倉庫の屋根修理にかかる費用とは?断熱効果のある塗料にも注目です!

2021.4.30

倉庫の屋根修理にかかる費用とは?断熱効果のある塗料にも注目です!

大切なものを保管してある倉庫の屋根が劣化してしまうと、すぐに雨漏りが発生してしまいます。ですので、もし屋根の劣化が確認できたら、すぐに修理をする必要があるでしょう。

ここで気になってくるのが、倉庫の屋根の種類です。倉庫に使われる屋根にはどういった種類があり、またどのように修理するものなのでしょうか。

そこで今回は、倉庫の屋根の種類や修理方法について解説していきます。また、屋根の断熱性を高める塗料についても言及しているので、もし屋根の省エネ対策をしたい場合には参考にしてみてください。

屋根工事のおすすめサービス

倉庫の屋根にはどんな種類がある?

倉庫の屋根は、「折板屋根」と「波形スレート」の2種類が主流となっています。まずは、これらがそれぞれどういった特徴をもっているかをみていきましょう。

折板屋根

折板屋根は、ガルバリウム鋼板で造られる屋根となります。
1枚の屋根を折りたたんだような構造にすることで耐久性を高めており、工場や駐車場などさまざまな場所で活用されています。

一方で水に弱いという弱点を抱えているため、施工の際には防サビ・防水対策が必要になります。

波形スレート

波形スレートは、粘土岩などから造られる屋根となります。
優れた耐久性をもつうえに遮音性と耐火性も高いため、戦前から鋳造工場や鍛造工場などで使用されてきました。

なお、古い波形スレートにはアスベストが使用されているために問題となりましたが、現在ではアスベストを使わないタイプのものも販売されています。

倉庫の屋根にはどんな種類がある?

倉庫の屋根の劣化症状と放置するリスク

倉庫の屋根は機能性を重視しているので耐久性が高くなっていますが、それでも時間経過とともに劣化していってしまいます。倉庫の屋根が劣化すると、どういった症状があらわれるのでしょうか。

屋根材の劣化症状

倉庫の屋根材の劣化は、「屋根材をつないでいるボルトのサビ」や、「屋根材の塗装の剥がれ」という形で出てきます。

特に屋根材の塗装が剥がれるとサビが発生しやすくなり、そのサビが原因で屋根材に穴が開く場合もあるのです。

劣化を放置すると…?

倉庫は屋根裏が存在しておらず、天井と屋根が一体化しているものが一般的となっています。ですので、もし倉庫の屋根が劣化して雨に弱くなると、屋根裏もないため倉庫内がすぐに雨漏りの被害をうけてしまうのです。

倉庫には大切なものを保管している場合が多いので、雨漏りが発生するとその大切なものが水浸しになってしまいかねません。ですので、もし倉庫の屋根が劣化している場合は、なるべく早いうちに修理をおこなうようにしましょう。

倉庫の屋根の劣化症状と放置するリスク

倉庫の屋根修理は3種類

倉庫の屋根修理には、おもに3つの種類があります。それぞれ施工方法や特徴が異なるので、屋根の劣化具合によって修理方法を選ぶようにしましょう。

塗り替え

屋根を塗装し直すことで、屋根の耐水性を高めることができます。新品の塗料で塗装するだけなので、費用は3種類の屋根修理のなかでも一番安価になるでしょう。

すでに劣化して穴などが開いてしまっている場合には、塗り替えではなくカバー工法や葺き替えをする必要があります。

カバー工法

「カバー工法」とは、古い屋根材のうえに新しい屋根材を取り付ける修理方法となります。既存の屋根材の撤去費用がかからないので安価になるだけでなく、工期も短縮することが可能です。

しかし、屋根が2重になって重くなる関係上、地震などの災害の影響をうけやすくなるという欠点があります。

葺き替え

既存の屋根材を撤去して新しい屋根材を取り付ける「葺き替え」は、痛みの激しい屋根材を新品に変えることができます。当然ながら値段は修理方法のなかで一番高いほか、一時的に倉庫の屋根がなくなってしまいます。

また、アスベストを使用している屋根で葺き替えをする場合、撤去費用が別個で必要になることもあるようです。

塗装で遮熱・断熱対策をしよう!

近年では、遮熱効果をもつ「遮熱塗料」と呼ばれる塗料が開発されています。この遮熱塗料を倉庫の屋根に塗装することで、倉庫内部が涼しくなって冷房を過度に使う必要がなくなり、電気代の節約や省エネにつながるのです。

遮熱塗料は耐用年数が15~20年と一般的な塗料より長いだけでなく、屋根の温度を下げる効果があるため屋根材の寿命を延ばすことも可能です。ですがその一方で、値段が一般的な塗料より高いというデメリットがあります。ご家庭の事情を考えて、遮熱塗料を採用するかどうかを選ぶようにしましょう。

塗装で遮熱・断熱対策をしよう!

倉庫の屋根修理にかかる費用と火災保険

では、もし倉庫の屋根を修理することになった場合、修理方法によって費用が変わってきます。それぞれの修理方法に必要となる費用は、以下のようになるでしょう。
 

塗り替え……1㎡あたり約5,000円

カバー工法…1㎡あたり約10,000円

葺き替え……1㎡あたり約15,000円

 
この数値は平均的な費用であり、使用する屋根材の種類や屋根の広さによって費用は大きく変動するでしょう。また、屋根修理は業者によって費用がかなり変わるものとなっています。ですので、もし屋根修理をする場合には、複数の業者から見積もりをとって比較することをおすすめします。

屋根修理に火災保険が適用されることも?

じつは、倉庫の屋根修理に火災保険を適用できるケースがあります。それは、台風などの災害が原因で雨漏りなどの被害が発生した場合です。火災保険には台風などの風災にも適用できるものが多いので、屋根修理を考える際は利用している保険を確認しておくとよいでしょう。

ただし、経年劣化が原因で雨漏りが発生した場合は、火災保険を適用することはできません。また素人の目では、台風の日に起きた雨漏りが台風の仕業なのかどうかを見極めるのは難しいでしょう。ですので、業者に依頼する際に雨漏りの原因を診てもらうようにするのをおすすめします。

屋根工事のおすすめサービス

まとめ

近年では、屋根材に断熱性を付与する遮熱塗料という塗料も開発されるようになりました。値段が高い塗料ではありますが、倉庫の屋根に使えば倉庫内部の環境を良くするだけでなく省エネも実現することができるでしょう。

もし屋根修理をする場合は、信頼できる業者に依頼するようにしましょう。特に遮熱塗料は塗るのが難しい塗料なので、実績のある業者を選ぶのをおすすめします。

また、屋根修理は業者によって施工費用が異なってくるものです。ですので、1つの業者だけではなく、複数の業者から見積もりをとるようにしましょう。大切なものを保管する倉庫の屋根ですので、業者選びはしっかりするようにしてくださいね。

屋根工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根工事」をご覧ください。

屋根工事はプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

屋根工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

屋根工事の記事アクセスランキング

屋根工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧