壁のヒビはモルタル再塗装のサイン!知っておきたい基礎知識まとめ

2021.4.30

壁のヒビはモルタル再塗装のサイン!知っておきたい基礎知識まとめ

そのモルタル塗装に問題はありませんか?壁のヒビ割れ、モルタルの浮き、剥がれ……それらは再塗装のサインです!モルタル外壁の再塗装、失敗しないために知っておきたい基礎知識。今回は塗料や工法についてわかりやすく解説します。

モルタル外壁の基礎知識

モルタルとは、セメントと砂を1:3くらいの比率で混ぜ、水を加えて練られたものです。

ほかには、石灰と混ぜて硬化させたものを「石灰モルタル」、アスファルトと混ぜたものを「アスファルトモルタル」合成樹脂などの結合材(あるいは固着材)と混ぜたものを「樹脂モルタル」といいます。

モルタルは、主にコンクリート面の下地塗りや仕上げ塗りに使用されるほか、レンガやコンクリートブロックの目地としても用いられます。特徴として、表面が硬くて強度が大きく、耐火性に優れている点があります。左官材料として広く用いられますが、反面、乾燥による亀裂が入りやすいという点もあります。

モルタルはセメントが含まれているため丈夫なイメージがありますが、モルタル自体の防水性は低いため、モルタル外壁の表面に塗装をすることで防水性をもたせます。
      モルタル外壁の基礎知識

こんな症状が出始めたら要注意

モルタル塗装は、塗膜が劣化してくると白い粉を吹くチョーキング現象が発生してきたり、ヒビ(クラック)が入ってきたりするため、塗り替え時期を目で見て判断することができます。

モルタル下地外壁の劣化症状

・ヘアークラック:幅0.3mm以下、深さ4mm以下のクラック
・構造クラック:幅0.3mm以上、深さ4mm以上のクラック
・チョーキング:外壁を手で触ったとき、白い粉状のものが付着する状態
・浮きや剥がれ:塗装が浮く、または剥がれた状態

特に、破風や外壁を横に走るクラックは雨水を含みやすく、下地が早く傷みます。その水の侵入や湿気が原因で塗膜剥離や浮きが発生することもあります。また、浮いたモルタルを長く放置しておくと、外部要因(地震など)で自然にモルタルが落下することにもなりかねないため、早急に補修する必要があるでしょう。
      こんな症状が出始めたら要注意

モルタル塗装の方法

モルタル外壁の塗装のフロー

①高圧洗浄

モルタル外壁の表面にある汚れや、古い塗膜、鉄部の錆などを、業務用の高圧洗浄機で洗い流す作業です。高圧洗浄の後は、表面の水分を乾燥させるために約1~3日の乾燥時間を挟みます。

②下地処理

紙やすりやナイロンたわし、電動工具などを使用し高圧洗浄で落ちなかった汚れを手作業で落とす作業です。この下地調整作業で、モルタルの表面と塗料の密着性を高めます。

③塗装

下地補修が済んだあとは、塗装に入ります。塗装は全部で3回おこなわれるため、塗装だけでも約3日~6日の施工期間をとります。

下塗り

上塗り染料と外壁下地の接着剤のような役目を果たします。微弾性フィラーや弾性シーラーが多く使用されます。下塗りの工程が終わったあとは、約1日の下塗り材の乾燥期間が設けられます。

中塗り、上塗り

中塗りと上塗りでは、どちらも同じ上塗り塗料を使用します。便宜上、1回目の塗りを中塗り、2回目の塗りを上塗りと呼びます。塗料はムラなく均一に塗るため、原則重ね塗りです。

また、中には「中塗り」を省略して工事を済ませてしまう悪徳業者もいるため、業者選びはしっかりと吟味しましょう。塗装工事業者を選ぶ際に注意しておきたいポイントについては「外壁塗装は失敗することもある。必要性を理解して、業者選びをしよう 」で詳しくまとめられています。

適した塗料とは?

モルタル塗装には、それぞれ適した塗料や工法があります。塗料には大きく分けて3段階の分類が存在し、工程にも3種類の分類が存在します。

塗料の種類

・樹脂の違い
塗料は耐久性を決定づける樹脂によって、分類され、グレードやランクと呼ばれます。グレードの高い順に、アクリル樹脂、ウレタン樹脂、シリコン樹脂、ピュアアクリル樹脂、フッ素樹脂などがあります。値耐久年数や特徴で値段が変わります。選ぶ際にはメリット・デメリットが重要になります。

・希釈液の違い
水性か油性かに分けられます。塗料を薄める液体が「水」か「それ以外のシンナーなどの溶剤」なのかで水性塗料なのか、油性塗料なのかを判別できます。シンナーは人体への悪影響を及ぼす場合があるため、しっかりと特徴を押さえて選ぶ必要があります。

・1液型と2液型の違い
使用時の混ぜ方によって、1液型・2液型と分けられます。一つの塗料缶の中に入っているものをそのまま希釈して使うものを1液型、大小2つの塗料缶を混ぜて使うのが2液型といいます。どちらが良いということはなく、耐久性をとるか、費用をとるかなど状況に合わせて選択する必要があります。

工法

・単層弾性塗料
コスト★★ 耐久性★★

高弾性の塗料を上塗りに2回塗ることで弾力をつける工法です。工程は下塗り、上塗り2回の3工程です。一般的には複層弾性よりも耐久性は劣りますが、コストが安く済みます。また、近年では複層弾性並みの性能をもつ単層弾性塗料も登場してきています。

・複層弾性塗料
コスト★ 耐久性★★★

中塗りに高弾性の塗料を2回塗り、上塗りに別の種類の塗料を塗る工法です。工程は下塗り、高弾性中塗り2回、上塗り2回の5工程です。中塗りに既に高弾性を使用しているため、上塗りに自由なグレードの塗料を塗ることができます。単層弾性よりもコストはかかり、工程も多く手間もかかる分、耐久性に優れます。

・微弾性塗材
コスト★★★ 耐久性★

下塗りに微弾性フィラーという弾性のある下塗り材を塗り、上塗りを2回おこなう工程です。下塗りは微弾性のため耐久性は他の工法よりも劣りますが、複層弾性と同様、上塗りのグレードを選べるというメリットがあります。
      適した塗料とは?

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はモルタル塗装の基礎についてご紹介しました。数年から十数年のスパンで必要になる外壁塗装工事ですが、こういった基礎知識を知っているのといないのとでは納得の具合が違ってくると思います。きれいな外観を保つためにも、定期的な補修をおこなっていきたいものです。

外壁塗装を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「外壁塗装」をご覧ください。

この記事を書いた人
編集者:たかし
過去に引越し経験が多く、手伝いをお願いされることもしばしば。これまでの経験をもとに、引越しの料金節約法や庭づくりといった分野が得意。

家の壁を新築のようにキレイに

受付後、最短1日でマッチング

※対応エリアや加盟店によって変わります

ひび割れなどの壁の劣化が目立つと、家が古く見えてしまいます。汚れた外壁を塗り直し、新築のようによみがえらせてみませんか?もちろんメーカー保証もついているので安心です。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

現地調査はもちろん無料。調査後のキャンセルも代行いたします。

外壁塗装・外壁工事 平米 3,900円~
外壁塗装・外壁工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

外壁塗装・外壁工事の記事アクセスランキング

外壁塗装・外壁工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理