住宅に巣をつくる!アシナガバチとスズメバチってどんなハチ?

2022.7.6

住宅に巣をつくる!アシナガバチとスズメバチってどんなハチ?

蜂に刺される被害報告は年々増えています。その件数は全国で年間数千件との報告があるほどです。近年は都心部や人通りが多い場所などでも巣が発見されるケースが多く、それに伴い被害件数も増えてきています。蜂の巣に気付かずに刺されてしまうという被害報告も増えています。1年を通して夏から秋にかけて蜂による被害が多くなるのですが、毒針をもつ蜂の中でも、なかなか見分けがつきにくいアシナガバチとスズメバチの特徴について説明していきます。ぜひ参考にしてみてください。

ハチの種類はどんなものがある?

蜂には、人を刺す蜂と刺さない蜂がいます。刺す蜂の種類として大きく3つの種類に分けられます。それは「ミツバチ」「アシナガバチ」「スズメバチ」です。これらの蜂は危険性も高いため駆除対象となることも多い蜂です。

ミツバチは小さくて見た目で判断しやすい蜂ですが、アシナガバチとスズメバチは似ている部分も多く見分けが付きにくいかもしれません。次の章では主にアシナガバチとスズメバチの特徴の違いをご説明します。
      ハチの種類はどんなものがある?

アシナガバチとスズメバチの違い

・見た目
一般的なスズメバチは2~2.5㎝ほどの大きさですが、大きいものだと4㎝を超えるほど、身体が大きいのが特徴的です。アシナガバチはスラリとした細身の体で、アシナガバチという名前の通り足が長いのが特徴的です。飛んでいる時のアシナガバチは足がだらりと伸びている姿が印象的です。

・生態
アシナガバチはちょっとフラフラと小回りもきかない飛び方をします。大人しい性格なので巣にいたずらをしなければ、よほどでない限りアシナガバチから刺してくることは少ないと言われています。

それに比べてスズメバチは飛び方も素早く、攻撃的で狂暴な性格をしています。毒の強さもアシナガバチよりスズメバチの方が強いといわれることが多いです。

・巣
アシナガバチとスズメバチは巣に使う材料は似ていますが、巣を作る場所が違うなど細かな特徴が違います。巣の特徴を覚えておくと、いざというときに見分けがしやすいかもしれません。

 

アシナガバチ

・基本的に開放空間を好むので、軒下やエアコンの室外機、ベランダなど開放的な場所であれば場所をあまり選ばす巣をつくるのが特徴的です。

・外からみると六角形の巣穴が見えるのが特徴的でシャワーヘッドのような形をしていて、薄い灰色や茶色など淡い色をしています。

・巣の大きさは10㎝~15㎝程度になります。

 

スズメバチ

・基本的に雨風しのげる閉鎖空間を好むと言われていますが、スズメバチの種類によっても
巣をつくる場所が違ってきます。土の中や樹洞、床下、軒下など様々な場所につくります。

・ボールのような丸い形をしていて光沢のある外皮があるのが特徴です。茶色っぽいマーブル模様で出入り口は一つです。

・巣の大きさは10~40㎝程度になります。なかには1mを超える巣もあります。

 
大きさだけでは見極めが難しいかもしれませんが、外から見て巣穴や幼虫が見えるような巣であればアシナガバチ、ボールの形をしている巣であればスズメバチと判断していいかもしれません。
      アシナガバチとスズメバチの違い

アシナガバチとスズメバチの共通点

アシナガバチはスズメバチ科なので、スズメバチの生態とよく似ている部分もあります。昆虫の肉を餌にしていることや、巣の形状には違いがありますが巣の材料はほぼ同じです。

特に大きな共通点としてアシナガバチとスズメバチは「何度も同じ針で刺すことができる」毒針をもっているところです。一度刺しても同じ針で何度も襲ってくる可能性があります。

その中でもスズメバチは攻撃的なので、人間の周囲をまとわりつくように飛び威嚇をしてきますので、アシナガバチよりスズメバチの方が危険性は高い蜂になります。
それに比べてミツバチは一度毒針で刺してしまうと死んでしまうという特徴を持っています。

毒針に刺されると危険!毒の成分はどんなもの?

毒針をもっているアシナガバチとスズメバチ、ミツバチの蜂に刺されると、痛いだけでなく時にはアナフィラキシーショックを引き起こし生命にかかわることがあります。その毒針の成分は大きく分けて3つに分けられます。
 

・アミン類と呼ばれる成分の症状は痛み、かゆみの原因となる成分です。蜂に刺されて患部が大きく腫れてくる症状はこのアミン類が多く含まれているからです。

・低分子ペプチド類と呼ばれる成分は、痛みに加えて血圧低下やアレルギー症状の原因となる成分です。

・酵素類と呼ばれる成分は、組織障害を引き起こしアレルギー症状の原因となる成分が多く含まれています。

 
一度刺されて運よく痛みだけで済んだとしても、こういった成分が含まれた毒針に刺されるということは命の危険があることを認識し危険から身を守ってほしいです。
      毒針に刺されると危険!毒の成分はどんなもの?

蜂に刺されないためにはどうしたらよい?

蜂の巣を見つけてしまった場合、特に自宅の敷地内だと自分で駆除しようと考えてしまいがちです。最近は蜂の駆除スプレーも市販されているので、小さな蜂の巣であれば自分で何とかできるだろうと考えると思います。

ただどんなに小さな巣でも、説明したようにアシナガバチやスズメバチは特に危険な蜂です。自力で駆除を試みた場合、刺される可能性は十分あるのです。まず安全の確保をした後、出来れば専門業者に駆除の依頼をお願いすることをお勧めしています。

まとめ

蜂に刺される被害の多くは、アシナガバチとスズメバチによるものだと言われています。似ているところも多いアシナガバチとスズメバチですが、それぞれの特徴を覚えていてもらえると、急に蜂の巣を見つけてしまった場合などに見分けるヒントとなるかもしれません。

近年、都心部や人が多い場所にまで巣をつくる蜂ですが、特に狂暴で攻撃的な性格のスズメバチが人間の生活圏に生息すればするほど、被害はもっと増えていくでしょう。巣を見つけた場合、自分でも駆除出来るかもと思いがちですが、専門知識がない状態での駆除はとても危険で命に係わることです。巣を見つけた場合、まず安全性を確保したうえで専門業者に相談することをおすすめします。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。


ハチの被害を迅速に解決!

到着までにかかる時間 最短10

※対応エリアや加盟店によって変わります

お家の近くにハチの巣がある状態は大変危険です。
ご家族や、ご近所の方に被害が出る可能性があります。危険なハチはプロに依頼して素早く、安全で確実に駆除を!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチ、あらゆるハチ駆除をお任せください。

蜂の巣駆除 8,800円~
蜂の巣駆除のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

蜂の巣駆除の記事アクセスランキング

蜂の巣駆除の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧