一箇所だけとは限らない!雨漏りが起きる原因を探ってみよう!

2021.4.30

一箇所だけとは限らない!雨漏りが起きる原因を探ってみよう!

建物の予期せぬ場所から雨水が侵入してしまう雨漏り。一度雨漏りを経験してしまうと、その状況や原因を確認して対処しない限り、雨天時にずっと不安を抱えたまま過ごさなければなりません。 雨漏りは築年数の古い建物で発生しやすいという認識がありますが、新しい建物も例外ではありません。いずれにしても、 住宅の形式問わず雨漏りが起きてしまう原因が必ずあり、その原因から発生箇所や解決策を導くことが出来ます。

今回はそんな雨漏りをどうにかしたい!という方に、雨漏りの原因や発生パターンついてご紹介します。

雨漏りが起こる原因は沢山ある

住宅の雨漏りは主に天井から見られることが多いですが、まず考えられる原因は以下の2点です。

・老朽化
・屋根の異常

木造家屋の場合は老朽化により建築材が劣化してしまうため、雨水の侵入を許してしまいます。また、築年数が新しい建物でも施工、天候などの関係で屋根が弱ってしまい雨漏りしてしまう場合もあります。

特に暴風や地震など自然の影響で屋根の気密性や防水性を増すための素材であるコーキング が剥がれてしまう、あるいは割れてしまうことで雨漏りしてしまうことが多々あるようです。雨漏りを防ぐためには屋根のメンテナンスが欠かせないということですね。

天井にシミ、ありませんか?雨漏り修理のプロ「知多グリーン建工」加藤氏に訊く、建材が腐敗する前に対処しておきたいこと

雨漏りがしていることに気づかないことも…

雨漏りに気づくきっかけは雨水の音という場合もあるかもしれませんが、音で発生に気が付けたとしたらラッキーです。問題は、知らない間に浸水していて雨漏りに気づかないケースです。目視確認出来ない天井裏などで雨水が溜まっていた場合、気づかないうちに建築材が腐ったり、カビが発生してしまうなんてことが考えられます。

雨漏りに気づけないままでいると、建物全体に致命的なダメージを与えてしまい、結果的に災害時に耐えることが出来なくなってしまうため、目に見えない雨漏りにはくれぐれも注意しましょう。

屋根の種類別わかりやすい原因

戸建ての屋根で一般的に使われているものは瓦、トタン、ストレートの3種類ですが屋根の種類によって雨漏りの原因が違います。では、それぞれの屋根から雨漏りの原因を探っていきましょう。

瓦屋根

木造家屋でよく使われている瓦では、悪天候や劣化が原因となり「ズレ」や「曲がり」が起きてしまうことがあります。また、経年劣化により漆喰や棟部分 (屋根が合わさっている部分)が剥がれ、その箇所から雨水が侵入してしまうケースもあります。

トタン屋根

鋼板に亜鉛をメッキし て作られているトタン屋根は雨水で錆びやすいため、錆びた継ぎ目から雨漏りしてしまうことがあります。ですが、トタン屋根は雨漏りコーキングを行うことで防水性を高めることも出来ます。写真のように茶色く錆びてしまっていたら注意しましょう。

ストレート屋根

定期的な塗装が必要で40年程度が寿命と言われているストレート屋根は劣化がきっかけとなり「ヒビ割れ」や「浮き」などが起きてしまうことがあります。また、劣化が進み塗装が剥がれることが直接的な雨漏り原因となることもあります。

やはり雨漏りは劣化により起きやすいようですが、劣化や天候の他にも新築時の施工の問題で起きてしまうこともあるので異常を感じたらすぐに、専門家に屋根の点検をしてもらいましょう。また、築年数が古い住宅ほど定期的に点検、メンテナンスをしてもらうことが大切です。

天井にシミ、ありませんか?雨漏り修理のプロ「知多グリーン建工」加藤氏に訊く、建材が腐敗する前に対処しておきたいこと

雨漏りは屋根からとは限らない!?

ここまで屋根の状態が原因で雨漏りが起きてしまうということをご説明しましたが、実は雨漏りの発生場所は屋根だけではありません。ということで、屋根以外の雨水侵入経路をまとめてみました。

外壁からの雨漏り

レンガや塗装で防水されている外壁ですが、外壁材が劣化することでヒビが入りその部分から雨漏りしてしまうことがあります。外壁の一部分が変色していたら要注意! 防水効果が低下してしまう前に塗装や修繕などのメンテナンスをしておくとよいでしょう。

サッシから

1次防水、2次防水が施されており、構造上雨水の配慮がされているサッシですが、サ ッシやシーリング(水密性・気密性を高めるため建材を充填すること)の劣化により室内に雨水が入ってしまう場合があります。

特に排水機能の改善や雨漏り予防がされていない古いサッシは雨水の侵入経路となっていることもあるようです。

ベランダやバルコニーも

天候の影響を受けやすいベランダも劣化により亀裂が入ってしまうことがあります。また、ドレン(雨どい)におち葉やゴミが溜まることも雨漏りの原因に繋がります。

冬のお悩み『結露』を解決!ガラスを断熱して見込める効果とは?

自分で雨漏りを探すには?

雨漏り箇所は発見しやすい場合もありますが、発見が難しいこともあります。室内の湿度が高まっていたり、雨漏りの兆候を見つけた時には、屋根に関係する天井や壁などを重点的にチェックしていきましょう。また、雨水の侵入や兆候が見られていない場合でも天井や外壁が変色、亀裂が生じている場合は今後雨漏りしてしまう可能性があります。

ですが、素人が屋根に上り点検するのは危険が伴ううえに効果が見込めませんので、点検や雨漏り修理はプロに任せるようにしましょう。

まとめ

雨漏りの原因は屋根だけでなく、住宅の建築材の劣化などにより複数箇所で起きます。防水加工や修繕を定期的に行うことでリスクは回避されますが、劣化に気付かず雨漏りしてしまうこともあります。雨漏りの解決には早期発見が大切です。建築材が雨漏りによってダメージを伴い、家の強度が落ちてしまう前に当サイト「生活110番」の「雨漏り修理」から問題を解決してくれる専門業者を探しましょう。

雨漏りは早めの対処で解決出来ます。安心して暮らすために日頃から異変を探し、いざという時に備えておきたいですね。

この記事を書いた人
編集者:ふみ
昔から住宅展示会が大好き、理想の内装を追い求めるのが趣味。読者の目線に立ったコラムを作っている。

急な雨漏りを速攻解決!

部分修理で低価格を実現!

※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。

雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

雨漏り修理 27,500円~
雨漏り修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

雨漏り修理の記事アクセスランキング

雨漏り修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理