鉄筋コンクリートでも雨漏りする?!考えられる原因と対処方法

2021.4.30

鉄筋コンクリートでも雨漏りする?!考えられる原因と対処方法

家の築年数が経つにつれて家にさまざまな問題が起こります。そのうち雨漏りはよく起こりえる問題ではないでしょうか。雨漏りが続いてしまうと、安心して暮らしていけませんよね。

本コラムでは鉄筋コンクリートの雨漏りが起こりやすい場所と原因とその対策を紹介します。雨漏りでお困りの方や雨漏りが心配といった方は参考にしてみてください。

雨漏りが発生しやすい場所

そもそも雨漏りが発生しやすい場所はどこでしょうか。

・壁
築年数が経つことによって、防水加工がはがれてしまいます。亀裂が生じ、その亀裂がだんだん広がってしまって雨漏りするという場合があります。

・屋上
屋上の屋根も劣化により防水性能が低下していきます。また施工ミスによる水漏れも考えられます。屋上から雨漏りした場合は家の中に直接水が入って被害を受けてしまいます。

・窓
窓のサッシは頻繁に開け閉めするので、擦れてしまって水漏れが起こります。窓とサッシの間にスキマがないか確認しましょう。

・ベランダ
ベランダは雨水が溜まることが多いので、ベランダにひびが割れていると水漏れを起こす場合があります。

ベランダや屋上などは鉄筋コンクリートでも雨漏りが起こります。なぜ雨漏りが起こるのか、原因を次でみていきましょう。

雨漏りが発生しやすい場所

鉄筋コンクリート造で雨漏りする原因

鉄筋コンクリートで雨漏りする原因は以下の理由が考えられます。

防水層・シーリングの劣化

防水層とは鉄筋コンクリートに雨漏りを防止するためのもので、シーリングとは水漏れが起こらないようにするために充填剤でスキマを塞ぐことです。
防水層やシーリングも長く使えば、劣化して水漏れが起こりやすくなります。

ジャンカ

ジャンカとは打設されたコンクリートの一部分に粗骨材が集まってできたスキマの多い不良部分をいいます。
コンクリートを打設する際に素材が離れてしまう、しっかり固められていないセメントペーストの漏れなどから起こります。

クラック

クラックとは建物の壁や内壁などにできる亀裂やひび割れのことです。
乾燥収縮などによって生じた表面の細かいひびをヘアクラック、設計や施工時の欠陥によって基礎の内部から発生したひびを構造クラックといいます。これらは建物の強度を低下させてしまいしまう恐れがあります。

鉄筋コンクリート造で雨漏りする原因

雨漏りした場合の修繕方法

鉄筋コンクリートが雨漏りした場合はすぐに修繕することが必要になります。どのような修繕方法があるのでしょうか。

散水調査

散水調査は建物の水漏れが疑われる部分に水をかけて雨漏りを確認するという方法です。
雨漏りの原因を突きとめて、適切な防水工事を行うために必要です。

ホースにシャワーヘッドが取り付けられていて、水を流し、雨を再現します。ひとつの場所で雨漏りの原因を突きとめられなければ、他の場所でも調査するので、時間がかかる場合があります。

防水工事

防水工事は塗料を鉄筋コンクリートに塗ります。防水塗料にはさまざまな種類があり、コンクリートにはシリコンとフッ素が使われています。

塗料で塗るだけならば、自分たちでもできそうですが、防水効果を発揮するためには厚みを持たせて塗る必要があります。上手に塗るためには技術が必要なので業者に依頼するのがよいでしょう。

シーリングの打ち直し

シーリングを打ち直すことによって水漏れしにくくなります。シーリングの打ち直しは自分たちでできる場合もあるので、ホームセンターなどに売っている充填剤を使ってスキマを埋めみるのもよいでしょう。

作業するところが屋上といった高い場所では足場を組む必要もあります。万が一落ちてしまうと危険なので1人で作業を行わず、2人以上で作業を行ってください。

高所での作業は怖いし、自分できちんとできるか不安に感じる方は業者に依頼するのがよいでしょう。費用相場を紹介します。部分的に修理した場合です。
 

・屋根の雨漏り 50,000円から
・壁の雨漏り  100,000円から
・ベランダの雨漏り 50,000円から
・窓の雨漏り  50,000円から

 
上記の費用相場はあくまでも目安です。修理する場所が部分的ではなく全体であると、費用がさらにかかります。また地域や作業の範囲によって変わります。作業する前に見積りを取ってもらいようにしてください。あとから追加で費用を請求されることがないようにしましょう。

雨漏りした場合の修繕方法

防水メンテナンスは定期的に

鉄筋コンクリートの耐久年数は住宅であれば、約40年、そのほかの建物は約30年から50年といわれています。防水メンテナンスは15年おきくらいにするとよいでしょう。

防水工事をすることは鉄筋コンクリートが雨漏りすることを防ぐだけでなく、ひび割れが改善されるので、外観も良くなります。鉄筋コンクリートが自然災害から守ってくるため、快適な生活環境を作ることにもつながります。

防水メンテナンスは建物の寿命を長くするだけでなく、その建物の資産価値を高めます。定期的に家の外観をチェックして、ひび割れがないかを確認しましょう。

まとめ

雨漏りしやすい場所と、鉄筋コンクリートで雨漏りが発生する原因を紹介しました。防水メンテナンスをすることで雨漏りを防ぐだけでなく、建物を保護するため、建物の資産価値を高めます。雨漏りでお困りでしたら、迷わず防水工事や雨漏り修理をしましょう。

雨漏りを修理して、安心して暮らしていきましょう。

雨漏り修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「雨漏り修理」をご覧ください。

急な雨漏りを速攻解決!

部分修理で低価格を実現!

※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。

雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

雨漏り修理 27,500円~
雨漏り修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

雨漏り修理の記事アクセスランキング

雨漏り修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧