生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモ光電話は対応ルーター必須!レンタルする方法とおすすめ機種紹介

投稿日:2018-12-25 更新日:2020-09-18

ドコモ光の電話にルーターは必要?

「ドコモ光って電話対応ルーターが必要なの?」

インターネットの光回線を利用した固定電話サービス「ドコモ光電話」
これから利用したいと思っている人のなかには、「光電話に使えるルーターはどれなのか」「そもそも必須なの?」と疑問が浮かんでいる人もいるかもしれませんね。

ここでは、ドコモ光電話を利用するうえで必要なルーターの種類やおすすめの市販のルーターの紹介、ルーターの設定方法などについてお伝えしていきます。

記事内の情報は2019年1月時点のものとなります、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もありますのであらかじめご留意ください。

光電話に対応しているルーター

 

ドコモ光電話を利用するためには、ドコモ光の契約と「ドコモ光電話に対応しているルーター」が必要です。

昔は光電話を利用するためにはルーターのほかに「VoIPアダプタ」というものも必要でした。
しかし、現在では技術の進歩もあってこの「VoIPアダプタ」はルーターに内蔵できるようになり、対応ルーターさえあれば光電話が利用できるようになりました。

ドコモ光電話の場合、契約をすると「光電話アダプタ」が内蔵されているルーターをレンタルできますよ。

「レンタル料って結構高いんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、ドコモ光のルーターは無料でレンタルできるんですよ!
そのため、基本的にはドコモ光からのレンタルがおすすめです。

光電話に対応している市販のルーターは少ない

ドコモ光からレンタルできるルーターのほかにも、市販されているルーターを購入する方法もあります。

しかし、市販されている光電話対応のルーターはそれほど多くないため選択肢が限られてきてしまいます

限られた選択肢のなかでも、有力な市販ルーターを2つご紹介しますね。

おすすめの光電話対応ルータ1「 NVR510(ヤマハ)」

1つめは、ヤマハが販売する「ブロードバンドVoIPルーター NVR510」です。

希望小売価格が49,800円と高めなのがネックですが、機能性は十分あります。

光電話だけでなく、企業内の拠点間通信で用いられるVPNにも対応しているため、高めの値段になっているといえます。
とはいえ裏を返せば、「価格に見合った実力を持っている」とも考えられますよね。
そのため、コストはかかっても確実なものがほしいという人におすすめです。

 

おすすめの光電話対応ルータ2「WebCaster V130(NEC)」

2つめは、NECの「WebCaster V130」です。

光電話を利用することが目的であれば、こちらのルーターがおすすめですよ。

無線LAN機能も搭載されていて販売価格は22,000円と、先ほどご紹介したNVR510よりも購入しやすいかもしれません。

ただ、WebCaster V130は最大速度が100Mbpsなので、最大1Gbpsの高速通信ができる光回線を活かしきれないという欠点があります。

無線LANの速度を重視したい場合は、ドコモ光からルーターをレンタルするか、無線LANルーターだけ別で購入するほうが無難といえるでしょう。

光電話を使うにはルーターが必須!

「そもそもルーターって必ず必要なの?」と思う人もいるかもしれませんが、結論からいえばルーターは光電話を使うためには必須です。

光回線を利用してパソコンなどの端末でインターネットをする場合、まずは光信号をデジタル信号に変えるための機器「ONU」が必要になります。

光回線を契約する際にONUがレンタルで提供されますが、ONUは光電話を利用するために必要な「電話線を接続するための差込口」がありません

その結果、光電話を利用するためには電話機が接続できる対応ルーターが必須になるのです。

また、ONUのほかにモデムという機器もあります。

モデムとは固定電話で使われるアナログ回線から受信した信号をネットに接続できるように変換する機器のことです。

光回線が普及する前に主流だったADSLは、アナログ回線を通してネットに接続する関係でモデムが必要でした。

しかし今では光回線が主流になったため、モデムを利用することは少なくなってきています
とはいえ現在でもADSLを使い続けている人もいるので、モデムは今なお活躍しています。

ONUとモデムは信号を受信する回線の種類が違うため違う名称で呼ばれていますが、役割は同じようなものといえますね。

  • アナログ回線の信号を交換する機器がモデム
  • 光回線の信号を返還する機器がONU

 

と覚えておくととわかりやすいかもしれませんね。

Wi-Fi(無線通信)を使いたいときはどうすればいいの?

 

これから光電話を利用しようと思っている人の多くは、合わせてWi-Fiも使いたいのではないでしょうか。

光電話用ルーターでWi-Fiを使う方法は2つあります。

  • 無線LANカードをレンタルする
  • 市販のルーターを用意する

 

ドコモから無料でレンタルできる光電話のルーターのカードスロットに、無線LANカードを挿し込むことでWi-Fiが利用できるようになります。

無線LANカードをレンタルするためには別途月額300円必要です

そのほかには、「市販のルーターを別で用意する」という方法もあります。

光電話対応ルーターの無線LAN機能はWi-Fiを飛ばせる範囲に限りがあるため、2階建ての戸建てや3LDK以上のマンションより広い家などではWi-Fiが利用できない場所ができてしまうことがあります。

そのため広い家でWi-Fi利用したい場合は、市販のWi-Fi機能が内蔵されたルーターを購入するのもよいでしょう。

ドコモ光のルーターの設定方法

ルーターの設定はオンラインで行うことができます。

ルーター設定の手順は以下のとおりです。

  1. WEBブラウザを起動する
  2. アドレスバーに「192.168.1.1」と打ち込みアクセス
  3. ユーザー名の欄にUSERと打ち込み、任意のパスワードを打ち込む
  4. 設定ウィザード(または接続先設定)にてドコモ光から提供されたIDとパスワードを入力
  5. PPPランプが点灯すれば設定完了

 

ルーターを設定する際の注意点として、IDやパスワードの入力間違いには気を付けましょう。

ドコモ光から送られてくる資料の中には、IDやパスワードのような文字列が並んでいるところがあるため、間違えて入力してしまいインターネットにつながらないというケースもあるからです。

困ったら窓口に問い合わせよう!

ドコモ光に申し込んだのに、ルーターが届かない、故障した、設定方法がわからないなどの場合はドコモ光の窓口であるインフォメーションセンターに問い合わせましょう。

ドコモインフォメーションセンターの受付時間は午前9時〜午後8時です。

まとめ

ドコモ光のルーターは無料でレンタルするのが基本ですが、市販のルーターを購入しての利用も可能です。

しかし市販の光電話対応ルーターの販売価格は高いため、設置の負担が小さく設定方法が簡単なドコモ光からのレンタルをおすすめします

とはいえドコモ光から提供されるルーターでWi-Fiを利用したい場合は、別途月額300円で無線LANカードをレンタルする必要があるので注意しましょう。

これからドコモ光電話を利用する場合は、これらを参考に自分に合ったルーターを見つけてくださいね。

光回線のおすすめ記事

プロバイダの乗り換え・変更手順は3ステップ!おすすめ時期や5つの注意点を解説

2019.01.23

JCOMのWiFiが繋がらない・遅いときの2つの原因!すぐ繋げたいときの対処法まとめ

2018.12.21

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
23投票,  平均評価値:2.1

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-09-18 15:56:14
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/137738/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!