生活110番辞典 パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

WiMAXとは富士山でも使える通信サービス!最大1.2Gbpsでハイスピード

2019-05-15

この記事を読むのに必要な時間は約 21 分です。

WiMAXとはUQコミュニケーションズが提供しているモバイル回線を使った通信サービスのことです。

WiMAXは携帯型ルーター向けのサービスのため、家の中だけでなく外出先でも使えます。

さらに通信速度がとても速いこともあり、人気のモバイルWiFiルーターとなっています。

しかし、WiMAXを利用するには料金や契約期間、利用可能エリアを知っておく必要があります。

そこで今回はWiMAXを基本情報からご紹介していきます。

メリット・デメリット、契約できるプラン、ポケットWi-Fiとの違いがわかれば、自分がWiMAXを使うべきなのかどうかわかるはずです!

 

そもそもWiMAXとはなんだろう?

丸いクエスチョンマーク

WiMAXとはUQコミュニケーションズ株式会社が提供している携帯型Wi-Fiルーター向けサービスの名称です。

WiMAXを使えばスマホやタブレット、パソコンを簡単にインターネットにつなげることができます。

このWiMAXは無線電波で通信するのでコードをつなげる必要がありません。

つまり外でも使えるんです。

WiMAXのサービスは2009年から開始されていますが、現在では後継の次世代サービスである「WiMAX2+」が主流となっており、2019年現在WiMAXといえばWiMAX2+を指すことが一般的になっています。

こちらの記事でもWiMAXという言葉を使っているときは、WiMAX2+のことであると受け取ってもらえば大丈夫です。

WiMAXの名前の意味

この「WiMAX」とは「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の頭文字を取った略称です。

その意味は「マイクロ波を利用した世界標準の通信方式」となります。

「世界標準の通信方式」というだけあって、実際に世界基準規格のひとつとして使用されているものです。

 

WiMAXといってもいくつか機種があり、それぞれ通信速度や連続して使える時間が違います。

利用料金は契約プランによって違いますが、初期費用は約3,000円、月額利用料は約4,000円となっています。

プランごとの料金などはのちほど詳しくご紹介していきますね。

そのほかWiMAXの特徴をまとめたのが以下の表です。

WiMAXの基礎情報

周波数 2.4GHz(5GHzに切り替え可能)
通信方式 WAN
通信速度 1,237Mbps(機種:W06)(下り最大)
接続可能台数 約10台
通信時間 機種・モードによる
連続待機時間 700〜800時間
対応エリア ほぼ全国
基地局数 3万局
支払方法 クレジットカードが原則

それではまずWiMAXに対応しているエリアについてお話していきましょう。

 

WiMAXは富士山でも使える!利用エリアについて

WiMAXの利用エリアはほぼ日本全国となっており、なんと富士山の山頂でも使えるんです!

信じられないかもしれませんが、UQWiMAXの公式サイトにある「WiMAX2+」のサービスエリアマップをご覧ください。

以下がそのマップのキャプチャー画像です。

富士山のwimaxエリア

【出典】UQコミュニケーションズ株式会社 サービスエリアマップ(WiMAX2+)

https://www.uqwimax.jp/wimax/area/

静岡県側の富士山頂にサービスエリアを示すカラーリングが施されていますね!

WiMAXを契約する前にどこのエリアで利用可能なのか、こちらのマップや電話で確認するようにしてくださいね。

 

1回の充電でどれくらい使えるの?通信時間について

WiMAXを連続して使える時間(通信時間)は大体7時間〜15時間です。

この時間が過ぎるとバッテリーが切れてしまうので、充電しなければなりません。

通信時間になぜこれほど差があるのかというと、機種やモードによって使える時間が変わるからです。

おもにモードによる消費電力の違いが大きくなっています。

WiMAXのモードは3つあり、それぞれの特徴と通信可能時間は以下のとおりです。

  • ハイパフォーマンスモード

フルパワーで高速通信をする代わりに電力をたくさん消費するモード。
通信可能時間は約6時間〜10時間。

  • ノーマルモード

そこそこの通信速度を保ちつつ消費電力を抑えるモード。
通信可能時間は約8時間〜12時間。

  • エコモード(バッテリーセーフモード、省電力モード)

通信速度を遅くすることで消費電力を抑えるモード。
通信可能時間は約10時間〜15時間。

 

これらのモードはほとんどの機種に備わっており、いつでも切り替えが可能です。

重いデータをダウンロードするときはハイパフォーマンスモード、バッテリーが残り少ないときはエコモードにするなどの使い方ができます。

Wi-Fiとの違いを知ろう

電波を出しているアンテナ

インターネット通信について調べていると「Wi-Fi」や「ポケットWi-Fi」という言葉を目にしますよね。

この章では「Wi-Fi」と「ポケットWi-Fi」と「WiMAX」の違いをそれぞれご紹介していきます。

 

まず、WiMAXとは「UQ社が提供している通信端末向けサービスを利用している携帯型ルーター」のことです。

次にポケットWi-Fiとは、元々は固有の商品名でしたが、現在ではさまざまな企業が提供している携帯型ルーター端末の「総称」を指します。

 

携帯型ルーターなどのインターネットへの接続用通信端末は、UQ社だけではなくいろいろな企業が開発・販売しています。

つまり、たくさんある携帯型ルーター端末のなかのひとつがWiMAXなのです。

 

最後にWi-Fiですが、Wi-Fiは端末のことではなく「規格」のことです。

元々、インターネット通信をするための端末や製品は、いろんな企業が独自の規格(基準)で開発をしていました。

 

しかし、独自の基準で製品を作っていたので、それぞれの製品同士がうまく接続できませんでした。

そこで、どの企業の製品同士でも接続ができるように「みんなが使える規格(基準)を作ろう」ということになりました。

 

そしてその結果誕生した規格が「Wi-Fi」なのです。

自宅や外で気軽にインターネット通信を楽しむためには、各社が提供している携帯型ルーターのどれかを利用しましょう!

 

WiMAXの3つのメリット

メリットのプレート

WiMAXにはおもに以下の3つのメリットがあります。

  1. コードレス端末だから運びやすい
  2. 通信速度が速い
  3. プランによってはLTEを無料オプションとして付けられる

 

コードレス端末だから持ち運びやすい

WiMAXは無線通信をするので、パソコンやタブレットをコードでつなぐことなくインターネットに接続できます。

そのため、外でインターネット接続するときもコードを持ち運ぶ必要はありません。

 

また、コードレスだと家の中で使うときにも便利なんですよ。

なぜなら工事そのものが必要なく、配線によって部屋の中がゴチャゴチャすることもないからです。

 

一般的な据え置き型ルーターの場合は、配線の工事が必要になるときもありますし、壁にある差込口とコードでつながなければ使えませんよね。

工事は日程調整が必要ですし、業者が込み合っていると開設まで1ヶ月以上かかることもあります。

 

WiMAXは契約したらすぐに使えるので、工事が済むまで待っていられないという人にも向いていますね。

ちなみに、WiMAXは1台で最大で10台前後のパソコンやタブレット端末が同時接続できます。

 

つまり家族や友達と同じタイミングでネットを楽しむことも可能なんです。

また、家庭用回線向けに、コンセントに挿して使う「SPPED Wi-Fi HOME L02」や据え置き型の「WiMAX HOME 01」という機種もあります。

 

家で高速通信をしたい人は据え置き型を利用するのもオススメです。

通信速度が速い

WiMAXのウリの1つは「通信速度の速さ」です。

2019年4月現在で提供されているWiMAXの機種のなかで、最新の「W06」の下り最大通信速度は「1.2Gbps」もあります。

 

1.2Gbpsがどれほどの速さなのか、各社の代表的なモバイルルーターの速度と比べてみました。

※2019年4月時点に販売されている各社の最速機種です。

各社最高通信速度

 

提供元

 

UQ WiMAX

 

ワイモバイル

 

ドコモ

 

機種

 

Speed Wi-Fi NEXT W06

 

Pocket WiFi 603HW

 

Wi-Fi STATION N-01J

 

下り最高通信速度

 

1.2Gbps

(1237Mbps)

 

612Mbps

 

788Mbps

 

上り最高通信速度

 

75Mbps

 

37.5Mbps

 

公式サイト非公開

下り最大速度にかなりの差がありますね。

ただし、上記の値は最高通信速度であることは覚えておいてください。

 

最高通信速度とは、「ベストエフォート」と呼ばれる「最高の通信環境が整ったときに出る瞬間的な最高速度」です。

つまり、つねにこの速度で通信ができるということではありません。

 

ちなみに、WiMAXの1.2Gbpsがどのくらいの速度なのかというと、「ウェブサイトを1秒間に75ページ読み込める速さ」です。

1秒で75ページもウェブサイトを読む人はいないでしょうから、充分な速度がありそうですね!

WiMAXの速度については、こちらの記事でより詳しく解説していますので気になる方はぜひご覧ください。

関連記事:WiMAXの速度は光回線並み!?速さを取り戻すための10の秘策

 

「Mbps」ってどういう意味?

Mbpsは「メガ ビット パー セコンド(Mega bit per second)」と読み、「1秒間に読み込めるMb(メガビット)数」を表しています。

1Mbは0.125MB(メガバイト)という単位に変換可能です。

ウェブサイト1ページあたりのデータ量は200KB〜3MBとかなりバラつきがありますが、その平均は2MBほどといわれています。

つまり、これを基準に考えると「ウェブサイト1ページのデータ量=2MB=16Mb」ということです。

 

プランによってはLTEを無料オプションとして付けられる

WiMAXは以下の4つのプランのどれかにすると、月額無料でLTEが利用できます。

  • UQ Flat ツープラス ギガ放題 ハート割 3年
  • UQ Flat ツープラス 3年/4年
  • UQ Flat ツープラス ハート割 3年/4年
  • au スマートバリュー mine

 

使えるLTE回線は、au社のものです。

これはWiMAXの提供元であるUQコミュニケーションズ社が、auの運営会社であるKDDI社のグループ会社だからです。

 

LTE回線が利用できると、WiMAXのサービスエリア圏外であっても、LTE回線のサービスエリア内であればネットが使えるようになります。

つまり、WiMAXかLTEのどちらかのサービスエリア内であればネットが使えるのです。

 

他社のモバイルルーターではLTEを使うのに追加料金が必要であったり、そもそもLTEが使えるプランがなかったりします。

そのため、LTEが無料で使えるプランがあるのはWiMAXのメリットといえるでしょう。

 

ちなみに上記のプラン以外でLTEを利用する場合は、オプション代として月額料金1,005円が必要になります。

 

WiMAXの3つのデメリットも押さえておこう

デメリットのプレート

WiMAXのデメリットはおもに以下の3つです。

  1. 圏外の場所がある
  2. プロバイダと契約しないとキャッシュバックなどの特典が受けられない
  3. ギガ放題プランの場合、解約のタイミングによって違約金が違う

デメリットを知っておかないと契約後に「こんなはずじゃなかった!」となってしまうので、契約前に必ずチェックしておきましょう!

 

圏外の場所がある

WiMAXのサービスエリアはほぼ全国となっていますが、一部つながらない地域もあります。

どこがつながらないエリアなのかは、公式サイトの「サービスエリアマップ」をご覧ください(サービスエリアマップの使い方は後述してあるので、わからない方は参考にしてください)。

つながらない地域がある原因は「基地局が少ないこと」と「電波の周波数が高いこと」です。

WiMAXの基地局は3万局ですが、これはほかの通信会社と比べると多いとはいえません。

 

例えば、3大キャリアのひとつであるドコモの基地局は約3倍の9万5,000局もあります。

こうした基地局の数は「電波の死角のできやすさ」に直結してくるんです。

 

「電波の死角」とは、建物などの障害物があることで電波が届かない場所のことをいいます。

この電波の死角に行くと、携帯型ルーターは「圏外」の状態になってしまいます。

 

さらに、電波の死角には電波そのものの性質も関わっているのです。

なぜなら電波は周波数が高くなると、障害物の影響を受けやすくなるからです。

 

そのため周波数が高ければ高いほど、障害物などで電波自体が弱められてしまいます

しかし周波数が高いことにはメリットもあります。

 

それは通信速度が速くなることです。

つまりWiMAXの電波は通信速度が速い反面、障害物には弱いといえます。

 

今後WiMAXの基地局が増えてくれば、通信速度が速く障害物にも強い回線になるかもしれませんね。

 

サービスエリアマップの使い方

サービスエリアマップ

  1. UQコミュニケーションズ社の公式サイトから「エリア」タブの「WiMAX(ルーター)」をクリックします。
  2. WiMAXのサービスエリアマップのトップページに切り替わりますので、お住まいの都道府県を選択してください。
  3. 選択した都道府県の都道府県庁所在地中心部のサービスエリアマップとともに、「住所で検索」「リストから探す」「フリーワードで検索」の3つのタブが表示されます。
  4. 「住所で検索」は住所入力ウインドウに住所を入力。
  5. 「リストから探す」は都道府県名からタグを選択して住所を入力していきます。
  6. 「フリーワードで検索」は探した場所の名前を直接入力します。
  7. 検索した場所が「カラーリングが施された範囲内」にあれば、そこはWiMAXのサービスエリア内にあることがわかります。

また、WiMAXのサービスエリアマップには「ピンポイントエリア判定」という機能もあります。

ピンポイントエリア判定とは、WiMAXのつながりやすさを「〇」「△」「×」の3段階で示してくれる機能です。

 

判定する場所の指定は「住所の直接入力」か「リストから検索」の2つの方法からできます。

今回は「リストから検索」する方法をご紹介しますね。

ピンポイントエリア判定

  1. UQコミュニケーションズ社の公式サイトから「エリア」タブの「WiMAX(ルーター)」をクリックしてください。
  2. WiMAXのサービスエリアマップのトップページに切り替わりますので、「ピンポイントエリア判定」のタブをクリックします。
  3. ピンポイントエリア判定のトップページに切り替わりますので、リストタグからお住まいの都道府県名をクリックしてください。
  4. 次にお住まいの市区町村名を選択します。
  5. 地区名(丁目・大字・字)をクリックしてください。
  6. 番地を選択します
  7. 最後に号を選びましょう
  8. 判定結果が面が表示されます(住所直接入力方式の場合はここに直通)

上記の手順をおこなうと、下記のような画面があらわれます。
ピンポイントエリア判定結果

判定は「〇」となっているので、この場所は電波状況が良好ということがわかります。

 

プロバイダと契約しないとキャッシュバックなどの特典が受けられない

WiMAXは提供元であるUQコミュニケーションズ社だけでなく、UQ社が回線を貸し出している20以上のプロバイダ会社から契約できます。

プロバイダ会社は「契約すると〇円キャッシュバック」などのキャンペーンをおこなっているところが多いのですが、UQ社はこのようなキャッシュバックをおこなっていないんです。

 

また、「端末代」にも違いがあります。

プロバイダ会社は「新規契約キャンペーン」などの名称で、「端末代大幅値引き」や「端末代無料」などの低価格販売をしていますが、UQ社はしていません。

 

そのため、金額面だけでみるとプロバイダ会社から契約した方がお得となります。

そうはいっても、キャンペーンには「期間」や「条件」が付きものです。

条件を調べたり適用させることを「面倒だなぁ……」と感じてしまう場合は、UQ社と直接契約することをオススメします。

 

ギガ放題プランの場合、解約のタイミングによって違約金が違う

「UQ Flatツープラス ギガ放題」というプランは更新月以外で解約すると、契約期間によって違約金の額が変わってしまいます。

具体的にいくらになるのかは下記をご覧ください。

 

  1. 1〜13ヶ月目:1万9,000円
  2. 14〜25ヶ月目:1万4,000円
  3. 26ヶ月目以降:9,500円

ただし、契約期間によって違約金の額が変わるのは「3年契約」をしたときだけです。

UQ Flatツープラス ギガ放題には3年契約のほかに2年契約もあります。

 

3年契約をするときは違約金に違いがあることを覚えておきましょう!

UQ Flatツープラス ギガ放題プランの詳しい内容は、ほかのプランと一緒にのちほどご紹介します。

 

WiMAXがおすすめの人3パターン

おすすめチェックリスト

次にあげる3つの条件のうち、いずれかひとつでも当てはまる方は、WiMAXの利用をおすすめします。

 

  1. 高速通信を楽しみたい人
  2. 月7GB以上の通信をする(したい)人
  3. auのスマホやガラケーを利用している人

 

それぞれどういうことなのか、ひとつずつご紹介していきますね。

 

高速通信を楽しみたい人

WiMAXの特徴はなんといっても、通信速度の速さにあります。

2019年4月現在提供されているモバイルルーターのなかで、下り最高速度が最も高いのはWiMAXの機種です。

 

「とにかく快適にネットを使いたい」という人にはおすすめでしょう。

とくに、動画はデータ量が大きいので映画やドラマをたくさん見る場合は、通信速度が重要になります。

 

月7GB以上の通信をする(したい)人

一般的にどこの会社の携帯型ルーターでも、月に7GB以上通信すると通信制限がかかります。

しかし、WiMAXには通信量無制限のプランがあるんです!

 

それが「UQ Flatツープラス ギガ放題」というプランになります。

UQ Flatツープラス ギガ放題に加入して、「モード1(WiMAX2+単体使用)」で端末を使うと通信制限がかかりません。

 

モード1というのは、LTE回線を使わずWiMAXの回線のみで接続するモードのことです。

通信制限なしのプランが使える会社はまだ少なく、大手であるドコモにも2019年4月現在、まだ存在していません。

 

通信速度と同じく、映画やドラマをよく見る人にはとくにおすすめのプランです。

プランの詳細についてはこのあとの「WiMAXのプランについて知ろう!」をご覧ください。

 

7GBってどのくらい?

7GBは、メールの送受信に換算すると約286万通。

ホームページの閲覧に換算すると約7,200ページ。

動画視聴に換算すると約4.5時間。

音楽のダウンロードに換算すると約255曲に相当します。

 

個人で考えるならば、1ヶ月でメールを286万通も送受信することや7,200ページものホームページを見ることはまずないでしょう。

でも、約4.5時間の動画視聴や255曲の音楽ダウンロードなどは、決してあり得ない数字ではありませんよね。

 

そのため、「動画視聴や音楽のダウンロード」という形でデータ使用量の多い方は、ギガ放題プランへ加入したほうが通信費を安くすることができるでしょう。

 

auのスマホやガラケーを利用している人

auのスマホやガラケーを利用中の方も、WiMAXがおすすめです。

その理由はお得なセット割が存在しているからです。

 

WiMAXの提供元のUQコミュニケーションズ社は、auの運営元であるKDDI社のグループ会社になります。

そのため、「スマートバリュー」の適用対象になっています。

※スマートバリュー……KDDI社がおこなっている割引サービス。
固定電話や携帯電話、ネット回線などをKDDIで契約すると利用料が割引になる。

 

割引のされ方にはUQ社側のプランによるものと、au側のプランによるものとに分かれるので、それぞれご紹介しますね。


UQ社側のプランによるもの

  1. UQ Flatツープラス ギガ放題……最大月額1,000円値引き
  2. UQ Flatツープラス……最大月額1,000円値引き
  3. UQ Flatツープラスauスマホ割……最大月額934円値引き

au側のプランによるもの

  1. auスマートバリューmine

 

au側のプランである「auスマートバリューmine」では、携帯電話の使用料金が最大で月額1,000円割引されます。

ただし、WiMAX1回線につき携帯電話1台しか割引対象になりません

携帯電話の各プランとその割引額については以下の表をご確認ください。

 

各auプランでの割引

プラン名 パターン 割引額
ピタットプラン シンプル(1GBまで) 割引対象外

データ定額2/3

データ定額2(スーパーカケホ/カケホ)(2GBまで)

シンプル(1GB超~2GBまで)

月額500円OFF

スーパーカケホ/カケホ

シンプル(2GB超~20GBまで)

月額1,000円OFF
auフラットプラン20/30 500円

データ定額5/20/30

LTEフラット

ISフラット

月額934円OFF

データ定額2/3

ジュニアスマートフォンプラン

シニアプラン

カケホ(3Gケータイ・データ付き)

月額743円OFF
データ定額1 月額500円OFF

WiMAXのプランについて知ろう

スマホとお金

プランによって利用料金や契約期間、違約金などが違うので契約前にしっかり確認しておきましょう。

 

WiMAXのプランは以下の2つです。

  1. UQ Flatツープラス ギガ放題
  2. UQ Flatツープラス


それではこの2つのプランの詳細をご案内します。

 

UQ Flatツープラス ギガ放題


UQ Flatツープラス ギガ放題

  • 初期費用……3,000円
  • 月額料金……4,380円
  • 通信制限……モード1:無制限 モード2:月7GB
  • 契約年数……2年/3年
  • 違約金……1~13ヶ月目:1万900円 14~25ヶ月目:1万4,000円 26ヶ月目以降:9,500円

  • このギガ放題プランの特徴は「通信制限のかかり方」と「違約金」にあります。

    まずは「通信制限のかかり方」についてのご紹介です。

     

    UQ Flatツープラス ギガ放題には、WiMAX2+の回線単体を使用する「モード1」と、WiMAX2+の回線とLTE回線を併用する「モード2」という2つの接続方法があります。

     

    モード1では通信制限はかかりませんが、モード2では月に7GBを超えると制限がかかります

    各モードはWiMAX端末の設定からいつでも切り替えることができ、どちらを使っても利用料金は変わりません。

     

    またモード1とモード2のどちらもWiMAXの電波を使っているため、高速通信ができます。

    通信制限があるモード2を使うメリットは、LTE回線が使えるエリアであればネットが使えるという点です。

     

    WiMAXの回線は全国に対応しているといっても、まだ使えないエリアもあります。

    WiMAXのサービスエリア外であっても、LTEのサービスエリア内であればネットが使えるというわけですね。

     

    次に「違約金」についてです。

    WiMAXはどのプランであっても、更新月以外で解約をすると違約金が必要です。

     

    UQ Flatツープラス ギガ放題では、「契約から何か月目に解約したか」で違約金の金額がかわります。

    具体的な期間と金額は2つ前の章の表に記載されているとおりです。

     

    解約する予定が既に定まっている人は、契約期間から逆算して違約金が少なく済むようなタイミングで契約するとよいかもしれませんね!

    UQ Flatツープラス


    UQ Flatツープラス

  • 初期費用……3,000円
  • 月額料金……3,696円
  • 通信制限……月7GB
  • 契約年数……2年/3年/4年
  • 違約金……9,500円

  • UQ Flatツープラスは、いわば「ベーシックプラン」になります。

    UQ Flatツープラス ギガ放題よりも月額料金と違約金が安い代わりに、通信制限があったりLTEが使えないというプランです。

     

    他社と比べてWiMAXの料金ってどうなの?

    WiMAXはどちらのプランにしても、他社と比較すると月額料金は割安な部類です。

    たとえば、フレッツ光西日本ファミリータイプの場合はプロバイダ料込みで月額料金は5,000円前後。

     

    auひかりなら月額料金は5,200円です。

    これより安いのはソフトバンクのモバイルデータ通信の月額料金4,196円ですが、「UQ Flatツープラス」はそれよりも安いことになります。

     

    また、たびたび引き合いに出しているポケットWi-Fi端末のプランは、携帯型ルーターだけあって、WiMAXと似ています。
    参考:ポケットWi-Fi端末の料金プラン

    Pocket Wi-FiプランL

  • 初期費用……3,000円
  • 月額料金……4,380円
  • 通信制限……モード1:無制限 モード2:月7GB
  • 契約年数……3年
  • 違約金……9,500円
  • Pocket Wi-Fiプラン2

  • 初期費用……3,000円
  • 月額料金……3,696円
  • 通信制限……月7GB
  • 契約年数……3年
  • 違約金……9,500円
  • WiMAXで速度制限がかかる2つの条件と制限内容

    遅いWi-Fi
    速度制限が気になる人は必ずこちらをお読みください!

    WiMAXで速度制限がかかるのは、以下の2つの条件のどちらか1つでも満たしてしまった場合です。

    1. データ通信量が3日間で10GBを超えた
    2. 「UQ Flat ツープラス ギガ放題のモード2(WiMAX/LTE併用モード)」、もしくは「UQ Flat ツープラス」プランで月間のデータ通信量が7GBを超えた

    上記のどちらの条件を満たすかで、制限がかかる「期間」と「速度」が違います

     

    まず1.についてですが、WiMAXではどのプランであろうと「3日間で10GB以上の通信」をおこなうと速度制限になります。

    速度制限がかかる期間は、「10GBを超えた翌日の18時からその翌日午前2時までの6時間」です。

     

    この6時間の間は通信速度が「約1Mbps」になります。

    1Mbpsは128KBに相当しますが、簡単にいうと画像ファイル1枚分ほどです。

    動画をダウンロードしたりオンラインゲームをプレイするのは難しいかもしれません。

     

    次に2.の条件を満たしてしまった場合の「期間」と「速度」です。

    期間は、「条件を満たしてしまったときからその月の月末まで」になります。

     

    また、速度は「128Kbps」です。

    128Kbpsというと16KBに相当し、メール3通分程度になります。

    こちらの制限だとスムーズにウェブサイトを閲覧することも難しいかもしれません。

     

    WiMAXの申し込み方法

    タブレット端末と赤いはてなマークとクリックカーソル

    WiMAXの申し込みは、UQ社や各プロバイダ会社のサイトからだけではなく、取り扱いをしている家電量販店やauショップでも可能です。

    店頭での契約は担当者が丁寧な説明をしてくれるので、プランについて深く理解できるのが魅力ですが、大幅値引きやキャッシュバックなどの特典を受けられないこともあります。

     

    ですからこうした各種特典を受けたいと思う場合は、各プロバイダからの申し込みがおすすめです。

    こちらの記事で、WiMAX+モバイルルーター最新の月額比較|18社中の最安を調査!しています。購入をお考えであれば参考にしてみてくださいね。

    WiMAXの接続方法

    ネットにつながっているモデムとルーター
    携帯型ルーターは配線の必要がないので接続がとても簡単です。

    WiMAXの場合は、まずWiMAX端末を操作して「SSID」と「パスワード」を表示させます。

    そのSSIDを接続したい端末で選択し、パスワードを入力するだけです。

    とても簡単ですね。

    まとめ

    WiMAXとWi-FiにポケットWi-Fi端末。

    似ているようでそれぞれ違います。

     

    WiMAXのよいところは持ち運びの利便性と通信速度の速さにあります。

    そのためいつでもどこでも高速回線を用いてインターネットを楽しめますね。

     

    とはいえサービスエリア内でなければつながらないなど、接続にはいくつかの条件が整っていなければならないので、そこは一長一短あるといえますね。

     

    しかし、月7GB以上データ通信を利用する方やauユーザーの方にとっては充分なメリットがあるといえます。

    この記事を参考に上手にWiMAXを契約して、快適な通信速度を楽しんでいただければ幸いです。

    記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
    0投票,  平均評価値:0

    最新記事

    おすすめの記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
    2019-05-15 12:19:44
    https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/137765/
    パソコン&周辺機器
    WiMAXとはUQコミュニケーションズが提供しているモバイル回線を使った通信サービスのことです。 WiMAXは携帯型ルーター向けのサービスのため、家の中だけでなく外出先でも使えます。 さらに通信速度がとても速いこともあり、人気のモバイルWiFiルーターとなっています。 しかし、WiMAXを利用するには料金や契約期間、利用可能エリアを知っておく必要があります。 そこで今回はWiMAXを基本情報からご紹介していきます。 メリット・デメリット、契約できるプラン、ポケットWi-Fiとの違いがわかれば、自分がWiMAXを使うべきなのかどうかわかるはずです!  
    シェアリングテクノロジー株式会社

    お住まいの地域のインターネット回線業者を検索

    北海道・東北

    • 北海道0
    • 宮城県・仙台市0
    • 青森県0
    • 岩手県0
    • 秋田県0
    • 山形県0
    • 福島県0

    関東

    • 東京都0
    • 神奈川県・横浜市0
    • 埼玉県0
    • 千葉県0
    • 栃木県0
    • 群馬県0
    • 茨城県0
    • 山梨県0

    東海

    • 愛知県・名古屋市<0
    • 岐阜県0
    • 三重県0
    • 長野県0
    • 静岡県0

    北陸

    • 新潟県0
    • 福井県0
    • 石川県0
    • 富山県0

    関西

    • 大阪府0
    • 京都府0
    • 兵庫県・神戸市0
    • 奈良県0
    • 滋賀県0
    • 和歌山県0

    中国・四国

    • 広島県0
    • 岡山県0
    • 山口県0
    • 鳥取県0
    • 島根県0
    • 徳島県0
    • 高知県0
    • 愛媛県0
    • 香川県0

    九州

    • 福岡県0
    • 長崎県0
    • 佐賀県0
    • 熊本県0
    • 大分県0
    • 宮崎県0
    • 鹿児島県0
    • 沖縄県0

    詳細検索で探す

    生活110番とは?

    「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

    生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!