生活110番辞典 パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

auのWiMAXの解約時に気を付けておきたいこと!5つの注意点とは?

2019-08-23

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

引越しなどでauのWiMAXルーターがいらなくなり、解約を考えることもあるかもしれません。

auのWiMAX解約は期間によっては解約手数料がかかることもあります

また、都合がつかなくて解約手続きを家族などに頼む場合もあるかもしれませんよね。

本人が店頭に行けない場合などの解約時の注意点や必要となる書類などもご紹介していきます。

記事内の情報に関して細かな精査を行ってはおりますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もありますのでご留意ください。

auのWiMAXを解約する方法

auのWiMAXの解約は、店頭のみでしかできません

auの各販売店サイトやネットでは一切受け付けていないので、間違えないようにしてください。

解約は店頭まで出向く流れとなりますが、対応している店舗は下記の2種類の店舗のみです。

  • auショップ

auショップの店頭にてWiMAXの解約がおこなえます。

  • PiPit

PiPitはトヨタ自動車の販売店に設置された携帯電話販売店になります。

ここでもWiMAXの解約手続きができますよ。
とはいえ、WiMAXの解約手続きをするなかで、契約者本人の時間的都合がつかず、代理人に頼むケースも出てくるかもしれません。

このような場合、どのような方なら代理人として契約者本人の代わりに解約ができるのでしょう。
代理人として、店頭で対応できる方は以下の3パターンとなります。

契約者の家族または親権者

本人のかわりに店頭にいく代理人としては、おもに契約者の家族が多いのではないでしょうか。

両親や親権者の方であれば、代理人として解約手続きをすすめられるでしょう。

未成年後見人、成年後見人

未成年後見人とは、親権を持つ人がいない未成年の親権者の代理人のことです。

一方、成年後見人知的障害や精神障害をかかえる成人の保護をおこなう人をいいます。
これらは家族や弁護士による申し立てによって、家庭裁判所が取り決めた人が引き受けています。

これらの立場にある方は、親権者がいない未成年者や知的障害などによって自身で判断責任がとれない人の代理として解約手続きをおこなえます。

老人ホームなどの契約者が入居している施設関係者

老人ホームなどの入居者がWiMAX契約者である場合、施設関係者は代理人として解約手続きをすすめられます。

auのWiMAXを解約するために必要な書類

暗闇にある必要な書類たち
当然、解約時に店頭に向かってもそのままでは解約できません。

auのWiMAXを解約するためには、契約者本人が行く場合と代理人に頼む場合では必要書類が異なります

何が必要なのか事前に調べて用意しておきましょう。

契約者本人が手続きする場合

契約者本人が直接店頭に出向いて解約をすすめる場合には、運転免許証、パスポートや健康保険証などの本人確認書類が必要になります。

そして、本人確認書類は原本であることが必須となるのでご注意ください。
加えて印鑑が必要です。

現在はサインでもよい場合がありますが、念のために持っていったほうがよいでしょう。

また契約者が未成年の場合は、親権者も一緒に行く必要があります。

代理人が手続きする場合

代理人が解約手続きをすすめる場合は、契約者本人の本人確認書類と代理人の本人確認書類が必要です。

また「委任状」も必要となります。

契約者の本人確認書類はコピーでもかまいませんが、代理人の本人確認書類は必ず原本でなければならないため気を付けましょう。

契約者が亡くなっている場合

代理人が出向くケースには、契約者が亡くなられている場合もあるかもしれません。

もし契約者が亡くなっている場合は、WiMAXでの契約電話番号確認時に、解約対応をする人の印鑑も必要です。
さらに必要となるものとしては以下のものがあります。

  • WiMAX本体
  • 代理人の本人確認書類原本
  • ゴム印以外の代理人印鑑
  • あとは亡くなったことがわかるもの(「戸籍謄本・妙本」「除籍謄本・妙本」「住民票(除籍の記載があるもの)」「死亡診断書」など)1点

を一式にして持っていってください。
解約手続き時に契約者本人が亡くなっている場合は、解約料金はかかりません

しかし機器の未払いローンなどある場合は、今後の支払いを一括にするか、そのまま月ごとに少しづつ払うのか決める必要があります。

法人の場合

法人のWiMAX解約の場合に必要となるものは、

  • 法人印
  • 解約を担当して来た人の本人確認原本
  • その人の名刺または社員証
  • WiMAX本体

の4点です。

解約するときの5つの注意点

青空の下の遮断機

WiMAXの解約をすすめるにあたって気を付けたいポイントが5つあります。

このポイントを知らないでいると、いきなりネットにつながらなくなってしまうこともあります。

事前にしっかりと確認しておくことがおすすめです。
1.解約日から利用できなくなる

auのWiMAXを解約すると、解約日当日からネットにつながらなくなってしまいます。
2.日割り計算はされない

さらにauのWiMAXは月額利用料金の日割り計算も適用していないため、たとえ解約日が月の始めであったとしても1ヶ月分の料金が発生する点に注意してください。
3.解約違約金が必要な場合がある

解約時の期間によっては、違約金がかかる場合もあります
4.残債の支払いが必要な場合がある

WiMAX購入時の支払い残しがあれば、解約後も機器代金を払い終える必要があります。

残債をすべてなくすまで支払い義務も出てくるため気を付けてください。
5.ルーターは返却不要

WiMAX解約時にはルーターの返却は必要はありません

そのため、処分をする場合は自分で廃棄するか、売却して対応することになります。

au以外のおすすめWiMAX

WiMAXの端末は性能の良い製品が多くなってきました。

また料金プランなども、使う人の使用状況やニーズに合わせた、より使用状況に合った選びやすいプランが増えてきています。

au製品以外にもおすすめなWiMAX機器がありますので紹介します。
費用面を思った以上に安くおさえられる場合があるので、他社のWiMAXも確認してみるのもよいでしょう。

auのWiMAXを解約して、新たにWiMAX契約を考えられている場合の参考になれば幸いです。

Broad WiMAX

Broad WiMAXには大きく分けて契約プランが2つがあります。

制限なしで使えるギガ放題プランと月間7GBまで使えるライトプランです。

他社からの乗り換えで「違約金負担」などのサービスもおこなっています。

Broad WiMAXについてはこのような記事もご用意しています。
よろしければご一読くださいね。

関連記事
Broad WiMAXについて知りたいなら! Broad WiMAXの評判と口コミ|評価が二極化するその理由
Broad WiMAXの即時利用に興味があるなら…… WiMAXを即日で使うなら最速はBroad WiMAX!速さ別のプロバイダも紹介
Broad WiMAXのキャンペーンをチェックしたい場合は Broad WiMAXキャンペーン最新解説!

GMOとくとくBB WiMAX2+

GMOとくとくBBは、モバイルネットBBWiMAX2+として高速通信ができること魅力的なサービスです。

下り最大440Mbpsと高速インターネットが特徴で、こちらにも使い放題のギガ放題プランと7Gを超えると制限のかかる通常プランがあります。

最大32,000円のキャッシュバックキャンペーンなどもやっているので試しやすくなっています。

GMO WiMAXについてはこちらの記事でご確認くださいね。
関連記事:GMO WiMAXの評判はキャッシュバック次第!最もお得に契約する方法まとめ

まとめ

auのWiMAXを解約する時に慌てなくてもいいよう、解約の流れを確認しておくとスムーズになります。

auのWiMAX解約はネットでは手続きができないため、店頭まで持ち込む必要があります。
持ち込むときにも、本人の都合悪くて行けない場合に代理人が解約手続きをすすめなくてはならないこともあるでしょう。

本人が直接行く場合と代理人が行く場合で、必要となる書類などにも違いがあります。

前もってしっかりと確認しておくのが望ましいです。

WiMAXサービスの変更を考えているなら、auのWiMAX以外にも、便利なWiMAXサービスがあります。

高速にインターネットにつなげられたり、なかには他社からの乗り換えで違約金を負担してくれるサービスなどもあります。

確認してみるのもいいかもしれませんね。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2019-08-23 10:30:32
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/137748/
パソコン&周辺機器
引越しなどでauのWiMAXルーターがいらなくなり、解約を考えることもあるかもしれません。 auのWiMAX解約は期間によっては解約手数料がかかることもあります。 また、都合がつかなくて解約手続きを家族などに頼む場合もあるかもしれませんよね。 本人が店頭に行けない場合などの解約時の注意点や必要となる書類などもご紹介していきます。 [box class="box"]記事内の情報に関して細かな精査を行ってはおりますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もありますのでご留意ください。 [/box]
シェアリングテクノロジー株式会社

お住まいの地域の光回線・Wi-Fi・格安SIM業者を検索

北海道・東北

  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0

関東

  • 東京都0
  • 神奈川県・横浜市0
  • 埼玉県0
  • 千葉県0
  • 栃木県0
  • 群馬県0
  • 茨城県0
  • 山梨県0

東海

  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県0
  • 長野県0
  • 静岡県0

北陸

  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0

関西

  • 大阪府0
  • 京都府0
  • 兵庫県・神戸市0
  • 奈良県0
  • 滋賀県0
  • 和歌山県0

中国・四国

  • 広島県0
  • 岡山県0
  • 山口県0
  • 鳥取県0
  • 島根県0
  • 徳島県0
  • 高知県0
  • 愛媛県0
  • 香川県0

九州

  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!