こんな症状なら屋根の漆喰を補修しよう!費用相場と安く抑えるコツ

2021.4.30

こんな症状なら屋根の漆喰を補修しよう!費用相場と安く抑えるコツ

日本家屋といえば瓦屋根です。日本の風情を感じさせる重厚感のあるたたずまいが素敵ですよね。今では洋風デザインの家に合う瓦もあり、現代住宅にも広く応用されています。

そんな瓦屋根のお宅にお住いの方、あなたのお宅の瓦屋根の状態は把握していますか?瓦屋根には建築材料として漆喰が用いられています。

とても丈夫な漆喰ですが、あなたが気付かないうちに劣化が進んでいるかもしれません。経年劣化した漆喰が風や雷など何らかの衝撃で割れてしまうこともあります。また、汚れてくると見栄えも悪く台無しです。

こちらでは、まず漆喰の役割について学び、漆喰の補修をしたい場合に検討すべきことやお得になるポイントをお伝えしていきます。

屋根工事のおすすめサービス

屋根の漆喰にはどんな役割がある?

瓦屋根には必ず漆喰が使われています。瓦と瓦をつなぐ接着剤としての役割を持っており、瓦屋根における重要な部分といえます。

漆喰は「天然の除湿・加湿器」といわれるように、湿度調整をしてくれるような性質を持っています。さらに防カビ・消臭効果もあることから、屋根に限らず建築材料として重宝されています。

そんな漆喰の効果をしっかり発揮させるには、必要に応じて漆喰の補修をしてあげる必要があります。

屋根の漆喰にはどんな役割がある?

こんな場合は漆喰の補修が必要

もしもあなたのお宅の屋根から雨漏りしてきたら、漆喰の劣化が起きていると考えたほうがよいでしょう。よく見てみたら剥がれや欠けなどが起こっているかもしれません。

瓦屋根の寿命は約50年といわれているのに対して漆喰の寿命は約20年ですので、1つの瓦屋根に対して2度は漆喰の補修が必要となってきます。ある程度の年数が経過したら、雨漏りする前に劣化を食い止められるよう、定期的にチェックしておくことが屋根を長持ちさせるポイントとなります。

こんな場合は漆喰の補修が必要

漆喰補修はDIYできる?

漆喰の補修は、屋根にのぼって漆喰が欠けている部分に追加して塗り込めばよいと思うかもしれませんが、漆喰の補修では上塗りは厳禁だといわれています。上に塗った分は非常にもろく、はがれやすくなってしまうためです。補修の際には一度下地となっている部分をはがし、きれいな状態にしてから塗るのが基本です。

下地をはがす作業だけでも大変なのですが、さらに高所作業となるため、素人では危険が伴います。漆喰を塗る際に必要な「鶴首」と呼ばれる道具を手に入れるのが困難であるということもあるので、気軽にDIYというようにはいかない作業になります。

屋根修理は屋根のプロにまかせ、ぜひ専門業者に依頼することをおすすめします。

漆喰の補修費用が高くなる理由

屋根修理は屋根の広さや修理の度合いなどによって変わりますが、例えば約30坪家屋の屋根の場合、塗装だけなら40~80万円、瓦の葺き替えとなった場合には60~120万円と、幅広い基準となっています。

それらの費用は主として職人の人件費となっており、昨今漆喰を補修する職人が減ってきていることも修繕費用が高くなる理由のひとつです。また、工法や瓦の種類に応じた相場があり、目安として覚えておくのも良いです。

また、足場が必要となる場合には10~30万円、屋根材を撤去するなら20~40万円、屋根材を処分してもらうとなると量に応じた処分費などが上乗せとなることも知っておくとよいでしょう。

業者によって見積もりの算出方法が異なりますので、しっかり見積もりの項目と価格をチェックしてから業者を選びましょう。

漆喰の補修費用が高くなる理由

漆喰補修の費用を安く抑える方法

漆喰が剥がれてきたら修理が必要ですが、なかなか大きな出費で慎重になってしまいますね。とはいえ、必要な施工をしっかりしておかないと、せっかくの修理も無駄になってしまいます。

修理費用をできるだけ安く抑えるポイントとして『火災保険を使う』方法があります。火災保険は火災時のみならず、落雷や風災、水災の場合も保障されているため、強い風による劣化がある場合には、風災での保障を受けられるよう手続きしてみてください。対象となった場合には修理にかかる負担金を0円にすることもできます。

ほかにも、雨漏り修理以外の屋根工事や外壁塗装工事などと一緒に屋根の漆喰を補修することで、足場費用などの費用の負担回数を減らすことができてお得になります。また、大きな修繕となってしまわないよう定期的な無料点検サービスなどを利用し、修繕のタイミングを逃さないよう、屋根の状態を常日頃把握しておくのも費用を抑えるポイントといえます。

屋根工事のおすすめサービス

まとめ

瓦屋根はとても風情があり、落ち着いた雰囲気の魅力的な屋根です。素材も丈夫なので、長持ちするというメリットがある反面、きちんと点検や定期的な修繕が必要となります。

特に漆喰部分はどうしても経年劣化が避けられません。漆喰の補修を最低でも20年に一度はプロにおまかせして、素敵な屋根を長く保てるようにしましょう。修繕費用を抑えるテクニックなどもご紹介しましたので、参考にしてみてください。

屋根工事できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根工事」をご覧ください。

屋根工事はプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

屋根工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

屋根工事の記事アクセスランキング

屋根工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧