玄関ドアのガラスには種類がある?割れてしまったときの対処方法とは

2021.4.30

玄関ドアのガラスには種類がある?割れてしまったときの対処方法とは

玄関のドアにガラスを設置してみると、玄関の見栄えがよくなります。また、ガラスから日光が入ってくるため、玄関が明るくなるというメリットもあるでしょう。

しかし、ガラスを設置することに防犯面やプライバシーの面で不安を覚える方もいるのではないでしょうか。また、もしも何らかのトラブルによって玄関ドアのガラスが割れてしまった場合、どういった対処をすればいいのかわからないかたも多いと思います。

今回は、玄関ドアにガラスを設置することで発生するメリットやデメリット、そしてガラスが割れてしまったときの対処法を紹介していきます。

玄関ドアにガラスを使用しても防犯面は大丈夫なの?

玄関ドアにガラスを使用する場合、やはり心配になってくるのが防犯面でしょう。玄関のドアにガラスを設置すると、以下のようなメリットとデメリットが生まれます。

玄関ドアにガラスを設置するメリット

玄関ドアにガラスがあると、外の様子を確認することができます。もし怪しい人が家に近づいてきたとしても、窓から確認することができれば事前に対処することができるでしょう。

また、玄関ドアのガラスから日光を取り入れることで、昼間に玄関が暗くならないのもメリットです。玄関が明るいと外から留守だと思われにくくなるため、空き巣予防にもなるのです。

玄関ドアにガラスを設置するデメリット

玄関ドアにガラスを設置する際に問題となるのが、ガラスを割って泥棒が侵入することでしょう。人が出入りできるサイズはもちろん、腕が入るサイズのガラスであれば内側にある鍵を回すことができるため、侵入されかねません。

また、ガラスを設置すると来訪者を確認しやすくなりますが、逆にいえばそれは外から玄関の様子が見えやすくなるということです。そのため、プライバシーの面に不安を覚える方も少なくはないでしょう。

玄関ドアにガラスを使用しても防犯面は大丈夫なの?

玄関ドアにはどんな種類のガラスが最適?

玄関のドアにガラスを取り付ける場合、どういった種類のガラスを採用するのが最適な選択なのでしょうか。この項目では、玄関ドアのガラスにおすすめできるガラスを紹介します。

外から見えないガラス

「すりガラス」や「ステンドグラス」といった、不透明になるよう加工したガラスを採用すれば、外から室内の様子を見られるのを防ぎ、プライバシーを守ることができるでしょう。特にステンドグラスなら、ドアのデザイン性も高めることができるので、オススメです。もし強度に不安があれば、のちほどご紹介する防犯フィルムを貼ることで強度を上げることができます。

強度の強いガラス

玄関ドアに強度の強いガラスを採用すれば、泥棒が侵入するのを防ぐことができます。泥棒は5分で侵入できなければあきらめて逃げることが多いとされています。そのため、最低でも5分間は破れられないような強度が必要です。

「強化ガラス」や「合わせガラス」を採用すれば、高い防犯効果を期待できるでしょう。また、ガラスに防犯フィルムを貼っておくことでも、ガラスの強度を高めることが可能です。フィルムを貼っておけば、割れたときにガラス片が飛散するのを防ぐこともできます。

玄関ドアにはどんな種類のガラスが最適?

ガラスが割れてしまったら。

もし突風や泥棒の侵入によって玄関ドアのガラスが割れてしまった場合には、どういった処置をとるべきなのでしょうか。

まずはガラス片を片付ける

まずは割れて地面に落ちてしまったガラスの破片を拾って、危険を取り除くようにするべきでしょう。大きな破片を片付ける場合、ダンボール箱を用意してその中に破片を入れるようにしてください。ビニール袋に入れてしまうと、破れて中身が飛び散るおそれがあるのでおすすめできません。

小さい破片については、粘着ローラーなどを使って取り除くようにしましょう。掃除機で吸い取ろうとする方もいるかもしれませんが、機種によっては故障してしまうおそれがあるので、掃除機を使うのは控えるようにしてください。

ダンボールで補強しよう

ガラスが割れてしまった箇所から雨風が降り込んだり、虫が侵入したりしてくるおそれがあります。割れた箇所にダンボールを貼って穴を塞いでおくようにしましょう。

また、残っていたガラスでケガをしないように、注意書きの張り紙をしておいてください。下手に自分で残ったガラスを取り除こうとするとケガをするおそれがあるので、ガラス修理の業者が到着するまで不用意に触れないようにしましょう。

ガラスが割れてしまったら。

ドアごと交換が必要?費用はいくらかかるの?

玄関ドアのガラスが割れてしまった場合、ドアごと交換しなければならないと思っている人も多いのではないでしょうか。ほとんどの場合はガラスだけを交換するだけで済むため、ドアを交換する必要はありません。

気になる費用についてですが、くもりガラスをはじめとした一般的なガラスであれば、費用は約8,000円で済むでしょう。その一方で、網入りガラスなどの特殊なガラスになると、費用は約2万円もかかることがあります。

また、一般的なガラスだと即日交換可能なことが多いですが、特殊なガラスの場合は取り寄せが必要になるケースもあります。もし取り寄せなければならない場合、交換の日までどうすればいいかを業者と相談しておくことをおすすめします。

まとめ

もし玄関ドアのガラスが割れてしまったとしても、よほど特殊なガラスを使っていない限りドアごと交換する必要はありません。まずは落ち着いてガラス片を拾うなどの対処をして、ガラスの修理業者に相談するようにしてください。

また、ガラスを交換する際に、ガラスの種類をより強度の高いものに変えてみるのもいいでしょう。どのようなガラスに変えればいいのか悩む場合は、業者に相談してみてください。きっとそのご家庭に最適なガラスを紹介してくれるはずです。

ガラス修理・交換を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ガラス修理・交換」をご覧ください。

この記事を書いた人
編集者:みか
ライターとして心がけていることは、世の中で役立つ情報を発信すること。情報収集・リサーチを欠かさず、最新の情報を発信できるよう日々努めている。

迅速なガラス交換・修理!

最短10分で到着 作業は約15

※対応エリアや加盟店によって変わります

ガラスが割れてしまったなどのトラブルを、即日解決!防火ガラスや防犯ガラスどんなガラスにも対応しておりますのでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

強化ガラスやデザインガラス・お車のフロントガラスなどもお任せください。

ガラス修理・交換 13,200円~
ガラス修理・交換のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

ガラス修理・交換の記事アクセスランキング

ガラス修理・交換の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理