生活110番辞典 パソコン&周辺機器修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンで突然ブルースクリーンが!原因を知って解決に結び付けよう

2018-01-12

パソコンで突然ブルースクリーンが!原因を知って解決に結び付けよう

長年Windowsを使っている方にとってトラウマともいえるのが「ブルースクリーン」という現象ですが、近年表示されることは少なくなりました。そもそも「ブルースクリーンって何?」という方もいるでしょう。それだけOSが安定したあかしでもあるのですが、裏返せば最近のWindowsで表示される場合、パソコンに重大なトラブルが起きているということにもつながるのです。

今回はWindowsパソコンでのブルースクリーンについて、その症状から対処法までを確認していきます。

ブルースクリーンの症状

まずはWindowパソコンのブルースクリーンについて、どのような症状か確認してみましょう。

ブルースクリーンはこの状態

ブルースクリーンは正式にはSTOP画面と呼ばれ、画面全体の青地に白文字でエラーコード(ストップコード)や再起動の指示などの文字列が表示されるものです。

この画面はWindowsにとって深刻なエラーが発生し、このままではシステムをそのまま実行し続けることが不可能と判断された際に切り替わります。突然強い青色の画面が現れることから、一体何が起きたのかわからない場合も少なくありません。

出るタイミングでそのまま起動することも

このブルースクリーンが出るタイミングは2通りに分けられます。

電源を入れ、Windowsが起動中に出る場合
メモリなどハードウェアやシステムファイルのトラブルの場合、起動中のタイミングに出ることも多いとされています。エラーによってはパソコンが自動で問題のある部分を切り離すこともあり、何らかのキーを押すことでそのまま起動したように見えることも多いでしょう。

作業中に突然起こる場合
メモリの読み込みエラーなど、作業中のトラブルがブルースクリーンにつながることも少なくありません。突然の画面に慌てているうちに再起動することも多く、作業中のファイルをこまめに保存していなければ最初から作り直し、というおそれすらあるのです。

      ブルースクリーンの症状

ブルースクリーンの原因

ではWindowsパソコンでのブルースクリーンの原因について、パターン別にみてみましょう。

ソフトウェア系のトラブル

システムやアプリケーションなどが不具合を起こした結果エラーが回復できず、ブルースクリーンを出して再起動することがあります。

とくにパソコンに外部機器を読み込ませるためのドライバのエラーやウイルス感染、セキュリティソフトの不具合などがブルースクリーンの主な原因ですとして目立っています。またWindowsはウイルスが侵入しやすい穴を定期的に埋めるための更新をしているのですが、その穴を利用していたドライバやセキュリティソフトがあれば不具合を起こしやすくなります。

またアプリケーションを構築する際に穴があり、ゼロで割る処理などをしてしまえばそれもエラーとなります。そのエラーが大量に生まれればブルースクリーンへとつながるのです。

ハードウェア系のトラブル

メモリやハードディスクがエラーを出すことで起こるブルースクリーンもあります。

とくにメモリはシステムの動作部分が書き換えられないようアクセス制御をおこなっているのですが、誤ってその部分にアクセスしようとするとエラーとなってしまいます。これだけではソフトウェア系のエラーと区別がつきにくいのですが、システム系の安定したアプリケーションでこうしたエラーが発生した場合、アクセスしようとした領域が故障している・接触不良である可能性も強く考えられます。

また冷却装置の不具合などで熱排出がうまくいかず、熱暴走によってブルースクリーンにつながるといった例もあるようです。その場合はファンなどの掃除とともに冷却系統の見直しが必要になるかもしれません、

ハードウェア系が原因のトラブルは基本的に該当する部品を交換しなければブルースクリーンが起こる可能性も高くなります。そのためシステムだけでなくこうしたメモリなどのエラーを疑ってみることも大切です。

ブルースクリーンに表示されるエラーコード例

Windowsパソコンのブルースクリーンではエラーコードも同時に表示されます。エラーコードから原因が読み取れる場合もあるので、システムが出す最後のメッセージに注目してみましょう。

メモリ関係のエラーコード

・0x00000050
・0x000000F2 など
メモリが正常に読み込めない場合に多く出るエラーコードです。前者は読み出そうとするデータがメモリ内に存在しない場合、後者はメモリなどハードウェアが応答しないことを示しています。

ハードディスク関係のエラーコード

・0x0000007A
・0x000000ED
・0x000000FB など
ハードディスクなど記憶装置にエラーが起こっている場合に出ることの多いエラーコードです。とくに真ん中のコードは起動ドライブの読み込みに失敗していることを示すエラーコードのため、起動時に起こる場合が多いでしょう。

ドライバなどソフトウェア関係のエラーコード

・0x0000000A
・0x0000001E
・0x0000003F など
ドライバや実行しているソフトウェアが不具合を起こした場合に出やすいエラーコードです。それぞれ「アクセス許可外領域へのアクセス」「無効な領域へのアクセス」「不適切なメモリ管理」がそれぞれの示す意味になってきます。

ただし先ほど確認した通り、不具合を起こしたのがエキスプローラーなどシステム系のアプリケーションだった場合、メモリの方に問題があることも多くなってきます。

      ブルースクリーンに表示されるエラーコード例

ブルースクリーンの対処方法

Windowsパソコンでブルースクリーンが表示された場合、まずは冷静にどのようなタイプのエラーかを確認することが大切になってきます。

「静止画面」か「カウント画面」か

ブルースクリーンにはカウントの数字が表示され、カウント後にWindowsが起動を試みる「カウント画面」と、その画面から動かなくなる「静止画面」の2種類があります。カウント画面の場合通常のWindowsが立ち上がることもあります。

一方「静止画面」の場合はリセット操作が必要な場合もありますが、最近では自動的に再起動することも多くなってきます。いずれにしても表示されるエラーコードをしっかりと確認しておきましょう。

通常起動しない場合の対処

ブルースクリーン後何事もなく起動する場合も多いですが、黒い画面に文字が表示されそこから動かないことも少なくありません。その場合、表示されているメッセージを確認しましょう。

「~起動する」といったメッセージの場合
正常にWindowsが終了しなかった場合、「前回正常に起動した状態で起動する」「Windowsを通常起動する」といったメッセージを選択させるようになっている機種があります。その場合パソコンはここまでほぼ正常に動作していると考えられるため、これらの選択肢をキーボード操作で選んで起動を続行してみてください。

起動ディスクが読み込まれないメッセージの場合
「operating system not found」「insert boot disk and press any key」といったメッセージが出る場合、起動ディスクが正常に読み込まれずWindowsが立ち上げられないことを示しています。ハードディスクの不具合なども考えられるため、修理依頼などが必要になることも多いでしょう、

ソフトウェア系のトラブルはリカバリーで

システム系のトラブルがブルースクリーンの原因となっている場合、システムを初期状態に戻すことでブルースクリーンが出ない状態に戻すことができる場合もあります。

ただしリカバリーはハードディスクの中身をすべて消去するため、必要なデータはあらかじめバックアップしておくことが大切になってきます。ハードディスクごと交換するという手もなくはないですが、ノート型パソコンや一体型パソコンはそういった手段を取るのも難しいでしょう。

セーフモードの利用

ソフトウェア系のトラブルが原因の場合、Windowsに搭載されているセーフモードを利用する手があります。

セーフモードは最低限のシステム構成でWindowsを起動することで、エラーとなっているソフトウェアを外すことを目的としています。あくまでも応急的なモードのため、バックアップを取った後はリカバリーをおすすめします。

このモードは起動時に「F8」を長押しすることで切り替えることが可能です。セーフモードでも起動しない場合は起動時に「F5」を連打することで切り替わるデバッグモードも試してみてください。

接続機器は外してみる

USBなどで接続している機器がエラーの原因となっている場合も少なくありません。一度こうした接続機器を外してみることでブルースクリーンが出なくなることもあるため、一度外部機器を外して起動してみることも大切です。

まとめ

突然のブルースクリーンは驚くことも多いですが、ブルースクリーンはWindowsが最後に残した問題解決への手がかりです。この手がかりを最大限に生かして、ブルースクリーンが出ないように改善したいものですしましょう。

ただWindowsパソコンにブルースクリーンが出たところで、エラーコードを見てもその解決方法が分かわからない場合も少なくありません。残っている大切なデータを消してしまわないよう、必要に応じパソコン修理のプロを頼ることも大切になってくるでしょう。

パソコン修理を業者に依頼する際は

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「パソコン修理」をご覧ください。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-01-12 12:00:04
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_computer/31998/
パソコン&周辺機器修理
長年Windowsを使っている方にとってトラウマともいえるのが「ブルースクリーン」という現象ですが、近年表示されることは少なくなりました。そもそも「ブルースクリーンって何?」という方もいるでしょう。それだけOSが安定したあかしでもあるのですが、裏返せば最近のWindowsで表示される場合、パソコンに重大なトラブルが起きているということにもつながるのです。 今回はWindowsパソコンでのブルースクリーンについて、その症状から対処法までを確認していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

パソコン&周辺機器修理

最新記事

おすすめ記事

0120-949-986