キッチンの水漏れで床が水浸しに!?一体なぜ…?原因と対処法を紹介

2021.4.30

キッチンの水漏れで床が水浸しに!?一体なぜ…?原因と対処法を紹介

朝、昼、晩と使用頻度の高いキッチンでは、料理や食器洗いなどで水を使用することも多いでしょう。そんな日常の中で「いつのまにかキッチンの床が水浸しになっている」といったトラブルが起こってしまうことがあります。これは、キッチンのどこかで水漏れが起こり、床にしみ出してきていると考えられます。このようなトラブルはすぐに対処しなければなりません。

そこでこの記事では、キッチンの水漏れで床が水浸しになってしまう原因と対処法について紹介します。対処法を知っておけばすばやく対応できるので、被害を最小限に抑えることができるでしょう。

キッチンの水漏れで床がビシャビシャに…その原因とは?

キッチンの床が水浸しになってしまう原因は、キッチンのどこかで水漏れが起こっているサインです。まずは、どこで水漏れが起こっているか、原因箇所を見つけて対処することが先決です。キッチンで水漏れが起こるおもな原因を6つ紹介していきますね。

排水トラップから水漏れしている

キッチンの水漏れで床がビシャビシャに…その原因とは?
キッチンの水漏れは、排水トラップでも起こります。キッチンの排水口には、害虫の侵入や悪臭を防ぐために排水トラップという部品が設けられています。排水トラップは、ナットと呼ばれる金具や部品同士の隙間を防ぐゴムパッキンによって、排水パイプへつながっているのです。

そのため、排水トラップをつないでいるナットにゆるみが生じれば、ポタポタと水漏れが起こってしまうのです。また、ゴムパッキンの寿命は、およそ10~15年といわれています。寿命を超えたゴムパッキンは劣化が進み、ひび割れなどを起こしてしまうのです。するとひび割れ部分から、水が漏れてしまい床を濡らしてしまいます。

排水パイプから水漏れしている

排水パイプとは、排水トラップと排水管をつなぐ塩化ビニール製の管のことです。排水パイプは、シンクの下の収納スペースに設置されています。排水パイプはいくつかのパイプがつながって設置されており、分解することも可能です。

排水パイプ同士の接続部分にはゴムパッキンやナットが使われており、ゴムパッキンの劣化やナットのゆるみによって水漏れが起こってしまいます。

排水ホースから水漏れしている

排水ホースとは排水パイプと同じように、排水トラップと排水管をつなぐビニール製の管のことです。材質がビニール製であるため、劣化してしまうと割れてしまったり折れてしまったりすることがあります。

排水ホースに亀裂が生じると、大量の水が漏れてしまいシンク下の収納スペースやキッチンの床が水浸しになってしまうおそれがあるのです。

○○との接続部分から水漏れしている

先ほどもお話ししたとおり、パイプ同士や排水トラップと排水パイプのつなぎ目のナットやゴムパッキンは、水漏れが起こりやすい場所です。また、排水ホースと排水管のつなぎ目も水漏れの原因になることがあります。

排水パイプと排水管のつなぎ目には、排水管からの悪臭を防ぐ防臭ゴムがついています。収納スペースにフライパンなどの調理器具を詰め込みすぎると、パイプが動かされ防臭ゴムが外れてしまうことがあるのです。

また、パイプが調理器具におされ、排水管から抜けてしまうこともあります。そうすると、排水パイプと排水管の隙間から水漏れが起こってしまうのです。

蛇口から水漏れしている

キッチンの蛇口からも、水漏れは起こります。蛇口のハンドルの接続部分には、ゴムパッキンなどの部品が取り付けられています。ゴムパッキンが劣化すれば、蛇口から水漏れが起こってしまうのです。しかし、これぐらいの水漏れであれば床まで被害が及ぶことはほとんどありません。

しかし、蛇口と水を運んでくる給水管をつなぐゴムパッキンが劣化して水漏れが起こっていると、壁やシンクの内側をつたって床が水浸しになることがあるのです。

配管のつまりによって水漏れしている

キッチンでは、食べかすや食べ物の油が水と一緒に流れてしまうことがあります。排水口を通って、排水パイプや排水管に流れた食べかすや油汚れは蓄積され、つまりの原因になってしまうことがあります。配管がつまると水が流れにくくなり、水があふれて水漏れが起こってしまうのです。

キッチン床の水漏れを止めるにはどうする?方法を知ろう!

キッチンの床を水浸しにしている水漏れの原因がわかったら、原因箇所別にてきした対処をおこなわなくてはいけません。それぞれの対処方法を見ていきましょう。

排水トラップから水漏れしている場合

キッチン床の水漏れを止めるにはどうする?方法を知ろう!
排水トラップから水漏れしている原因は、ナットのゆるみかゴムパッキンの劣化です。ナットを触ってみてゆるみがあるようであれば、スパナやモンキーレンチなどの工具でナットを締め直せば水漏れは解消されます。

ゴムパッキンの劣化が原因で水漏れしている場合は、ゴムパッキンの交換が必要です。まず、排水パイプと排水トラップをつないでいる2つのナットをスパナやモンキーレンチを使ってゆるめます。ナットをゆるめたら排水トラップをシンクの上から引き上げます。

排水トラップを取り外すと、ゴムパッキンを取り出すことができるので新しいものに交換してください。ゴムパッキンを交換した後は排水トラップを再度取り付け、収納スペースから排水パイプをつなぐナットをきつく締め直します。水を流してみて、水漏れがないようであれば終了です。

排水パイプから水漏れしている場合

排水パイプからの水漏れの原因は、パイプ同士の接続部分にあるナットのゆるみかゴムパッキンの劣化です。ナットのゆるみで水漏れしているようであれば、ナットを締め直すだけで水漏れは解消されます。

ゴムパッキンの劣化が原因であれば、パイプ同士の接続部分のナットをゆるめて外します。ナットを外せばゴムパッキンを取り出すことができるので交換しましょう。ゴムパッキンを交換したら、ナットを締め直して水を流して水漏れがないか確認してみてください。

排水ホースから水漏れしている場合

排水ホースの破損が水漏れの原因となっている場合は、排水ホースの交換が必要です。シンク下の収納スペースを開けると、排水ホースの下側に排水プレートという部品がついています。排水プレートは排水ホースが動かないようにしたり、排水管からの悪臭を防止したりするのに役立っています。

はじめにこの排水プレートを取り外します。そうすると防臭ゴムがあるので、外しましょう。そして、排水管に入っている排水ホースを引き抜きます。次に排水トラップと排水トラップをつなぐナットをゆるめて、排水ホースを取り外してください。交換する新しい排水ホースは、排水トラップを取り付けてから、排水管側をもとに戻しましょう。

○○との接続部分から水漏れしている場合

排水パイプやホースなどの接続部分から水漏れしている場合は、ナットの締め直しやゴムパッキンの交換をすれば解決できます。排水ホースと排水管のつなぎ目から水漏れしている場合は、防臭ゴムを調べてみる必要があります。まず、排水プレートを外してみて、防臭ゴムの状態を確認してみてください。

防臭ゴムが外れていたり、ずれていたりする場合は正しい場所に付け直せば水漏れが解消されるはずです。防臭ゴムに異常が見られない場合は、防臭ゴムを交換してあげるとよいでしょう。

蛇口から水漏れしている場合

蛇口からの水漏れは、ゴムパッキンなどの劣化が考えられます。蛇口のどこから水漏れしているかを見極めて、蛇口を分解しましょう。ゴムパッキンが見えたら取り除き新しいものに交換してください。あとは、元どおりに組み立て直せば完了です。

配管のつまりによって水漏れしている場合

配管のつまりは、内側の汚れを取り除く高圧洗浄が効果的です。高圧洗浄とは、水圧を利用して汚れを落とす方法のことです。高圧洗浄は自分でおこなうことはできないので、業者にまかせるとよいでしょう。

自分で水漏れを止めるのが難しい場合は、業者に修理依頼を

キッチンの水漏れで床が水浸しになっている場合、ゴムパッキンなどを交換して水漏れ修理する必要があります。ゴムパッキンなどの部品はホームセンターなどで購入することもできますが、水漏れがひどく買いに行く時間が作れない方もいるでしょう。

また、原因が明確ではない、自分ではどう直してよいかわからないという方もいるかもしれません。このような場合は、業者に依頼して直してもらうことをおすすめします。費用がかかるからといって水漏れを放置すると、大きなトラブルにつながってしまうのです。

なるべく早めの依頼が◎!水漏れを放置していると大変なことに

自分で水漏れを止めるのが難しい場合は、業者に修理依頼を
キッチンの水漏れが床を水浸しにしている場合は、早めに業者依頼して直してもらうことが大切です。水漏れしたまま放置しておくと、床材などが腐食してカビやシロアリなどの二次被害を受けてしまうおそれがあるのです。

また、床下には電気系統の配線が通っていることがあります。そのため、床に浸透した水が漏電の原因になってしまうのです。漏電とは、電気が漏れ出す現象で感電や火事の危険性があり非常に危険です。

さらに、アパートやマンションの場合は自宅だけではなく下の階へ天井から水漏れしてしまうおそれもあるのです。水漏れを放置して被害が大きくなれば、修理だけではなく床などの大規模なリフォームが必要になり、費用も高額になります。被害を広げないためにも、早めに業者に依頼するようにしましょう。

生活110番には、全国に優秀な水漏れ修理業者が多数加盟しています。キッチンの水漏れが原因で床が水浸しになっている場合、緊急性が高いトラブルといえるでしょう。弊社は24時間365日電話受付していますので、緊急事態でも迅速に対応することができます。お困りの際はいつでもご連絡ください。

まとめ

キッチンが水漏れして床が水浸しになっている原因は、排水トラップや排水パイプ・ホースなどの接続部分にあるゴムパッキンの劣化や配管のつまりが考えられます。まずは水漏れの原因を突き止めることからはじめましょう。原因がわかったら水漏れしている部分のゴムパッキンの交換をしたりナットを締め直したりして水漏れを止めてください。

道具が揃えられない、自分では直せないと判断したら、早めに業者に依頼することがおすすめです。キッチンの水漏れを放置しておくと、床が腐食したり下の階まで被害が及んだりと二次被害に発展してしまいます。キッチンが水漏れしているときは、被害が広がらないようにすぐに対処するようにしてください。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

※対応エリアや加盟店によって変わります

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!

水漏れ修理・トイレつまり工事 8,800円~
水漏れ修理・トイレつまり工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

水漏れ修理・トイレつまり工事の記事アクセスランキング

水漏れ修理・トイレつまり工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧