生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホ1つで2つ電話番号が使える!DSDS対応スマホを比較とともに解説

投稿日:2018-12-27 更新日:2020-01-22

DSDS対応のスマホに興味がある方もいるかもしれませんね。

せっかく手にするなら、どのようなメリットやデメリットがあるのか知ってから手に入れたいですよね。
DSDS対応スマホにもさまざまな機種があります。

そうなるともっとも合ったものを選びたいですよね。

そこで今回はdsdsについての解説からメリット・デメリット、そしてDSDS対応スマホの比較も併せてご紹介していきます。

記事内の情報は2019年1月時点のものとなります、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もありますのであらかじめご留意ください。

そもそもDSDSって何?

 

DSDSとは1つのスマホで2枚のSIMを同時に使うことができる機能です。

SIMとはスマホで電話やインターネットを使用する際に欠かせないもので、スマホの中に小さなカードとして入っています。

デュアルSIM+デュアルスタンバイ

DSDSというのは2つの単語を組み合わせた言葉です。

まずは1つ目は「デュアルSIM(Dual SIM)」で、これは2枚のSIMを格納するスペースを持っているスマホやタブレット機器を指します。

2つ目は「デュアルスタンバイ(Dual Standby)」で、これは搭載されたSIMを2枚とも同時に使用できるシステムのことです。

DSDSのメリット

そもそもSIMって1つで十分じゃないの?」と思いますよね。

じつはスマホを利用するとき、DSDSで2つのSIMが利用できることは大きなメリットなんです。

それではメリットについて見ていきましょう。

電話番号が分けられる

仕事用の電話番号とプライベートで使う電話番号を別々にしたいけど、「携帯の2台持ちって管理が大変そう……」と思う方が少なくないかもしれませんね。

しかし、DSDSでは1つのスマホで2つの電話番号を持てます

つまり私用と仕事用の電話番号を1つのスマホで管理できるので、携帯の2台持ちをする必要やわずらわしさがなくなります。

使い方を分けられる

2種類のSIMを利用できるので、目的に合わせて使い分けることも可能です。

例えば1つは通話料金が安いプランのSIM、もう1つはデータ通信のお得なSIMを選ぶことで使用料金を抑えることもできます。

1つのSIMしか使用できない場合は、電話とデータ通信のセットなど既成プランへの加入が必要な場合があります。

しかしDSDSの場合は自分で選択できるので、使用料金を抑えられるなど比較的自由度が高いです。

DSDSのデメリット

1つの端末で電話番号を分けられて、自分のスタイルに合わせて使用可能なDSDSですが、デメリットもあります。

それはバッテリーの消費が速い点です。

DSDSはSIMを2つ使用しているため、常に2つの回線を使用していることになります。

その結果どうしても、1つのSIMを使用している端末よりバッテリーを消耗しやすくなってしまいます

バッテリー残量を確保するには、モバイルバッテリーを携帯するなどの対策を取りましょう。

DSDS対応のおすすめスマホを比較!

二つのものを乗せた天秤

現在DSDS対応のスマホを扱っているキャリアも増えています。

そこで、ここではそれぞれのDSDS対応スマホを比較とともに特徴をご紹介していきます。

HUAWEI nova

HUAWEI

  • 価格:およそ3万円
  • 液晶:5インチ
  • 特徴:デザイン、省エネ機能

HUAWEI novaの特徴はスリムでコンパクトなデザインです。

液晶は5インチのフルHD、そして薄さはなんと7mmです。

また動画は4Kに対応してるうえ、CPUは省電力モデルを搭載していて高い性能を持ち合わせています。

ZenFone 5Q

ZenFone 5Qの基本情報

  • 価格:およそ2万5000円
  • 液晶:5.7インチ
  • 特徴:指紋・顔認証機能
  • SDカード挿入可能

ZenFone5Qは前面がほぼフルビューである点と、さらに指紋認証と顔認証機能が内蔵されている点が最大の特徴です。

またバッテリーの容量も4,130mAhと多いです。

OPPO R15 Neo

OPPO R15 Neoの基本情報

  • 価格:およそ3万円
  • 液晶:6.2インチ
  • 特徴:4,320mAhのバッテリー容量
  • SDカード挿入可能

OPPO R15 Neo最大の魅力は、何といっても4,230mAhのバッテリー容量です。

さらには2つのSIMで4G回線を同時に使用できる機能も内蔵されています。

また液晶は6.2インチで前面はほぼ液晶で占められているフルスクリーンとなっています。

 

Motorola moto g6

 

Motorola moto g6の基本情報

  • 価格:およそ3万円
  • 液晶:5.7インチ
  • 特徴:シンプルで使いやすい機能
  • SDカード挿入可能

 

Motorolaのmoto g6の特徴はシンプルで分かりやすい機能であることです。

その使い心地の良さはスマホデビューの1台としてもおすすめです

 

g08

 

g08の基本情報

  • 価格:およそ2万5000円
  • 液晶:5.7インチ
  • 特徴:高性能なカメラ機能
  • SDカード挿入可能

g08の特徴は低価格かつカメラ機能に特化している点です。

外側に搭載されているカメラが1600万画素、さらにインカメラではそれを上回る2000万画素です。

またSDカードを差し込めるので、撮影した写真もSDカードに保存でき端末の容量を気にする必要がありません

写真や動画を楽しみたい方におすすめです。

まとめ

DSDS対応スマホは2つの電話番号が1つのスマホで管理できます。

また電話とデータ通信のプランを別のキャリアから選べるなど、これまでのスマホではできなかったことが可能です。

そして機種もさまざまなものがあり、用途に合ったものを選ぶことができます。
ネックとなるバッテリーの消耗スピードに応えた大容量バッテリーが内蔵されている機種や高性能なカメラ機能を持ち合わせているものまであります。

スマホとガラケーを2台持ちしている方電話とデータ通信の料金プランを別々にしたい方は、DSDS対応スマホを比較しながら自分に合ったものを見つけてみるのがいいかもしれませんね。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-01-22 15:21:54
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/137754/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!