シーリング工事とは?住宅の雨漏り対策には欠かせない外壁のケア方法

2021.4.30

シーリング工事とは?住宅の雨漏り対策には欠かせない外壁のケア方法

外壁はどれだけ適切に工事をしても、年月を経ると隙間が生まれます。そのためその部分から雨漏りが発生し、住宅に大きな被害をもたらすことにもなります。

そのような最悪の事態を防ぐためには、シーリング工事で外壁の隙間をしっかり埋めて、雨漏りや紫外線に対する対策をしっかりすることが重要です。またどれだけ期間耐久できるのかで、工事をおこなうタイミングの目安もわかります。

今回は、住宅の雨漏り対策として重要なシーリング工事について詳しく説明していきます。

防水工事のおすすめサービス

外壁の防水を強化するシーリングの特徴

シーリングは主に合成樹脂のものを使用し、外壁に密着しやすいものが多いです。

ただ合成樹脂のなかでも耐久性に違いがあり、弾力の強さなども微妙に異なります。たとえばシリコン系の素材は断熱性に優れていますが、ウレタン系は耐久性が高い特徴があります。

ご自宅の外壁にはどの素材が一番適しているのかを見極め、最適な素材を選びましょう。

経年劣化の兆候の見つけ方

シーリング材は、劣化してくると徐々にひび割れたり、剥がれてくることがあります。ときには断裂してしまうこともあり、いずれかの兆候が表れたら新しいものに交換する必要があります。

放置していると外壁全体の劣化も招きかねませんので、兆候が表れたらすぐにシーリング工事のプロ相談するのがいいでしょう。

シーリング工事の耐用年数

シーリング材は永遠に耐久性を保てるわけではなく、一定の期間を過ぎたら劣化してくるものです。

住宅周辺の環境や天候の関係にも左右されますが、基本的にシーリングは、5~10年ほどの耐用年数があるとされています。劣化してくると雨漏りなどを招き、住宅にトラブルが発生する恐れがあるため、耐用年数を経過したら工事を検討するのがいいでしょう。

たとえ見た目のシーリングの状態がよくても、突然断裂してしまうこともあるため注意が必要です。
      外壁の防水を強化するシーリングの特徴

シーリング工事とは

住宅の外壁に使われるコンクリートや、タイルのつなぎ目の隙間を埋めるために行われる工事を「シーリング工事」と呼びます。

ここからは、シーリング工事について詳しく解説していきます。

シーリングとコーキングの違いは

専門用語でシーリングをコーキングと呼ぶこともあります。基本的には同じ内容のものと考えて問題はありませんが、多少違いがあるため、しっかり確認していきましょう。

シーリング材もコーキング材も、外壁のつなぎ目の隙間を埋める目的で使用され、防水対策のために重要な役割を果たします。

ただシーリング材は固形物タイプとペースト状のものに分類されるのですが、固形物をシーリング、ペースト状のものをコーキングと呼ぶこともあります。
      シーリング工事とは

シーリング工事の作業工程

外壁を雨漏りから守るため、あらゆる隙間を埋めるためにシーリング工事を行います。ここでは、シーリング工事がどのような工程で行われるのかということを説明していきます。

1.古いシーリング材の撤去
まずは、古いシーリング材を外壁からきれいに撤去します。新しい防水加工を施す場合、既存のシーリングはきれいに撤去する必要があるため、薄く残っているものも見逃さずカッターなどで削ぎ落とします。

2.養生
接着剤やシーリング材が他の部分に付着しないように、マスキングテープなどでしっかり養生してから作業は行われます。

3.プライマー塗布
新しいシーリング材を充填する前に、しっかり密着するように、プライマーと呼ばれる塗装剤をまんべんなく塗ります。

このプライマーを隙間なくしっかり塗らなければ、のちにシーリング材が剥がれてしまうことが起こる恐れがあるため、適切に作業を行わなければなりません。また塗った後すぐにシーリング材を充填する必要があり、スピードが求められる重要な作業となります。

4.新しいシーリング材の充填
ここまでの工程をしっかり行った後で、シーリング材を充填します。充填した後に、へらなどを使用し、隙間なく行き渡るように作業を行うことが大切です。

必要な機材は、ホームセンターなどでそろえることも可能です。ですが適切な作業を行わなければ、雨漏り対策として十分機能しないことも考えられますので、できるだけしっかり作業できるプロに相談するのがいいでしょう。
      シーリング工事の作業工程

シーリング工事費用の目安

外壁やベランダの防水対策として重要な役割を果たすシーリング工事ですが、いったいどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

業者に依頼する場合のシーリング工事費用は、以下の要点をもとに算出されることが多いです。

・シーリングの種類
耐久性に優れたシーリング材や、紫外線に強い素材を使用するのであれば、一般的なシーリング材よりも費用は高くなります。

・足場が必要かどうか
高所作業の場合は、危険を伴う作業となるため、安全確保のために足場を組み立てて行われるのが一般的です。そのため、足場の組み立て費用も加算されることが考えられます。

・目地の長さ
施工する目地が長ければ長いほど、シーリング材を使用する量も多くなり、それに応じて施工費用も高くなる傾向があります。

これらの他にも、既存のシーリング材を撤去したり、養生する費用も加えると、おおよそ25~50万円ほどの費用がかかります。

今後シーリング工事を依頼する際の目安として参考にしてみてはいかがでしょうか。

防水工事のおすすめサービス

まとめ

住宅を雨漏りから守るシーリング工事は、劣化の兆候が出たらすぐに新しいものに交換するのがおすすめです。

放置していても状況はよくなりませんので、なるべく早めの対応をすることが大切です。自分で行うことも可能ですが、しっかり隙間なく適切に工事する必要があるため、コツがいるでしょう。正しく作業を行うことができるプロに依頼するのが得策です。

防水工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「防水工事」をご覧ください。

防水工事はプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

防水工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

防水工事の記事アクセスランキング

防水工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧