畳のお手入れ方法を一挙紹介!きれいな畳を長持ちさせるためのコツ

2021.4.30

畳のお手入れ方法を一挙紹介!きれいな畳を長持ちさせるためのコツ

古くより日本人の住宅に使われている畳。近年はフローリングの床が増えて、和室で過ごしているという方も少なくなってきました。ですが一方で、「畳の部屋は落ち着く」という方がいまだに多くいるのも事実。一軒家を建てた場合、ひと部屋だけ畳の部屋にするという選択肢もあるくらいです。

しかし、フローリングよりも畳はお手入れが必要だという一面もあります。快適にすごすために、どのようなお手入れをしたらよいのでしょうか。

今回は畳のお手入れについてまとめました、ぜひお読みください。

畳の使い方の注意点

日ごろから畳の使い方に注意を払っておくと、畳の寿命も延びて快適に使用することができます。そういう意識はなくとも、毎日使うものですので、少しでも傷まないようにしましょう。

畳には適度な湿気が必要ですが、かといって高い湿度のなかでは傷んでしまいます。お部屋の換気を心がけて、畳に快適な湿度を守りましょう。

また、畳の上にカーペットを敷いたり布団をたたまず万年床にしてしまっていたりしても、畳に湿気が溜まって傷んでしまいます。重いものやキャスター付きのものを置く際などは、当て布をするなど畳に直接当たらないようにしましょう。

このように畳を使う際にはちょっとした気配りをしてあげることが大切です。また、畳のお手入れもきちんと行うようにしましょう。

      畳の使い方の注意点

畳の普段の掃除方法

畳のお手入れといったら、普段からの掃除です。この掃除もやり方をちゃんと畳のためになるようにしましょう。畳の掃除は、「目にそって」が基本です。掃除機をかける際はガチャガチャとあわただしくかけず、ゆっくり静かに1畳につき40~60秒ほどかけるようにしましょう。

雑巾がけをするときは濡れ雑巾は厳禁です。乾拭き、もしくはお湯を固く絞った雑巾で拭くようにするとよいでしょう。

畳のダニ対策

畳のある生活にとって厄介な敵といったらダニです。健康を損ねる危険もあるので、畳のお手入れをきちんとしてダニを寄せ付けないようにすることが大切です。

ダニの予防方法

ダニにも種類がいて、畳に発生するのはカビを好む「コナダニ」という種類です。カビにつられて発生するので、カビが発生しないように予防を心がけることが大切です。

発生したダニの対処法

もしダニが発生してしまったら、健康被害が出ないうちに対処しましょう。畳を外に持ち出して天日干しをするのがよいといわれています。カラッと晴れた日に、アスファルトやコンクリートに畳を敷いて干すと、高温によりダニが死滅するそうです。時間を見てひっくり返しながら干してあげましょう。

畳のカビ対策

ダニを寄せ付けないためにはカビを発生させないことが大切です。カビが生えてしまったら、カビ自体にも健康に悪影響を与えることがあるので注意しましょう。

カビの予防方法

カビの予防についてはとにかく湿気です。日ごろから換気を心がけて、お部屋に湿気がこもらないようにしましょう。梅雨の時期や夏場などは除湿機やエアコンのドライ機能などを使うとよいかもしれません。

畳のお手入れとして、年に1~2回ほど天日干しをするとよいともいわれています。

発生したカビの対処法

カビが発生してしまった場合は、ダニを寄せ付ける前に迅速に対処しましょう。まずはよく乾燥することが大切です。窓を開ける、除湿機、エアコンのドライ機能などを使いましょう。乾燥させたら、掃除機をゆっくりとかけてカビを吸い込みます。畳の目に沿って丁寧にかけましょう。

カビが酷い場合は消毒用アルコールや漂白剤を染み込ませた布で拭きとってください。肌があれないようにゴム手袋などをすることをおすすめします。拭き取ったら固く絞った雑巾などで、畳に残ったアルコールや漂白剤なども拭き取りましょう。

      畳のカビ対策

畳替えのタイミング

丁寧に畳のお手入れをしながら使っていても、寿命というものがどうしてもあります。何年も使った畳は、畳替えをしなければなりません。その畳替えをする際の目安となる項目をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

1、畳表が衣服につく
2、畳がくぼんでしまっている
3、畳表が破れていたり、焦げてしまったりしている
4、畳と畳のすき間は空いてしまっている
5、畳表の色が濃い茶色になっている(日焼けしている)
6、畳表にシミがある
7、畳が湿っぽく、カビ臭い

これらの症状がある場合は畳替えの時期といえるでしょう。畳屋さんや、畳張り替え業者などに連絡してください。また、交換とまではいかなくても畳交換という作業を行うことで長く畳を使うことができます。畳は寿命が来たら交換する必要があるのですが、数年単位で表裏を入れ替える作業があります。

使用2~3年…畳表の裏返し
使用5年…畳表の交換
使用10~15年…畳交換(畳替え)

上記の年数を目安に行うのがいいでしょう。こちらも畳屋さんや畳張り替え業者などに依頼するのが一般的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。日本人の心ともいえる畳のお手入れについてまとめてみました。日ごろの使い方、掃除の仕方を少し注意するだけで畳の寿命は延びていきます。

定期的に天日干しをすることで、畳の手入れにもなりますし、日の光を存分に浴びて太陽の匂いのする畳を敷くのもまた乙なものでしょう。フローリングのお部屋が主流になってしまった現在ですが、一部屋だけ畳の部屋を持ってみるというのもよいでしょう。

畳の設置や交換は、細かい技術が必要となるため、畳交換のプロに依頼して適切な作業を行ってもらうのがよいのではないでしょうか。

畳・襖・障子張り替えを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「畳・襖・障子張り替え」をご覧ください。

こだわりの仕上がりに!

お客様に合わせた張り替えをご提案!

※対応エリアや加盟店によって変わります

材料費と作業費込みの分かりやすい価格設定でお客様にあった張り替え方法をご提案します。素材にこだわりたいといったことも可能ですので、一度ご相談ください!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

畳、襖、障子、網戸など様々な張り替えに対応しています。

畳・襖・障子張り替え 2,600円~
畳・襖・障子張り替えのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

畳・襖・障子張り替えの記事アクセスランキング

畳・襖・障子張り替えの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧