シート防水のメリットとデメリットとは?どんな種類があるの?

2021.4.30

シート防水のメリットとデメリットとは?どんな種類があるの?

世界的にみても年間降水量が多い日本では、一般的に建物には防水処理を施します。防水処理は建物の耐久性を高めるだけでなく、住み心地にまで大きく影響するといわれておりとても重要な工事です。

また一口に防水工事といっても近年ではさまざまな防水方法が確立されているため、多くの選択肢があります。

そこで今回はシート防水に焦点をあて、人気の高いシート防水の種類や特徴について分かりやすくご紹介していきます。「建物の防水を考えている」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

防水工事のおすすめサービス

シート防水ってどんな方法?メリットとデメリットは?

降水量の多い日本において「防水」は、建物の耐久性や住み心地にも関わるといわれています。防水にはさまざまな方法がありますが、ここでは屋上防水工事の施工方法として「シート防水」をご紹介します。

シート防水とは

シート防水の施工には、厚さ約1.2~2.5mmのシートが用いられます。このシートは主に、プラスチックや合成ゴムを原料としており、それをシート状に加工したものです。接着剤などを用いて下地にシートを貼り付けることで、防水処理を施すことができます。

シート防水のメリット

シート防水はアスファルト防水と比べ「耐久性」に優れ、厳しい環境下での「耐候性」も認められており、下地の亀裂にも強いといわれています。さらにシート防水の工事は短期間で済むため、人件費を抑えられるというメリットもあります。

シート防水のデメリット

シート防水の主なデメリットは、下地が複雑な形状をしている場合にシート同士のつなぎ目部分に欠陥が生じる可能性があるという点です。

      シート防水ってどんな方法?メリットとデメリットは?

シート防水に使われるシートの種類とその特徴

シート防水に使われるシートの種類には主に「合成ゴム系シート」と「塩化ビニル系シート」の2種類があります。それぞれのシートの特徴についてみていきましょう。

シートの種類

(1)合成ゴム系シート
(2)塩化ビニル系シート

シートの特徴

(1)合成ゴム系シート

メリット
・耐候性と伸縮性に優れている
・比較的安価
・工期が短い
・軽度のひび割れにも対応

デメリット
・防水層が薄いため表面に損傷を受けやすい
・塩化ビニル系シートと比べると耐候性が劣る
・複雑な形状には不向き
・施工者によって完成度に差が出やすい

(2)塩化ビニル系シート

メリット
・合成ゴム系シートと比べると耐久性が優れている
・施工しやすく軽量
・燃えにくい
・下地に施された既設の防水層に左右されず、上から被せることができる
・雨天の場合でも施工できるため工期短縮が可能

デメリット
・合成ゴム系シートと比べると高価
・複雑な形状には不向き
・施工時に振動と騒音が発生する

シート防水で用いられる工法

つづいてシート防水で用いられる工法にはどのようなものがあるか、種類別にみていきましょう。

(1)合成ゴム系シートの防水工法

【接着工法】

まず下地処理を施し、処理完了後にプライマーを塗布します。下地とゴムシートの裏面の両方に接着剤を塗布して防水ゴムシートを貼り付ける方法です。

【機械的固定工法】

ビスと鋼板盤で固定をしてから、ローラーなどを用いて転圧します。シートとシートの接合部にはシーリング材を埋め込むなど水の浸入を防ぐ処理を施し、最後に塗料を塗布して仕上げる方法です。

(2)塩化ビニル系シートの防水工法

【接着工法】

下地に対して、塩化ビニルシートを直接貼り付ける方法です。塩化ビニルシートの上に断熱材を入れる場合は「断熱工法」というのに対し、断熱材を入れない場合は「非断熱工法」といいます。

【機械的固定工法】

ビスや銅板器具を用いて、塩化ビニルシートを機械式に固定する方法です。機械式固定方法の場合も接着工法と同じように、塩化ビニルシートの上に断熱材を入れる場合は「断熱工法」というのに対し断熱材を入れない場合は「非断熱工法」といいます。

      基礎断熱はシロアリの住処になるかも!防蟻処理された断熱材を使おう

シート防水以外の防水方法

最後にシート防水以外にはどのような防水方法があるのでしょうか?主な防水方法をみていきましょう。

ウレタン防水

液状のウレタンを塗布して防水層を作り出していくという方法で、あらゆる場所に施工することができるというメリットがあります。比較的安価なうえ、短期間で工事をすることができます。またシート防水にみられるような「つなぎ目」ができないという特徴があり、古い層を撤去しなくても上から重ね塗りを繰り返すことが可能です。

FRP防水

FRPとはガラス繊維強化プラスチックのことです。硬化するプラスチック系樹脂と組み合わせた塗膜防水のことをFRP防水といいます。ウレタン防水と同じく、シート防水にみられるような「つなぎ目」ができないという特徴があります。

さらに軽量で優れた耐久性を備えた防水層になることから、近年注目を集めています。一方で紫外線よって劣化しヒビが入る可能性があるため、定期的にトップコートの塗り替えを行わなければならないとうデメリットがあります。

防水工事のおすすめサービス

まとめ

防水処理は耐久性が向上するだけでなく、住み心地もよくなるといわれています。

ご自宅に防水処理を施せばよりいっそう快適な環境を手に入れることができるはずです。これを機に防水処理を検討してみてはいかがでしょうか?

防水工事を依頼できる業者や料金

  
依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「防水工事」をご覧ください。

防水工事はプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

防水工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

防水工事の記事アクセスランキング

防水工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧