屋根構造について知ろう!放っておくと危ない屋根の症状とは?

2021.4.30

屋根構造について知ろう!放っておくと危ない屋根の症状とは?

いろんな色や形の屋根があるのはわかっていても、細かい構造まではわからないことが多いのではないでしょうか。見た目には分かりにくいですが、屋根はいろいろな部位が集まってできています。

激しい雨風などから家を守ってくれている屋根は屋根全体で見れば問題がなくても、それぞれの部位でのメンテナンスが必要な場合もありますので、普段から目視などで注意をしていく必要があるでしょう。

このコラムでは、基本的な屋根の構造から細部の作りについてご紹介します。

屋根工事のおすすめサービス

屋根の基本的な構造

屋根の基本的な構造というのは、次の部分で構成されていることが一般的です。

・垂木
垂木とは、屋根に傾斜をつけるための木材のことを指しています。一番高い「棟」と言われる箇所から、下の方向に伸びていく「軒」までに向かって、長めの木材が斜めに置かれて使われていることが多いです。

・野地板
野地板は先ほどの垂木の上に、さらに設置していく板状の材料のことを指しています。これは、後の工程で作業をする時に、瓦とかルーフィング、スレートといった屋根の材料をここにのせるための、下部としての役割になる物です。

野地板に利用される主な材質としては、約1cmの厚さを持ったコンパネ板などが使われることが多くあります。

・ルーフィング
ルーフィングは、防水シート状をした建材のことを指しています。これを野地板の上にさらに敷いておくことで、屋根の雨漏り防止をするのです。

このルーフィングにもさまざまな種類があり、現在一番普及しているのでは、アスファルトルーフィングという種類があります。これは従来よりもさらに防水性を高めたルーフィングで、シートの部分にはアスファルトが染み込んでいる物です。

ルーフィングを敷いた上に、各屋根材を設置していくことで、全体の屋根の構造もできあがっていくことになります。

このように、数々の素材が上へと重なって組み合わされていくことで、炎天下や雨風に耐えられるようなしっかりとした構造の屋根ができていくのです。

・屋根材
屋根の構造の最後の仕上げに使われるのが、屋根材です。これにはさまざまな材質があり、屋根の形によって使われている屋根材も違っています。その屋根の形に適した物を使うことになるのが、この屋根材です。使う屋根材によって、瓦屋根やスレート屋根、トタン屋根のように、違った構造の屋根になります。

屋根の基本的な構造

屋根形状の種類と特徴

屋根形状の種類には、切り妻、寄棟、片流れ、方形、陸屋根などといわれる種類があり、それぞれの特徴が違います。切り妻屋根は一番オーソドックスな物で、屋根がトップから二つの傾斜のように均等になった形です。

家を上空高くから見た場合に、その形状が正方形のものを方形屋根、長方形であれば寄棟屋根と区別されます。また片流れの屋根は、片側だけが高くなっていてもう片方が低いデザインです。

陸屋根は、屋根全体が平らな形状の形で、屋根の構造によって、このように呼び名も違います。

屋根形状の種類と特徴

屋根の部位名称と役割

屋根の構造を作る部位名称には、棟、谷、軒先、軒天、破風板、ケラバなどがあります。棟は、屋根の頂上の水平なところで、主棟や大棟とも言われます。

谷は、つなぎ部分のうちで谷になるところで、ここには雨水が一番流れてきて排出する役目があり、雨漏りにもなりやすい場所でもあるのです。軒先は、屋根の端っこの部分で壁よりも出ているところです。壁に直接雨水が伝わらない役目があります。

軒天は、軒先のところの天井の部分を指します。ここも周囲が直接雨に濡れないスペースになっていて、いつの間にか鳥の巣やカビなどがある時もあります。

破風板は、屋根の部材の先に見えている部分を隠している板のことで、見栄えが良くなり、内部にある部材を守る役目があります。ケラバは、雨樋がない側の屋根の端部を指していて、これによって窓に雨が吹き込んでくるのを防ぐ役目がある場所です。

屋根の部位名称と役割

こんな場合は屋根構造の修理が必要

このように、屋根の構造はいろいろな部位が集まって全体ができています。そして、普段からのメンテナンスのためにチェックをして、修理が必要だと思われる状態もいくつかありますのであげてみます。

・軒部分が下がっている
野地板が雨水を吸ってしまい腐食現象が起きているとこのような現象になることが多いです。このまま放置をしていると、屋根の修理をしてもすぐにまた雨漏りしだすようにもなりますので、野地板の交換を検討しましょう。

・屋根面がゆがんでいる
垂木の部位に水分による腐食があったり、水分が何度も冷凍や解凍をすることで垂木の強度が弱まってくると、この現象が起きやすいです。放置をするとさらにひどいゆがみが生じてしまい、垂木も含めた屋根のすべてを交換して修理することにもなります。

・複数個所から雨漏りがする
ルーフィングの劣化が考えられます。ここは年月とともに劣化が進むと防水機能も悪くなり、雨水が屋根のあちこちに浸入してしまいます。劣化をそのまま放置をすると、やがては雨漏りがするようになってしまいますので、新しいルーフィングに変える必要性がある箇所です。

・屋根材のズレ、浮き、剥がれ
屋根材が雨風、地震や突風などで、ずれたり浮いたり剥がれないようにしっかりと止めていたのが、年月による劣化で、ズレや浮き、剥がれが発生することが多くあります。放置していると屋根の損傷と同時に、屋根材が落下などして非常に危険ですので、早急に対処が必要でしょう。

屋根工事のおすすめサービス

まとめ

屋根の構造を知ると、複雑な材料が組み合わさって屋根全体ができていることがわかるでしょう。屋根の構造や役割を理解して、それぞれの部位に目を通して修理が必要かどうかを見極めることが大切です。

家を守る大切な屋根ですので、メンテナンスをしっかり行って長く住めるようにしたいものですね。

屋根工事できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根工事」をご覧ください。

屋根工事はプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

屋根工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

屋根工事の記事アクセスランキング

屋根工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧