トイレに水が流れない!?原因を調べてトイレを元通り使おう!

2021.4.30

トイレに水が流れない!?原因を調べてトイレを元通り使おう!

最近のトイレには節水タイプの製品も増えてきました。少ない水で排泄物を洗い流してくれるので、お財布にも優しいですよね。節水タイプの便器なら、流れる水の量が少なくても違和感がないのではないでしょうか。

しかし、以前に使っていたときよりも流れる水の量が少なくなったときには要注意です。もしかしたら不具合でトイレに水が流れないのかもしれません。

トイレの水の流れの変化を敏感に感じ取って、原因を調べてみましょう。

トイレでは適正な水量が計算されています

トイレタンクを開けると、中に水が溜まっているのがわかると思います。トイレタンクの中の水量は、適量が便器の中に流れ込むように制御されています。この水量が何らかの原因で少なくなってしまうと、排泄物を洗い流す水がトイレに流れないおそれがでてくるのです。
では、トイレタンクの中の適正水量とはどのくらいなのでしょうか。

タンクの標準的な水位は、オーバーフロー管というタンクからあふれてくるのを防ぐ装置の、およそ3cm程度下に来ることが最適であるといわれています。一度トイレタンクのフタを外してみて、タンクの中の水量を確認してみてください。

もしオーバーフロー管よりも水位が低すぎるときには、ボールタップ付け根にあるギザギザしたネジを回すと水位を調節することができます。まずはトイレタンクの中を適正な水量に保つことが大切です。

      トイレでは適正な水量が計算されています

「水に流せる」でも注意が必要!

水に流せるものはトイレに流して大丈夫と思っていませんか?いざ流してみると大惨事になってしまうことがあります。

同じ紙でもトイレットペーパーは別物

紙には水に溶けるものと溶けないものがあります。トイレで使用するトイレットペーパーは水に流してしまえるように作られたものです。それでも一度に大量に流せばつまる原因になるので、2回、3回に分けて流す場合も必要になるでしょう。

「猫砂」は注意!

みなさまの中には、ペットとして猫を飼っている方もいるのではないでしょうか。猫のトイレ場所には「猫砂」を敷き詰めて使うと思います。この「猫砂」をトイレに流すと、排水管がつまってトイレが流れないことがあるのです。

「猫砂」の中にはトイレに流せると書かれて販売されているものもあります。しかし、トイレがつまって溢れてしまうおそれがあることを考えると、ほかの廃棄方法で処分することをおすすめします。

水に流せるものがどんなものでも流せるわけではありません。トイレに流して処分しようとするときには注意が必要です。

トイレはどこで詰まりやすい?

実はトイレには構造上つまりやすい部分があるといわれています。

乾燥面

便器の中で水が当たっていない部分です。

水たまり(封水)

下水管とトイレ内を遮断して、排泄物の臭いが上がってくるのを防ぐ役割と、便器に汚れが付くのを防ぐ役割があります。水たまりの水位は排水路の入口になっている「せき」 によって決まります。

せき

水たまりから排水路に差し掛かるところの入口部分です。

排水路

排泄物を洗浄水とともに流す便器内の通路のことをいいます。

トイレはこのような構造でできています。
トイレというのは水量をコントロールするように設計されています。そのため、流れにくいものや溶けにくいものは細くなっているせきの部分で詰まりやすくなっているのです。

逆に考えると、せきの部分に引っかかっているうちは詰まらせている原因を取り除けば流れるようになります。トイレが流れないときはこのせきの部分をチェックしてみるといいかもしれません。

      トイレはどこで詰まりやすい?

トイレの水自体が流れないときは

トイレが詰まって水が流れない場合は、水がトイレからあふれてくることが多いです。しかし、どれだけレバーを動かしても水が流れてこないときもあります。

用を足し終わってから流れないととても困りますよね。ではトイレから水自体が流れないときにはどんな理由があるのでしょうか。

災害時にも使える応急処置

とりあえず排泄物を便器の中から流してから、トイレに水が流れない原因を探っていきます。

まずは応急処置として、バケツに水をたくさん汲んで便器の中に勢いよく流し込んでください。この方法は災害時にトイレを使うときにも有効です。

止水栓のチェック

便器に水が流れてこない場合、トイレタンクに水を供給している止水栓が閉まったままになっている場合があります。

トイレタンクを開けてみて水がまったく入っていないなら、止水栓が閉まっていることが多いです。止水栓を開けて、トイレタンクの中に水を入れましょう。

タンクのチェック

レバーをひねるとトイレタンクの中でゴムフロートが持ち上げられて、便器内へ水が流れ込みます。便器に水が流れてこない場合、このトイレタンクでおこなわれている一連の動作がうまくいっていないおそれがあります。

鎖が切れていたり、ゴムフロートが動かないとうまく便器に水が流れません。トイレタンクの中をチェックしてこれらの症状があった場合には修理が必要です。

まとめ

トイレに水が流れないと本当に困ってしまいますよね。水自体が便器に流れなくても、詰まってしまって流れなくてもトイレが元通り使えるようにしなければなりません。

とくにトイレが詰まって水があふれ出てしまうと、2次被害が起きて修理費用が多くかかってしまいます。トイレにはトイレットペーパー以外のものは流さないようにしましょう。

トイレに水が流れない場合には、症状によっては修理が必要になることもあります。原因がわかりづらいときには、業者に原因の調査や修理を依頼しましょう。

水漏れ修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「水漏れ修理・トイレつまり工事」をご覧ください。

この記事を書いた人
編集者:ふみ
昔から住宅展示会が大好き、理想の内装を追い求めるのが趣味。読者の目線に立ったコラムを作っている。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

※対応エリアや加盟店によって変わります

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!

水漏れ修理・トイレつまり工事 3,300円~
水漏れ修理・トイレつまり工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

水漏れ修理・トイレつまり工事の記事アクセスランキング

水漏れ修理・トイレつまり工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理