生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

バッテリーは使い方次第!?パソコンバッテリーの交換と長持ちのコツ

投稿日:2018-01-10 更新日:2018-10-02

バッテリーは使い方次第!?パソコンバッテリーの交換と長持ちのコツ

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

パソコンのバッテリーは、ノートパソコンの予備電源として働きます。バッテリーには寿命があり、使用していくと徐々に持ちが悪くなっていくものです。使い方によっても寿命が縮まるおそれがありますので注意しなければなりません。

そこで今回は、パソコンのバッテリーの寿命を長持ちさせる方法についてご紹介していきます。間違った使用方法、過度に充電をしていた方は、しっかり確認して改善していきましょう。

パソコン用バッテリーの仕組み

パソコンのバッテリーは、デスクトップとノートパソコン両方に付いています。デスクトップに付いているものは、時計を動かすための小さなバッテリーです。

ノートパソコンのバッテリーは予備電源の役割を果たし、電源につないでいないときでも一定時間パソコンを動かすために働きます。取り外し可能な構造になっており、内部には乾電池のような形の電池が入っているのです。

内蔵されている電池のほとんどはリチウムイオン電池とされ、明確な寿命がありません。使い方次第で寿命に違いがみられるため、環境次第と言えるでしょう。
使用していると徐々に消耗が早くなり、最大まで充電しても短時間で充電が切れてしまいます。そのような状態になると、継続的に使用するのも難しくなるためパソコンバッテリーの交換が必要です。

      パソコン用バッテリーの仕組み

パソコン用バッテリーの種類と特徴

パソコン用バッテリーには主に2種類のものがありますので、それぞれ特徴を説明していきます。

リチウムイオンバッテリー

小型で軽量なリチウム電池を使用したバッテリーになります。エネルギー密度が高く環境に左右されやすいという特徴があります。極度に高温、低温の環境だと、電池本体が破裂、膨張、発火などを引き起こすことがあります。そのため直射日光に長期間当てないなど、パソコンの保管場所には十分注意が必要です。

多くのノートパソコンに採用されているタイプのバッテリーであり、目にする機会もあるでしょう。

ニッケル水素バッテリー

リチウム電池に比べて安価であり、低価格なノートパソコンに採用されているバッテリーです。

またニッケル水素バッテリーは『メモリー効果』を引き起こすとされています。メモリー効果とは、電池容量が残っている状態で充電を始める「継ぎ足し充電」を何度も行い、電池が容量を記憶することです。次にバッテリーを使用したときに電力が通常より低めになってしまう現象であり、電池の容量が十分残っていても発生すると言われています。

基本的に一度発生するともとに戻らなくなるため、パソコンのバッテリー交換をしなければなりません。

      パソコン用バッテリーの種類と特徴

パソコン用バッテリーの容量について

パソコンのバッテリーにも、その他の電化製品に使われているバッテリーにも容量が設定されています。容量は具体的にどのようなことに関係しているのかご紹介していきます。

各バッテリーには容量の数値が設定されており、大きいほど長時間稼働します。単純に駆動時間を増やしたいときは大きい容量のパソコンバッテリーに交換すればいいのですが、それだけではバッテリーがどれだけの時間動くかは決まりません。

パソコン本体の消費電力、行う処理によって耐久時間は変動します。ただ、容量が小さいと重いデータの処理も困難になり、駆動時間も短くなります。容量の大きいバッテリーを用意することはもちろんですが、使い方にも気を付けないと寿命を縮めてしまうおそれがあるのです。

パソコンのバッテリーに充電できないのは寿命?

日々使用していると、突然バッテリーが充電できなくなることがあります。その場合に考えられることを挙げていきますので、しっかり確認していきましょう。

容量がたくさん残っている

95%以上充電が残っているという場合、アダプターに接続しても充電されないことがあります。その場合は、電力を減らしてから再度充電を開始すると改善するはずです。

長期間使用していない

あまりにも長期間バッテリーを使用していないと、アダプターに接続しても認識されず充電が開始されないことがあるのです。

バッテリーの寿命

使用と充電を繰り返していると、バッテリーは次第に劣化が進行していき容量が低下してしまいます。ノートパソコンに多く採用されているリチウムイオンバッテリーは、300~500回くらい充電を繰り返すことが可能です。

充電サイクルの速さは、パソコンの消費電力に依存するため明確な期間はそれぞれ変動します。パソコンのバッテリー交換をするときには、あくまで目安としてとらえておくようにしましょう。

      

パソコン画面にバッテリーを交換してくださいと出たら

パソコンを使用していると、突然「バッテリーを交換してください」というメッセージが出ることがあります。何度も出てくるようなら、バッテリーの寿命と判断することが可能です。

メッセージを無視して使用し続けることはできますが、そのまま放置していると突然パソコンがシャットダウンするようになるかもしれません。基本的にコンセントにつないで使用しているのなら問題はありませんが、いざというときに予備電源が使用できなくなるおそれがあるため、早めにパソコンのバッテリー交換をするのがいいでしょう。

リフレッシュを試す

またこのような警告が表示されたときには、一度バッテリーのリフレッシュを行うという手段もあります。現在のバッテリーに問題があるかどうかを診断する方法であり、OSに入っているツールです。問題を解決するには至りませんが、どこに問題があるのかを発見することができ、適切に対処するために役立てることができます。

放電させる

さらに、パソコンが帯電状態だと正常に動作しない場合があるため、一度電気を放出することで改善するかもしれません。放電処理は、バッテリーを取り外すことができるパソコンなら自分でも行いやすいでしょう。

パソコンの電源を切り、ケーブル類も全部外します。そのままの状態でしばらく放置すると、自然と放電することが可能です。約90秒放置したら、ケーブルを取り付けて電源を入れます。その後問題が解決しない場合は、バッテリーの劣化が進み交換、または修理などの対処が必要です。

自分でバッテリーが取り外せないものの場合は機種により放電手順が違うため、一度メーカーに問い合わせるのが最善です。

      パソコン画面にバッテリーを交換してくださいと出たら

パソコン用バッテリーは交換?修理?

パソコンのバッテリーは、交換だけではなく、修理をするという選択もできます。どちらが最適な手段なのか、比較していきましょう。

交換

既存のバッテリーを新品に交換する作業であり、以前使っていたものは処分する必要があります。メーカーに依頼する、または自分で交換するという手段から選択できますが、費用は業者に依頼したほうが高くなります。

ただ、業者に依頼することでメーカーごとに合った適切な作業をお願いすることが可能です。そのため失敗が少なく交換できます。また、しっかり診断してもらうことで新たな問題の発見や、交換ではなく修理で済む場合もあるでしょう。

修理

交換に比べて費用が安く済み、バッテリーを処分する手間も省くことが可能です。使用中のパソコンが古くて合うバッテリーがないという場合に適した方法ですが、今後継続的に使用していくことを考えると、買い替え、または交換をしたほうが賢明かもしれません。

      パソコン用バッテリーは交換?修理?

パソコン用バッテリーを劣化させてしまう原因

バッテリーを劣化させてしまう原因とはどんなことなのか見ていきましょう。寿命を縮めてバッテリーのもちが悪くなるおそれがあります。パソコンバッテリーの交換回数を減らすためにも、間違った使用方法はすぐに改善することが大切です。

充電しっぱなしにしない

いつでも100%の状態にしたいと、コンセントを挿しっぱなしにするのは良くありません。満充電保存状態となり、バッテリーが劣化してしまう原因になることもあります。電力が常に溢れた状態は、バッテリーに負荷がかかるため充電が終わった電源は抜くようにしましょう。

充電が切れた状態でも放置しない

反対に充電が切れた状態で放置していると、内部の部品に電力が行き渡らなくなり劣化する原因になりかねません。充電が切れたらしっかり補充、しっかり溜まったら電源は抜くということを徹底して行うことが大事です。

温度が高い場所に置かない

バッテリーは、あまりにも温度が高い場所で長期間放置すると劣化してしまうおそれがあります。直射日光などに当てすぎることはもちろん、長時間作業で温度が上がり過ぎないようにしましょう。

      パソコン用バッテリーを劣化させてしまう原因

パソコン用バッテリーの交換頻度を減らすためのコツ

パソコンのバッテリーの交換頻度を少なくすれば、自然と寿命も長くなるはずです。そのためのコツをご紹介していきます。

高温状態を避ける

パソコンのバッテリーは比較的熱に弱い傾向があるため、保管場所に気を付けることが大切です。とくに真夏の車の中などに放置していると非常に高温になることが予想されます。
室内で保管するときも、なるべく直射日光を避けやすい環境をこころがけましょう。

フル充電に気を付ける

バッテリーを充電するときは、なるべく50%あたりまで使ってから充電するほうが負担は軽くなると言われています。フル充電状態だと、負担が強くなりバッテリーの寿命を縮める原因となりかねません。

継ぎ足し充電をするタイミングを変えることでバッテリーの負担を軽減でき、交換頻度を減らすことにつながるはずです。

バッテリーメンテナンスアプリを活用する

メーカーごとにバッテリーメンテナンス用アプリが入っているため、うまく活用することでバッテリーの長持ちにつながる可能性があります。

例えばNECのアプリでは、充電量の設定をすることが可能です。フル・80%・50%から選択することができ、フル充電でバッテリーに負荷をかけることを避けることができます。80%に設定すればいくら充電してもそれ以上の数値は行かないため、バッテリーをよい状態に保ちやすくなるでしょう。

モニターの明るさを調節して電力を抑える

パソコンのモニターが明るすぎると消費電力が大きくなるため、明るさを調節してバッテリーの負担を減らすようにするのが大切です。一度に大きな電力消費を抑えられるわけではありませんが、積み重ねていくことにより結果バッテリーの長持ちにつながり交換回数を減らせるはずです。

ニッケル電池なら使い切る

上記で紹介した方法は、多くのパソコンに採用されているリチウムバッテリーに適した方法となります。もしニッケル電池が採用されているなら、なるべく使い切るようにしましょう。

ニッケル電池は中途半端に残っている状態で細かく充電を繰り返すと、メモリー効果により上限と下限を記録してしまうおそれがあります。この現象が起こると元に戻りにくくなるため、なるべく充電回数が少なくなるように使用することが重要です。

      パソコン用バッテリーの交換頻度を減らすためのコツ

パソコンのバッテリーを交換する方法とは

劣化したパソコンバッテリーは交換しなければなりません。基本的にはメーカーごとに適したものを取り寄せてもらって交換してもらうことになります。ただし、メーカーごとにサービスの特徴が違うため、それぞれ見ていきましょう。

NEC

NECでは、バッテリー交換サービスを行っています。すぐに交換が必要なときも、見積りを取ってもらってから作業してもらうことができ、交換後のバッテリーを引き取ってもらうことも可能です。

VAIO

VAIOで交換をお願いするときは、保証期間内でも有料となる点と、別途修理が必要な場合は追加で料金がかかるかもしれないということに注意しましょう。バッテリーの交換が必要なときは、VAIOカスタマーリンク修理相談窓口に連絡をしてから詳しい日時を決めます。

Apple

Appleが販売しているMacは、基本的にアップルストアに持って行って修理する必要があります。混み合っている場合は時間がかかるかもしれません。
また、アップルストア以外にMacのバッテリー交換に対応できる業者も存在します。しかし、その場合はサポート対象外となりトラブルが発生したときも保証を受けることができないので注意しましょう。

      パソコンのバッテリーを交換する方法とは

まとめ

パソコンのバッテリーは、常に使い方に気を付けることが大切です。フル充電状態にしておけばいいというわけではなく、適切な充電を心がけることで長持ちする可能性があります。

ただ、寿命は避けられないのでいずれは交換が必要です。その際は、ご自宅のパソコンのメーカーがどのようなサービスを行っているのかを確認しておきましょう。メーカーに依頼するのも効果的ですが、パソコン修理のプロに相談するのも賢明な手段と言えるでしょう。

パソコン修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「パソコン修理」をご覧ください。

パソコントラブルを解決
パソコン修理のプロが迅速対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
パソコンが動かない!ウイルスに感染したかも?インターネットにつながらない!そんなパソコントラブルお任せください!Windows・Macどちらも対応いたします!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
古いパソコンもお任せください!あらゆる修理を承ります。
パソコン修理 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こうた
家電やガジェットにこだわりがある。パソコンの使用歴が長く、インターネットや周辺機器のアドバイスやトラブル対応もお手のもの。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-02 12:02:12
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_computer/31101/
パソコン&周辺機器
パソコンのバッテリーは、ノートパソコンの予備電源として働きます。バッテリーには寿命があり、使用していくと徐々に持ちが悪くなっていくものです。使い方によっても寿命が縮まるおそれがありますので注意しなければなりません。そこで今回は、パソコンのバッテリーの寿命を長持ちさせる方法についてご紹介していきます。間違った使用方法、過度に充電をしていた方は、しっかり確認して改善していきましょう。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

パソコン&周辺機器 パソコン修理

パソコン修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

パソコン修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!