生活110番辞典 パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

SIMフリーとは?スマホ料金が今の半額以下にもなる魅力を紹介

2019-05-17

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

最近、家電量販店や広告でSIMフリーという言葉をみかける機会が増えていますよね。

携帯にまつわる用語なのはなんとなく理解できる人も多いと思いますが、どんな意味があるのかよくわかっていない方も多いのではないでしょうか。

SIMフリーは、お得にスマホを使えるようになる格安SIMを利用するために必要なことのひとつです。

このコラムでは、言葉は知っているけど意外と知られていないSIMフリーとはどんなものなのかをわかりやすくまとめました。

あなたもこの記事を読んでSIMフリーとは何かを知って、お得にスマホを使ってみましょう!
 

今さら聞けない!SIMフリーって何?

悩む人

まず携帯を利用するためには、SIMカードと呼ばれる電話番号などの情報が記録された小型のチップが必要です。

なので、携帯にSIMカードが挿入されていないと、電話をかけたり、ネットに接続したりできないようになっています。

 

SIMフリーとは「携帯の自由化」!

ドコモ、au、ソフトバンクのいわゆる大手キャリアの携帯端末には、契約者の乗り換えを防ぐために端末と同じ会社のSIMカードしか読み込めないようにロックがかけられています。

これが、SIMロックと呼ばれるものです。

たとえばドコモで購入したスマホにauのSIMカードを挿入しても使えないようになっています。

SIMフリーとはこのSIMロックを解除した状態、つまりどのSIMカードを挿しても利用できることをいいます。

近年、電気など各ライフラインの小売り化による公共料金の自由化が話題になりましたね。

SIMフリーも同じように「携帯会社の自由化」と表現できます。

また、SIMフリーにすることでお得に携帯を利用できる格安SIMを使えるようになります。

現在も大手キャリアで購入した携帯端末にもSIMロックはかけられていますが、2015年の5月にはSIMロックの解除ができるようにすることを法律で義務付けられました。

そのため大手キャリアの現在販売されている携帯の多くは、SIMロックを解除してSIMフリーにすることができるようになりました。

 

なんで大手キャリアはSIMロックの解除が義務化されたの?

大手キャリアの携帯端末は契約者の乗り換えを防ぐためにSIMロックがかけられています。

しかし2015年の各キャリアで5月にSIMロックの解除が義務化されました。

その理由は、「インセンティブ制度をなくすため」です。

日本の携帯市場では、各ショップの店頭などでの販売数に対して大手キャリアから奨励金をもらうインセンティブ制度というものを採用しています。

このインセンティブは私たちが毎月支払っている料金から出されていて、端末料金の分割サポートなどにあてられています。

インセンティブ制度のおかげで、携帯電話は飛ぶ鳥を落とす勢いで普及していきました。

なので急速に増えた契約者に乗り換えさせないためにSIMロックがかけられるようになったのです。

しかし、普及が済んでしまっている現在では私たちがインセンティブ制度の恩恵を受ける機会は少なく、むしろ負担になっている状態なんです。

負担へと変わってしまったインセンティブ制度を無くすために、通信料金と端末料金を分離するようになりましたが、改善されることはありませんでした。

そこでインセンティブ制度を根元から支えていたSIMロックを無くすために、各キャリアでSIMロック解除が義務化されたのです。

 

SIMフリーにするメリットとデメリット

疑問を持つ人と答える人

SIMフリーにすることでどの通信会社のSIMカードでも利用することができるようになります。

その他にもSIMフリーにするメリットやデメリットがいくつかあります。

メリットとデメリット、それぞれみていきましょう。

 

SIMフリーにするメリット

SIMフリーにするメリットは先ほど挙げた携帯会社の自由化以外にも2つあります。

  • 海外でもお得にスマホを使うことができる
  • 中古での買い取り金額が上がる

SIMフリーにすることでこの2つのメリットを得られることができます。各メリットを詳しくみていきましょう。

 

海外でもお得にスマホが使える

大手キャリアには、海外でも使える通信プランが用意されています。

日本で契約している分のデータ通信が可能ですが、料金は1日で3,000円ほどとかなり割高です。

海外の空港には旅行期間の間だけ使えるSIMカードが販売されていることが多いです。

SIMフリーにしていれば、現地でSIMカードを購入して利用することができます。

海外SIMの料金は1,000円ほどで、1週間に3GBの通信ができるものが多いようです。

データ通信量はやや少なめですが、大手キャリアの料金と比べると雲泥の差ですよね。

海外旅行や出張などで、よく海外に行かれる方からするととてもうれしいメリットなのではないでしょうか。

【海外プランの比較】

料金 データ通信量 期間
ドコモ 980円 契約している上限まで 1日
au 3,000円 契約している上限まで 1日
ソフトバンク 3,000円 契約している上限まで 1日
海外SIM 約1,000円 平均3GB 1週間

 

中古での買取金額が上がる

現在は多くの格安SIM会社があり、SIMフリー端末の需要は右肩上がりになっています

そのため、SIMロックのかかったキャリア端末よりもSIMフリー端末のほうが、買取価格が高くなる傾向にあるようです。

その反面、店頭での販売価格は高く設定されています。

のちほどご紹介しますが、SIMロックの解除は簡単な手続きですることができます。

新しく端末を買い替える前にSIMロックを解除してみてもいいのではないでしょうか。

 

SIMフリーにするデメリット

SIMフリーというと、デメリットが目立つように思われますが、正直なところSIMフリーにすることで起きるデメリットはほとんどありません

しいていえば端末の初期設定でAPN(アクセスネームポイント)と呼ばれるネットの接続先の設定が必要になりますが、説明書に沿って設定するだけです。

そこまで難しくない設定なので初心者でもあっても大丈夫です。

SIMフリーにする人の多くは格安SIMを利用したい方だと思います。

SIMフリーのデメリットだと思われていることは、じつは格安SIMに関するデメリットになんです。

その一例をご紹介します。

 

通信速度が遅い

これは口コミなどで知っている方も多いとは思いますが、大手キャリアよりも通信速度は遅くなります

多くの人がスマホを利用して回線が混雑しやすいお昼夕方から夜にかけては特に遅い傾向があります。

その実行速度は1Mbpsを下回り、ネットの読み込みすら怪しいほどになることもあります。

それ以外の時間はほとんど大手キャリアと変わらない速度で利用できますが、混雑する時間帯はWi-Fiを使うなどの対策が必要になるでしょう。

 

キャリアサービスが受けられない

大手キャリアからはメールアドレスなどのさまざまなサービスが提供されていますが、格安SIMでは利用できなくなります

特にゲームアプリなどを利用している人にとっては携帯料金と合算して支払いができるキャリア決済が使えなくなるのはつらいところではないでしょうか。

また、キャリアでは端末が故障したときはキャリアショップにいけば修理や代替機の貸し出しをしてくれます。しかし、格安SIM会社では端末のサポートはメーカーに依頼しなければいけないことにも注意しておきましょう。

 

海外ではSIMフリーが当り前!?

海外の電話

SIMフリーが広まりつつある日本ですが、まだまだ「怪しそう……」と思っている方も多いのではないでしょうか。

じつは、海外ではSIMフリーが当り前なんです。

海外のほとんどの国では家電量販店などで好みのSIMフリー端末を購入して、その足で自分の目的に合った通信会社でSIMカードを契約しています。

人によっては一枚のSIMカードを複数の端末で使ったり、通話やネットなど目的別にSIMカードを用意したりする人もいるようです。

「SIMロックはかかっていて当り前」だった日本のほうが、むしろ特殊だったんです。

 

超簡単!SIMフリー端末の入手方法

SIMフリースマホ

日本でSIMフリー端末を入手するには、「キャリア端末のSIMロックを解除する」、「販売店でSIMフリー端末を購入する」と主に2つの方法があります。

 

端末のSIMロックを解除する

SIMロックの解除が法律で義務化されましたが、現在のキャリア携帯にもはじめはSIMロックがかけられています。

今使っている携帯で格安SIMを利用したい方は、SIMロックを解除する必要があります。

SIMロック解除の手続きには、IMEI番号という端末の製造番号が必要になります。

各端末のIMEI番号は、設定の中にある端末情報から確認できます。

またSIMロックを解除する方法は、「ショップや電話で手続きをしてもらう」か「キャリアサイトのマイページから手続きをする」2つの方法があります。

ショップなどで手続きをしてもらう場合は3,000円ほどの手数料がかかりますが、ネットでする場合は料金がかかりません

どちらで手続きするかに関わらず、SIMロックの解除にはいくつかの条件が必要です。

キャリアごとに詳細は異なりますが、共通しているのは以下の項目です。

【主な条件】

  • 契約者本人であること・SIMロック解除に対応している機種であること
  • 端末が故障していないこと
  • セキュリティロックなどのロックがかかっていないこと
  • 端末の購入から一定期間が経過していること

 

詳細な条件は手続き方法については、各キャリアの公式サイトをご確認ください。

SIMフリー端末を購入する

SIMフリー端末は各キャリアショップや家電量販店など、携帯を扱っているお店のほとんどで販売されています。

ちなみにiPhoneのSIMフリー端末は、Apple Storeでも販売されています。

中古販売店ならSIMフリー端末を安く購入することができますが、ここでひとつ気をつけてほしいことがあります。

それは下にあるような「技適マーク」があることを確認することです。

技適マーク

※「総務省 電波利用ホームページ」より引用

この技適マークとは日本国内で無線機器として使うことを許可されたものにつけられるマークです。

技適マークの無いものを利用すると電波法に違反し、懲役や罰金が発生してしまうおそれがあります。

特に日本で使われることを想定されていない海外製品にはついていない可能性が高いので注意してください。

技適マークは設定の端末情報の中にある認証ページか、端末のバッテリーカバーの裏などで確認できるようです。

どこにあるかわからない、ちゃんとついているか不安がある、という場合は購入をする前に販売店に確認してみてくださいね。

 

SIMフリーで利用できるおすすめの格安SIM5社をご紹介!

starfish

SIMフリーとは何かを説明するときにSIMフリーにすることで格安SIMを利用できるとお伝えしましたが、実はSIMフリーにしなくても格安SIMを利用できる状況があります。

その状況とは、お使いの携帯キャリアと同じ回線の格安SIMを利用するときです。

各格安SIM会社は、大手キャリアから回線をレンタルして提供しています。

そのため使っている回線と格安SIM会社がレンタルしている回線が同じなら、SIMロックを解除せずに利用することができます

現在格安SIM会社はたくさんあるので、格安SIMを利用したくてもどこがいいのかわからない方も多いでしょう。

そこで本当におすすめできる5社を厳選してご紹介します。

格安SIMを検討するときの参考にしてみてくださいね。

 

LINEモバイル

LINEモバイルは今やスマホユーザーにとって必須ともいえる通話アプリのLINEが提供しており、ドコモとソフトバンク、2つの回線から選ぶことができます。

大きな特徴として一定以上のデータプランで契約するとSNSアプリのデータ使用量カウントフリー、つまり使い放題になることです。

1GB以上のデータプランでLINEの、3GB以上のデータプランでTwitterなどの他のSNSもカウントフリーにできます。

また、通常の格安SIMでは、LINEのID検索や年齢認証などの機能を使えないのですが、LINEモバイルなら使うことができます。

こんな人にオススメ!

  • LINEやTwitterなどのSNSを頻繁に使う人
  • ドコモ・ソフトバンク回線で利用したい人

楽天モバイル

楽天モバイルは楽天グループが提供する格安SIMで、ドコモとauの回線で使うことができます。

大きな特徴として楽天モバイルでは唯一支払い方法をクレジットカード、デビットカード、口座振替の3つから選択できます

格安SIMの支払い方法はほとんどがクレジットカード一択で、その他の支払い方法を提示している格安SIM会社はごく少数です。

その他の支払い方法があっても条件付きであることも多く適用できないこともありますが、楽天モバイルではどんなプランでも支払い方法を選ぶことができます。

また、料金プランが豊富で自由にプランを組むことができます

こんな人にオススメ!

  • クレジットカードを持っていない人
  • 料金の支払いを口座振替にしたい人
  • 自分にあった料金プランを作りたい人

ビッグローブモバイル

ビッグローブモバイルはインターネットプロバイダであるビッグローブが提供しており、ドコモとauの回線で利用できます。

ビッグローブモバイルの一番の目玉は、なんといってもエンタメフリーオプションでしょう。

6GB以上のデータプランの契約で追加できるエンタメフリーオプションでは、Youtubeなどの動画サービスGoogle Play Musicなどの音楽サービスのデータ通信をカウントフリーで利用できます。

こんな人にオススメ!

  • データ容量に縛られずに動画や音楽を楽しみたい人
  • ドコモ・au回線で利用したい人

マイネオ

「マイネオの名前は聞いたことがあるけど、どこの会社なの?」という人が多いかもしれませんが、は関西電力の系列会社で大手格安SIM会社のひとつです。

マイネオの一番の特徴は、格安SIM会社の中で唯一全ての回線で使えるところです。

本章の冒頭に説明したように、同じ回線をレンタルしてる格安SIMならSIMロックの解除は必要ありません。

つまり、マイネオならどのキャリアの端末でもSIMロックを解除することなく利用できるということなんです。

また、フリータンクというマイネオ利用者なら誰でも使えるデータ容量のタンクがあります。

契約している毎月のデータ容量を使い切ってしまっても、フリータンクから無料で1GBまでなら引き出すことができるので、もしものときも安心ですよね。

こんな人にオススメ!

  • SIMロックの解除をしたくない人
  • 通信回線にこだわりがある人
  • データ容量をよく超えてしまう人

UQモバイル

UQモバイルはKDDI系列の格安SIM会社です。

そのため、使える回線はauのみになっています。

しかし、それを補って余りあるメリットがあります。

それは通信速度が速いことです。

通常の格安SIMは大手キャリアに比べて通信速度が遅いものですが、UQモバイルは大手キャリアをしのぐほどの速度を発揮しています。

他の格安SIMに比べて月額料金は高めですが、それでも大手キャリアよりはお得に利用できます。

こんな人にオススメ!

  • 毎月の料金と通信速度を両立したい人
  • au回線を利用で利用したい人

各格安SIM会社の料金比較

最後にご紹介した5社の料金の一例を表にして比較しました。

比較する料金プランは毎月のデータ使用料が5〜6GBで音声通話を付けた場合です。

また音声通話SIMでは大手キャリアのいわゆる「2年縛り」ではありませんが、最低利用期間というものがあり、期間内に解約すると違約金が発生します。

こちらも合わせてまとめましたのでご覧下さい。

月額料金(ギガ数) 違約金(最低利用期間)
LINEモバイル 2,220円(5GB) 9,800円(12ヶ月)
楽天モバイル 2,150円(5GB) 9,800円(12ヶ月)
ビッグローブモバイル 2,150円(6GB) 8,000円+月額料金(なし)
マイネオ 2,280円(6GB) なし
UQモバイル 2,680円(無制限) 9,500円(12ヶ月)

 

まとめ

SIMロックを解除してSIMフリーにすることで、どの会社のSIMカードでもスマホを利用できるようになります。

SIMロックの解除は各キャリアの公式サイトから簡単におこなうことができます。

SIMフリーにすることで自分の好きな通信会社と契約できるようになりました。

格安SIM会社は数が多く選ぶのが大変ですが、おすすめした5社のようにそれぞれに強みがあります。

自分に合った格安SIMを選んで、お得に、楽しく、スマホを利用してくださいね。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2019-05-17 11:07:23
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/137761/
パソコン&周辺機器
最近、家電量販店や広告でSIMフリーという言葉をみかける機会が増えていますよね。 携帯にまつわる用語なのはなんとなく理解できる人も多いと思いますが、どんな意味があるのかよくわかっていない方も多いのではないでしょうか。 SIMフリーは、お得にスマホを使えるようになる格安SIMを利用するために必要なことのひとつです。 このコラムでは、言葉は知っているけど意外と知られていないSIMフリーとはどんなものなのかをわかりやすくまとめました。 あなたもこの記事を読んでSIMフリーとは何かを知って、お得にスマホを使ってみましょう!  
シェアリングテクノロジー株式会社

お住まいの地域のインターネット回線業者を検索

北海道・東北

  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0

関東

  • 東京都0
  • 神奈川県・横浜市0
  • 埼玉県0
  • 千葉県0
  • 栃木県0
  • 群馬県0
  • 茨城県0
  • 山梨県0

東海

  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県0
  • 長野県0
  • 静岡県0

北陸

  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0

関西

  • 大阪府0
  • 京都府0
  • 兵庫県・神戸市0
  • 奈良県0
  • 滋賀県0
  • 和歌山県0

中国・四国

  • 広島県0
  • 岡山県0
  • 山口県0
  • 鳥取県0
  • 島根県0
  • 徳島県0
  • 高知県0
  • 愛媛県0
  • 香川県0

九州

  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!