蜂の殺虫剤の選び方は成分に注目!駆除方法や注意点もご紹介します!

2022.7.6

蜂の殺虫剤の選び方は成分に注目!駆除方法や注意点もご紹介します!

春の訪れとともに蜂を見かけることが多くなり、自宅の軒下や庭の周辺に巣を作られてしまうこともあります。このとき、対処がわからず放置していると巣は大きくなり、蜂の数も増えてしまうでしょう。蜂に刺されてしまうと、人によっては命を落としかねません。

そのような被害を防ぐためにも、蜂や蜂の巣を見つけたら駆除したほうがいいでしょう。ここでは、蜂に効く殺虫剤の選び方をはじめ、駆除方法や注意点などをご紹介します。蜂の巣を駆除する前に、正しい方法や知識を身につけておきましょう。

まず自分で駆除できそうかどうかをチェックしよう

蜂は国内だけでも4,000種類近くの生息が確認されていますが、見た目や巣の特徴などから違いを見分けることができます。まずは、蜂の種類を正しく見分けて、自分で駆除できそうかを判断する必要があります。

基準①蜂の種類

・スズメバチ
蜂の中でも凶暴で攻撃性が高く、体長も4センチ前後ある大型の蜂がスズメバチになります。中でも非常に危険とされるのがオオスズメバチで、針の持つ毒性がとくに強力です。ささいな刺激であっても襲ってくるおそれがあるため、安易に近づかないよう注意しなければなりません。

・アシナガバチ
その名の通り長く伸びた後ろ脚が特徴的な蜂で、ふわふわと浮いているように飛ぶ姿からも見分けることができます。腹部の黒と黄色のしま模様はスズメバチと混同されやすいですが、巣の特徴に大きな違いがあります。また、アシナガバチの中には攻撃的で毒性の強い種類もいるため、見分けるときには注意しましょう。

・ミツバチ
全体的に丸みのある小柄の体型で、嬢王蜂でも体長は2センチほどになります。花粉の媒介や蜂蜜採取のために、農家や養蜂家などで飼育されており性格も穏やかです。しかし、ミツバチは1匹に刺されると集団で襲ってくることもあるため、むやみに刺激しないよう注意が必要です。

基準②巣のサイズ

・スズメバチ
スズメバチの巣は茶色に近く丸い外殻があり、マーブル状やウロコ状の模様をしているのが特徴です。スズメバチの中でもキイロスズメバチは50センチ前後の大きな巣を作るといわれており、中には1メートルに達することもあるそうです。

・アシナガバチ
ハスの実をひっくり返したような見た目で灰色をしており、外殻がないむき出しの状態になっているのが特徴的な巣です。巣の大きさは夏にピークを迎え、大きいもので数十cmになるとされています。

・ミツバチ
巣の形は3cmほどの厚みがある巣板と呼ばれる平面状の造りで、ミツバチの腹部から分泌される蜜ろうからできています。コミツバチが1枚の巣板しか作らないのに対し、ニホンミツバチやセイヨウミツバチは、巣板を何枚も形成していき大きなものでは1mもの横幅になるそうです。

基準③巣のある場所

・スズメバチ
軒下や庭木をはじめ、閉鎖的な場所に巣を作ることが多いようです。土の中や蜂駆除の殺虫剤が届きにくい、10mほどある高い場所などに巣を作ることもあります。また、チャイロスズメバチのように、ほかの蜂の巣を乗っ取るという少し変わった習性をも持つスズメバチもいるようです。

・アシナガバチ
軒下のような開放的な場所を好むアシナガバチですが、庭木や生垣などに巣作りすることもあります。剪定など手入れをしているときに、あやまって巣を刺激してしまうと、一斉に攻撃を受けてしまうおそれがあるので注意が必要です。

・ミツバチ
ミツバチは閉鎖的な場所を好むため、巣のある場所として多いのが天井裏や壁のすき間です。また、蜜ろうによって巣ができているため、見慣れないシミがあったらミツバチの仕業かもしれません。

まず自分で駆除できそうかどうかをチェックしよう
      

蜂用の殺虫剤じゃなくてもOK!殺虫剤の選び方

蜂は薬剤が効きやすいため、ゴキブリなどに使う殺虫スプレーでも殺傷効果があります。そのため、蜂の駆除に有効な成分を知っておくことで、より効果的な殺虫剤を選ぶひとつの目安になるでしょう。

蜂は殺虫剤を吹きかけられた瞬間に驚いて羽ばたき、その場を離れてしまいます。このような場合に、速効性のある成分が含まれる殺虫剤を使うのが効果的です。中でもピレスロイド系の成分が含まれたものは、蜂の皮膚などに付着すれば短い時間で神経を麻痺させる効果があります。

殺虫剤の中には、駆除のあと巣のあった周辺に吹きかけておくことで、一度逃げ出して戻ってきた蜂が薬剤に触れるだけで致死効果のあるものもあるようです。ピレスロイド系の中でもトラロメトリンという成分は、蜂を寄せつけない忌避効果があります。蜂が巣を作りそうな場所に散布しておくことで、巣作り予防の効果が得られるのです。

なにより、人間やペットなどほ乳類への影響が少ないこともメリットのひとつです。また、速効性のある成分には、モンフルオロトリンやメトフルトリンなどさまざまな種類が存在します。このため、蜂駆除の殺虫剤を選ぶときには、含まれる成分にどのような効力があるのかを確認しておくようにしましょう。

とくスズメバチを自分で駆除するときには、蜂専用の殺虫剤を使用したほうがいいかもしれません。スズメバチの皮膚は厚く、ゴキブリなどを駆除する殺虫剤では効果が薄れてしまう場合があるためです。駆除するときに殺虫剤が効かなかった場合には、刺激された大量のスズメバチから一斉に攻撃受けてしまうおそれがあります。

このように殺虫剤を選ぶときには含まれる成分も大切ですが、噴射できる距離や範囲も重要なのです。いくら薬剤の成分が効果的であっても、蜂や巣まで届かなければ本来の効果を発揮できず駆除できません。蜂の種類によっては高所に巣を作ることもあるため、駆除する蜂にあわせて適切な殺虫剤を選ぶようにしましょう。

蜂駆除におすすめの殺虫剤7選

蜂専用の殺虫剤には、含まれている成分や噴射できる距離などさまざまな種類があります。蜂の種類や駆除する巣の場所など、用途に適した殺虫剤を選ぶようにしましょう。
▼蜂の殺虫剤はスプレータイプが一般的!


ハチノックL 300ml アズワン

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

蜂に効果の高いピレスロイド系の殺虫成分を含み、巣の駆除にも使用できるスプレー式の殺虫剤です。3m前後までの噴射ができ、ほかにも大容量タイプと携帯タイプなどがあります。


虫ズドドーン スズメバチ 450ml ウィズット

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

速効性のあるメトフルトリンやモンフルオロトリンを含んでいるため、飛び回る蜂や巣を駆除するのにおすすめです。引き金式のため従来のプッシュ式より持ちやすく、1本で約30秒の噴射ができます。


ハチの巣を作らせない ハチアブ スーパージェット 455ml アース

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

速効性のある殺虫成分が含まれており、風がない環境では11m前後まで薬剤噴射が可能となります。また、蜂の巣駆除のあとに吹きかけておけば、巣作りの防止効果が約1か月持続するようです。


スーパースズメバチジェットプラス 480ml イカリ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

スズメバチに特化し蜂専用の殺虫剤で、約35秒間の連続噴射ができます。15cmほどの巣であれば、1本で駆除することも可能なようです。また、巣作り予防に使用した場合は、1か月半ほど効果が続きます。


カダン ハチ・アブ用 殺虫スプレー ダブルジェット 480ml フマキラー

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

アシナガバチやミツバチに速効性のある殺虫剤で、11m前後まで薬剤噴射ができます。蜂を寄せつけない効果のあるトラロメトリンという成分が含まれているため、忌避効果にも期待できるでしょう。


スズメバチにも効く ハチ・アブ用ハンターZ PRO 510ml キンチョー

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

飛んで逃げようとする蜂の動きを止める効果のある、モンフルオロトリンが含まれる殺虫剤です。噴射工が7つもあることで、逃げようとする蜂にも効果的に吹きかけることができます。また、噴射距離も10mほどあるため、離れたところから駆除することができるのです。


スズメバチ マグナムジェット プロ 蜂駆除スプレー 550ml アース

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

蜂に効果的で即効性のあるピレスロイド系の成分が4種類含まれており、素早く確実に駆除することができるでしょう。約45秒間の強力噴射が可能で、3mほど離れた場所から使用することができるようです。

殺虫剤以外の蜂駆除に必要な道具もチェック

蜂の駆除には殺虫剤だけでなく、刺されないための安全対策がとても大切です。蜂に刺される危険から身を守り、短い時間で駆除を終えるためにも入念に準備をしておきましょう。

・身を守るための道具

蜂の毒針から身を守るためには、全身を保護できる防護服の着用をおすすめします。防護服がないときは、手袋はもちろんのこと首回りにタオルを巻くことや長袖を着用するなどして肌の露出を避けなければなりません。

蜂によっては毒液を飛ばすこともあるため、顔を保護できるヘルメットやゴーグルなども必要になります。蜂の毒針に刺されるとことで最悪の場合、アナフィラキシーショックといわれる急性のアレルギー症状を引き起こすことがあるのです。このような命にかかわる被害を受けてしまうおそれもあるため、入念に安全対策をしてから駆除に取り掛かるようにしてください。

殺虫剤以外の蜂駆除に必要な道具もチェック

・殺虫剤以外で必要な道具

蜂の巣駆除は夜間が適しているため、懐中電灯は欠かせません。しかし、懐中電灯で直接巣を照らすと、蜂を刺激してしまい攻撃を受けるおそれがあります。そのため、光っている部分に赤いセロハンなどを被せて光を弱めておくと、攻撃を受けにくくできるようです。

また、軒下や木の上にある巣を駆除するために、ハサミなども準備しておきましょう。巣が手の届かない高い場所にあるようなら、高枝用の剪定バサミを使うと作業がスムーズになります。最後に、落とした巣を処分するためのゴミ袋も、忘れずに用意してください。

・そのほか蜂駆除に役立つ道具

・捕獲シート
黒を基調とした粘着剤によって、蜂を捕獲するシートです。巣を駆除したあとに生きて戻ってくる蜂や同じ場所に巣作りをされないために、役立つ道具になります。

・殺虫スプレーの延長器具
蜂の巣が手の届かないような木の上や軒下にあるとき、役立つ道具が殺虫スプレーの延長器具になります。延長器具の先端に市販の殺虫スプレーを取りつけることで、1~1.5mの高さにある巣にも直接噴射することができるのです。

・ポイズンリムーバー
万が一蜂に刺されてしまったとき、毒を吸い取ることができる道具になります。スズメバチのような強力な毒を持った蜂に刺されると、15分ほどで心停止してしまうという被害もあるため、安全対策として備えておくといいでしょう。

      

蜂の駆除方法

スズメバチやアシナガバチといった蜂は、種類によって攻撃的で毒も強いため危険です。そのような蜂に何度も立ち向かって駆除しなくてもいいように、正しい駆除の仕方を確認しておきましょう。

駆除を始める前に

巣にいる蜂をまとめて駆除するために、作業をする時間に気をつけましょう。働き蜂などの外で活動している蜂は、日が落ちると巣に戻ってきます。すべての蜂を一回で駆除するのならば、日が落ちた夜間に作業するようにしましょう。

駆除するときの服装は、蛍光色のような明るい色は避けて、夜間であれば目立たない色、昼間であれば白を着用するようにしてください。これは、蜂が目立つ色に向かってくる習性があるためです。

また、蜂は匂いに敏感で、甘い匂いや整髪料に寄ってくることがあります。そのため、駆除作業をするときは、香水や整髪料、柔軟剤などの匂いがない状態にしておいてください。作業をするときも、風上から近づくようにすると気づかれにくいようです。

軒下に巣がある場合は、真下から殺虫剤を噴射すると蜂が自分に落ちてくるので場所を選んで作業しましょう。蜂の駆除は危険な作業になるため、巣の場所が高いからといって脚立などを使用するのは、転倒のおそれもあるのでおすすめできません。

殺虫剤は噴射し続ける

懐中電灯で巣の位置を確認したら、蜂に殺虫剤を1mくらい離れた距離から20秒前後噴射し続けます。殺虫剤を噴射した直後は驚いた蜂が飛んでくることもありますが、ここでしっかりと吹きかけることが大切です。

殺虫剤を噴射したあとは、すぐにその場を離れるようにしてください。しばらく時間をおいてから、巣の周りに蜂がいないことを確認します。飛んでいる蜂がなくなったら巣に近づき、もう一度殺虫剤を吹きけておくとより安心です。

巣を駆除する

動いている蜂がいなくなったら、巣の駆除をしていきます。用意したゴミ袋を巣の真下に広げて準備し、ハサミを使って落としてください。このとき、巣の中には生きている蜂がいるかもしれないので、ゴミ袋に入ったら素早く封をしましょう。また、蜂は死んでも針を出して動くことがあるようなので、安易に死がいを触らないようにしてください。

蜂の殺虫剤を選ぶポイント③:操作性と噴射距離

蜂の駆除は種類によって注意が必要

刺されると死に至ることもある蜂の毒は、駆除するときに最も注意しなければなりません。しかし、駆除をするときに注意しなければならないのは、毒針だけでなないのです。

・スズメバチ

市販の殺虫剤では効果が得られない種類がいるため、スズメバチを駆除するときには蜂専用の殺虫剤を使うようにしましょう。また、種類よっても生態が異なるため、駆除の前にはどのスズメバチなのかの確認が必要です。

たとえば、モンスズメバチという種類は夜間に活動していることもあるため、夜間に駆除しようとするのは危険です。安全に駆除するためには、事前に蜂の活動状況を把握して慎重に作業を進める必要があります。

また、スズメバチの中で最も凶暴とされるオオスズメバチは、土の中に巣を作ることがあります。この場合、地中に作られた巣の大きさがわからないため、素人が駆除しようとするのは非常に危険です。大きいもので1m近くになり数百匹のオオスズメバチがいる可能性があるので、業者に駆除してもらったほうがいいでしょう。

・アシナガバチ

アシナガバチはスズメバチのように羽音を立てないので、気づかないうちに刺される事例もあるようです。アシナガバチの中には、スズメバチよりも刺されたときの痛みが激しいとされるキアシナガバチがいます。ほかにも、セグロアシナガバチは毒性が強くアナフィラキシーショックを引き起こす危険性が高くなってしまうようです。

また、アシナガバチの中には、スズメバチに捕食される種類もいます。そのため、アシナガバチの巣を放置しておくと、スズメバチを呼び寄せてしまいかねません。そのため、アシナガバチだけでなくスズメバチによる刺傷などの人的被害を避けるためにも、早めに駆除したほうがいいでしょう。

・ミツバチ

スズメバチやアシナガバチよりもおとなしいとされていますが、ミツバチに敵と見なされた場合にはもちろん攻撃をしてきます。女王蜂が死んでしまったときは、とくに興奮状態にあるので駆除するときには注意が必要です。

また、ミツバチの毒針にはかえしがあるため、一度刺すと抜けにくくなっています。しかし、ミツバチの体と毒針はつながっているため、一度刺すと死んでしまうようです。さらに、ミツバチの毒液には仲間を呼び寄せる効果があり、集団になって襲ってくることもあるので駆除するときは注意してください。

まとめ

蜂にはさまざまな種類がいますが、見た目や巣の特徴から見分けることができます。蜂の持つ毒針に刺されるとアナフィラキシーショックによって、命を落としてしまうおそれがあり非常に危険です。これにより、蜂駆除の殺虫剤を選ぶときは、即効性のある成分が含まれているものを選びましょう。ピレスロイド系の成分を含んだ噴射距離の長いものが、効果的といえます。

なにより、蜂の巣駆除は入念な準備と安全対策、正しい方法で作業をおこなわなければなりません。蜂の巣を駆除するには刺されるなどの危険を完全になくすことはできないため、自分でおこなうのは極力避けたほうがよいでしょう。このほか蜂の種類がわからないなど、少しでも駆除に不安を感じる場合には、業者へ依頼をするのが安全です。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。


ハチの被害を迅速に解決!

到着までにかかる時間 最短10

※対応エリアや加盟店によって変わります

お家の近くにハチの巣がある状態は大変危険です。
ご家族や、ご近所の方に被害が出る可能性があります。危険なハチはプロに依頼して素早く、安全で確実に駆除を!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチ、あらゆるハチ駆除をお任せください。

蜂の巣駆除 8,800円~
蜂の巣駆除のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

蜂の巣駆除の記事アクセスランキング

蜂の巣駆除の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧