防犯対策は窓からはじめよう!窓の防犯性を高めて空き巣被害を防ぐ!

2021.4.30

防犯対策は窓からはじめよう!窓の防犯性を高めて空き巣被害を防ぐ!

毎日過ごす家から帰ってきたら、「部屋が荒らされていた……」なんてことがあったらショックですよね。空き巣は昔ながらの犯罪ですが、年々手口が巧妙になっているため、知らないうちに貴重品を盗まれていたなんてことがあるかもしれません。

空き巣はおもに窓から侵入します。そのため今回は、窓に対して簡単にできる防犯対策方法を紹介します。ご家庭の窓を防犯窓にして、空き巣の侵入を許さないようにしていきましょう。

空き巣は窓から侵入することが多い

空き巣の侵入口で、もっとも多いとされているのが窓からの侵入です。当たり前ですが、窓は換気や太陽の光を取り入れるために、ほとんどの建物で取りつけられています。窓はガラス張りのため、「割れたら音がするから気づくんじゃないの?」と思われるかもしれません。しかし、日中は生活音があふれているため意外と気づかないものです。

さらに、空き巣のプロは事前に住人が留守にする時間帯を調べていることが多いといわれています。そのため多少の物音では気づかれず、すんなり侵入を許してしまいます。実際に窓から侵入する方法を3つご紹介します。

打ち破り

窓ガラスは衝撃に弱いため、力任せにハンマーやバールのような鈍器を叩きつけてしまえば簡単に割れてしまいます。窓ガラスが割れる音が響きますが、生活音などに紛れ込ませることができてしまいます。

焼き破り

焼き破りは、窓ガラスを熱であぶって溶かして割る方法です。窓ガラスは、火であぶると簡単にひびが入ってしまいます。さらにガラスが割れた時の音があまり大きくないため、打ち破りよりも気がつきづらいです。

こじ破り

マイナスドライバーを使って、窓から窓枠に向かって勢いよくマイナスドライバーをスライドさせます。すると窓枠にドライバーが差し込まれるので、引き抜きます。それを何度か繰り返すと、窓ガラスに次第にひびが入ります。
この方法だと音がほとんど出ないうえ、窓も小さな穴しか空きません。そのため、気づきづらく、この方法での空き巣被害がもっとも多いそうです。

空き巣は窓から侵入することが多い

空き巣対策は侵入に時間をかけさせることが大切

空き巣は、非常に素早い手口で物色していきます。室内の物色時間は5分以内といわれています。そのため、5分以上家に侵入するのに時間がかかると、近隣住民に不審がられたり声をかけられたりする可能性があがるため、空き巣は犯行を諦めることが多いそうです。

空き巣の侵入を防ぐには、できるだけ時間稼ぎをおこなって諦めさせることが大切です。そこで、窓を防犯窓にして防犯対策をすることもおすすめです。

自分でも出来る窓の防犯対策

窓はそのままの状態では、簡単に破られてしまいます。防犯窓など破られにくい工夫を施して、空き巣の侵入を許さないようにしましょう。

補助錠を取りつける

窓ガラスのサッシ部分に、補助錠を取りつけてみましょう。空き巣は、窓ガラスを破ったあとに、クレセント錠付近に手を入れて解錠します。補助錠を取りつけておけば、クレセント錠を解錠されても、窓は開きません。

補助錠は、サッシ部分の上下2か所に取りつけておけば簡単に解錠できなくなるため、空き巣が侵入を諦める可能性が格段にあがるでしょう。

防犯フィルムを貼る

窓ガラスを少しでも強固にするために、防犯フィルムを貼り付けてみましょう。しかし、空き巣に穴を空けられやすい鍵付近だけ、防犯フィルムを貼っても意味はありません。フィルムが貼られていない部分から、ガラスは破られてしまいますのでガラス全面にきちんと貼るようにしましょう。

防犯フィルムには厚さがあり、それによって強度が変わります。厚ければ厚いほど、防犯性は高くなっています。

防犯アラームを取りつける

防犯アラームは窓が開くと、アラームが鳴ります。空き巣はその音に驚いて逃げていくことでしょう。アラームの種類は、窓の開閉に反応してアラームが鳴る「開放検知型」と窓に衝撃を与えるとアラームが鳴る「衝撃検知型」の2種類となります。

さらにこの両方の機能を持った「開放衝撃検知型」があります。衝撃検知型は、強い雨風の衝撃にも反応することがあるため注意しましょう。

自分でも出来る窓の防犯対策

防犯ガラス窓なら安心・安全

窓ガラスに対して、防犯グッズを施しても窓そのものが強固でない限り、空き巣の侵入に対して不安が残ります。そのため防犯用の窓ガラスに交換してみてはいかがでしょうか。

窓ガラスは1枚板が一般的ですが、防犯ガラスは2枚構造のガラスで車のフロントガラスにも用いられています。2枚のガラスにはすき間があり、そのすき間を中間層といいます。中間層は特殊なフィルムが貼られていて、窓ガラスを保護しています。

防犯ガラスなら、力任せに叩き割る打ち破りにも非常に強いので、なかなか割れることはありません。特殊なフィルムで焼き破りにも強いですが、もちろん全く割れないということではないので注意が必要です。

また、防犯ガラスの中には遮熱や断熱性能を兼ね備えた種類もあります。窓ガラスは外気の影響を受けやすいため、室内に太陽の熱や冷たい空気が入り込んでしまいます。

そのため、冷暖房を使用してもあまり効果が感じられなければ、遮熱・断熱向けで防犯性もある窓ガラスに交換してみてはいかがでしょうか。

まとめ

空き巣にはいつ狙われるか分かりません。普段から防犯意識をもって、警戒していることを示すことで狙われづらくなるでしょう。

空き巣の侵入方法で一番多いのは、窓を破ることです。窓はそのままでは簡単に割られてしまうため、補助錠を取りつけたり、保護シートを貼るなどで防犯窓にして対策をしていきましょう。

一番おすすめなのは、防犯ガラスへの交換です。空き巣は5分以上侵入に時間がかかれば高確率で諦めます。強化の防犯ガラスを導入して、空き巣対策をしてみてはいかがでしょうか。

ガラス修理・交換を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ガラス修理・交換」をご覧ください。

迅速なガラス交換・修理!

最短10分で到着 作業は約15

※対応エリアや加盟店によって変わります

ガラスが割れてしまったなどのトラブルを、即日解決!防火ガラスや防犯ガラスどんなガラスにも対応しておりますのでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

強化ガラスやデザインガラス・お車のフロントガラスなどもお任せください。

ガラス修理・交換 13,200円~
ガラス修理・交換のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

ガラス修理・交換の記事アクセスランキング

ガラス修理・交換の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧