網戸の掃除はどうすればいい?サッシの掃除もお忘れなく!

2021.4.30

網戸の掃除はどうすればいい?サッシの掃除もお忘れなく!

網戸はデリケートなので力任せに掃除すれば壊れることもあります。しかし、網戸は放置しておけば外側からも内側からも汚れていきます。網戸が汚れればサッシやサッシ周りも汚れてしまいます。それでは、換気が必要な季節は困りものです。

そんなときのために、状況に合わせた網戸を掃除する方法とサッシやサッシ周りを掃除する方法をご紹介します。

なぜ網戸は汚れるのか?

網戸に付着する汚れの種類

窓についている網戸は外側からも内側からも汚れます。そして、外側からの汚れと内側からの汚れでは種類が異なります。

外側からの汚れは排気ガス、たばこなどの煙のほかに泥や砂などがあります。窓を開けていればこれらの汚れが網戸に付着することは避けられません。季節によっては花粉も網戸に付着するので、花粉症の人はとくに注意が必要になります。

それに対し、内側の汚れは生活の中で出るほこりや手あかなどが付着することでできます。キッチンでは油煙が付着することがありますし、喫煙者がいるご家庭ではたばこのヤニも内側から付着します。これらの汚れは頑固で落ちにくいので掃除が大変になります。

網戸は外側にも内側にもさまざまな汚れが付着するので、網戸を掃除するときはそれぞれの汚れを落とすのにぴったりな道具を使う必要があります。掃除のときは雑巾を使うことが多いので、網戸の掃除にも雑巾を使う人がいますが、毛玉になるのでおすすめしません。網戸を掃除するのに適した道具については2章以降で紹介していきます。

網戸を掃除する際の注意点

実際に網戸を掃除する前にいくつか気を付けなければならないことがあります。

まず、網戸を掃除する期間についてですが、これは年に1~2回水や洗剤を使って洗うとよいといわれています。ただし、網戸の点検や掃除を怠っていると、虫が卵を産み付けていたり網戸が壊れていたりすることもあります。快適に網戸を使い続けるためには、水や洗剤を使って掃除するだけでなく、定期的に網戸を乾いた状態でも掃除しておくことが重要です。

また、年に1~2回網戸を水や洗剤で掃除するといっても、網戸を掃除するときは、なるべく年末年始などの寒い季節は避けたほうが、より快適に掃除ができるでしょう。天候を考慮すると、晴れの日よりは曇りの日のほうが適しています。なぜなら、曇りの日は湿気が多く、ほこりが飛び散りにくいからです。それに加えて、網戸の掃除と同時に窓ガラスの掃除を行う場合も、曇りの日のほうが日光の反射が少なく、窓の状態が見やすいのできれいに掃除できます。その意味で、やはり曇りの日に網戸の掃除をしたほうが効率的だといえます。

水や洗剤を使って網戸を掃除する前に、網戸が乾いた状態でゴミやほこりを落としておきましょう。そうすることで、水や洗剤を使って網戸を掃除するときによりきれいに掃除できます。

そして、網戸の外側・内側に関係なく、乾いているときは上から下に、水や洗剤を使うときは下から上に網戸を掃除するということです。乾いているときは掃除している中でゴミやほこりが下に落ちるので、下から掃除を始めるのは非効率的です。水や洗剤を使うときは上から下に網戸を掃除すると垂れ染みができてしまうので、下から上に掃除していきます。これらの注意事項に加えて、なるべくなら右から左へと掃除する方向も決めておくとよりスムーズに網戸を掃除できるでしょう。

      なぜ網戸は汚れるのか?

網戸の掃除方法①【メラミンスポンジを使う】

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

床や壁のシミを消したり、ステンレス磨きをしたりと掃除の場面で活躍するメラミンスポンジですが、網戸の掃除でも重宝します。メラミンスポンジは100円ショップなどで手軽に入手できるうえに、はさみで切ってサイズを使い分けることができるので汎用性が高いです。「網戸掃除の基本はメラミンスポンジと重曹を使うこと」と言われているほど一般的な方法なので、網戸の掃除の方法で悩んだ際はメラミンスポンジを使うことをおすすめします。

メラミンスポンジの長所としては、洗剤がなくても、水さえあればきれいに掃除することができるということです。よりきれいに掃除したい場合は、もちろん洗剤を使用しても構いません。

メラミンスポンジを使うコツは大きいメラミンスポンジを使って、軽くこすることです。

メラミンスポンジは、最初から切った状態で売っているものもありますが、ひとつの塊で売っていることもあります。ひとつの塊で売っているものを使ったほうが、自分でサイズを考えて切ることができるので、状況に合わせて使い分けやすいです。小さいメラミンスポンジは使っているとすぐにすり減ってなくなってしまうので、部分的に汚れを落とすのではない限り、大きめのメラミンスポンジを選んだほうが使いやすいです。

そして、適度に水で濡らしつつ、網戸を軽くこすって汚れを落とします。メラミンスポンジを網戸に軽くこすりつけているとメラミンスポンジのカスが出ますが、それは最後に掃除機で吸い取りましょう。メラミンスポンジを強く網戸にこすりつけるとこれらのカスが出やすいばかりでなく、網戸の破損の原因にもなるので気を付けましょう。

メラミンスポンジのこすっている面が汚れたら違い面を使い、全面汚れたらメラミンスポンジを水や洗剤などで洗います。メラミンスポンジが小さくなったり過度に汚れたりした場合は、新しいメラミンスポンジに取り替えます。

網戸の角の部分はメラミンスポンジでは掃除が難しいことがあるので、歯ブラシなどの小さいブラシで掃除しましょう。

網戸の掃除方法②【ストッキングを使う】

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

網戸の掃除はストッキングでもできます。ストッキングは静電気を帯びているので、ゴミやほこりを落とすことができるのです。この方法は水や洗剤を使わず、乾いた状態で網戸を掃除するのにおすすめの方法です。もしご家庭に使い古したストッキングや伝線したストッキングがあれば、有効活用しましょう。

まず、網戸の外側の掃除からはじめます。ストッキングで網戸を掃除する前に部屋の中にゴミが入らないように部屋の内側に新聞紙やテープなどを貼ります。ストッキングのつま先部分にいらなくなった靴下などを入れることで団子の状態にして、それを使って網戸の外側からこすります。外側が終わったら、内側の新聞紙やテープなどをはがし、内側からも同じように掃除します。そして、最後に床に落ちたゴミを掃除機で吸えば、ストッキングを使った網戸の掃除は完了です。

網戸の掃除方法③【掃除機を使う】

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

乾いた状態で網戸を掃除するのなら、単純に掃除機で網戸を掃除してもきれいになります。その方法は、網戸の内側に新聞紙やテープなどを貼り外側から掃除機でごみやほこりを吸ったら、新聞紙やテープなどをはがして内側からも掃除機でごみやほこりを取り除くだけです。ストッキングを用意できない場合やより手軽に網戸を掃除したい場合には掃除機で網戸を掃除すれば簡単に掃除できるでしょう。

ただし、掃除機の吸い込み口を網戸に強く押し付けすぎると、網戸が壊れてしまうおそれがあります。また、新聞紙やテープなどで網戸の片側をふさがないと掃除機の効果は半減してしまいます。そのため、効率的に、掃除機で網戸のごみを吸い取りたい場合は、前述のとおり、網戸の片側を新聞紙やテープなどで塞ぐことをおすすめします。

網戸の掃除方法④【フローリングワイパーを使う】

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

床を掃除するフローリングワイパーは網戸の掃除にも使えます。この方法も比較的手軽に網戸を掃除できるので、時間がないときや手間をかけたくないときにおすすめです。また、使用する吸着マットの種類によっても乾いた状態での掃除と水や洗剤を使った状態での掃除がどちらもできるので、比較的汎用性がある網戸の掃除方法になります。

フローリングワイパーで網戸を掃除するときは、力加減の調整や作業をやりやすいようにフローリングワイパーの柄を短くします。床を掃除するときと同じように、フローリングワイパーの先端に吸着シートを取り付けたら、網戸の外側と内側からやさしく拭き取ります。網戸を拭く順番としてはフローリングワイパーの場合は、汚れが少ない内側から始めたほうが効率は良いでしょう。そして、最終的に床に落ちたゴミを掃除機で吸います。

ちなみに、網戸の掃除に使うフローリングワイパーの種類としては、平面のシートのものよりも凹凸のあるシートのほうが網戸の網目にはまって汚れを吸着しやすい傾向があるようです。

網戸の掃除方法⑤【重曹を使う】

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

網戸を掃除するときに使う洗剤は中性洗剤でも構いません。しかし、壁や床の掃除によく使われる重曹は消臭効果があり、金属の研磨や油(タンパク質)の分解に適しています。そのため、網戸に付いた油汚れやたばこのヤニの付着を落とす場合は最適な道具であるということができます。そのため、重曹を洗剤代わりにして、メラミンスポンジやフローリングワイパーなどのほかの道具と合わせて使えばよりきれいに網戸を掃除することができます。

重曹水を作るには、任意の容器に200ccのぬるま湯を入れて小さじ1杯程度の重曹を入れてかき混ぜるだけです。重曹水を作るのに使う容器はバケツでも構いませんが、スプレーボトルのほうが網戸の表面から重曹水を吹きかけることができ、掃除しやすいでしょう。

重曹水を網戸全体に吹きかけて、しばらく置いておくと網戸に付いた汚れを一部分解してくれます。網戸を乾いた状態で掃除した後、メラミンスポンジやフローリングワイパーなどほかの道具を用意している間に重曹水スプレーを網戸に吹き付けておけば時間や手間の節約になります。

また、重曹水は網戸のサッシやサッシ周りの掃除にも役立ちます。メラミンスポンジやフローリングワイパーでは網戸のサッシやサッシ周りの掃除は難しいので、そのときも重宝します。詳しくは次章で説明します。

      網戸の掃除方法⑤【重曹を使う】

網戸サッシ・サッシ周りの掃除方法

網戸を掃除していると気になるのが、サッシやサッシ周りの汚れです。普段は目につきにくいですが、ふと見てみるとゴミやほこりがたまっています。サッシやサッシ周りの汚れは網戸そのものの汚れよりもひどい場合が多く、網戸の外側の汚れと内側の汚れとが混ざり合っています。雑巾を使って掃除すると、すぐに雑巾を汚くするほどの汚れがたまっていることも珍しくありません。そのうえ、サッシは雑巾では掃除が難しいこともあるので掃除を怠りがちにもなります。

サッシやサッシ周りの乾いたほこりやごみは掃除機でも除去できます。網戸を掃除するときと同じように、水や洗剤を使う前に掃除機を使って事前準備をしておきましょう。

掃除機や雑巾では掃除しにくい部分を掃除するためには歯ブラシやお手入れ棒などを使うことがおすすめです。お手入れ棒は割りばしにキッチンペーパーを巻きつけて輪ゴムなどで固定すれば簡単に作れます。こういった道具は掃除機や雑巾よりも細かいところに届き、汚れてしまったとしても洗ったり取り替えたりするのが容易です。サッシの中でも人の手が届きにくいところに汚れがたまっているので、洗剤や重曹スプレーなどで汚れを溶かしてから掃除するとよりきれいに掃除できます。

また、サッシやサッシの周りを掃除する順番は、基本的には、窓ガラスを掃除する前・網戸を掃除した後がおすすめです。窓ガラスを掃除してからサッシを掃除すると、窓ガラスにサッシの汚れが付着して再度窓ガラスを掃除する手間が増えます。網戸の場合も同じで、サッシを掃除してから網戸を掃除すると網戸に付着していたゴミやほこりがサッシに落ちるので、再度掃除する手間が増えます。このため、網戸の掃除、サッシやサッシ周りの掃除、そして窓ガラスの掃除という手順で掃除することをおすすめしています。

まとめ

網戸の状態やそのときの状況によって網戸の掃除の方法は人それぞれです。このコラムでは一般家庭で網戸を掃除することを想定して掃除の道具や方法をご紹介しましたが、どの方法で掃除するのが正解かということはありません。「きれいに掃除したい場合」「掃除する時間がない場合」など自分の状況や判断で、自分に合った掃除の方法を見つけましょう。

ただし、窓の外に出られないなど、場合によっては網戸を取り外して専門の道具で掃除しなければきれいに掃除できないこともあります。そのときは、一般の人だけでは掃除が難しく、専門業者に任せたほうが安全かつきれいに網戸を掃除できるかもしれません。

畳・襖・障子張り替えを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「畳・襖・障子張り替え」をご覧ください。

こだわりの仕上がりに!

お客様に合わせた張り替えをご提案!

※対応エリアや加盟店によって変わります

材料費と作業費込みの分かりやすい価格設定でお客様にあった張り替え方法をご提案します。素材にこだわりたいといったことも可能ですので、一度ご相談ください!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

畳、襖、障子、網戸など様々な張り替えに対応しています。

畳・襖・障子張り替え 2,600円~
畳・襖・障子張り替えのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

畳・襖・障子張り替えの記事アクセスランキング

畳・襖・障子張り替えの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧