生活110番辞典 パソコン&周辺機器修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

BIOSが起動しない原因は電池かも…BIOSの基礎知識と交換方法もご紹介

2018-01-12

BIOSが起動しない原因は電池かも…BIOSの基礎知識と交換方法もご紹介

BIOSという言葉はパソコンに詳しい人なら知っている方もいるかもしれません。BIOS(バイオス)というのはパソコンの基本的なシステムのひとつで、周辺機器の管理や起動時の制御を行っているプログラムです。

そんなBIOSが起動しないときの原因はさまざまなものがありますが、多くの場合は電池切れです。電池はパソコン本体の電池ではなく、CMOSの電池です。CMOSはBIOS密接に関係があり、電池交換をすることで不具合を解決できることがあります。

今回はBIOSが起動しないときの原因と解決方法についてご紹介します。

BIOSとは何か

BIOSが起動しない原因が分からないという以前にBIOS のことがよく分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

BIOSはパソコン周辺機器を統括的に管理するプログラムです。デスクトップパソコンやノートパソコンいずれのものにもBIOSは搭載されています。

しかし、長年使用されていたBIOSですが、近年はUEFIに移行しつつあります。Windows8以降に搭載されはじめたもので、BIOSとほぼ機能は同じと言われています。

UEFIは「Intel」という会社が開発したもので、BIOSと比べて操作が簡単になったほか表示画面が見やすくなっています。

旧型であるBIOSは新しいパソコンには搭載されていないこともあるかもしれませんが、Windows7を使用している人も多くいらっしゃるでしょう。実際大きく仕様が変わったWindows8以降よりも長年使い慣れたものがいいとのことで、昔購入したものをそのまま使用している方も多いようです。

BIOSはパソコンの電源をいれて、OSが立ち上がりまでの間にパソコンを制御するものでもあります。不具合が起こるとパソコンの起動自体に支障が出てしまうことがあります。

      

BIOSが起動しない1番の原因について

BIOSが起動しないときの原因として1番に考えられるのは、電池切れです。電池切れといってもパソコンの電源電池ではなく、BIOSの電池です。

BIOSはプログラムなので、実際に電池が付いているわけではないのですが、マザーボードには電池が付いています。

BIOSの設定データは、マザーボードのCMOSというところに保存されています。BIOSが起動する仕組みを先に説明しますと、パソコンの電源をいれたと同時にCMOSの情報が読み込まれ、その情報をもとにしてHDDやモニタにアクセスします。

またCMOSは電力の供給がなくなると、そのデータを失ってしまうという特徴があります。パソコン本体の内蔵している電力がなくなったときに、CMOSに影響がでないように電池が付属しているのです。ただパソコンに内蔵している電力を使用することもあるので、電池といってもあまり消耗は激しくありません。

この電池があるおかげでパソコンの電力がなくなったときでもCMOSに書き込まれたデータは消失しません。

電池は多くの場合ボタン電池で、一般的には5~10年で電圧が不安定になります。

パソコンを5~10年使用しているという場合、マザーボードの電池も劣化していることが考えられるのです。電池が完全に切れてしまうとCOMS内のデータは完全に消えてしまいますが、直接パソコンの故障につながることはないと言われています。

しかし、COMSとあわせてBIOSも初期化するので注意が必要です。電池の消耗を見分ける判断基準としては、電池からの電圧が徐々に低下していくなかでBIOSシステムも不安定になります。

その結果誤作動などの不具合を起こすことがあるので、それがBIOSが起動しない原因となっていることがあります。

CMOSの電池が寿命だった場合の交換方法

BIOSの設定データはマザーボードのCMOSに保存されています。

マザーボードの基盤にある丸いボタン電池がCMOS用のバックアップ電池です。ボタン電池は一般的にCR2032という型が多く使用されています。ここではデスクトップパソコンのケースでご紹介します。

交換方法

・ボタン電池を確認したら、マイナスドライバーでソケットの爪を動かし電池を取り出します。

・あたらしい電池を、入っていたときと同じ向きではめ込みます。指で押すだけで十分です。

・BIOS設定を自分でカスタマイズしている場合は、電池交換後に設定がリセットされるので再度設定し直す必要があります。

BIOSが起動しない原因が電池の消耗だった場合は、交換すると解決できることがあります。デスクトップパソコンは交換が比較的簡単にできるので試してみてはいかがでしょうか。

      CMOSの電池が寿命だった場合の交換方法

ノートパソコンのCMOSが寿命だったら?

BIOSはデスクトップパソコンとノートパソコンのどちらにもついているプログラムとご紹介しましたが、CMOSの電池は種類が異なります。

デスクトップパソコンは一時電池という使い切りタイプの電池が使用されています。ノートパソコンは機種によって異なりますが、二次電池という充電をしてくり返し使うことができるタイプの電池を使用していることがあります。

ノートパソコンのCMOS電池は機種によって電池の種類も異なるほか、交換方法もデスクトップパソコンと比べて難しいことが多いようです。

そのため、ノートパソコンのCMOS電池の交換は業者に依頼したほうがいいかもしれません。知識豊富な人に作業を依頼したほうが安心できるはず。またパソコンのような精密機器は作業で失敗するリスクが大きいので、専門業者に依頼したほうがいいのではないでしょうか。

BIOSが起動しない原因が分からないというときも相談するといいでしょう。

まとめ

BIOSは徐々にUEFIに移行しつつあります。しかし古いタイプのパソコンを使用している場合は、BIOSが起動しない原因が分からずに不具合を起こすということもあるでしょう。そのようなときは業者に相談すると早めに解決できることがあります。

パソコン修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「パソコン修理」をご覧ください。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-01-12 10:34:37
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_computer/31858/
パソコン&周辺機器修理
BIOSという言葉はパソコンに詳しい人なら知っている方もいるかもしれません。BIOS(バイオス)というのはパソコンの基本的なシステムのひとつで、周辺機器の管理や起動時の制御を行っているプログラムです。 そんなBIOSが起動しないときの原因はさまざまなものがありますが、多くの場合は電池切れです。電池はパソコン本体の電池ではなく、CMOSの電池です。CMOSはBIOS密接に関係があり、電池交換をすることで不具合を解決できることがあります。 今回はBIOSが起動しないときの原因と解決方法についてご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

パソコン&周辺機器修理

最新記事

おすすめ記事

0120-949-986