• 追加料金が一切不要!明朗会計の1,200円/㎡
  • 東証上場会社 万全のサポート体制
  • 確実な施工方法 シロアリ対策協会の指定工法品質
  • 5年保証で安心!長期間の保証付き

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-8405

24時間365日 日本全国対応中

  • 無料相談はこちら
  • 無料現地調査の依頼

シロアリ110番はここが違う

シロアリ駆除に必要な工程が全て含まれているので追加料金がありません

シロアリ110番では料金に含まれるサービスを明確化。
作業後に追加料金の請求をするということは一切ございません。

シロアリ駆除料金 平米1,200円

  • 事前調査無料!※2
  • シロアリ対策協会指定工法
  • 5年保証※3でアフターサポートも充実
明朗会計の平米単位
※1 対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※2 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。
※3 作業内容や加盟店によって対応できない場合がございます。

料金に含まれるサービス

シロアリ110番のシロアリ駆除は、料金が明瞭で、後からの追加料金が発生しません。シロアリ駆除施工箇所についての事前調査やご相談ももちろん無料です。シロアリ駆除は個人でやることももちろん可能ですが、やはりプロのシロアリ駆除は後々の効果が違います。シロアリ駆除をご検討中のお客様には、ぜひシロアリ駆除のプロに施工をご依頼されることをおすすめいたします。シロアリ駆除といっても、シロアリの種類がひとつではありませんので、それぞれに合った方法で対応しなければなりません。シロアリ駆除の知識がないまま行ってしまうと、処理していない箇所からシロアリの被害が発生するなんてこともあります。

  • サービス1現場調査
  • サービス2出張費用
  • サービス3駐車料金
  • サービス4建物養生※必要な場合
  • サービス5スタッフ
  • サービス6薬剤確保
  • サービス7木部処理
  • サービス8土壌処理

自分でできるシロアリ駆除方法

シロアリを家で発見したときは、一刻も早く対処したくなるもの。業者を呼ぶ前に、自分でなんとか対処できないかと考える方は少なくないでしょう。シロアリ対策や駆除は、自分でできないものではありません。ただし、実際におこなう場合には前々からの準備が必要不可欠です。

シロアリの駆除方法について

まず必要なのが、シロアリを駆除する方法を知ることです。駆除には、おもに3つの方法があります。木部に薬剤を直接注入するものや、土壌に薬剤を散布する方法、そして毒エサを使う方法です。自分でおこなうのであれば、毒エサを使った方法をとります。これは、ベイト工法と呼ばれるものです。シロアリの脱皮・成長を妨げる毒エサを巣に持ち帰らせることで、巣ごと根絶する効果があります。設置するだけという手軽さが、DIYでもおこなえる理由になります。ただし、ベイト工法には即効性がありません。シロアリが脱皮する時期になって、ようやく効果を得ることができるものです。シロアリ被害をすぐに解決したい場合は、別の手段を検討する必要もでてくるでしょう。
薬剤を使いたくない…という方は、熱湯や木酢を使った駆除も選択肢に加えることができます。応急処置程度の効果なら期待できます。

シロアリ駆除の準備について

シロアリの駆除方法を知ったあとは、実施のための前準備も徹底します。作業のために必要なマスクや防護服などを用意して、万全の状態で作業をおこなえるようにします。用意するものは、作業をスムーズに進めるためだけでなく、自身の安全のためにも必要なものになります。

シロアリ駆除が終わったら次は予防

シロアリ駆除が無事済んだ後は、シロアリ予防も必要になります。駆除した周辺を中心に消毒をしましょう。また、食害があった場合には、その箇所の修復も必要になることがあります。再度被害を受けないために、今後快適に過ごしていくためにも予防までしっかりとおこなうことが大切です。

シロアリ駆除から予防まで、自分でおこなうことも可能ですが、作業をすべて完了させて効果を得るのは難しいこともあります。自分でおこなうということは、自己責任ということです。それなりの覚悟も必要になります。仮にDIYでおこなって失敗した場合は、余計な費用をかけてしまう結果に終わることもあります。今一度、シロアリ駆除を自分でおこなうか否か、考えてみてはいかがでしょうか?

シロアリの基本情報

日本で被害を広げるシロアリ達

家の中を食い荒らす害虫として有名なシロアリの防除をしておかなければ、建物の耐久性や資産価値が大きく下がってしまいます。特に、地震などが起きた時には倒壊してしまう恐れもありますので、注意が必要です。建物を食害する主なシロアリは、「ヤマトシロアリ」、「イエシロアリ」、「アメリカカンザイシロアリ」の3種類で、種類によって被害場所や有効な対策も異なります。まずは、シロアリの種類を特定して有効な対策を考える事が重要になるでしょう。

ヤマトシロアリ

ヤマトシロアリ

■ヤマトシロアリの特徴

ヤマトシロアリは、日本各地で被害を広げているシロアリです。寒さに強いのが特徴なので、極寒の北海道北部を除いたほぼ全国に分布しています。その分、被害数が多いシロアリです。体長は4~7mm程度で、基本的には腐った木材を中心に食害を与えます。数万頭といった大規模な集団で移動する習性があるため、発生を甘く見ることはできません。主な被害場所は床下となりますが、雨漏りなどにより木部が湿っていれば、天井部まで被害が及ぶケースもあります。4月~5月頃になると群飛の時期を迎えます。成長した黒褐色の羽アリが新しい住処を探して一斉に飛び立ちます。午前中から日中の間、風の少ない天気の良い日に飛び立つことが多いので、条件が揃うときは要注意です。

■巣を作る場所

主な侵入経路は土壌となりますが、決まった所に巣を作らないのが特徴です。家の中に侵入したときには、食べ進んでいる場所をそのまま生活空間としているため、巣の場所が特定しにくいとされています。つまり、被害に遭っている場所こそが、ヤマトシロアリの巣というわけです。こちらから手を出した場合は逃げようとします。巣を守ろうと働くことはありません。ただし、条件によっては巣を作ることもあります。ヤマトシロアリが好んで巣を作る(生活空間にする)場所は、湿った木材や土の中です。湿気を好むヤマトシロアリなので、台所、浴室といった水回りに発生する可能性が高いです。しっかりとシロアリ対策をしましょう。

イエシロアリ

イエシロアリ

■イエシロアリの特徴

世界的に加害が激しいシロアリです。寒さに弱いため平均気温が高い海沿いが主な生息場所です。日本では、関東以南や以西に分布しています。体長は5~9mm程度で、ヤマトシロアリと同様に湿った木材を食害することが多いですが、乾燥した木材でも水を運んで食べ進むことができるので、被害は家中に及びます。群飛の時期は6月~7月頃とされています。夕方から夜の間に羽アリ達は一斉に飛び立ち、巣から出たら光源に集まる習性があります。イエシロアリの羽アリは、黄褐色をしており、羽は乳白色をしています。全体的に黄色っぽい印象です。飛び立つタイミングとして多いのが、雨が上がったときです。湿度がぐっと上がるこの時間は、イエシロアリにとって良好な環境です。

■巣を作る場所

イエシロアリは巣を中心に活動します。巣は建物の下や土壌に作られているケースがほとんどです。イエシロアリの巣は一つではありません。王や女王がいるメインの巣を作ったら、そこから蟻道を伸ばすことでいくつかの分巣も作るようになります。驚くことに、一つの巣の中に100万頭を越えるシロアリが住んでいることもあります。他にも、外溝などに巣を作ることもあるようです。巣を複数作り、発生数も多いため、被害や生息域が大きくなることが特徴です。駆除などのためにこちらから手を出すと、イエシロアリは巣を守ろうとします。分泌物を飛ばしたり、噛み付いたりするなどの攻撃をしかけてくることもありますので、注意が必要です。

アメリカカンザイシロアリ

アメリカカンザイシロアリ

■アメリカカンザイシロアリの特徴

アメリカカンザイシロアリは、アメリカから輸入された木材や家具などと一緒に日本にやってきた外来種です。生息場所は、港町を中心に全国に点在していますが、生息地の拡大が危険視されています。 他のシロアリと違うのは、乾燥した木材を食害するということです。名前にカンザイ(乾材)とあることからも、その特徴がうかがえます。体長は6~8mm程あります。群飛の期間は3~11月といわれており、小規模な羽アリの集団が何度も飛び出していきます。この羽アリによる被害が厄介です。窓や壁から侵入してきた羽アリは、家の中で糞害をもたらすことがあります。駆除が難しいシロアリとされていますが、繁殖力は低めです。早めの対処やシロアリ予防が大切になります。

■巣を作る場所

特定の場所に巣を作ることがなく、食害にしている場所を生活空間としています。ヤマトシロアリやイエシロアリは土の中に巣を作りますが、アメリカカンザイシロアリはそうではありません。食害している木の中に巣を作ります。集団は異なる場所に点在することがあり、木材の中にいくつかの集団がバラバラに生息していることもあります。建物の基礎となっている木が巣になった場合は危険です。木の中は空洞になってしまうので、家の強度が低下してしまいます。食害のスピードが緩やかなため、アメリカカンザイシロアリによる食害、つまり巣作りはゆっくりと進んでいきます。自分ではなかなか気づきにくく、地震が起こってはじめて気づいたという例も少なくありません。


■シロアリと黒アリの身体的特徴の違い
部位 シロアリ 黒アリ
各節ごとに数珠玉状の触覚がある 竹の節状に中央で「く」の字に曲がった触覚がある(雄には真っ直ぐなものも)
羽アリには眼があるが、兵アリ・働きアリには眼がない。 複眼を持つ
木材をはじめコンクリートまでにも穴をあける強いアゴを持つ。アゴには5種の歯が付いている。 強靭な大顎を持ち、襲った獲物やエサを咥えて引張り運ぶ
体形 胸部と腹部がほぼ一体で寸胴 胸部と腹部がくびれて分かれている
翅(羽・はね) 4枚の同じ大きさ翅を持ち簡単に落とせる。翅脈は網の目状に細かく、ヤマトシロアリ属の学名である「Reticulitermes」には網シロアリという意味がある。 4枚翅という点ではシロアリと同じだが、後翅より前翅の方が大きいのが特徴。

各種シロアリに関する基礎知識についてはこちら>>

シロアリの発生場所
水回り部分
お風呂
洗面所
トイレ
台所
室内
和室
屋根裏・天井裏
リビング
その他お部屋
室外1
玄関
ベランダ
ウッドデッキ
ログハウス
室外2
植木
お庭
植木
被害が出る場所
柱の被害 屋根の被害 外壁の被害 外周の被害 床下の被害

シロアリ110番が選ばれる4つの理由

シロアリ110番が多くのお客様にご好評いただき選ばれる理由をご説明いたします。シロアリ駆除なら私たちにお任せください!

  • 通常のシロアリ駆除作業(薬剤散布と薬剤注入)で追加料金が発生することは一切ございません。シロアリ駆除の品質と料金には自信がございます。ぜひ、他社様のシロアリ駆除サービスと比較・検討ください。

    追加料金が一切不要
  • シロアリ110番は、24時間365日の受付体制で年中無休にてシロアリ駆除のご相談を承っております。万全のサービス体制と豊富な実績により、日本全国のお客様からシロアリ駆除のご相談をいただいております。

    24時間対応 年間10000件の実績
  • シロアリ110番は、社団法人日本しろあり対策協会の指定工法を採用しています。そのため、日本全国において高品質なシロアリ駆除をご提供することが可能です。

    確実な施工方法
  • シロアリ110番は、シロアリ駆除施工後5年間の保証をお付けいたしております。お客様に安心して日々をお過ごしいただくために、シロアリ駆除作業だけでなく、アフターサポートにも力を入れております。

    5年間の品質保証で安心

※作業内容や加盟店によって対応できない場合がございます。

施工完了までの流れ

シロアリ駆除のご相談から作業完了・お支払いまでの流れは下記の通りです。無料の現地調査も行っておりますので、シロアリ駆除はお気軽にご相談ください。

施工完了までの流れ図表※対応加盟店によって作業前に料金の支払いをお願いする場合がございます。

無料現地調査では
無料現地調査では
現地調査で被害状況などを把握できます
状況を丁寧かつ分かりやすくご説明いたします

無料現地調査後の正式お見積りやシロアリ駆除計画などに納得いただけなかった場合は、依頼をキャンセルすることが可能ですのでお気軽にお申込みくださいませ。 ※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

無料現地調査の依頼

シロアリ駆除の依頼の多いエリア

シロアリ110番では、日本全国さまざまなエリアよりシロアリ駆除のご依頼をいただいております。お客様のお住まいの地域のシロアリ駆除事情をご参考ください。

  • 北海道
  • 札幌市
  • 青森県
  • 青森市
  • 岩手県
  • 盛岡市
  • 宮城県
  • 仙台市
  • 秋田県
  • 秋田市
  • 山形県
  • 山形市
  • 福島県
  • 福島市
  • 茨城県
  • 水戸市
  • 栃木県
  • 宇都宮市
  • 群馬県
  • 前橋市
  • 埼玉県
  • さいたま市
  • 千葉県
  • 千葉市
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 横浜市
  • 川崎市
  • 相模原市
  • 新潟県
  • 新潟市
  • 富山県
  • 富山市
  • 福井県
  • 福井市
  • 石川県
  • 金沢市
  • 山梨県
  • 甲府市
  • 長野県
  • 長野市
  • 岐阜県
  • 岐阜市
  • 静岡県
  • 静岡市
  • 浜松市
  • 愛知県
  • 名古屋市
  • 三重県
  • 津市
  • 滋賀県
  • 大津市
  • 京都府
  • 京都市
  • 大阪府
  • 大阪市
  • 堺市
  • 兵庫県
  • 神戸市
  • 奈良県
  • 奈良市
  • 和歌山県
  • 和歌山市
  • 鳥取県
  • 鳥取市
  • 島根県
  • 松江市
  • 岡山県
  • 岡山市
  • 広島県
  • 広島市
  • 山口県
  • 山口市
  • 徳島県
  • 徳島市
  • 香川県
  • 高松市
  • 愛媛県
  • 松山市
  • 高知県
  • 高知市
  • 福岡県
  • 福岡市
  • 北九州市
  • 佐賀県
  • 佐賀市
  • 長崎県
  • 長崎市
  • 熊本県
  • 熊本市
  • 大分県
  • 大分市
  • 宮崎県
  • 宮崎市
  • 鹿児島県
  • 鹿児島市
  • 沖縄県
  • 那覇市
  • 0800-805-8405
  • 無料ご相談の申し込み
  • 無料現地調査の依頼