雨漏り調査|プロに聞いた!費用&原因と調査の必要性とは?初心者用

2021.12.21

雨漏り調査|プロに聞いた!費用&原因と調査の必要性とは?初心者用

雨漏り修理を成功させたいのなら、雨漏り調査はやるべきです。なぜなら、調査でしかわからない本当の原因を突き止め、確実に直せるからです。
とはいうものの「雨漏り調査って何をするの?」「雨漏り調査っていくらするの?」など疑問がありますよね。

今回当記事では、みなさんに正確な情報をお伝えするため、雨漏り修理業者2社からお話を伺ってきました。
初めての雨漏り調査で戸惑っている方に向けて、わかりやすく説明していくので、ぜひ最後までご覧ください。

読み終えたころには、費用のこと、調査の内容、調査と修理の関係がわかり調査依頼への不安も消えているでしょう。そして、無事に雨漏り修理も成功するはずです!

記事のまとめ
  • 雨漏り調査とは修理前におこなう作業
  • 雨漏り調査をすると的確に原因がわかる
  • だから無駄のない修理ができる
  • 調査は主に3つの方法でおこなっていく
  • 調査費用は10万円~

今回取材にご協力いただいた業者様
(株)ユウマペイント様
ディー・トレーディング(株)様

\ まずは無料見積を申し込む /

雨漏り調査とは原因・修理箇所を特定するための大切な工程

雨漏り調査でわかること

それではさっそく、雨漏り調査とは何かを詳しく見ていきましょう。

雨漏り調査とは
  1. 雨漏りの原因を突き止める
  2. 雨漏りの侵入経路を見つける
  3. 必要な修理箇所が判明する
  4. 適切な修理内容がわかる

雨漏り調査は補修工事の前におこなう工程です。調査をすることであなたはご自分の家の現状を把握することができます。そして業者からの補修工事の提案にも納得できるようになるでしょう。

雨漏り調査で原因がわかれば100%直せる

業者

雨漏りは原因がわかればほぼ100%直せます!
(株)ユウマペイント

100%なんて言いすぎ!」と思われるかもしれませんが、専門家がおこなう「雨漏り調査」は特殊な機器を使い、約1日かけておこなう作業です。それだけ専門的な調査をするのですから、一般の人ではわからない、また見た目だけでは判断できない雨漏りの原因を追究できます。正確な原因がわかれば、適正な修理もできるため、雨漏りはほぼ100%止まります。

  • どこから雨漏りが発生しているのか?
  • 水がどのように流れているか?
  • どこが破損しているのか?

こういったことをプロがしっかり丁寧に調べていくことで雨漏り修理がうまくいくのです。
残念なことに雨漏り修理業者の中には、調査をせずに原因を見当し修理をすることもあるそうです。これまでの経験値から予測は立てられますが、100%確実とはいえません。

弊社では事前に100人にアンケートをとってみました。(アンケート調査日:2021年9月実施)
100人中21人の方が「雨漏り修理のあと、再発した」という結果でした。5分の1の方が、雨漏り修理に失敗しているのです。
失敗しないためにも、原因究明ができる調査が重要なのです。

雨漏りの原因はいろいろ

次では、よくある雨漏り原因と場所をご紹介します。

雨漏りの原因を4つの場所別に解説

一般的に雨漏りトラブルが起きやすい場所は

  • 天井
  • 窓、サッシ
  • 外壁
  • ベランダ

です。
場所によって、雨漏りの原因も変わります。

雨漏りの原因場所
天井
原因
  • 屋根材の経年劣化
  • 屋根材のズレ、浮き
  • 雨どいのつまり
理由 雨の影響を受けやすい屋根に一番近い場所だから
窓・サッシ
原因
  • 窓枠のひび割れ
  • コーキング、パッキンの劣化
  • サッシの変形
理由
  • 外壁に対して凸凹しているので、接続部分に隙間ができやすい
  • 雨が窓枠を伝いやすい
外壁
原因
  • 経年劣化によるヒビ割れ
  • 配管のすきま
  • コーキングの劣化
理由
  • 紫外線を浴びやすいので劣化もしやすい
  • 壁は振動や建物の収縮で隙間ができやすい
ベランダ
原因
  • 床のひび割れ
  • 排水管の劣化
  • 排水溝のつまり化
  • 笠木、手すりのすきま
理由
  • 人が歩くので、防水塗装がはがれやすい
  • 外に面しているのでゴミが溜まりやすい

弊社に寄せられたご相談内容では、天井からの雨漏りが一番多く、次いで窓サッシ、外壁、ベランダと続きました。(2020.9~2021.9自社データ)

雨漏りの原因は経年劣化が多く、築年数の高い家ほど雨漏りがしやすいともいえるでしょう。
調査により原因がわかったら、必要な工事もわかってきます。
どのような工事が考えられるのか、いくつかご紹介します。

雨漏りによる補修工事の内容

被害状況により工事内容は変わるため、一部の例として参考程度にご覧ください。

天井の雨漏り
  • 天井の張替
  • 石膏ボードの交換
  • 屋根材の交換
  • 屋根修理(カバー工法/葺き替え工法)
  • 瓦の塗り替え
窓、サッシの雨漏り
  • コーキングの打ち替え
  • 窓サッシの交換
外壁の雨漏り
  • コーキングの打ち替え
  • クラック補修
  • 外壁塗装
  • 換気扇などの部品交換
  • 雨どい修理
ベランダの雨漏り
  • 防水塗装
  • 下地塗装
  • 排水口修理
  • 手すりなど部品交換
POINT

調査をすることで、原因・雨の侵入経路も判明するので、修理箇所も的確にわかる

これではいくら窓を修理交換しても雨漏りは止まりませんよね。

このように、雨漏り修理は雨で濡れている箇所が雨漏りの原因とは言い切れないのです。
雨がどこから入り込み、どこを伝ってここまでたどり着いたのかを明確にするために、プロの目利きによる雨漏り調査が大切なのです。

3種類の方法で雨漏りを徹底調査

ここではプロの業者がおこなう、目視調査・散水調査・赤外線調査の3種の方法について内容を解説していきます。
よほどわかりやすい原因のときは目視だけで終わることもまれにありますが、基本的には一日かけてすべてをおこないます。これら3種を一緒におこなうことで、誤りなく原因を探し当てられるのです。

それでは、3つの調査方法を詳しく見ていきましょう。どういったことをするのかを知ることで、時間をかけてもおこなう価値がわかるはずです。

【目視調査】目で確認する

目視調査とは?

家の外から、家の中から、プロの目線で雨漏りしている場所を確認します。あらかじめ依頼者から聞いた雨漏り箇所を含め、雨漏りしやすい箇所も目で見ていきます。

湿り気や雨漏りした形跡を探すために手で直接触ったり、状況によっては屋根に上ったりします。目視調査は“見る”ことが主流ですが、厳しくチェックするので次の散水調査をするときにも大いに役立ちます。どこが怪しいのかをある程度、目星をつけておけば集中的でかつ詳細に調査できるからです。

【散水調査】水をかける

散水調査

散水調査とは?

雨漏り調査でよく使われる調査方法です。雨降りを再現するためホースで家に水をかけ、水の量や強弱、方向などさまざまな天候を想定し散水します。散水することで、実際どこがどのように雨漏りするの確認します。依頼者が気づかなかった箇所の雨漏りも目ざとく見つけてくれるでしょう。
注意点は、使用する水道代は依頼者負担となることです。

【赤外線サーモグラフィー調査】温度で確認する

赤外線サーモグラフィー調査

赤外線サーモグラフィー調査とは?

散水調査とセットでおこなわれるこちらは、赤外線カメラで建物の映像を見て低い温度の場所を探します。(雨に濡れると温度が下がります) 散水調査でわかった雨漏り箇所から、どういった経路で雨が入り込んでいるのかを特定できます。雨の入り口、雨が伝う経路、雨水の広がり方など赤外線調査で明らかになることで、修理成功の大切な足掛かりとなります。

業者

雨漏り調査は知識と技術が必要な作業です!
調査までしっかりしてくれる修理業者に相談しましょう。

調査をする・しないは、もちろんご依頼者が最終的にご決断することです。もし修理前に原因について不安があるようなら、きちんと雨漏り調査をおこなったほうがよいでしょう。
またこのとき、調査をこばむ業者や目視だけで終わるような業者はやめておいたほうがよさそうです。雨漏り修理業者のすべてが、調査ができるわけでありません。

雨漏り調査の費用相場は10~20万円

雨漏り調査費用ですが、今回お話を伺った(株)ユウマペイント様では、「基本的には一律10万円」とのご解答をいただきました。理由は、

  • どんな家でも作業内容は変わらない
  • どんな状態でも調査に使用する道具は変わらない
  • 作業スタッフの人数は変わらない

とのことでした。
他社のホームページを調べてみたところ、だいたい15万円前後が相場のようです。

業者によって調査費用の算出方法は異なるため、あらかじめ電話などでおおよその費用について聞いてみることをおすすめします。
弊社でも費用のご相談は承っております。ご質問などあればいつでもご連絡ください。

【無料相談窓口】

調査代以外にかかる費用

雨漏り調査を依頼するときにかかる費用は、調査費だけではありません。ほかに

  • 出張費
  • 報告書作成費
  • 足場代

があります。

報告書とは?
調査が終わると「調査報告書」を作成してもらいます。雨漏りの原因や破損個所の写真など今回の雨漏り調査でわかった詳細な内容が記載されています。作成費用として約1~2万円ほどかかります。調査費用としてすでに作成費が含まれていることもあれば、別途請求の業者もあります。

足場代とは
屋根にのぼるとき足場を組み立てます。基本的に、調査をするときは足場を組み立てるため、費用がかかります。屋上があるときはハシゴですませることもあります。

調査だけでは火災保険は使えない

雨漏りによる損害は、火災保険で補償されることもあります。しかし残念ながら、「調査」だけでは適用されることは少ないでしょう。

ここで注意してほしいのが、雨漏り修理すべてに火災保険が適用されるわけではないことです。

雨漏り修理で火災保険が使えるケース

火災保険が適用されるのは、自然現象で起きた雨漏り被害です。

風災 雹(ヒョウ)災 雪災
台風、竜巻、強風、暴風、旋風による被害 雹による被害 豪雪、雪崩など雪による被害
被害例
  • 屋根材の破損
  • 瓦のズレ
  • 飛来物による窓や屋根、外壁のヒビ割れ
  • 雪の落下や重みによる家の破損
✔火災保険が使えないケース
  • 経年劣化による雨漏り被害
  • 自然災害による損害対象に加入していない

ご自身が補償対象になるかは、まずは加入保険会社に聞いてみましょう。

業者

たとえ経年劣化でも台風が原因で雨漏りした場合は、
保険適用される可能性は高いです!
(株)ユウマペイント

調査が終わったら報告書3点をチェック

雨漏り調査が完了すると「調査報告書」が後日送られてきます。
さまざまな情報が記載されており、業者から詳しい説明はありますが依頼者ご自身にもわかりやすい内容だと安心です。
調査報告書が届くまでの日数は、(株)ユウマペイント様の話によると大体3日程度ですが、場合によっては1週間程度かかることもあるそうです。

では、報告書をもらったら確認したいポイントを3つご紹介します。

写真や画像でわかりやすく解説されている

屋根などご自身で目にできない場所を撮影し、写真で提示してくれるとどこがどのような状態か理解しやすいです。

「屋根の瓦が割れていました」とだけいわれるより、写真付きで「この部分がこのように割れていました」といわれるほうが今後の修理内容に納得できます。

費用の内訳が細かく明記されている

やはり気になるのが費用です。

けして安くないお値段なので、どのような内容でどこに費用がかかっているのかはきちんと把握しておきましょう。

何か不明点や疑問点があれば、業者に質問してみてください。きちんとした業者であれば、丁寧に答えてくれるはずです。

要望に合わせた補修方法を提案してくれる

調査が終わり原因もわかったら、次は補修工事です。

できるだけ費用を抑えたい方や、もうすぐ引っ越しをするので一時的でよいから雨漏りを止めてほしいなど、それぞれ事情があります。

希望にできるだけ合わせた工事を提案してくれる業者は、親身になってくれる親切な業者といえそうです。

相談から修理まで~おおまかな流れを紹介

雨漏りをしてから修理完了まで、業者へ相談したときの一般的な流れを簡単にご紹介します。

相談から修理まで~おおまかな流れ

雨漏りで困ったときはまずは業者にご相談ください。業者がご自宅に訪問し、ヒアリングのあと雨漏り調査をいたします。
調査が終われば後日、調査報告書をお渡しいたします。雨漏りの原因や家の状態、修理についてお伝えいたします。

報告書と補修工事の見積り書をご覧いただき、ご納得いただいてから修理に取り掛かります。

POINT

雨漏りに気付いたら早めに相談をすることで、被害の広がりも抑えられ、工事費用も抑えられる

【雨漏り無料相談窓口】

調査依頼をするなら雨漏りに詳しい業者がベスト

雨漏り修理をするときは、調査もできる知識と経験のある専門業者がおすすめです。
繰り返しとなりますが、雨漏り修理を成功させるには原因を確実に把握することが大切です。原因究明として最適な方法が雨漏り調査です。 雨漏りでお困りのときは、調査結果から最短での解決方法と的確なアドバイスができる弊社「生活110番」までぜひご相談ください。

「生活110番」は雨漏りに詳しい専門業者をすぐにご紹介いたします!

弊社「生活110番」では、雨漏り修理に特化したプロの業者と数多く提携しております。全国各地に雨漏り修理業者のネットワークを持っているため、お客様に一番近くの業者をすぐに手配可能です。お急ぎのときでも安心してご活用ください。

突然の雨漏り、初めての雨漏り調査となれば、不安も多いはず。ご相談、お見積りは無料なのでお気軽にご相談ください。電話、メール、ラインで24時間365日いつでもオペーレーターがご対応いたします。

費用だけ知りたい方、話だけ聞いてみたい方、他社と比較したい方、どなたでもご相談受け付け中です。正式なご契約前ならキャンセル料もかかりません。また強引な勧誘もございませんので、どうぞご安心してご利用ください。
みなさまからのご連絡、スタッフ一同心よりお待ちしております。

急な雨漏りを速攻解決!

部分修理で低価格を実現!

※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。

雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

雨漏り修理 27,500円~
雨漏り修理のおすすめ業者を見る
アンケートに答えてAmazonギフトコードをGET!

関連記事カテゴリ一覧

雨漏り修理の記事アクセスランキング

雨漏り修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧