生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

WiMAXとはポケットWiFiの一種?特徴や違いを初心者でもわかるように解説

投稿日:2019-03-05 更新日:2020-10-27

WiMAXとは簡単に説明すると以下のようになります。

  • WiMAXとはインターネット通信サービスのこと
  • 高速通信可能な無線電波回線を使う
  • 提供会社はauと同じKDDI系のUQコミュニケーションズ株式会社
  • 名前は「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略称で「マイクロ波を利用した世界標準の通信方式」というような意味になる

この記事ではWiMAXがどんなサービスで他のポケットWiFiとどう違うのかや特徴、注意点、おすすめの人などをわかりやすくお伝えしています。

WiMAXの特徴がわかれば、自分に合うポケットWiFiを見つけやすくなるはずです。

一緒にWiMAXについて学んでいきましょう。

記事内ではモバイル端末を用いた通信サービスを「ポケットWiFi」と定義しています。また、特別な断りがない場合金額は税別表記となっています。記載内容は精査しておりますが、実際の料金やキャンペーンなどの情報は予告なく変更される場合があり、本文と差異が生じる場合がありますのでご留意ください

WiMAXとはポケットWiFiのこと?

「WiMAXとはつまりポケットWiFiのことだ!」と考えている人もいますよね。

間違いではありませんが、じつはまったく同じものというわけではありません。

そこで、ポケットWiFiとWiMAXについてもう少し詳しくお伝えしていきましょう。

WiMAXとは何か

はじめにお伝えしたとおり、WiMAXはUQコミュニケーションズ株式会社提供の無線通信サービスの名前です。

それでは、モバイルルーターを使った無線通信サービスの代表格として名前を聞く「ポケットWiFi」とは何が違うのでしょうか?

じつは現在、ポケットWiFiと言った場合2つの意味があります。

  1. ワイモバイルの無線通信サービス名
  2. モバイルルーターを使った無線通信サービス全般のこと

つまり、WiMAXは2の意味のポケットWiFiの一種といえます。

※WiMAXにはモバイルルーター以外に据え置きタイプのホームルーターもあるため、WiMAX=ポケットWiFiというわけではありません。

元々ポケットWiFiというのは、猫の出てくるCMで有名なY! mobile(ワイモバイル)社が提供しているモバイルルーターを利用した無線通信サービスの商品名でした。

ところが、モバイルルーターを利用する無線通信サービスが世の中に広まるにつれて、「モバイルルーターを利用した無線通信サービス」自体を「ポケットWiFi」と呼ぶようになりました。

そのため、現在では「モバイルルーターを利用した無線通信サービス=ポケットWiFi」として扱われているんです!

ここまでのお話をわかりやすくまとめたのが、下記の図です。

ポケットWiFiとWiMAXの言葉の意味

料金は毎月いくらくらい?

WiMAXの料金はサービスを販売しているプロバイダ(販売代理店)によって異なります

たとえば回線提供元であるUQ社直営のUQ WiMAXでは下記の料金でサービスが提供されています。

  • 契約事務手数料:3,000円
  • 端末代:15,000円
  • 月額料金:3,880円(2年自動更新あり契約の場合)

契約事務手数料:3,000円はどこのプロバイダであっても支払わなければなりませんが、端末代はプロバイダによっては無料となっていることがあります。

また、月額料金はプロバイダによってはUQ WiMAXよりも安い設定となっていることもあります。

そのため、こだわってプロバイダ選びをすると月々1,000円ほどお得な契約ができるといえますよ。

端末にはどんなものがある?

WiMAXには全部で23もの機種がありますが、現在契約できるのは基本的に下記の4機種です。

    モバイルルータータイプ:ポケットWiFiとして持ち運んで利用できる機種

  • WX06……2020年発売の最新機種。初心者でも使いやすい。
  • W06……2019年発売の最速機種。WiMAX最速の下り最大通信速度1.2Gbpsの性能を持つ。
    ホームルータータイプ:屋内でコンセントに電源ケーブルを差して使う機種

  • HOME 02……2020年発売の最新機種。先代機種:HOME 01よりもつながりやすさが向上
  • L02……2019年発売の最速機種。WiMAXホームルーター最速の下り最大通信速度1.0Gbpsの性能が魅力。

WiMAX端末についてのお話はこちらの記事で詳しくお伝えしています。

お得なキャンペーンはある?

WiMAXでは多くのプロバイダでキャンペーンが開催されています。

高額キャッシュバックキャンペーンを開催しているところもあれば初期費用無料キャンペーンなどの割引特典を提供しているプロバイダもあるんですよ。

なお、WiMAXのキャンペーンは基本的に5種類に大別できます。

  • キャッシュバックキャンペーン:現金や商品券などを受け取れる
  • 月額料金割引キャンペーン:月額料金が割引される
  • クレジットカード同時発行キャンペーン:WiMAXと同時に指定のクレジットカードを契約すると特典を受け取れる
  • プレゼント系キャンペーン:周辺機器などが無料で手に入る
  • 費用無料系キャンペーン:契約事務手数料や送料、オプション代金などが無料になる

WiMAXのキャンペーンについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

他のポケットWiFiとの違いを簡単に解説

「WiMAXとはWiMAX回線を使う無線インターネットサービスのことである」ということがわかりましたよね。

では、WiMAX回線を使わない他のポケットWiFiとはどんなところがどのように違うのでしょうか。

WiMAX回線以外を利用しているポケットWiFiには数え切れないほどのサービスがあります。

そのため、わかりやすいよう各スマホキャリア(ドコモ(4G回線)・ソフトバンク・ワイモバイル)のポケットWiFiと比較していきますね。

※auのポケットWiFiはWiMAXを利用しています。

なお、WiMAXは当編集部調べでもっとも料金の安いことがわかったGMO WiMAXでご紹介しますね。

それぞれのサービスを比較したのが下記の表です。

【4社比較表】
サービス名 GMO WiMAX ドコモ ソフトバンク ワイモバイル
契約期間 3年 2年 2年 2年
料金(実質月額) 約3,500円 約9,900円 約8,700円 約5,700円
月間データ容量上限 無制限(ギガ放題プランの場合) 30GB(4Gギガホプランの場合) 50GB(メリハリプラン for データの場合) 無制限(アドバンスオプション適用の場合)
通信速度
速度制限 短期間のみあり あり あり 短期間のみあり
対応エリア

※こちらの表は、スクロールできます。

実質月額とは、費用やキャンペーン金額すべて含めた契約期間中の月あたり支払い額のことです。

WiMAXはキャリアのポケットWiFiと比較すると実質月額が遥かに安いことが魅力であるといえるでしょう。

また、オプションの適用なしで月間データ容量を無制限で使えることも強みといえます。

さらに通信速度が速く対応エリアも広いので、実際に使ううえで「速度が遅い、つながらない」といったことに悩まされることも少ないでしょう。

加えて、「速度制限はあるものの短期間で解除される」ことも使いやすさの面ではありがたいですよね。

そのため、「使いやすいポケットWiFiが欲しい」という人はWiMAXを選ぶのがおすすめでしょう。

WiMAXのメリット・特徴

WiMAXのメリットや特徴は下記の6点が挙げられます。

  • 月間データ容量無制限で利用できる
  • 回線工事・配線作業なしで使える
  • どこのプロバイダ(販売代理店)で契約しても基本的な性能が同じ
  • 容量に対して料金が安い
  • Try WiMAXという無料お試しサービスがある
  • 安く機種変更できる

それぞれどういうことなのかを把握していきましょう。

月間データ容量無制限で利用できる

WiMAXには月間のデータ容量上限が7GBの「通常プラン」と無制限で使える「ギガ放題プラン」とがあります。

ギガ放題プランは、ワイモバイルポケットWiFiの「Pocket WiFiプラン2(ベーシック)」と違い、オプションに加入しなくとも月間データ容量は無制限です。

つまり、月間データ容量無制限のサービスを手軽に使えるという点でWiMAXは優れているのです。

回線工事・配線作業なしで使える

WiMAXにはポケットWiFiとして利用できる「モバイルルータータイプ」と屋内でコンセントに差して使う「ホームルータータイプ」という2種類に大別できます。

このうち、ホームルータータイプはコンセントに電源ケーブルを差す必要がありますが、それ以外の配線は一切不要です!

要するに、WiMAXは光回線と異なり面倒な回線工事や配線作業をしなくても使えるんです。

そのため、「回線工事ができない(したくない)」、「ケーブル類はどこにつないでいいのかわからないから苦手」という人でも簡単にインターネットを用意できるといえます。

つまり、急ぎでネット環境が必要な場合でもWiMAXはすぐに使い始められる強い味方となりますよ。

どこのプロバイダ(販売代理店)で契約しても基本的な性能が同じ

WiMAXの回線を供給しているのはUQコミュニケーションズ社ただ1社です。

そのため、通信速度や対応エリアといった基本的な部分はどこのプロバイダで契約しても変わりません。

プロバイダごとに通信回線が違うと、回線速度やつながりやすさが変わってしまうためプロバイダ選びに慎重になる必要があります。

しかしWiMAXの場合は通信品質がプロバイダによって変わらないので、純粋に料金やサービスで契約先を選ぶことができますよ。

容量に対して料金が安い

WiMAXはキャリアポケットWiFiよりも容量に対する料金が安いのが魅力といえます。

各サービスの料金やデータ容量は下記のとおりでしたよね。

サービス名 GMO WiMAX ドコモ ソフトバンク ワイモバイル
プラン名 ギガホプラン 4Gギガホプラン メリハリプラン for データ Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
アドバンスオプション適用
料金(実質月額) 約3,500円 約9,900円 約8,700円 約5,700円
月間データ容量上限 無制限 30GB 50GB 無制限

※こちらの表は、スクロールできます。

なお、WiMAX・ワイモバイルを月間100GB使ったと想定して求めた1GBあたりの価格は以下のようになります。

  • WiMAX(GMO WiMAX)……約35円
  • ドコモ(4G)……約330円
  • ソフトバンク……約174円
  • ワイモバイル……約57円

やはりキャリアポケットWiFiは容量に対して料金が高いといえそうですね。

そのため、お得感を持ってポケットWiFiを使いたいという人にはWiMAXがおすすめでしょう。

Try WiMAXという無料お試しサービスがある

WiMAXにはUQ WiMAXが提供している「Try WiMAX」というお試しサービスがあります。

Try WiMAXを利用すると15日間無料でWiMAXをお試し利用できます

TryWiMAXの利用期間

※受け取り、返送にかかる期間も15日以内にカウントされる点はご留意ください

Try WiMAXの概要は次のとおりです。

  • 郵送期間を含めて15日間無料で使える
  • 任意の端末で実際に通信を試せる(対応機種一覧はこちら)

「WiMAXには興味があるけど、実際につながるかどうかが不安」という人はTry WiMAXを利用して使い心地を試しておくと安心できるでしょう。

Try WiMAXについての詳細はこちらで確認できますよ。

安く機種変更できる

WiMAXはプロバイダによりますが、基本的には費用を払えば古くなった端末を機種変更できます。

費用は手数料:3,000円もしくは端末代金:15,000円を支払えばOKなところが多いです。

キャリアポケットWiFiの場合は、機種変更では「変更手数料:2,000円~3,000円+変更後の機種の端末代」を支払わなければなりません。

また、WiMAXでもキャリアポケットWiFiでもないポケットWiFiサービスの場合は故障交換以外の機種変更は受け付けていないことが一般的です。

つまり、機種変更して長く使っていくことを視野に入れている人にはWiMAXはコスパの良いポケットWIFiサービスといえるでしょう。

WiMAXのデメリット・注意点

WiMAXを利用するうえでのデメリットや注意点は以下の3つでしょう。

  • 速度制限がある
  • キャリア回線と比較すると対応エリアが狭い
  • プロバイダ選びに手間がかかる

それぞれどのような点に気を付ける必要があるのかを知っておきましょう。

速度制限がある

WiMAXには月間のデータ容量上限が7GBの通常プランと無制限で使えるギガ放題プランとがあることは、すでにお伝えしたとおりです。

月間データ容量上限7GBの通常プランに速度制限があることは予想が付きますが、月間データ容量に上限のないギガ放題プランに速度制限はあるのでしょうか?

じつはWiMAXのギガ放題プランにも速度制限があります

ギガ放題プランでかけられる速度制限には次の2パターンがあります。

  1. 3日間で10GB以上データ通信をすると、翌日18時から約8時間最大通信速度1Mbpsの速度制限
  2. ハイスピードプラスエリアモードを利用すると月間データ容量が7GBになり、上限を超えると1ヶ月間最大通信速度128Kbpsの速度制限

「速度制限が2パターンある」といわれると、面倒に感じるかもしれませんが、ハイスピードプラスエリアモードを使わないのであれば、心配するのは1つ目の短期間の速度制限だけです。

「最大通信速度1Mbps」といわれると、「よくわからないけどめちゃくちゃ遅そう……」と思うかもしれません。

ところが実際は通常画質のYouTubeが問題なく見れるほどの通信速度になります。

そのため、WiMAXの短期速度制限はかかったとしても、最低限のネット利用をするうえではおおむね問題なくできるといえます。

キャリア回線と比較すると対応エリアが狭い

WiMAXのサービス提供エリアは日本全国に広がっています。

そうはいってもドコモやソフトバンクなどのキャリアの通信回線と比較すると、対応エリアがやや狭いのが難点です。

たとえば富士山周辺の対応状況を例にすると以下のような違いがあります。

WiMAXのサービスエリアマップ(富士山周辺)

画像引用元:WiMAXサービスエリアマップ(最終閲覧日2020年10月27日)

 
「WiMAXは富士山まで届くんだ」と思われるかもしれませんが、じつは他のスマホキャリアの電波は富士山をより広い範囲でカバーしています。

そのため、対応エリアがほぼ日本全国に広がっているといっても、WiMAXの対応エリアはキャリアポケットWiFiに比べるとムラがあるということは覚えておきましょう。

プロバイダ選びに手間がかかる

WiMAXには回線提供元直営のUQ WiMAXをはじめとして20社を超えるプロバイダ(販売代理店)があります。

その中から安くて自分に合ったサービスを提供しているプロバイダを探すのは、詳しくない人にとってはかなり大変といえるでしょう。

なぜなら、選択肢が多いのはメリットでもありますが、手間を考えるとデメリットとも言えるからです。

手っ取り早くWiMAXプロバイダを選んでしまいたいのであれば、下記の記事を参考にしてくださいね。

WiMAXがおすすめの人

下記に当てはまる人にはWiMAXはおすすめです!

  • 毎月ネットをたくさん使いたい人
  • 通信速度の速いポケットWiFiが必要な人
  • 高速なホームルーターを契約したい人
  • 速度制限がゆるいポケットWiFiがいい人
  • ルーター選びで悩みたくない人
  • 回線工事ができない・したくない人

「スマホの数十GBのデータプランだけじゃ足りない!」という人には月間容量無制限のWiMAXはぴったりです。

また端末が届けばすぐにWiFi通信ができるので、光回線工事ができない、工事までのネット環境が欲しいという人にもおすすめですよ。

WiMAXのお得な申し込み手順

WiMAXは家電量販店などの店頭もしくはプロバイダ公式サイトのWebフォームから申し込めます。

しかし、お得にWiMAXを手に入れたいのであれば、おすすめはネットからの申し込みです。

なぜなら、ネットではお得なキャンペーンが開催されていたり特典条件がWEBフォームからの申し込みになっていたりすることが多いからです。

  • GMO WiMAXのキャッシュバック適用条件……限定ページからの申し込み
  • Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーン適用条件……WEBフォームからカード払いで申し込み

WiMAXをWebから申し込む手順は下記のとおりになります。

  1. プロバイダの公式サイトにアクセスして申し込みフォームを開く
  2. プランや機種の選択をしたり契約者情報の入力をしたりする
  3. 入力情報に誤りがないか確認する
  4. 契約完了を伝える画面が出れば契約完了!

プロバイダによっては2のステップで細かい違いがあるかもしれませんが、要約してしまえばおおよそ上記のとおりになります。

WiMAXはクレジットカード払いが原則なので、基本的にWeb契約であれば運転免許証など本人確認書類は不要です。

ただ、口座振替払いや未成年者の契約時などでは例外的に本人確認書類の提出を求められる場合があります

そのため、Webからの申し込みといえども、申し込みフォームを開く前に本人確認書類を用意するべきかどうかを確認しておきたいといえるでしょう。

どのプロバイダに申し込むべき?

「それで結局自分はどこのプロバイダで申し込めばいいの?」と思っている人も多いですよね。

WiMAXのプロバイダ(販売代理店)ごとに異なっているのは月額料金やサポートサービスです。

そのため、料金や受けたいサポートから自分の希望に沿うプロバイダを選んでいくのが肝心といえます。

たとえば以下のような希望があるのならば、おすすめプロバイダは次のようになります。

  • 最高額のキャッシュバックを受け取りたい→GMO WiMAX
  • なるべく早く使い始めたい→Broad WiMAX
  • 1年くらいの短い間使いたい→BIGLOBE WiMAX

上記の3つはWiMAXプロバイダの中でも人気があります。

それぞれのプロバイダについて評判や詳細を解説した記事もありますので、ご一読くださいね。

まとめ

WiMAXとはKDDI系のUQコミュニケーションズ株式会社が提供している無線通信回線およびその回線を利用した無線通信サービスの名前です。

WiMAXとキャリアポケットWiFiを比較すると以下のような違いがあります。

【WiMAX・キャリアポケットWiFi比較表】
サービス名 WiMAX キャリアポケットWiFi
契約期間 1~3年 2年
料金(実質月額) 安め 高め
月間データ容量上限 無制限 基本的には上限がある
通信速度 速い 速い
速度制限 短期間 基本的に月間
対応エリア やや狭い ほぼ日本全国

なお、WiMAXのメリットや特徴、デメリットや注意点は下記のとおりです。

メリットや特徴

  • 月間データ容量無制限で利用できる
  • 回線工事・配線作業なしで使える
  • どこのプロバイダ(販売代理店)で契約しても基本的な性能が同じ
  • 容量に対して料金が安い
  • Try WiMAXという無料お試しサービスがある
  • 安く機種変更できる

デメリットや注意点

  • 速度制限がある
  • キャリア回線と比較すると対応エリアが狭い
  • プロバイダ選びに手間がかかる

また、WiMAXがおすすめとなるのは、次のような人です。

  • 毎月ネットをたくさん使いたい人
  • 通信速度の速いポケットWiFiが必要な人
  • 高速なホームルーターを契約したい人
  • 速度制限がゆるいポケットWiFiがいい人
  • ルーター選びで悩みたくない人
  • 回線工事ができない・したくない人

WiMAXがどんなポケットWiFiであるかをしっかりと理解して、自分に合ったポケットWiFiを手にできると良いですね!

おすすめWiFi記事

2020年11月ポケットWiFiのおすすめTOP5!安さ・容量・速度を徹底比較

2020.02.14

【2020年最新】WiMAXの評判・口コミまとめ。利用者200人に聞いた本音を紹介

2020.01.13

ポケットWiFiとWiMAXの大きな違いは通信速度・制限。どちらがおすすめか特徴を比較

2020.07.02

WiMAXの価格比較は価格.comがベスト?料金やキャンペーンの違いとデメリット解説

2020.10.16

WiMAXは固定回線の代わりになる?どっちがおすすめか実際の速度を比較!

2020.10.22

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-10-27 18:00:07
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/137765/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!