トタン屋根はどうして雨漏りしやすいの?その理由と修理の方法

2021.4.30

トタン屋根はどうして雨漏りしやすいの?その理由と修理の方法

屋根材にはさまざまな種類がありますが、トタン屋根はどのような特徴があるかご存知ですか?トタン屋根は鉄板を使用した屋根材で費用も安く施工することができる屋根材です。最近は見かけることが少なくなっているようですが、メリット・デメリットがあり都合が合えばトタン屋根も使用しやすい屋根材かもしれません。

今回はトタン屋根の特徴や修理についてご紹介します。トタン屋根は修理を自分で行うことができる場合もありますが、注意点をおさえることが大切です。修理を自分で行う方法や業者に依頼する費用についても紹介するので、ぜひご参考ください。

屋根工事のおすすめサービス

トタン屋根ってどんな屋根のこと?

屋根には瓦やスレートさまざまな材質のものが使用されますが、トタン屋根はそのなかでもつなぎ目が少なく、雨漏りしにくいという特徴をもつ屋根材です。

最近日本ではトタン屋根の住宅は少なくなってきているようですが、高度経済成長期には多くのトタン屋根住宅が建てられました。現在でも当時建てられたトタン屋根住宅は残っていることも多く、目にすることもあるのではないでしょうか。

トタンの特徴

トタン屋根の「トタン」は、ポルトガル語が語源となっており亜鉛めっき鋼板を意味しています。トタンは平板にすると強度が極端に落ちてしまうため、波板にして薄い材料でも強度がつくように工夫されています。鋼板は雨に弱く、すぐに錆びてしまいますが亜鉛めっき(鋼に亜鉛を噴射してコーティングしたもの)を使用することによって防水性を高めています。

トタン屋根のメリット・デメリット

メリットとしてトタン屋根を修理する場合、低コストでできるという点で優れています。材料自体もほかの屋根材と比べて安価な場合が多く、予算をおさえての施工が可能です。

一方トタン屋根のデメリットは、見た目の安っぽさと雨音が響きやすいことです。トタン屋根の材質である鉄板に直接雨の音が伝わってしまいます。激しく降る雨などの場合は睡眠の妨げになる可能性もありますが、お金がかからない屋根素材を求めている方には最適です。

      トタン屋根ってどんな屋根のこと?

「トタン雨は雨漏りしやすい」は本当なのか

トタン屋根は亜鉛めっきを使用することによって防水性を高めているということを先ほどご紹介しましたが、この亜鉛めっきのコーティングがはがれてしまうと防水性が低下してしまいます。コーティングがはがれてしまったところから錆びてしまい、雨漏りすることがあるので定期的なメンテナンスが必要となります。

メンテナンスの基本的な作業は錆止めや再塗装です。このような頻繁な手入れが必要になってくることから、最近ではトタン屋根を比べて耐久が優れているガルバニウム鋼板を使用する住宅が増えています。

メンテナンスを行わないと、劣化が早まってしまい雨漏りなどの屋根トラブルが発生しやすくなるので、なにか不具合に気づいたら早めにトタン屋根の修理を検討しましょう。
      「トタン雨は雨漏りしやすい」は本当なのか

トタン屋根の修理はDIYすることができる?

雨漏り修理は、応急処置であれば自分で行うほうがいい場合もあるようです。

DIYで修理を行う方法としては粘着テープや防水テープを使用して修理する方法と、防水コーキングを使用して修繕箇所を埋める方法のおもに2つがあります。自分でやる場合は材料費のみなので、数百円から数千円で済むので効果的です。

修理を行う際には屋根にのぼる必要がありますが、高い場所での作業は落下などの危険性があるのでハシゴなどをきちんと固定するなどして安全に作業を行うことが大切です。応急処置に過ぎないので雨漏りが発生した時点でトタン屋根の修理や張り替えは必要になってきているので業者に問い合わせて相談しましょう。

トタン屋根の修理を業者に依頼した場合にかかる費用の相場

トタン屋根の修理は塗装、補修、カバー工法の3種類が主なのでそれぞれの費用相場を説明します。

・トタン屋根の補修
部分的に張り替える場合の工事価格は1平米あたり4,000円ほどといわれています。屋根の一番高いところにある棟板金の修理は大きさなどによりますが5万円~となる場合もあります。

・トタン屋根の塗装費用
トタン屋根の塗装によるリフォームを行う場合、一般的な屋根の塗装と工事の費用はそれほど変わりありません。20坪の屋根塗装工事を例として考えた場合、足場費用は1平米あたり700円で費用は29,000円ほど、洗浄費が1平米あたり200円で費用が8,400円ほどになります。

・カバー工法
トタン屋根の修理にはカバー工法という、全体ではなく一部のみを葺き替える方法もあります。12坪の家のトタン屋根工事を例とした場合、足場費が1平米約700円で費用は15,000円ほど、防水シートは1平米約650円で費用は29,000円ほどといわれています。
      トタン屋根の修理を業者に依頼した場合にかかる費用の相場

トタン屋根はガルバリウム鋼板へ移行している

トタン屋根は老巧化したまま放置していると、穴が開いてしまう可能性が高まります。この状態にまでなってしまった場合は、トタン屋根の葺き替えを行わなければなりません。しかしトタン屋根から同じトタン屋根に葺き替えるケースは近年少なくなっているようです。

トタン屋根を修理する際、屋根材をトタンの代わりにガルバニウム鋼板に移行するのが最近では主流になってきています。ガルバニウム鋼板は、トタン屋根のものより性能がよく、耐熱性や防音性にも優れているからです。なによりデザインもよくなっており、錆びにくいので雨漏りには強い素材だといわれています。

低コストで行う場合、既存のトタンを残してその上から防水シートやコンパネを張るカバー工法などが良い方法だといわれています。予算がない場合にはこの方法が最適といわれており、屋根と屋根の間の空間ができるので自動的に防音性や断熱性を高められるメリットもあります。

屋根工事のおすすめサービス

まとめ

最近はガルバニウム鋼板の登場によってトタン屋根の修理の際もガルバニウム鋼板の移行することが多く、トタン屋根は減ってきているようです。理由としてデザイン性がほかの屋根材に劣るということも挙げられますが、場合によっては既存のトタン屋根をいかして低コストで施工できるのもガルバニウム鋼板が増えている理由の一つなのかもしれません。

その分定期的な点検などが必要になりますが、DIYで修理を行うこともできます。しかし高所でも作業は危険な場合もあるので、トタン屋根の修理や葺き替えなどは業者に依頼しましょう。

屋根工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根工事」をご覧ください。

屋根工事はプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

屋根工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

屋根工事の記事アクセスランキング

屋根工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧