雨漏りを直してほしい人必見!賢く業者に修理を依頼するポイントは

2021.4.30

雨漏りを直してほしい人必見!賢く業者に修理を依頼するポイントは

雨漏りを見つけたら、早めに直してしまいたいですよね。「あ、また雨漏りしている……」とか、「天井にシミができている……」なんてことからはオサラバしたいと思うのではないでしょうか。

雨漏りとオサラバするには、まずはどこで雨漏りが起きているのかを探し出すことが大切です。雨漏りしている場所を探して、しっかりと直してしまいましょう。

今回は、雨漏りを直してほしい人必見の「費用を抑えて賢く修理業者に作業を依頼するポイント」をご紹介したいと思います。

雨漏りがどこから起こっているのか調査を!

天井からポタポタ水滴が落ちてきたらどうしますか?まずは雨漏りしている場所を突き止めようとすると思います。水が落ちてきている天井はシミができていて、大変なことになっているかもしれませんね。

少しでも早く何とかしたい方は、雨漏りを直してほしいと業者に依頼することを考えるのではないでしょうか。雨漏り修理を依頼された業者は、修理をするためにみなさんの家にやってきます。しかし、業者が来てまずおこなう作業は雨漏りの修理作業ではなく、雨漏りをしているのはどこかを確認する調査なのです。

散水調査が一般的

実際に建物から水が出てきているのに、どうして調査するのか不思議に思いますか?改めて雨漏りしている場所を調査するのにはもちろん理由があります。実際に雨漏りしている場所と、水がしみだしてきている場所が違っていることがあるからです。

雨漏りしている場所が別にある場合、水が出てきている部分だけを修理しても雨漏りし続けてしまいます。それではせっかく修理しても何の意味もありませんよね。

確実に雨漏りを止めるためにも、まずはしっかりと雨漏りしている場所を調査しましょう。現在おこなわれている雨漏り調査の方法はいろいろありますが、中でも一般的に使われているのが散水調査です。

散水して雨漏り箇所を調べるコツ

雨漏り調査でよく使われる散水調査は、実際に建物に水を撒いておこないます。雨漏りしていると予想される場所に水をかけて、実際に雨漏りを起こさせるのです。

この方法によって雨漏りしている場所と原因を特定することができます。実際に散水調査をおこなう場合、気を付けなければならないのが水圧の強さです。

あまりにも水圧が強いと、水の勢いで雨漏りをしていなかった場所から建物に水がしみ込んでしまうおそれがあるからです。散水調査をおこなうときには、適度な水圧で建物に水をかけるようにしてくださいね。

雨漏りがどこから起こっているのか調査を!

雨漏りの直し方にはどんな方法があるの?

散水調査で雨漏りしている場所と原因を特定したら、早速業者に修理をしてもらいましょう。雨漏りを直してほしい方にとって、気になるのは修理方法だと思います。これ以上雨漏りが起こらないように、しっかりと直してほしいものですよね。

信頼できる業者が作業してくれるとはいえ、どんな作業をしているかがわからないと本当に直るのか不安になるのではないでしょうか。

この項目では、業者がおこなっている雨漏りの直し方をご紹介します。業者が作業をする前に、1度どんな方法を使うのか確認してみるとよいかもしれません。

雨漏りしやすい場所として思い浮かべるのは、やはり屋根や天井部分ではないでしょうか。屋根の場合は、瓦などの屋根材の劣化や破損などが考えられます。

この場合、屋根材に詳しい業者に作業を依頼し、破損した屋根材の修理交換などが必要になるのです。また、屋根材に瓦を利用している場合、下地に漆喰というものを充填しています。これが劣化していても雨漏りの原因になるので、新しい漆喰を充填し直す必要があります。

屋根や天井以外にも、外壁や窓枠から雨漏りすることがあります。外壁や窓枠から雨漏りしている場合、原因の多くは外壁同士や外壁と窓枠のつなぎ目の隙間を埋めるコーキング材が劣化していることが多いようです。

コーキング材の寿命は10年ほどともいわれ、建物の中でも劣化が激しい部分です。コーキング材がひび割れていたり隙間ができていたりしたら、早めにコーキングし直すようにしましょう。

雨漏りしやすい場所に合わせて修理方法をご紹介させていただきました。このように、場所によって同じ雨漏り修理でも必要になる作業は変わってきます。雨漏りしている場所をしっかりと見極めて、適切な作業をおこなってもらうことが大切です。

雨漏りの直し方にはどんな方法があるの?

雨漏り業者の実力は?雨漏り診断士という「民間資格」もでき始めている理由

雨漏りの修理は、雨漏りしている場所に合わせた適切な作業が必要になります。そのため、作業をおこなう業者の腕が、しっかりと修理後の建物に現れてしまうのです。

もしも業者がとんちんかんな作業をおこなっていたら、また雨漏りが起きてしまうかもしれません。そのようなことのないように、修理を依頼する業者に実力があるかどうか判断することが大切です。

・防水対策に対する豊富な知識を持っている
・お客様目線で対応してくれる
・近隣住民への配慮をしてくれる

以上のように、親身な対応を取ってくれる業者は信頼性が高いでしょう。複数の業者に調査を依頼して、修理作業を任せる業者を比較検討してみてください。

また、現在では雨漏り診断士という民間資格も登場しています。この資格は、NPO法人雨漏り診断士協会という団体が認定している民間資格です。

これまで雨漏り診断に関しては、雨漏り修理をする作業者の判断に任されていました。その雨漏り調査の診断のあいまいさに明確な基準が設けられたのです。

この雨漏り診断士を持っている業者は、雨漏り修理に対して一定の評価を得られているということになります。雨漏りを直してほしいと考える人にとっては心強い判断材料になるのではないでしょうか。

雨漏り業者の実力は?雨漏り診断士という「民間資格」もでき始めている理由

コストを抑えた雨漏り修理をしてもらうには

雨漏りをそのまま放置しておくと、建物が腐って倒壊してしまうかもしれません。ですので、もちろん修理を考えますよね。

ただ、雨漏り調査をしたり修理したりするには費用がかかります。しっかりと雨漏りを直してほしい人でも、少しでもいいから費用を抑えて修理したいと思うのではないでしょうか。

雨漏りの調査や修理費用を少しでも抑えたいと思うのでしたら、複数の雨漏り修理業者から見積もりを取ることをおすすめします。別々の会社が出した見積もりを比較検討することによって、安く作業をおこなってくれる業者を見つけることができるからです。

また、見積もりの費用が修理の作業内容と見合っているかも確認することができます。少しでも安く腕のいい業者を見つけるためにも、見積もりはなるべく多くの業者から取るようにしましょう。

まとめ

雨漏り修理を賢くおこなうコツは、雨漏りしている場所を正確に把握することです。雨漏り調査をおこなって、どこで雨漏りがおこっているか調べましょう。

また、最近では雨漏り診断士という民間資格もあります。雨漏りを直してほしい人にとっては腕のいい業者を探す手がかりになると思います。技術の高い業者探して、修理を依頼するようにしてくださいね。

雨漏り修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「雨漏り修理」をご覧ください。

急な雨漏りを速攻解決!

部分修理で低価格を実現!

※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。

雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

雨漏り修理 27,500円~
雨漏り修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

雨漏り修理の記事アクセスランキング

雨漏り修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧