天窓の雨漏りは寿命が原因?1年でも長く雨漏りを防ぐための方法

2021.4.30

天窓の雨漏りは寿命が原因?1年でも長く雨漏りを防ぐための方法

部屋の窓に天窓という種類があります。天窓は最近では一般的な家庭でもよくみられる窓です。自宅やこれから住む新築に天窓を設置しているという人はいらっしゃるでしょうか。

天窓は設置することで多くのメリットがあります。天窓を設置するだけで部屋が電気がなくても明るくなったり、風通しがよくなったりします。しかし天窓を設置することに関して「天窓は雨漏りするらしい」など聞いたことがある人がいるかもしれません。

たしかに天窓から雨漏りをすることがあるようです。なぜ雨漏りをしてしまうのでしょうか。今回は天窓が雨漏りをする原因と自分でできるメンテナンス方法についてご紹介します。知っておくとメリットが多い天窓を安心して設置することができるでしょう。

天窓のメリット・デメリット

家の中に天窓を使用する際のメリットとデメリットをご紹介します。

天窓のメリット

①採光性が高い
天井に窓があるため、太陽の光で部屋中を明るくすることに向いています。天窓が大きいほど部屋全体が明るくなります。
②通気性が高い
天井に窓がある場合、通気性が上がります。また、空気はあたたかくなると上にあがっていく性質があるため、空気自体が自然な動きで換気を促すことにつながります。
③防犯性が高い
空き巣や泥棒が窓から部屋に侵入することがむずかしいです。そういった被害に遭いにくいため防犯性が高いです。また天井に窓があると部屋の中を見られることがなくプライバシーの観点からみても安心です。
④省エネ
採光性と換気性が高いため、省エネです。電気を点ける回数や冷房の使用頻度が下がると思われます。

天窓のデメリット

①掃除がたいへん
天井の窓は道具を使わないかぎりは掃除することがむずかしいことが多いです。しっかり掃除するには業者に依頼する必要があります。
②雨漏りの可能性
天窓は掃除やメンテナンスをおこなうことが難しいため、時間が経つと老朽化して天窓の雨漏りの原因になることがあります。
③雨音がする
天窓が寝室にある家などは特に、天窓に雨が当たったときの雨音が気になることがあります。落ち着きたい寝室などは天窓を設置する場合、天井を高くするなどの対策が必要です。

天窓が雨漏りする原因

天窓のデメリットのひとつに雨漏りをする可能性があります。なぜ天窓が雨漏りすることがあるのでしょうか。原因はこちらです。

天窓の老朽化

天窓をメンテナンスすることがむずかしいため、メンテナンスを何もせずに時間が経っていくと天窓が老朽化します。老朽化によりゴムパッキンなどが劣化すると、小さな隙間ができて雨水が部屋に流れ込みます。

設計上の問題

天窓を設置するときは、屋根に天窓用の枠をあらかじめ空けておきます。そこにあとから天窓をはめこむことが多いため、少しでもずれがあると雨漏りの原因になることがあります。もちろん防水シートやゴムパッキンでそれを補う工夫がされていますが、水が染み込む小さな隙間を埋めることができていない場合があります。

天窓にゴミがたまっている

天窓を設置する際は同時に水がたまるのを防ぐため水切りが設置されています。しかしこの水切りの上にゴミや鳥の巣などがあると、水切りの本来のはたらきができなくなります。水切りができないと、天窓のくぼみなどにたまった雨水が時間をかけて部屋の中へ入り込むことになります。

      天窓が雨漏りする原因

天窓の雨漏りを防ぐメンテナンス方法

では天窓の雨漏りの原因を知ったらどのように対策をすればよいのでしょうか。天窓のメンテナンス方法をご紹介します。

ガラスを拭く

定期的に天窓のガラスを拭くとよいです。ガラスを拭くことでゴミによって雨水がたまることを防ぎます。また、ガラスの破損などに気づくことができます。

天窓周辺の掃除

鳥の巣などがあり雨漏りの原因となることがあります。周辺を掃除することで水切りの機能を失うことによる雨漏りを防止することができます。

動作確認

天窓を開閉できる場合は、定期的に動作確認をするとよいでしょう。ゴムパッキンなどが天窓に張り付いてしまうときがあります。長いあいだ開閉をしていないと、突然開けたときに張り付いたゴムパッキンが破損して雨漏りに繋がります。

このようなメンテナンス方法があります。しかし、家の構造上天窓のメンテナンスができないという家も少なくないと思います。無理に屋根の上にのぼることはたいへん危険です。そのような家の場合は天窓のメンテナンスを業者に依頼するとよいでしょう。

天窓の雨漏りの原因や自分でできるメンテナンス方法を知ることができましたが、実際に雨漏りしてしまった場合にはどうすればよいでしょうか。そのときは、雨漏りの修理業者に修理してもらいましょう。

      天窓の雨漏りを防ぐメンテナンス方法

雨漏り修理業者による施工とは

天窓の雨漏りを修理業者に依頼する際の施工についてみてみましょう。施工の手順はこのようになっています。

(1)水切りシートを取り外す
(2)天窓を取り外す
(3)天窓の枠を調整する
(4)天窓を取り付ける
(5)水切りシートなどの防水加工をする

天窓の点検をおこなう際にもこれと同様の作業をすることがあります。また新しい天窓を設置するときもそうです。

天窓の雨漏りに気をつけるべきタイミング

天窓が雨漏りしているかどうか確認するタイミングがあります。天窓は10年を目安として雨漏りの確認をするとよいでしょう。ちなみに天窓の寿命は25年~30年といわれています。

10年というタイミングを逃してしまうこともあるでしょう。その場合どうしたらよいでしょうか。

実は天窓をつくるメーカーは以前たくさんありましたが、今は撤退しているメーカーが多いのです。それはつまり、10年やそれ以上前に設置した天窓の部品がなくなっている可能性があるということです。業者への依頼が10年を過ぎてしまっている場合は早めに依頼するとよいでしょう。

天窓を設置してから20年以上経過している場合は、業者への依頼が困難なだけでなく、天窓の老朽化が進んでいる可能性が高いです。天窓が修理だけで終わらず交換する必要があるかもしれません。

まとめ

部屋の窓を設置するなら天窓を設置することはおすすめです。天窓にすることでたくさんのメリットがあります。天窓の採光性や換気性の高さは部屋での暮らしを快適にするでしょう。

天窓を設置するデメリットには、雨漏りの危険性があるということは知っておいたほうがよいと思います。設置する際には保証などがあるか確認するとよいかもしれません。

天窓の雨漏りのメンテナンスは10年が目安といわれています。天窓は製造メーカーが減っているため年月が経った天窓は部品がないなど、修理できないことがあります。まだ天窓の点検などをされていない人はできるだけ早めに修理業者に依頼するとよいでしょう。

雨漏り修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「雨漏り修理」をご覧ください。

急な雨漏りを速攻解決!

部分修理で低価格を実現!

※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。

雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

雨漏り修理 27,500円~
雨漏り修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

雨漏り修理の記事アクセスランキング

雨漏り修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧