生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモのテザリングは無料!?テザリングを使ってネットを楽しもう!

投稿日:2018-12-27 更新日:2020-01-22

テザリング」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

はじめて聞いた

聞いたような気はするけどよく知らないなあ

という方も少なくないかもしれませんね。

 

今回は「テザリング」という機能についてまとめてみました。

テザリング機能を使えば、外出先でもPCやゲーム機などからインターネット接続が可能になります。

とくにドコモはテザリングが最初から無料で付いていています

とても便利な機能ですのでぜひ活用してみてくださいね。

記事内の情報は2019年1月時点のものとなります、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もありますのであらかじめご留意ください。

テザリングとは?

テザリングは、インターネットに接続されたスマホをアクセスポイントにすることで、パソコンやゲーム機器などをインターネットに接続させる機能のことです。

つまりスマホ1台がインターネットに接続されていれば、スマホを経由してほかの機器でもインターネットに接続できるようになるということです。

このテザリングには3種類の接続方法があります。

Wi-Fiテザリング」は、スマホと外部機器をWi-Fiでつなぐ方法です。

最もポピュラーな方法で複数の機器が接続可能です。
 

USBテザリング」はスマホと外部機器をUSBケーブルでつなぐ方法になります。

USBを使って充電できるメリットがありますが、接続できる機器は1台だけです。
 

Bluetoothテザリング」はスマホと外部機器をBluetoothでつなぐ方法です。

Wi-Fi接続よりも電池が長持ちすることがメリットになります。
 

次にドコモのテザリング方法を例にして実際の接続方法を説明します。
 

テザリングの利用方法

まずドコモでテザリング機能を使う場合は、その端末で「spモード」への加入が必要です。

これはスマホ向けのプロバイダに加入するということです。

ちなみにプロバイダとはインターネットへの接続サービスを提供する会社を指します。

要するに、「spモード」を契約していないとインターネットに接続できないということになります。
 

実際にテザリングの機能を設定してみましょう。

「iPhone」の場合には、設定の画面を開いて、「インターネット共有」をタップし、次の画面で「インターネット共有」をタップすればOKです。

選択画面がでたら内容を確認してテザリングする端末名をタップします。

さきほどご紹介した「Wi-Fiテザリング」「Bluetoothテザリング」であれば「Wi-Fi、またはBluetoothをオンにする」をタップ、「USBテザリング」であれば「USBのみ」をタップします。

これでiPhone側の設定は終了です。
 

実際に外部機器からこのiPhoneに接続するには、設定画面のインターネット共有の下に小さく書かれた “○○○○○○”という名前で外部に表示されます “と書かれた「○○○○○○(端末の名称)」と、その下の“Wi-Fiのパスワード“に書かれたパスワードのふたつの情報が必要になります。

ちなみにこの「○○○○○○(端末の名称)」をSSIDネットワーク名と呼びます。

外部機器からのWi-Fi接続のときはSSID(ネットワーク名)が必要です。
 

ちなみに外部機器からのインターネット共有が成功すると、iPhoneの画面の一番上に「インターネット共有:〇〇台接続中」と青いバナーが表示されます。
 

Androidの場合は、設定の画面から「その他の設定」をタップします。

次の画面で「Wi-Fiテザリング」をタップすればOKです。

注意画面が表示されますが、内容を確認した上でOKをタップしてください。

設定が終わった状態で「Wi-Fiテザリング」をタップすると必要なSSID(ネットワーク名)とパスワードが確認できます。

外部機器からの接続の際に使用してください。

インターネット共有が有効な状態は画面の左上に青い横三本線のマークが表示されます。
 

実際に外部機器から接続する方法は、機器によってさまざまです。

マニュアルなどのWi-Fi接続やインターネット接続の項目で、アクセスポイントに接続するといった表記を参考に設定してください。
 

テザリングのメリット

次にテザリングのメリットをお伝えします。

まず、この機能を使えば外出先でもPCやゲーム機器をインターネットに接続して使えます

テザリング機能を知っていれば、スマホ1台だけインターネット接続可能な契約をしておいて、そのほかのパソコンやゲーム機で契約しなくてもOKです。

またテザリング機能を使っているあいだでも音声通話はできます。

そのため電話がかかってきた(あるいはかけた)からといって、外部機器のインターネット接続が切れてしまうことはありません。
 

しかもdocomoのテザリングは、オプション契約の必要がありません。

先ほどお話した「spモード」の契約が必要になるだけです。
 

自分のスマホ、あるいは購入を検討しているスマホでテザリングが可能かどうかは、ドコモのホームページで確認できます。

3種類の接続方式のうち、特定の方式には対応できる機種とできない機種があります。

自身の機種がどの方式対応なのかの確認に利用してくださいね。

そうはいっても最近の機種はほとんどテザリング可能です。
 

テザリングのデメリット

次にドコモのテザリング機能のデメリットをお伝えします。
 

テザリング中は大量のデータのやりとりがあります。

このデータのことをパケットといいます。

これまでの文字、写真にくわえて、最近はYouTubeなどの動画によるパケット量もかなり増えてきました。
 

そのため、ドコモには使用料によって複数のなかから選択できる「パケットパック」とよばれるサービスがあるんです。

このサービスは、ひと月にどのぐらいのパケットを使用できるかという使用容量にあわせて、スマホ購入の際に選びます。

最初は自分が一日にどのぐらいインターネットを使うか、あるいは動画を見るかなどを目安に、このぐらいかな?とあたりをつけて契約します。
 

しかし使いすぎると「通信制限」がかかるので気をつけてくださいね。

これは今月分のパケット容量を全部使ってしまったということで、以降月末まで少量のパケットのやりとりしかできない状態になることです。

要するに、通信速度が極端に遅くなってしまいます

メールやチャットなどの文字データぐらいはOKですが、大量の写真や動画の視聴は 厳しくなります。

この場合は別途料金でパケットを購入するか、パケットパック自体をさらに大きな容量が扱える契約に変更する必要があります。
 

なお自分が今月どのくらいパケットを使っているか確認するには、ドコモのホームページにある「my docomo」をチェックしてくださいね。
 

またテザリングは大量のデータを処理するので、通常よりもスマホに負荷がかかります。

そのためバッテリーの消費が激しくなってしまいます

最近は電池持ちがかなり改善されてきていますが、頻繁にテザリングをする場合などは、外部バッテリーの準備や充電をこまめにするなど、バッテリー残量を普段よりも気にするようにしてください。
 

ドコモのテザリング機能を利用するときの注意点

ここではドコモのテザリングを使うときに注意してほしいことをお伝えします。

まず注意してほしいことは、外部機器からテザリングをおこなっているインターネット接続もスマホのパケットを使っているということです。

つまりパケットパックで決められているパケット量からテザリングのデータ量も引かれていくということです。

パケットパックは自分がひと月に使う使用量をあらかじめ想定して定額料金を支払うものですが、ベーシックパックの場合はデータ量に応じてどんどん追加料金が増えていきます。

そのため料金が高額になる可能性があります。
 

どのパックを選べばいいかはドコモのホームページに記載されていますが、実際にはdocomoショップやdocomoのカスタマーサポートへの問い合わせなどで相談するのが一番です。
 

また、テザリング接続は自分自身の端末のみでおこなってください

テザリング接続するということは、自分のスマホを外部機器に接続するということです。

極端ないい方に直すと、スマホと外部機器の両方に入っているデータすべてにアクセスできる状態になることです。

知らない端末やスマホにアクセスしない、アクセスさせないようにしましょう。
 

見知らぬ端末からの接続を許してしまうと、知らない間にデータを抜かれてしまうなどの事態に巻き込まれるかもしれません。

個人情報などを守るためにも、テザリングのパスワードは他人に知られないようにしてくださいね。
 

ドコモのテザリング料金

docomoのテザリングは無料でできます。

そもそもパケットパックに料金が含まれているので、わざわざテザリングオプションの契約を結ぶ必要もありません。

契約されているパケットパックごとに決められている上限データ使用量に応じて、インターネット接続が毎月利用できます。

このパケットパックのデータ量はテザリングを利用したデータ使用分も含まれています。

ちなみにドコモは2018年4月以降からテザリング機能を有料化する予定でしたが、そのまま無料で使える発表がありました。

これからも安心して利用できますね。
 

まとめ

テザリング機能は外部機器でも簡単にインターネット環境を利用できるとても便利な機能です。

この機能のおかげで外部機器からインターネット接続が簡単にできるようになりました。

とはいえ、テザリングを利用する場合は、データ使用量をこまめに確認しましょう。

また使用量にあわせたデータパックを選んでおけば、データ容量は気にしなくても大丈夫になるでしょう。
 

一度テザリングの設定をしておけば接続状態をキープしておける外部機器も増えてきました。

そのためパソコンを片手に駅でWi-Fiスポットを探し回り、四苦八苦してインターネットにつなげることも少なくなりましたよね。

何よりもドコモのテザリング機能は無料です。

ぜひ試してみてくださいね。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
45投票,  平均評価値:4.3

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-01-22 19:14:25
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/137752/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!