屋根防水の工事は定期的に!三角屋根と陸屋根で工法は変わる?

2021.4.30

屋根防水の工事は定期的に!三角屋根と陸屋根で工法は変わる?

皆さんが暮らす建物には必ず屋根が付いていますが、一口に屋根といってもその種類はさまざまです。そして建物を維持管理していくうえで非常に重要なのが屋根の防水対策だといわれています。

そこで今回は屋根防水に焦点をあて、屋根の種類や防水工法について、分かりやすくご紹介していきます。「屋根の種類にはどのようなものがあるのか興味がある」とか「屋根のタイプに応じた屋根防水を知りたい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

防水工事のおすすめサービス

施工方法が大きく変わる!屋根の種類について

屋根防水をおこなう場合、屋根の種類に応じて最適な施工方法を選ぶ必要があります。ここではまず屋根の種類について、主なものをみていきましょう。

陸屋根とは

陸屋根は聞きなれない言葉だと思いますが、まずは読み方からご説明します。陸屋根は古くは「ろくやね」といわれていました。しかし現在では「りくやね」でも「ろくやね」でも通用するようになったため、どちらの読み方をしていただいても問題ありません。

なお陸屋根の「陸」という漢字には「水平」という意味があります。そのため陸屋根は、傾斜がついていない平らな屋根のことをさします。さらに陸屋根は別名を「平屋根(ひらやね)」ともいいます。

ひと昔前の日本で陸屋根の建築物といえば、商業施設やビルなどに採用されるのが一般的でしたが、近年では戸建て住宅に陸屋根が採用されることも多くなりました。そうした陸屋根では、ガーデニングや家庭菜園を作ったり、ソーラーパネルを設置するといった活用法が人気です。

また陸屋根は平らな形状であるがゆえに、雨水やゴミなどが溜まりやすいという特徴があるため、防水をしっかりとおこなわなければなりません。

三角屋根とは

三角屋根は2つの面を組み合わせて作られるシンプルな構造の屋根で、別名を「切妻屋根(きりづまやね)」といいます。ちなみに「切妻屋根」という言葉には、本などの書物を開いたときの「へ」の字の形をした屋根という意味があるそうです。

「へ」の字型の三角屋根には勾配がついているため、雨水などが下へ流れていきやすく、水はけがよいのが特徴です。なお豪雪地帯では、屋根の上に雪が積もるのを防がなければならないため、デザイン性を考える以前に、この三角屋根を採用せざるを得ないという事情があります。

・その他の屋根
・寄棟屋根(よせむねやね)

近年主流の屋根で、4つの面で構成された屋根です。天井を広くしたい場合に有効な屋根ですが、雨漏りが発生しやすくメンテナンス費用も高いといわれています。

片流れ屋根

一般的な三角屋根を真っ二つに割ったような形状で、片側だけに傾斜をつけた屋根です。狭い敷地に家を建てる場合に有効な屋根ですが、大雨のときなどには一か所に水が集中して流れ込むため、雨どいがあふれてしまうなどのトラブルが発生しやすいといわれています。

      施工方法が大きく変わる!屋根の種類について

どうして定期的な屋根防水工事が必要なの?

屋根防水の工事にはさまざまな工法がありますが、いずれの場合も定期的に屋根防水の工事を行ったり、メンテナンスを施す必要があるといわれています。その理由として、屋根は建物のなかで最も紫外線による影響を受けやすく「雨・雪・風」などにさらされる場所だということがあげられます。

さらに屋根には鳥がとまって屋根材をついばんだり、木の枝や葉っぱ、飛来物などがぶつかったりすることで損傷する可能性もあるため定期的な屋根防水の工事が必要となります。

三角屋根の屋根防水工法

それでは三角屋根の屋根防水工法にはどのようなものがあるか、それぞれの特徴とともにみていきましょう。

・ルーフィングシート防水
・三角屋根の屋根防水工法は「ルーフィングシート」と呼ばれる防水シートを張りかえる工法しかないといわれている
・屋根材の下にこのルーフィングシートを敷くことで、屋根材が受け止めきれなかった水を外に流す役割を担う
・ルーフィングシートには「透湿ルーフィング・アスファルトルーフィング・遮熱ルーフィング」などの種類があるため、状況に応じたシート選びが重要

      三角屋根の屋根防水工法

陸屋根の屋根防水工法

つづいて陸屋根の屋根防水工法にはどのようなものがあるか、それぞれの特徴とともにみていきましょう。

(1)アスファルト防水

・比較的安価に工事ができる
・防水性に優れている
・歩行する場所には適さない
・狭い場所には適さない
・ニオイが出る
・見栄えが美しくない
・専門的に扱うことができる業者が少ない

(2)改質アスファルト防水

・比較的安価に工事ができる
・防水性に優れている
・狭い場所には適さない

(3)塩ビシート防水

・伸縮性と防水性に優れている
・既設の防水処理の上から塩ビシートを被せて防水加工ができる
・仕上がりが美しい
・比較的高価
・施工するのが難しい

(4)ゴムシート防水

・比較的安価に工事ができる
・伸縮性や歩行性に優れている
・環境にやさしい
・着色が可能である
・アスファルト防水の上には直接施工することができない

(5)ウレタン樹脂防水

・塗料なので施工しやすい
・狭い場所の施工に適している
・短い工期で施工を完了できる
・アスファルト防水の上には直接施工することができない
・耐用年数が比較的短い

(6)エポキシン樹脂防水

・塗料のため施工しやすい
・狭い場所の施工に適している
・短い工期で施工を完了できる
・耐用年数が比較的短い
・アスファルト防水の上に直接施工することはできない
・塗料が剥離した場合は塗り直しが必要

防水工事のおすすめサービス

まとめ

今回は屋根防水に焦点をあて、屋根の種類や防水工法について、分かりやすくご紹介してきましたが、いかがでしたか?屋根にはさまざまな種類があり、それぞれに適した防水工法があるということをお分かりいただけたでしょうか?

家は私たちにとって大切な財産です。屋根に防水工事を施すことは、そのまま家を守ることにつながると思います。そのため少しでも「ずいぶんと屋根のメンテナンスをおこなっていないから、雨漏りが心配だな」とか「防水対策を強化したい」とお考えの場合は、業者に相談してみましょう。

防水工事を依頼できる業者や料金

  
依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「防水工事」をご覧ください。

防水工事はプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

防水工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

防水工事の記事アクセスランキング

防水工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧