生活110番辞典パソコン&周辺機器修理

パソコン&周辺機器修理

マルウェアに感染しないための対策と感染時の対応について

パソコンは、インターネットに接続することで様々な情報のやり取りを可能になりますが、それが原因で様々なトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。
その中の1つが、マルウェアの感染です。マルウェアによる被害には、パソコン内に保存されたデータの破壊や、個人情報の流出考えられます。また、パソコンが第三者から遠隔操作され、何らかの犯罪行為に巻き込まれてしまうことも考えられます。
しっかりとした対策を立てておかないと、知らず知らずのうちに被害を受けることになるので、注意が必要です。

マルウェアの感染経路

マルウェア対策を行なうためには、まずはどこから感染するかを知っておく必要があります。
巧妙な手口なので、気づいた時にはすでに遅いことも考えられるので、十分な警戒を必要とします。

・Webページ閲覧時

インターネット上には様々なWEBページが公開されていますが、そこにマルウェアを感染させる仕掛けが組まれていることがあります。
ページを見ただけで感染するので、気づくことが難しいパターンです。

・メールからWebへの誘導

メールに添付されたURLにアクセスすると、マルウェアをダウンロードしてしまう仕掛けになっています。

・メール添付

マルウェアを仕込んだファイルをメールで送信し、受信者がファイルを開くことで感染します。
メールの文面は、開封率を上げるために、取引先を装ったり、興味を引く内容に思わせるために巧妙に偽造されています。

・外部記録媒体からの感染

USBメモリなどを差し込むと感染するタイプです。無料のダイレクトメールの粗品としてUSBを添付し、そこから感染した事例もあります。

 

パソコンに感染する代表的なマルウェア

パソコンに感染するウイルスには色々なパターンがありますが、一般的に言われているものとしては以下のものが代表的です。

・トロイの木馬

正常なソフトに見せかけて、パソコン内部のデータを盗み出したり、遠隔操作を行ったりすることが可能なウイルスです。あからさまに怪しいソフトはすぐに削除されてしまいますが、一見すると正常に作動しているソフトだと、発見が遅れることも多いので注意が必要とされています。

・ランサムウェア

パソコン内のデータを勝手に暗号化し、データを元に戻してほしければ身代金を払えというものです。身代金を払ってもデータが回復されるかは不明ですが、一定期間たつとデータが消去されるという脅迫文も添付されています。
近年の事例では、医療機関や工場などのシステムに感染し大きな混乱を招いています。

・ワーム

自動的に複製を行なうプログラムで、コンピューターウイルスの一種とも言われます。古いブラウザやOSの脆弱性を利用して入り込み、様々な悪意のある動作を実行できます。

 

マルウェアに感染しないための対策

マルウェアに感染することは非常に危険です。しかし、手口は年々巧妙になっており、ウイルス対策ソフトなどでも対応しきれない部分が出ている場合もあります。
しかし、幾つかの心がけを持つことで、感染を避けることも可能です。

・見覚えのないメールは開封しない

プライベートのメールでも、仕事用のメールでも、見覚えのない宛先や文章の怪しいメールは絶対に開封しないようにしましょう。
これだけで、Webへの誘導型メールや添付型メールからのマルウェアの脅威を劇的に減らすことができます。

・怪しげなサイトにアクセスしない

怪しいサイト、と言っても一言では表しにくいものですが、アンダーグラウンドな情報を扱うサイトやアクセスするとプラグインやファイルのダウンロードを勝手に行なうサイトは、すぐに離れるべきですし、今後もアクセスしないようにしましょう。
予めサイトの安全性を確かめてくれるWebサービスや、ウイルス対策ソフトの警告機能を用いることで、危険回避に役立ちます。

・外部記録媒体の取扱には十分注意する

USBメモリなど外部記録媒体を介したマルウェア感染を回避するには、幾つかの対処方法があります。

・他人の外部記録媒体を使わない
・マルウェア対策していないパソコンには外部記録媒体を使用しない
・自動実行をしないように設定する

特に自動実行をするように設定していると、差し込んだだけでマルウェアに感染することになります。自動実行の設定変更はOSごとに方法が異なりますので、調べておくことをおすすめします。

 

万が一感染に気づいた場合

マルウェアに感染していることに気づいたら、すぐにやっておきたいことがいくつかありますので、ご紹介しておきます。
ただし、このような事態にならないように、普段から警戒しておくのが一番です。

・ネットワークから切り離しましょう

パソコンがネットワークにつながれている場合は、直ちに回線を切断することをおすすめします。インターネットのブラウザを閉じるだけでは完璧ではありませんので、無線LANルーターやLANケーブルとパソコンとの接続を切り、完璧にネットワークから切り離す必要があります。

ネットワークに繋いだままだと、パソコン内のデータ、ブラウザに保存されたパスワードが流出してしまう危険性があるからです。また、社内ネットワークなどを構成している場合、どれか1台の被害が、ネットワークを構成する他のパソコンにも広がっていって、取り返しのつかないトラブルを引き起こすことが考えられます。

・無事なデータは検疫の上で隔離

パソコンに感染するマルウェアにも様々なタイプのものがあります。データを盗み出すもの、勝手に暗号化して身代金を請求するもの、パソコン内のデータを書き換えていくものなどです。

マルウェアの種類によっては、データがすべて無事な可能性もありますので、これらはなんとしてでも救いたいということで、外付けのハードディスクなどにデータを移行される事例も多いようですが、その前に移動するデータは検疫が必要です。

せっかく無事だったデータでも、すでにマルウェアが感染していて、移動した先で悪さをすることも十分に考えられます。セキュリティソフトをインストールされている場合は各ソフトでデータの検疫が可能になっているものがありますので、その機能を有効に活用してみましょう。

パソコン修理のプロに依頼してみましょう

DSC_0012

パソコンはトロイの木馬やランサムウェア、ワームなど様々なマルウェアの危機にさらされています。万が一被害に遭うと、データの消去や個人情報流出などの危険もありますので大変危険です。

ご自分で対処する自信がない方は、パソコン修理のプロにご相談することをおすすめします。

パソコン修理のプロに依頼することで、マルウェアの削除からパソコン内のデータ復旧までまとめて依頼することができます。もし、マルウェアに感染してしまって手がつけられない場合は、すぐにパソコンの電源を落として、「生活110番」の「パソコン修理」をご覧いただき、お近くのパソコン修理のプロをお探しいただくこともおすすめします。

最新記事

0120-949-986