ルーフィングシートにはどんな役割がある?ルーフィングの施工を見直そう

2021.4.30

ルーフィングシートにはどんな役割がある?ルーフィングの施工を見直そう

家を長持ちさせるためには水から家を守る必要があります。家の内部に水分が浸透してしまうと、劣化や腐食はみるみる進んでいきます。

そのためには、屋根材とともにルーフィングシート選びが重要になってきます。なかなか見ることができないルーフィングシートはとても重要な役割を担っています。しかし、聞いたことない方もいるのではないでしょうか。
そこで今回はルーフィングシートについて詳しくご紹介していきます。

屋根工事のおすすめサービス

ルーフィングシートって何?

ルーフィングシートとは、屋根材の下に敷く防水シートのことを言います。業者によっては屋根下葺き材とも呼ばれているものです。
ほとんど全てのルーフィングシートは施工した後、屋根材の下に隠れてしまうので、普段は目にすることが全くありません。新築や葺き替えのときでないと、お目にかかれる機会はなかなかないのです。

だからこそ、劣化や破れになかなか気づくことはなく、気づいたときには雨漏りなど甚大な被害が出た後になってしまうことが多いのです。
ルーフィングシートの役割は屋根材が防ぎきれなかった水を屋根内に入れずに外に流すことです。ルーフィングシートだけでなく、屋根材とセットで防水効果を高めてくれるのです。

ルーフィングシートの種類

ルーフィングシートには種類がさまざまあります。そこで、よく使われている代表的なものを紹介していきます。

透湿ルーフィング

防水でおなじみのデュポン社の高機能防水シート、タイベック(高密度ポリエチレン不織布)を使用したルーフィングシートが有名です。熱と圧力だけで結合させた不織布状のシートになり、透湿性や耐久性、防水性に優れています。

抜群の強度と耐久性能があるため、高い評価を得ているのです。野地板の湿気を素早く屋外に透過し、放出する効果もあるため、結露の発生を抑制することが可能で、野地板の腐敗や変形を防いでくれます。また、熱にも優れた耐久性能も持ち合わせています。

アスファルトルーフィング

ルーフィングシードといったらこれを指すことが多いほど、広く使われている一般的なルーフィングシートです。名前にも付いている通り、道路のアスファルトと同じ成分で作られています。フェルト状のシート紙を原紙と呼び、それにアスファルトを染み込ませて作られています。

アスファルトルーフィングシートの中でも、改質ゴムアスファルトを使用した「ゴムアスファルトルーフィング」と呼ばれるものは、自己接着性があるだけでなく、伸びや曲げも強いため木造住宅のルーフィングシートにおすすめです。

遮熱ルーフィング

アスファルトルーフィングと比べると約150倍の透湿性能があるため、湿気を速やかに屋外に逃がし凍結と腐れを防いでくれます。
夏は外からの熱を反射してくれ、冬は屋内の熱を逃がすことがないため、効率のよい冷暖房の効果を高めることができるのです。屋根全面から湿気を逃がすことで、家の耐久性と省エネ効果が期待できます。

他にもさまざまな種類があるので、自分の家の条件にあったものを選ぶことが必要となってきます。
            

ルーフィングの修理費用

ルーフィングシートは種類によって値段もさまざまです。また、工事費用は屋根全体の費用との兼ね合いもあるため、ルーフィング設置費用だけを明確にすることは困難だと言われています。

材料だけでは、アスファルトルーフィングは20m×1m程度で約3,500円~5,200円。改質アスファルトルーフィングで20m×1m程度で約4,800円~9,700円となっています。

ルーフィングシートは一度設置してしまうと外から見ることができません。そのため設置時に破けているか、穴が空いている場所がないかを確認することがとても重要になってきます。
ルーフィングに破損が見つかればすぐに工事を止め、その場所の修繕もしくは張替えを行ってもらう必要があります。
      ルーフィングの修理費用

ルーフィングシートの破損は雨漏りにつながる

ルーフィングシートは、普段目にはすることはありませんが、実際は屋根材以上にとても重要な建材なのです。しかしこのルーフィングシートにまで気を使って屋根を考えている方は多くありません。このルーフィングシートをしっかりと施工しないと、雨漏りや野地板の腐食の危険性が高まってしまいます。

基本的にルーフィングシートは下から順に重ねてタッカー(ホチキスの芯)で貼り付けていきます。屋根の水下側から貼り始め、水上側に向かって施工していきます。しかし重ね代の部分には必ず隙間ができてしまうので、ルーフィングシートが完全防水ということではありません。

瓦などの屋根材がまず雨水や風を処理してくれるのが条件ですが、それでも屋根材が処理できなかった雨水や風をルーフィングシートが処理するのです。
しかし、このルーフィングシートが破損していると雨漏りし、気づかないうちに腐敗しているかもしれません。

ルーフィングシートをチェックできるのは屋根を作る新築のとき、あるいは屋根の葺き替えのときだけになるので、注意が必要になってきます。

ルーフィングシートは雨の日に施工しても大丈夫?

ルーフィングシートは新築の際の施工スケジュールにも注意が必要となってきます。
屋根材がなくても、ルーフィング施工が終わっているだけで防水対策が可能となっています。しかし、野地板設置のあとのルーフィング施工が終わらずに雨が降ってしまうと野地板や柱を傷めてしまうおそれがあります。特に梅雨の時期や台風の多い9月前後などは注意が必要です。

雨が続くことで施工業者が焦って十分なスケジュールを取らずに施工を進めていないか、自分の目でチェックすることも大切になってきます。
      ルーフィングシートは雨の日に施工しても大丈夫?

屋根工事のおすすめサービス

まとめ

ルーフィングシートは一般的にあまり知られている建材ではありません。そのため、つい見過ごしがちですが、このルーフィングシートを選択することは、屋根材の選択以上に非常に重要な効果を締めているので、慎重になる必要があります。
これを機に、新築や葺き替えの際にはぜひルーフィングシートにも注目して屋根材を選択すると、雨に強い長持ちする家になるのではないでしょうか。

屋根工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根工事」をご覧ください。

屋根工事はプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

屋根工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

屋根工事の記事アクセスランキング

屋根工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧