビームを吐いて攻撃してくるんです。

その結果、「黒猫がビーム吐くなんて聞いてない!」と対応が追い付かず、最終的にパーティーが壊滅してゲームオーバーになってしまうのがお約束になります。

しかしこうしたパターンは、「相手の初手を様子見」すれば気づけることもあります。

GMOでは契約時にメールアドレスを作成するので、キャッシュバックの案内メールが来る前に最低でも一度、GMOのメールボックスをのぞいておきましょう。

 

「木を隠すなら森の中理論」にも気を付けよう

GMOのキャッシュバックの案内メールが初見殺しになってしまうのには、他にも要因があるからです。

それは「キャッシュバックの案内メールがメルマガの山に紛れてしまう」からです。

ではなぜそのようなことになってしまうのでしょうか。

 

これはプロバイダのメールアドレスにありがちなことなのですが、GMOのメールアドレスには毎日のように宣伝などのメールマガジンが送られてきます。

そのため、放っておくとどんどん未読のメルマガが溜まっていってしまいます。

 

そこへ11ヶ月目にキャッシュバックの案内メールが来るのですが、このメールの件名は「メルマガの山に紛れてしまいがちな定型文」になっているんです。

つまるところ、「キャッシュバックの案内メールはどれだろう?」となります。

「木を隠すなら森の中」という言葉もありますが、RPGの初見殺しにもこのパターンが存在するんです。

それは「宝箱だと思って開けたら、擬態系モンスターでパーティーが全滅する」という悲しいものなのですが、このパターンさながらなのが「キャッシュバックの案内メールがメルマガの山に紛れている状態」なんです。

上記の文の「キャッシュバックの案内メール」を「本物の宝箱」に、「メルマガの山」を「擬態したモンスター」に置き換えると、その徒労感がひしひしと伝わるかと思います。

 

とはいえ、こうした要素は「予備知識がないことが引っかかる原因」なので、知識を付ければ、対策を立てるのも簡単です。

GMOのキャッシュバックの初見殺し対策法はすぐ次の章でご案内しますね。

 

キャッシュバックの「初見殺し」で泣かないための攻略法

 

キャッシュバックの初見殺し攻略法4選

ゲームにおける初見殺しは、初見で引っかかるから「初見殺し」なのであって、一度経験して知識を付けてしまえば「ただの壮大な出オチ」です。

そのため、GMOのキャッシュバックも対策をしておくことで受け取り損ねてしまう可能性を減らせます

 

GMOのキャッシュバックを忘れないための対策にはいくつか方法があるのですが、今回は下記の4つをご案内しておきます。

  • 攻略法1.リマインドメールを設定しておく
  • 攻略法2.カレンダーなどに「GMOの案内メール確認すること」などの書き込みを入れておく
  • 攻略法3.リマインダーを活用する
  • 攻略法4.案内メールの受信先を勘違いしない!

 

それでは順番に方法を確認しておきましょう。

 

攻略法1.リマインドメールを設定しておく

リマインドメールとは、再確認や念押しのために送るメールのことです。

これはビジネスだけでなく、こうしたキャンペーンの備忘手段としても十分に使えます。

リマインドメールの作り方はとても簡単で、通常のメールのように宛先を設定して本文を書き、最後に11ヶ月後の日付を指定するだけです。

GMOのキャッシュバック案内メールはおおよそ月末ごろに配信されるようなので、指定する日付は、11ヶ月後の中旬後半から下旬前半辺りとしておくのがいいかもしれません。

 

この方法のメリットは、キャッシュバックの案内メールが来る時期にそのことを確実に思い出させてくれることにあります。

しかし、リマインドメールサービスに登録していなければ使えない手段であることが唯一のデメリットといえます。

 

攻略法2.カレンダーなどに「GMOの案内メール確認すること」などの書き込みを入れておく

リマインドメールサービスが利用できない場合に有効な手段のひとつが、カレンダーなどに「GMOの案内メール確認すること」などの書き込みを入れておく方法です。

この方法もリマインドメールと同じように、キャッシュバックの案内メールが来る時期を確実に思い出させてくれることがメリットです。

デメリットとしては、カレンダーなどに予定を書き込むのが少々手間なくらいです。

 

攻略法3.リマインダーを活用する

スマホの普及している現在においてもっとも有効なのは、スマホのリマインダーアプリを活用することかもしれません。

多くのスマホにはデフォルトアプリとしてカレンダーアプリやリマインダーアプリなどが用意されています。

こうしたアプリで11ヶ月後の月末ごろに通知されるよう設定しておけば、そのときに確実にキャッシュバックの案内メールのことを思い出せます。

絶対に忘れたくない場合は、カレンダーアプリ・リマインダーアプリどちらか一方だけでなく、両方で通知されるように設定しておくといいかもしれません。

 

攻略法4.案内メールの受信先を勘違いしない!

キャッシュバックの案内メールが届くことを覚えていても、受信先のメールアドレスを勘違いしていたのでは意味がありません。

すでにお伝えしているように、キャッシュバックの案内メールは、GMOのメールアドレスにしか届かない仕様です。

普段使っているメールアドレスではありません

 

一応、GMOのメールアドレスから普段使いのメールアドレスにメールを自動転送させることもできます。

しかしこの方法を選択すると重要なメールだけでなく、「メルマガの山」まで自動転送されてしまうんです。

そのため、「メルマガの山」をうっとうしいと感じる方にはおすすめできない方法となります。

「メルマガの山」を回避して案内メールを探したい場合は、最低でも月1回は会員ページのメールボックスを確認する」習慣を付けることをおすすめします。

WiMAXプロバイダのなかでも、GMOはキャッシュバックさえ受け取れれば最良のプロバイダです。

これらの対策法を上手に組み合わせて、漏れなくキャッシュバックをゲットしてくださいね。

 

申し込み手順

GMOとくとくBBのWiMAXの契約申し込みはとても簡単

 

今回のお話の最後に、GMOとくとくBBでWiMAXを契約するときの申し込み手順をご紹介しておきますね。

 

1.ピンポイントエリア判定で利用できるか確認する

WiMAXを利用するうえで、利用予定場所の電波状況を確認しておくのは、良好な通信環境を得るためには欠かせません。

 

すでにご紹介しているように、ピンポイントエリア判定の判定結果は

「〇」
「〇~△」
「△」
「×」
「使用できません」(サービスエリア圏外)

の5段階でしたね。

 

「〇」は文句なしに利用できますし、「×」や「使用できません」ならそもそも電波が来ていないことが分かります。

とはいえ、「〇~△」や「△」の場合は、つながるかどうか不安になりますよね。

 

これらの判定結果が出てしまったときは、GMOとの契約の前にUQWiMAXの「Try WiMAX」というWiMAX端末の15日間無料レンタルサービスを試してみましょう。

このサービスを試すことで、実際のWiMAXの接続状況などがわかります。

そのため、GMOとの契約後に「こんなはずじゃなかった……」と後悔しなくて済みます。

もちろん判定結果が「〇」の場合でも、使用感の確認にTry WiMAXを利用するのもありですよ。

 

2.機種やプラン・キャンペーンを選ぶ

ピンポイントエリア判定でWiMAXの電波状況を確認したら、次は機種やプラン・キャンペーンを選んで申込み手続きをしましょう。

多くのプロバイダでは最新機を選ぶことが「おすすめ」とされるのですが、GMOとくとくBBのウリは、「高額キャッシュバック」にあります。

 

そのため、GMOの場合のおすすめは3万6,100円(2019年4月時点の金額)のキャッシュバックを受け取れる「W05(本体のみ)」です。

「W05」には「本体+クレードルセット」というバージョンもあるのですが、こちらを選ぶと4,200円もキャッシュバックが安くなってしまうので、間違えないでくださいね。

ちなみに、「クレードル」とは「置き型充電器」のことです。

このクレードルはあると便利なのですが、なくてもWiMAX端末の利用に支障はありません。

つまり、「本体のみ」でWiMAXを契約しても大勢に影響はないということです。

プランは月間7ギガ制限のない「ギガ放題プラン」を選ぶのがおすすめですよ。

 

WiMAXは「最新機種=性能が良い」といわれます。

そのため、「多少キャッシュバックが安くなっても最新の機種を使いたいよ」という方は、W06もしくはHOME L02を選んでくださいね。

 

3.必須事項を入力すれば申し込みは完了!

機種やプラン・キャンペーンを選び、必須事項を漏れなく記入して申し込みボタンを押せば、GMOでの契約は完了します。

 

しかし、ここで1つだけ覚えておいてほしい注意事項があるんです。

じつは申し込みには、「契約者の名義(名前)のクレジットカード」が必要になります。

なぜなら、GMOの支払い方法がクレジットカード払いだからです。

 

もし、現在クレジットカードを持っていない場合は、新規でクレジットカードを作ることをおすすめします。

しかしそうはいっても、何らかの事情によりクレジットカードを作れない方もいらっしゃるかもしれませんよね。

その場合はBroad WiMAXなど口座振替にも対応しているプロバイダから契約するしかありません。

契約前にはクレジットカードを持っているか、またクレジットカードを利用できる状態であるかどうかの確認も忘れないでくださいね。

 

まとめ

今回はGMOのWiMAXの評判について見てきました。

評判を総合すると、おすすめな人・不向きな人は下記のとおりになります。

 

GMO WiMAXで契約するべき人の特徴


☑auユーザーである人
☑UQ mobileユーザーである人
☑高額なキャッシュバックでWiMAXをお得に使いたい人

逆にこうした傾向に当てはまる方はGMOでWiMAXの契約はするべきではないでしょう。

    1. 各種手続きを面倒に感じてしまう人
    2. 手厚いサポートを受けたい人
    3. クレジットカードでの支払いが難しい人

また、UQ認定のWiMAXプロバイダ18社の価格帯やサービスを徹底調査し、その結果を載せた記事もあります。

「GMOのWiMAXはいまいち……」そんな方でも、自分に合ったWiMAXをきっと見つけられるはずです!ぜひご覧になってください。

関連記事:WiMAX+モバイルルーター最新の月額比較|18社中の最安を調査!

GMOのウリは高額なキャッシュバックにありますが、同時に受け取りが難しい仕様にもなっています。

そのため今回ご紹介した、「メールの届き先」と「件名が定型文」であることを踏まえておけば、初見殺しに引っかかって泣きを見ることもないでしょう。

 

GMOとくとくBBはキャッシュバックの受け取り損ねにさえ気を付ければ、とてもいいプロバイダです。

WiMAXの購入を検討するときは、GMOもぜひ候補に加えてみてくださいね。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2019-05-17 11:04:12
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/137945/
パソコン&周辺機器
「WIMAXの契約を考えているけれど、GMOのWiMAXの評判が気になる」 そのようにお考えの方もいらっしゃるかもしれません。 ですが、思い悩む必要は全くありません。 確かにGMOのWiMAXはキャッシュバックの受け取りが難しい一面があります。 しかしキャッシュバックの受け取り損ねにさえ気をつければ、GMOはWiMAXプロバイダのなかでもトップクラスに月額が安いプロバイダなんです! こちらの記事ではGMOとくとくBBのWiMAXの評判についてご紹介していきます。 注意点を知って、GMOのWiMAXをよりお得に契約しましょう! [box class="box" title="♦この記事の3つのポイント"] ☑GMOとくとくBBの魅力は超高額キャッシュバック! ☑確実にキャッシュバックを受け取る方法教えます ☑キャッシュバックが受け取りづらいというデメリットを解消! [/box]
シェアリングテクノロジー株式会社

お住まいの地域のインターネット回線業者を検索

北海道・東北

  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0

関東

  • 東京都0
  • 神奈川県・横浜市0
  • 埼玉県0
  • 千葉県0
  • 栃木県0
  • 群馬県0
  • 茨城県0
  • 山梨県0

東海

  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県0
  • 長野県0
  • 静岡県0

北陸

  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0

関西

  • 大阪府0
  • 京都府0
  • 兵庫県・神戸市0
  • 奈良県0
  • 滋賀県0
  • 和歌山県0

中国・四国

  • 広島県0
  • 岡山県0
  • 山口県0
  • 鳥取県0
  • 島根県0
  • 徳島県0
  • 高知県0
  • 愛媛県0
  • 香川県0

九州

  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!