生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

光回線が遅いときってどうすればいいの?原因と対処法を徹底解説

投稿日:2018-12-12 更新日:2020-01-22

光回線なのに通信が遅くなると、なぜ遅くなってしまったのか原因が気になりますよね。

光回線が遅い場合はパソコンやルーター、プロバイダなどさまざまな原因が考えられます。

今回はその原因と対処法を紹介していきます。

記事内の情報に関して細かな精査を行ってはおりますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もありますのでご留意ください。

機器に問題がある場合

 

まずは通信機器自体に問題がある場合を考えてみましょう。

 

OSが古い

OSとは、コンピューターを管理して作動させる役割のあるソフトウェアのことです。

つまりOSが古いことは、パソコンのシステムが古く、光回線に対応できていないということを示します。

 

この場合、いくら速度が速い光回線を使用していても、OSが付いていかないので意味がありません

新しいOSにアップデートするか、パソコン自体を新しいものに換えるかが解決手段となります。

 

PCの容量不足

あたり前のことにはなりますが、パソコンのメモリにも限りがあります。

メモリの空き容量が不足すると、処理できる速度が遅くなり、結果として回線速度も遅くなってしまいます
この場合も新しくパソコンを買い直すか、データ容量を買う必要があるでしょう。

 

LANケーブル

LANケーブルは有線で光回線をパソコンにつなぐ役割をしています。

LANケーブルでつないでパソコンを使用している場合、LANケーブルが光回線に対応していないことが理由かもしれません。

使っているLANケーブルが光回線に対応しているものか、確認してみましょう。

 

ルーター

ルーターとは、複数の機器をインターネットにつなぐためのものです。

ルーターを使用している場合は、ルーターが外部からつながっている光回線を仲介してくれています。

そのため、ルーターに不具合があると、光回線を使用していたとしてもインターネットはうまくつながりません

 

Wi-Fi

Wi-Fiはパソコンで使用している方も多いかもしれませんね。

Wi-Fiとは通信機器が無線でつながるシステムのことです。

このWi-Fiにも速度があるので、光回線の速度に対応できていない場合は速度が遅くなります

 

プロバイダに問題がある場合

 

プロバイダと契約していないとインターネットはつながりません。

インターネットを使用している場合、必ずどこかのプロバイダと契約しています。

つまりパソコンやその他の通信機器に問題が見られなかった場合、このプロバイダに原因があることが考えられます。

 

通信障害

プロバイダ自体に通信障害が起こっていることによって、光回線の速度が遅くなることがあります。

「おかしいな?」と思ったらプロバイダの業者に連絡するか、お知らせがないかホームページを確認してみましょう。

 

メンテナンス中

稀にあることですが、プロバイダがメンテナンス中の場合があります。

とはいえメンテナンスをする際は、プロバイダ業者が事前に告知している場合がほとんどです。
ホームページなどで確認しておきましょう。

 

光回線に問題がある場合

 

通信機器やプロバイダにも問題が見受けられなかった場合、光回線自体に問題があることが考えられます。

 

ネット回線が混雑

リアルタイムでアクセスが集中しているインターネットページを閲覧する場合、ネットの回線が混雑してつながりにくくなります

あくまで一時的なものなので、解決策としては時間を空けてから再びそのサイトにアクセスすると良いでしょう。

 

快適なネット環境にしたい!

 

インターネットを利用する際は快適な環境で利用したいですよね。

じつはネットの回線が遅い理由の9割は、通信が混み合っていることが原因なんです。

そこで今から混雑を避ける方法を紹介します。

 

IPv6対応のプロバイダに変える

インターネットを使用しているパソコンは、IPアドレスというインターネット上でその機器を区別するための番号を持っています。

これはいわばインターネット上の住所のようなものです。

 

現在はIPv4という規格が使われていることが多いのですが、インターネット利用者が増えていることによりこのIPv4でのIPアドレスが足りなくなってきています

次世代となるIPv6に変えることで利用者の少ない通信規格を利用でき、その結果通信速度を速めることも可能です。

 

IPv6対応のプロバイダは業界でも人気のあるBIGLOBE(ビッグローブ)がおすすめです。
このBIGLOBEはキャッシュバックなどさまざまなキャンペーンを開催していることも多いです。

 

NURO光にする

NURO光は主要回線業者と比べると利用者が比較的少ないため、夜の混み合う時間帯でもスムーズに回線を利用できます

さらに最大通信速度が2Gbpsと主要回線の速度のおよそ倍のため、高速通信が期待できます。

 

とはいえ、惜しむらくは提供されるエリアが限られていることです。

関東・関西・東海・九州の一部のみのため注意が必要です。

 

auひかり

auひかりはKDDIが回線を提供しています。

KDDI独自の回線のため、主要な回線と比べ比較的混み合うことが少ないのが魅力です。

特徴としてはキャンペーンが多くあり、それを上手く使えば実質無料で利用できます。

 

コミュファ光

コミュファ光も自前の回線を利用しています。

そのため混み合う心配が少ない回線のひとつです。

提供エリアは愛知、岐阜、三重、静岡のみですが、一部の地域では利用できないので注意してください。

 

まとめ

速いといわれている光回線が遅くなっても、原因がわからないことで諦めてしまったこともあるかもしれません。

考えられる原因は通信機器からプロバイダ、さらには光回線自体であったりとさまざまです。

 

そうはいっても、できるだけインターネットは快適に使いたいですよね。

そのためには、光回線が遅い原因のおよそ9割にもおよぶ通信の混雑を避けることが大切です。

 

比較的混雑しないとされる通信回線に乗り換えることで、混雑を緩和できますよ。

快適なインターネット環境にするためにも、一度検討してみるのもいいかもしれませんね。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-01-22 14:19:21
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/137683/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!