ベランダで蜂を見つけたら!蜂を寄せ付けない方法で蜂対策しよう

2021.12.22

ベランダで蜂を見つけたら!蜂を寄せ付けない方法で蜂対策しよう

ベランダで家庭菜園をしている家庭も増えてきました。手軽に楽しめるベランダガーデニングですが、気を付けないと蜂を近づける原因になっている可能性があります。

蜂が頻繁に現れるようになると、刺されるかもしれないとおびえて生活することになりかねません。蜂を寄せ付けない方法を覚えて、対策を立てておきましょう。

蜂の種類や特徴について

蜂は人が生活している場所でも目にすることがありますよね。比較的遭遇しやすい蜂はスズメバチ・アシナガバチ・ミツバチといわれています。それらの生態を簡単にご紹介していきます。

スズメバチ

スズメバチハは蜂の中でも最大級の大きさを持っています。攻撃性がとても高く、お尻にある毒針から毒液を飛ばしたり注入したりして攻撃します。

巣を守るために、敵かもしれないと思った時点で積極的に攻撃をしかけてきます。実際に、人が受ける蜂被害の多くがスズメバチによるものといわれています。

アシナガバチ

スズメバチと間違えられることの多いアシナガバチですが、細身でおだやかな性格をしています。名前の通り長い脚が特徴です。

自分から攻撃することは少ないといわれています。しかし身を守ろうとするときに攻撃することがあるので注意が必要です。また、種類によっては強い毒を持っていることでも知られています。

ミツバチ

ミツバチは、攻撃性はとても低い蜂といわれています。作物や蜂蜜のために人に飼育されることもあるほど大人しい蜂です。しかし、刺激を受けると攻撃してくるミツバチもいます。

めったに攻撃することのないミツバチですが、攻撃は集団でおこなうので注意が必要です。1度攻撃したミツバチの針は抜けてしまいます。針の抜けたミツバチは死んでしまうので、複数回襲われることは少ないといわれています。

これらの蜂は、巣を人の生活圏内に作ることもあります。巣ができてしまうと蜂の被害にあいやすくなると思います。蜂被害にあわないために、蜂を寄せ付けない方法を考えていきましょう。

蜂の種類や特徴について

蜂の駆除は自分でできる?

蜂に出会ったとしても、駆除してしまえば問題ないだろうと考えるかもしれません。しかし、蜂の駆除には危険が伴います。

蜂は、見つけた1匹だけを駆除したら終わりというわけではないのです。蜂を見かけた場合、近くに蜂の巣があることが多いです。巣を取り除かないと、蜂がまた姿を現すかもしれません。蜂の駆除は巣の撤去も必要なのです。

蜂の巣を駆除しようとすると、攻撃的になった蜂が集団で攻撃をしてきます。蜂に複数回刺されると、アナフィラキシーショックを起こして最悪命を落とすおそれがあるのです。

蜂の駆除は、無理せず蜂駆除業者に依頼するようにしましょう。まずは自分の身を守るために、蜂を寄せ付けない方法を探すことをおすすめします。

蜂が飛び交う時期っていつ?

蜂を寄せ付けない方法を考える上で、蜂が飛び交う時期を知っておくとよいでしょう。

蜂が活動する時期は「春~秋」になっています。蜂のほとんどが冬を越すことができないといわれているからです。この時期に蜂対策をしておくと有効です。
とくに働き蜂が多く活動する7~9月頃は攻撃性が高まり危険な時期です。蜂被害にあわないよう準備しておくことが大切です。

ただし、例外的にミツバチだけは体を寄せ合って集団で冬を越します。冬の時期を挟んで、越冬の準備期間と活動開始期間に攻撃性が高くなります。秋の終わりや春のはじめにミツバチの巣を見つけたときには注意が必要です。

蜂が飛び交う時期っていつ?

ベランダに蜂を寄せ付けないための駆除方法

蜂が飛び交う時期にベランダで蜂を見かけたときには注意が必要です。実はベランダは蜂が巣を作るのに適した場所なのです。

ベランダに蜂が頻繁に来るようになったら、巣ができてしまっているかもしれません。蜂を寄せ付けない方法を使って、駆除するようにしましょう。

・ベランダをきれいに片付ける
・洗濯物の柔軟剤を香りの抑えたものにする
・蜂の嫌いな成分を含んだ殺虫剤を撒く
・防虫ネットを張る

これらの方法は、蜂を寄せ付けないようにするのに有効です。試してみるとよいでしょう。

ベランダに蜂を寄せ付けないための駆除方法

もしベランダから家に蜂が入ってきたらどうすればいい?

では、もし蜂をベランダで見つけた場合はどうしたらよいでしょうか?

蜂は刺激を与えなければ攻撃してくる可能性が低くなります。見かけたときには慌てず身を低くして、ゆっくりベランダから離れましょう

また、蜂は黒い色を攻撃対象として認識する傾向にあります。蜂が飛んで来たら、黒色のものを身に付けていたらなるべく取り除いてください。

蜂がベランダに飛んできたときには、蜂が去った後に蜂を寄せ付けない方法を実践しておきましょう。

まとめ

毒を持つ蜂に刺されると炎症を起こしてしまいます。蜂対策は、まず蜂を寄せ付けないようにすることが大切だと思います。蜂の駆除には危険を伴います。まずは蜂を寄せ付けない方法を試してみてはどうでしょうか。

それでも蜂の巣が近くにできてしまったら、蜂駆除のプロに巣の撤去を依頼しましょう。蜂を寄せ付けない対策をして、安心で快適な生活を送ってくださいね。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。


ハチの被害を迅速に解決!

到着までにかかる時間 最短10

※対応エリアや加盟店によって変わります

お家の近くにハチの巣がある状態は大変危険です。
ご家族や、ご近所の方に被害が出る可能性があります。危険なハチはプロに依頼して素早く、安全で確実に駆除を!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチ、あらゆるハチ駆除をお任せください。

蜂の巣駆除 8,800円~
蜂の巣駆除のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

蜂の巣駆除の記事アクセスランキング

蜂の巣駆除の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧