これで解決!雨漏りにお困りのあなたへ贈る雨漏り解決ガイド

2021.4.30

これで解決!雨漏りにお困りのあなたへ贈る雨漏り解決ガイド

強風や台風、建物の劣化のなど、さまざまな要因で突如起きる雨漏りは多くのご家庭で直面する困った出来事のひとつでしょう。雨漏りを放置しておけば建物がダメージを受けるだけでなく、健康被害や害獣・害虫を呼び寄せるなどの弊害も生じることになります。

雨漏りの応急処置方法や雨漏り修理の業者選びのコツを知って、雨漏り対策を万全にしましょう。

自宅で雨漏りが発生…どこの何が原因で雨漏りしてるの?

自宅で雨漏りが発生してしまうと、家の中のものが濡れたり、壁や床にシミができたりして困りますよね?この章では、自宅で雨漏りがする場所と原因について述べます。

雨漏りが発生する場所

自宅で雨漏りが発生する主な場所は屋根や屋上、外壁、窓とります。これらは直射日光や雨、風などの気象の影響をまともに受けるため、劣化したり傷んだりしやすいのです。

それぞれの場所でどのように雨漏りが発生するのか、詳しくみていきましょう。
 

屋根や屋上

まずは屋根や屋上から雨漏りが起きるケースがあります。

屋根とひと口に言ってもたくさん種類があります。構造の面だけを見ると、一般的には勾配が急な屋根ほど雨水が屋根にたまりにくく見えます。それに対し、平な屋根である陸屋根は雨水がたまりやすいので、雨漏りしやすい構造になっているということができるでしょう。

また、勾配のある屋根でも屋根の種類によって雨漏りが起きる原因は変わることがあります。

ただし、種類問わず屋根から雨漏りが発生する場合は谷とい板金(違った角度の屋根が接している場所にあるとい)からの雨漏りが圧倒的に多く、次いで屋根の経年劣化、外壁から出ている屋根のつなぎ目などから雨漏りが起きるケースが多いようです。

全体でみると板金がらみの雨漏りが7割以上を占めているので、屋根の部位によっても雨漏りに注意すべき度合いが変わってくるということができます。
 

外壁

外壁からも雨漏りが起きるおそれはあります。その場合は壁の部材と部材の接合部分からの雨漏りが多いですが、まれに何らかの理由で外壁に亀裂が入り、雨漏りが起きるケースもあります。

また、屋根や窓との接合部分からも雨漏りが起きていることがあるため、そういった場合は複合的な修復が必要になることもあります。
 

自宅で雨漏りを起こすケースには、窓のサッシから雨漏りを起こすこともよくあります。前述のように外壁とのつなぎ目に問題がある場合は、当然窓からも雨漏りが起きることがありますが、窓のコーキング(ゴム状のパッキン。コーキング材というものを流し込んで作る)部分や窓周辺の換気扇・配管などが原因で雨漏りを起こすこともあります。

窓は屋根や外壁に比べてコーキング部分などが紫外線や天候などの影響を受けやすいので、とくに注意が必要です。屋根や外壁と同じようにメンテナンスするとともに、台風や豪雨のときは雨戸などを有効活用して保護するという心がけも必要になります。

雨漏りが発生する原因

雨漏りの原因を具体的に特定することは、意外と難しいといわれています。しかし、雨漏りを起こす原因はおおむね以下の3つであることが多いです。雨漏りが起きたとき、ご自宅の状況に照らし合わせて以下のようなことがないかどうか確認してみてください。
 

経年劣化

いうまでもないことですが、どんなものにも寿命があります。屋根も外壁も窓も天候の影響をまともに受けるので、長く使えば使うほど、割れやすくなったり、穴が開いたり、水を通したりする危険性が増します。そのため、寿命に近づけば近づくほど雨漏りのリスクも高まるというわけです。

雨漏りを防止するためには、それぞれの耐用年数について把握しておくとともに、定期的に点検し、メンテナンスを行うことが必要不可欠です。

天災

豪雨や台風、地震などの天災で雨漏りが起きることもあります。こればかりは、定期的にメンテナンスをしていようが、プロが施工していようが避けることができないことになります。

しかし、天災で雨漏りが起きたとしても、その後の対応を適切に行うことは可能なはずです。とくに建物に雨漏りが起きた原因が自然消耗によるものではなく、自然災害によることが明らかな場合は火災保険で保険金が支払われる場合もあります。そうでないにしても、天災があった際には建物の状況をよく確認し、必要に応じて補修することが重要です。

施工時の不具合

施工時の不具合も雨漏りを起こす原因になりやすいです。職人の知識不足や経験不足、手抜き工事などの不具合によって雨漏りが発生することもあります。

天窓や谷とい部分、屋根と外壁の接合部分などは施工時の不具合で雨漏りしやすい箇所になっています。そのほかにも屋根の頂上についている板金の剥がれや浮き、漆喰の崩れ、コーキングの剥がれなど多くの要因で雨漏りが発生します。新築だからといって安心することなく、雨漏りがないかどうか調査することが必要になってきます。
      自宅で雨漏りが発生…どこの何が原因で雨漏りしてるの?

雨漏りを放置しているとどうなるの?

雨漏りを放置していると、当然ながらさまざまな弊害が出てきます。しかし、どのような弊害があるのか具体的に述べることができる人は少ないでしょう。ここでは、自宅で雨漏りが起きた場合に起きる弊害をいくつかご紹介します。

建物への被害

雨漏りは建物にダメージを与えます。雨水が屋根や屋上、外壁、窓から浸入してくれば、その周囲は雨水で濡れることになります。浸入する雨水の量が多くなればなるほど、濡れる部分に広がっていくことになります。広がった雨水は柱や梁、壁などを濡らすので、放置しておくとカビが生えたり腐食してきたりして、自宅を構成している素材の強度が落ちてしまいます。最悪の場合、屋根や外壁が崩落するおそれもあるのです。

建物に直接ダメージがあるだけでなく、ほかにも健康被害や害獣・害虫の発生などの弊害も起こり、そのことが原因で間接的に建物にダメージを与えるおそれさえあります。そのため、雨漏りが起きたことがわかれば、なるべく早く対処することが大切だということができます。

家具や家電への被害

雨漏りが被害を及ぼすのは、何も建物だけとは限りません。ご自宅の中にある家具や家電に雨水がかかれば、破損や劣化の原因になります。

雨漏りが起きた時点では問題ないかもしれませんが、時間が経てば経つほど雨水が溜まっていくため、劣化や破損の危険性も高まります。家具や家電の中には高価なものもあるため、劣化したり破損したりすれば修理や買い替えが必要になり、その分費用がかかります。そういった事態を避けるためにも、やはり雨漏りにはなるべく早く対処することが必要でしょう。

人への健康被害

雨漏りが間接的に人の健康に被害を及ぼすこともあります。たとえば、雨漏りの水が壁の中や天井裏で放置されていれば、カビが発生する原因になるでしょう。カビが発生すると、空気中に胞子をまき散らします。この胞子を吸い込むとアレルギー症状などの健康被害を受けてしまいます。

また、雨漏りが起きるということは精神的なストレスにもなりえます。考えてもみてください。お風呂場でもないのに冷たい水がぽたぽたとこぼれ落ちてくるような環境で落ち着いて食事や睡眠ができるでしょうか?

おそらく、多くの人ができないでしょう。そのため、身体的な健康だけでなく、精神的な健康にとっても雨漏りを放置しておくことは望ましくないのです。

害獣・害虫の発生

雨漏りは害獣や害虫を呼び寄せることもあります。

害獣といえば、ネズミやコウモリなどがあげられ、ほんの数センチの隙間さえあれば、こういった害獣は自宅の中に侵入してきてしまいます。こういった害獣は家の中の食品を食害したり、糞尿をまき散らしたりして自宅の中を汚します。

それに加えて、病原菌を媒介することもあるので、一刻も早く駆除しなければ、健康被害をもたらされる危険性さえあるのです。雨漏りが起きている建物では、これらの害獣が浸入するのに十分な隙間ができていることがあるので、雨漏りを速やかに防止すれば、害獣の被害も防止することができるかもしれません。

害虫の場合、とくにシロアリの被害が心配されます。シロアリは湿った木材を餌として食べるからです。シロアリの被害を受けると、建物の耐久性が下がってしまいます。

それらのことから、雨漏りは放置せずにしっかり修理をしておく必要があります。
      雨漏りを放置しているとどうなるの?

雨漏りの原因を特定するための調査方法

雨漏りの原因を特定するための主な調査方法には目視調査、散水調査、赤外線調査、発光塗料調査があります。ここでは一般的なご自宅での雨漏りの原因を調査する方法を説明するにとどまりますが、ビルやマンションなどの特殊な建物ではここで紹介する以外の調査方法も存在します。

これらの調査方法について説明する前に注意しておかなければならないことが3つありますので、先にご紹介していきます。

ひとつはどの方法も雨天時に調査できないという点です。なぜなら、荒天時に屋根の上や建物の高い場所に行くことは、とても危険なことだからです。すぐに調査してほしいかもしれませんが、こればかりは仕方ないので、天候が回復をまちましょう。

次は、気候条件の再現が難しいということです。「いつも雨漏りするわけではないけれど、豪雨や暴風のときは雨漏りを起こす」というケースもあります。そんなときは特定の気象条件に近づけて調査することが望ましいですが、現実的にはそれは難しいです。そのため、調査の効果が必ず現れるという保証はどこにもないのです。

そして最後に、調査には費用がかかります。目視調査ならば無料でできることもあるかもしれませんが、業者によっては3万円近くかかることがあり、その他の調査方法も散水調査3~18万円、赤外線調査15~35万円、発光塗料調査10~25万円程度かかるといわれています。とはいえ、雨漏りの被害を放置していると検索

以上のことを踏まえて、雨漏りの調査方法について、以下でご確認してください。

目視調査

目視調査とは、文字通り目で見て確認する調査のことです。目視調査は以下でご紹介する調査方法に比べて、最も原始的な調査方法になりますが、経験・技術・知識・ノウハウさえそろっていれば、最も有効とされている調査方法であるといわれています。

その理由としては、建物の構造などを熟知しておけば、雨漏りの状況によって原因個所をおおむね特定することが可能になるからです。そういった意味でコストパフォーマンスが高いといえるでしょう。

ただし、一般の方が独自に目視調査を行うことは困難なので、基本的には雨漏り修理の業者にお任せしたほうが無難でしょう。

散水調査

雨水の浸入口と思われる個所にホースなどで散水して、雨漏りを再現させる方法が散水調査になります。ただし、あまりに長時間、散水調査を行うとかえって雨漏りのリスクが高まるので、散水時間は10~30分程度にとどめおかなければなりません。

赤外線調査

赤外線を備えたカメラを使うと、表面の温度差を色分けにして表示することができます。このカメラを雨漏りの調査に応用したのが赤外線調査です。建物の中に雨水が浸透していると、温度差が生じるので、赤外線カメラを使えば雨漏りの原因を容易に特定することができるでしょう。

発光塗料調査

雨水が浸入していると思われる個所から発光液を流し込み、裏から紫外線を当てることで雨漏りの原因を特定しようとする方法が発光塗料調査です。発光液が裏からあてた紫外線に反応して光っていれば、そこが雨漏りの原因になっているということになります。
      雨漏りの原因を特定するための調査方法

雨漏りの修理はDIYできる?

前述のように、雨漏りの原因を特定するだけでもそれなりの費用がかかるので、さらに、実際に修理してもらうのにも費用がかかります。それに加えて、人によっては業者を呼ぶまでもなく「速やかに雨漏りを何とかしたい」とお考えの方もいらっしゃることでしょう。

そのようなことから「雨漏りの修理をDIYしたい」と考える方もいると思いますが、果たしてそんなことは可能なのでしょうか?

結論から述べると、雨漏りの応急処置程度であればDIYできるかもしれません。ただし、あくまで応急処置なので、完全に直すことはできません。

また、屋根の雨漏りを修理する場合は注意が必要です。応急処置をするためには屋根の上に登って処置をしなければいけないからです。屋根から落ちれば、ケガをしたり最悪の場合は命を落としたりするといく危険もあります。

それらのことを念頭に置いて、雨漏りの修理をDIYする方法について、以下で確認してみましょう。

屋根に登るために

雨漏りの修理をDIYする前に、屋根に上る際の注意点について言及しておきます。

まず、屋根に登るためには十分な長さの梯子が必要になります。では、どのくらいの長さの梯子が必要になるのでしょうか?その目安としては、屋根の高さまで十分に届き、かつ雨どいの高さよりも50cm程度長い梯子がよいとされています。

それに加えて、梯子をかける角度は地面に対して75度が理想的だとされています。その理由としては、角度が小さすぎると梯子の足が地面を滑り、倒れてしまう危険性があるからです。

逆に梯子の角度が大きすぎると、自分のほうに梯子が倒れてきて、これも危険な状態になります。ものによっては、梯子の横の部分に梯子の角度がわかるシールが張り付けてあるので、お使いの梯子を確認してみてください。

梯子をかける位置はほとんどが雨どいの部分になると思いますが、雨どいが破損しない位置を選定して掛けましょう。また、万が一のときのために、梯子を雨どいの支持金具と紐やワイヤーなどで括り付けて固定しておけば、事故を防げるでしょう。

そして、梯子の足元にも注意が必要です。梯子の足元が凸凹として不安定ならば、当然、事故が起きやすくなってしまいますし、梯子を上り下りしている際にずれてしまうこともあり危険です。梯子が安定する位置を選んで、かつ梯子の足元がずれないように梯子の下部も自宅の一部と紐やワイヤーなどで括り付けて固定しておきましょう。
      雨漏りの修理はDIYできる?

応急処置その1:ブルーシートを使う

ブルーシートを使って雨漏りの応急処置を行う方法があります。用意するものは以下の通りです。
 

・ブルーシート:雨漏りを防止するために使います。小さなものでは十分に雨漏りを防止できないことがあるため、できれば4畳以上の大きなものを準備しましょう。

・土嚢袋もしくはウォーターバッグ:屋根の上でブルーシートを固定するために使います。大きさは480mm×600mmのサイズのものがおすすめです。最低4つは用意したいです。

・テープ:ブルーシートを固定するために使います。養生テープのように粘着力が強く、防水性のあるものでなければなりません。

室内に雨漏りを起こしている箇所がわかっていれば、その部分を外からなるべく広範囲にブルーシートで覆います。雨水の流れや経路を考えると、ブルーシートを被せる位置は雨漏りを起こしている位置よりも上側になるでしょう。

ブルーシートと雨漏りを起こしている箇所との間に隙間があれば、その部分に風が入り込んでブルーシートが飛ばされてしまうおそれも出てきます。そうならないように、ブルーシートを固定する際は隙間に考慮しながら、テープで固定することをおすすめします。さらに、屋根や屋上の場合は土嚢をブルーシートの上から置くことで、より効率的に雨漏りを防ぐことができるでしょう。

応急処置その2:粘着テープを使う

雨水の浸入口が小さなものであれば、ブルーシートを使わず、テープだけで応急処置を行うこともできます。基本はブルーシートを使う際と同じで、雨漏りが起きている箇所のからテープを貼り付けて雨漏りを防止します。

テープを貼るときのコツは大きく2つあります。

ひとつは屋根の雨漏りの応急処置をする場合、テープを貼るときは下側から上側に向けて貼り付けるということです。やみくもにテープを貼るだけでは雨漏りを防ぐことはできないのです。雨水が流れる下流から順に隙間ができないように指や工具で押さえながら貼っていきましょう。

もうひとつはテープの重なり部分を極力少なくするということです。あまりにテープを重ねて貼りすぎてしまうと長持ちしないうえに、雨水の経路が変わってほかの部分から雨漏りが発生するおそれもあります。また、応急処置を行う場所によっては建物の見栄えも悪くなってしまうので、注意しなければなりません。

応急処置その3:コーキング材を使う

コーキング材を使って雨漏りを応急処置することもできます。準備するものは以下の通りです。
 

・防水コーキング材:雨漏りを起こしている箇所に注入するものです。
・コーキングガン:防水コーキング材を注入するために使います。
・掃除道具:出過ぎたコーキングを処理するのに使います。雑巾や余った布などで大丈夫です。
・ゴミ袋:掃除道具にコーキング材が付いた状態で置いておくと、置いている部分とくっついてしまういます。そうなることを防ぐために、ゴミ袋を用意してすぐ入れておくようにします。

 
次に、コーキング材を使用して雨漏りを修理する方法です。雨水が流れる下流から順に隙間ができないようにコーキング材を付けていきます。このとき、コーキング材の重なり部分が極力少なくなるとうにすると、効率的におこなえます。
      雨漏りの修理はDIYできる?

雨漏りの修理を業者に依頼したときの費用相場

一般的には雨漏りの修理は業者に任せたほうが確実ですが、その費用は雨漏りを起こしている部位や雨漏りの程度などによって大きく変わります。そこで、この章では、雨漏りの修理を業者に依頼したときの費用相場について、ご紹介します。

部位別の修理費用の相場は以下のようになっています。
 

・棟板金の雨漏り修理工事:30~100万円
・漆喰の雨漏り修理工事:30~80万円
・スレート・瓦の雨漏り修理工事:30~100万円
・施工不良の雨漏り修理工事:20~300万円
・経年劣化の雨漏り修理工事:100~300万円
・コーキング不良の雨漏り修理工事:2~20万円
・外壁塗装:110~300万円

 
このように、雨漏りの修理にはそれなりに費用がかかってきます。そのため、複数の業者に見積もりを取って、なるべく安い業者を選びましょう。

しかし、値段が安いからといって容易に業者を選んでしまうと、思わぬトラブルに発展することもあります。そのようなことを避けるために、次章では雨漏り修理業者を選ぶコツをご紹介していきます。
      雨漏りの修理を業者に依頼したときの費用相場

雨漏り修理の業者を選ぶ際のコツ

前述したように、雨漏り修理業者を値段だけで業者を選ぶとトラブルになることがあります。そのようなことを避けるために、以下のようなことに気を付けるといいでしょう。

見積書の表記に注意

見積書に「工事一式」という文言のみが書かれている場合、注意が必要です。工事一式という文言はどんぶり勘定的に適当な見積金額が書かれている可能性が高いからです。

さらに、雨漏りに直接関係のない工事項目を記載している場合もあります。そのようなことから、見積書に工事一式と書いてある業者は避けるようにしましょう。

また、見積書に書かれている金額が相場よりも大幅に安い場合は注意が必要です。金額が安い場合、費用を安くするために必要な工事がされず、結果雨漏りが直らないといったトラブルになることが多いです。

保証をしてくれるかどうか

雨漏りの原因を特定することは難しく、雨漏りは修理しても直らないということもあります。そのようなことから、保証をしてくれるかどうかというのが、業者を選ぶ際の重要な要素のひとつとなります。

保証をしてくれる業者でも、保証期間などその内容に違いがあります。そのため、どれくらいの期間、どのような部分で保証してくれるのかということを、しっかり把握しておくようにしましょう。

また、中には見積もりの際に細かい保証内容まで教えてくれる業者もいます。そのような業者は信頼できる業者である可能性が高いです。

資格を持っているかどうか

基本的に雨漏り修理に資格は必要ないです。しかし、特定の資格を持っている業者のほうが、まったく資格のない業者に比べて信頼できるでしょう。とくに「雨漏り診断士」の資格を持っている業者は信頼できるでしょう。なぜなら、この資格を取ることは難しいうえ、雨漏り修理に特化した資格だからです。

地域に密着した業者かどうか

雨漏り修理の業者は、地域に密着した業者を選ぶほうがいいです。その理由としては、地域に密着した業者であれば、店舗が近いので対応が早いことが多いからです。

またこのような地域密着の業者の場合、地域に住んでいる人からの信頼が生き残っていくカギとなります。そのため、丁迅速な対応をしてくれることが多いです。

このようなことを意識して雨漏り業者を選べば、良い業者を見つけることができると思います。トラブルに合わないためにも、良い業者をさがしましょう。
         雨漏り修理の業者を選ぶ際のコツ

まとめ

雨漏りは放置していると、いろいろな問題を引き起こします。気が付いたらすぐに対処するようにしましょう。

対処の中には自分でできることもありますが、基本的に雨漏りの現状把握や修理にはプロの技術が必要です。雨漏りでお困りの際はできる限り早い段階で、多くのプロたちと相談しながら対処していくといいでしょう。

雨漏り修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「雨漏り修理」をご覧ください。

急な雨漏りを速攻解決!

部分修理で低価格を実現!

※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。

雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

雨漏り修理 27,500円~
雨漏り修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

雨漏り修理の記事アクセスランキング

雨漏り修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧