生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

グラボ故障での症状はどんなものが?故障防止は日々のこころがけで!

投稿日:2018-01-10 更新日:2018-10-02

グラボ故障での症状はどんなものが?故障防止は日々のこころがけで!

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

近年はVR(Virtual Reality:仮想現実)を使ったゲームや動画も登場してきましたが、こうした高い描写能力が求められるゲームや動画編集にはグラボ(グラフィックボード)が必須です。そのためデスクトップと呼ばれる据え置き型PCにグラボを入れている方も多いでしょうが、何をするにも必要となるグラボにかかる負荷は大きく、故障しやすい部品でもあります。

画面上でファイルを操作し動かす現代のパソコンの使い方では、グラボの故障はその使用に大きな支障をきたします。そのためグラボが故障した症状やその前兆について知っておくとともに、できるだけ長く使える方法を知っておきたいものです。

今回はそんな、グラボの故障に関してみていきましょう。

よくあるグラボの故障症状

グラボは映像に関しての処理を中心におこなうため、その症状もグラボが処理する映像関係に現れやすくなっています。ただしその処理エラーがパソコン本体にまで影響を与えることもあるため注意が必要です。

グラボ故障による症状として、次のようなものが多く挙げられます。

画面が映らない

グラボがその機能を停止し、、それに接続されているモニタの画面が映らなくなることがあります。モニタやパソコンの電源コードがつながっているか、電源が入っているか、パソコンのアクセスランプが点滅しているかを確認してみましょう。

またグラボではなくモニタが故障しているときにも同じ症状が考えられるため、可能ならばモニタ自体も交換してつなぎ直してみてください。テレビにも使われているHDMI端子はモニタ接続で使われるDVI端子から発展したものであり、その経緯からグラボにもHDMI端子が用意されていることが大半です。パソコン用の予備モニタがない場合はテレビにつないで確認してみるのも良いかもしれません。

画面にノイズや乱れ

グラボが故障したことにより動作が不安定のになっている場合、処理落ちによるブロック状のノイズや画面に大きな乱れが出ることがあります。モニタとグラボの接続を確認し、しっかりと接続されていればグラボの故障が疑われます。また予備のモニタに交換し同様の症状がある場合も同様です。

マウス操作に対してポインタが遅れる

グラボが故障したことにより処理能力が低下し、画面に遅れが出ることがあります。ディスプレイによっては処理が遅くなる機種があるものの、今まで遅れがなかった場合や遅れが顕著になった場合はグラボの故障を疑ってみてもよいでしょう。

パソコンの動作が不安定に

パソコンの処理の中心はCPUですが、グラボもその処理に密接して関わっています。そにのためグラボ動作が不安定な場合や予期せぬエラー信号などがCPU側にも影響を与え、パソコン自体の動作が不安定になることも少なくありません。

パソコン自体の動作が不安定になる例として、次のような症状が挙げられます。

・勝手に再起動する
・動作がフリーズする
・パソコンが起動しなくなる
・スリープ状態から復帰できなくなる

このような症状はCPUやマザーボードなどグラボ以外のハードウェアや、OSのエラー、ドライバ更新の不具合などソフトウェア上の問題も考えられます。ただグラボ故障の症状のひとつでもあるため、一度確認してみることが大切です。

これら各種症状はグラボだけがその原因ではありませんが、一度グラボの故障を疑い確認してみましょう。

      よくあるグラボの故障症状

グラボの故障症状がある場合は故障診断を

グラボが故障した症状を確認したときは原因がグラボであることをはっきりさせるため、故障診断をおこなってみましょう。家庭でできる故障診断は次のようなものがあります。

一度グラボを外してみる

グラフィック機能は従来CPUとは別に提供されるものでしたが、近年はCPUにグラフィック機能を持たせた機種も多く登場しています。これらはオンボードと呼ばれ、ノート型パソコンでは省電力・省スペースのためにグラボを搭載しない機種も多くなっています。

そのため一度グラフィックボードを取り外し、マザーボード側の端子にモニタを接続してみてください。それで映像が映れば、取り外したグラボの故障が強く疑われることとなります。

別のグラボを挿してみる

複数グラボを持っている場合は、別のグラボを挿してみるのも有効な方法です。別のグラボで映る場合、取り外したグラボが故障している可能性が大きくなるでしょう。

パソコン上で診断

Windowsにはグラボをはじめとした接続機器の状態を診断する機能があり、デバイスマネージャーからその結果を確認できます。またMacの内蔵グラボの場合はApple HardWare TestもしくはApple Diagnosticsといった診断機能を利用することが可能です。

こうした機能で問題が確認された場合はグラボの故障を強く疑ってみましょう。OSごとの確認方法は次の通りです。

・Windows

コントロールパネルを開き、「ハードウェアとプリンター」→「デバイスマネージャー」を選択、確認したい機器を右クリックして「プロパティ」→「全般」にある「デバイスの状態」の欄を確認

Mac

電源を一度切り、「D」キーを押しながら再起動する

グラボの温度をチェック

グラボはその処理の過程で多くの熱を発生するため、冷却ファンの故障や能力不足で熱排出が十分に行われなければ故障へとつながってしまいます。グラボには温度センサーが付いているため、一度グラボの温度が異常に高くなっていないか確認してみましょう。

確認用のソフトはグラボのメーカーからの配布をはじめ、その他フリーのものも多く配布されています。こうしたソフトも併用しつつ一度動作と温度の関係を確認してみてください。

      

グラボの故障症状が現れる前の前兆

画面が映らない、という作業に大きな支障のある状況になってグラボの故障を意識する方も多いと思いますが、グラボの故障は前兆症状がある場合も少なくありません。少しでも気になる場合は時間があるうちに、グラボが故障に近い状態でないか確認しておきましょう。

ノイズの発生、映像が映らないときがある

グラボの処理が不安定になっている際の症状であり、一度グラボの状態について確認してみたほうがよいでしょう。モニタとパソコンをつなぐコードについても合わせて確認してみてください。

パソコンのフリーズ

パソコンがフリーズする原因はグラボに限りませんが、3D処理が多く使用されているゲームや高度な動画編集など、映像処理関係でグラボに高い負荷がかかっているときのフリーズはグラボを疑ってみましょう。グラボに高い負荷がかかると温度も上がり、処理が不安定になることも少なくありません。

ハードウェアアクセラレーションが動かなくなる

動画再生など、通常CPUで処理している作業の一部をグラボが代行することで処理を効率化するのがハードウェアアクセラレーションです。しかしグラボが動かなければそのぶんCPUに負荷がかかるため、動画などにカクツキが出る場合があります。

しかし近年のCPUは処理能力の向上によりグラボなしでのスムーズな動画再生にも対応している場合が多くあります。CPUのみで処理する分省電力ですが、一方でグラボの能力低下に気付きにくいといった落とし穴もあるのです。

冷却ファンの動作が不安定

グラボは熱を多く発生するため、その熱を排出するための専用ファンが設けられている場合も少なくありません。空気を使った冷却の場合そのファンの音が目立つことになりますが、その動作音が異常に大きい場合は冷却がうまくいっていないと機能の不具合を疑ってみましょう。

コンデンサの膨張

グラボにはコンデンサが多く搭載されていますが、負荷が高くなるとコンデンサに熱が加わって圧力が高まり、最悪の場合破裂するといった事態も考えられます。グラボをパソコンから取り出したときはコンデンサに異常がないか、一度確認してみるとその後の事故防止にも役立ちます。

      グラボの故障症状が現れる前の前兆

グラボの故障を防ぐには

グラボの故障した症状が出る前に、その故障を防止できるのが最善です。そのため次のようなことに気を付け、グラボを長く使っていきましょう。

熱対策をしっかりと

グラボに限らず、パソコンに熱は大敵です。グラボには専用の冷却ファンが付いている場合も多いですが、その冷却ファンが正常に動いているか点検するとともに、能力が不足する場合には増設することも考えてください。

内部の掃除

空気を取り入れる冷却ファン周辺はほこりが溜まりやすい部分でもあります。冷却ファンやその周辺についたほこりはしっかりと取り除き、熱がこもりにくい環境を整えることが大切です。

また据え置き型のパソコンはほこりが溜まりやすいところに置きがちです。掃除とともにパソコンの置き場所についても一度考えてみましょう。

高負荷な作業を長時間連続しておこなわない

画像編集や3Dゲームなど、グラボの性能によって処理速度が変わるような作業はそれだけグラボに負荷がかかり、温度上昇の原因となります。温度が高い状態が続けばグラボの寿命が短くなるため、グラボへ長く負荷をかけ続けないよう作業工程に工夫をしてみましょう。

オーバークロックを行おこなわない

オーバークロックはグラボに規定されているクロック数以上の性能を引き出します。しかしそのぶん排出される熱量も大きく、回路に想定以上の負担をかけてしまいます。

オーバークロックは買い替えなどの負担なく性能を上げることができるようにみえますが、実際のところはグラボに無理をさせているのです。安定してグラボを使うためにはオーバークロックをせず、必要に応じた性能のグラボに差し替えることが大切でしょう。

まとめ

グラボの故障の症状は画面の乱れなどふとしたものから始まりますが、やがて作業に大きな支障をきたす症状へとつながっていきます。そのため故障の前兆が見えみえた段階で早め早めに対応することが大切です。

しかし最近のパソコンはグラボがパソコン本体に内蔵され、簡単には取り出せないような仕組みになっているものも多くなっています。そうしたパソコンのグラボが故障し、交換が必要な場合はパソコン修理のプロに頼る場面も多いことでしょう。

グラボの寿命は、どう使うかによって大きく左右されます。自分のパソコンの使い方を見直し、グラボに負担をかけないことを一度意識してみるのもよいのではないでしょうか。

パソコン修理を業者に依頼する際は

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「パソコン修理」をご覧ください。

パソコントラブルを解決
パソコン修理のプロが迅速対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
パソコンが動かない!ウイルスに感染したかも?インターネットにつながらない!そんなパソコントラブルお任せください!Windows・Macどちらも対応いたします!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
古いパソコンもお任せください!あらゆる修理を承ります。
パソコン修理 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ほりい
パソコンに詳しく、複雑な作業も難なくこなす。パソコンだけでなく自宅のインテリアにもこだわっており、経験を生かした記事作りをおこなう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
12投票,  平均評価値:2.4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-02 12:02:31
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_computer/31016/
パソコン&周辺機器
近年はVR(Virtual Reality:仮想現実)を使ったゲームや動画も登場してきましたが、こうした高い描写能力が求められるゲームや動画編集にはグラボ(グラフィックボード)が必須です。そのためデスクトップと呼ばれる据え置き型PCにグラボを入れている方も多いでしょうが、何をするにも必要となるグラボにかかる負荷は大きく、故障しやすい部品でもあります。画面上でファイルを操作し動かす現代のパソコンの使い方では、グラボの...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

パソコン&周辺機器 パソコン修理

パソコン修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

パソコン修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!