瓦の葺き替え工事で出費を抑えたい!どんな屋根材を選べばよいか

2021.4.30

瓦の葺き替え工事で出費を抑えたい!どんな屋根材を選べばよいか

私たちが暮らす住宅は、丈夫な屋根によって守られているといっても過言ではありません。しかしその丈夫な屋根も、屋根材の材質や工法に応じたメンテナンスを行わなければ劣化してしまいます。万が一屋根が劣化したままで放置すれば、雨漏りするようになりそこから家全体を損傷することになりかねません。

そこで今回は屋根瓦の葺き替えに焦点をしぼり、屋根材の種類や工事費用を抑える方法について分かりやすくご紹介します。「自宅を新築してから長い間メンテナンスをしていない」とか「屋根が劣化して雨漏りが発生したことがある」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

葺き替え・葺き直し・カバー工法の違い

屋根瓦のメンテナンスには「葺き替え・葺き直し・カバー工法」といったものがあります。まずはこの屋根瓦の「葺き替え・葺き直し・カバー工法」とはどのようなものか確認しておきましょう。

葺き替え

屋根瓦の葺き替えとは一般的に、既設の屋根を解体もしくは撤去して、新しい屋根に葺き替えることをいいます。

葺き直し

屋根の葺き直しとは一般的に、既設の瓦屋根に取り付けられている瓦をいったん撤去して、屋根の下地を補強・修理などを行ってから、瓦を元に戻すといったやり方のことをいいます。

カバー工法

屋根のカバー工法とは一般的に、既設の屋根の大部分をそのまま残し、新しい屋根を上にのせるというやり方で屋根を覆うことをいいます。屋根カバー工法には多くの場合「軽くて断熱性に優れ、比較的錆に強い」という特徴の「ガルバリウム鋼板」と呼ばれる金属板が用いられます。

瓦からどの屋根材に葺き替えるか?

つぎに住宅の「瓦屋根」を「新しい屋根」に葺き替える場合は、どのような屋根材を選べばよいのでしょうか?じつはひと昔前と比べ、屋根材のバリエーションは増えており、その特徴もさまざまです。ここでは瓦の葺き替えに用いられる主な屋根材をいくつかご紹介いたします。

粘土系

日本瓦

特徴:昔ながらの日本家屋に用いられている日本瓦は、粘性のある土を成型し乾燥させてから高温で焼き上げて作られる屋根材です。
メリット:100年以上ともいわれる耐久性がある
デメリット:重量がある・耐震性が低い

金属系

ガルバリウム鋼板

特徴:ガルバリウム鋼板は「日鉄住金鋼板株式会社」の製品名であり、アルミニウム・亜鉛・シリコンからなる鋼板です。
メリット:軽量で耐震性に優れている・色の種類が豊富・安価
デメリット:耐久年数は40年程度と短い

銅板

特徴:銅板は、雨にさらされることで銅板の表面には緑青(ろくしょう)が出現し、銅の腐食を防ぐ効果が高まるほか、耐久性も高めます。
メリット:安価・錆びにくい・軽量・地震に強い・耐久年数は5~60年程度と長い
デメリット:やわらかい(加工しやすいというメリットでもある)

トタン

特徴:トタンの屋根にはつなぎ目が少ないという特徴があります。そのため雨漏りがしにくい屋根だといわれています。
メリット:安価・施工を早く完了することができる
デメリット:安っぽい印象に仕上がる・雨やあられなどが当たると音が響きやすい・耐久性が低い・断熱性が低いため夏場の熱気や冬場の冷気が屋内に伝わりやすい

スレート系

天然スレート日本瓦

特徴:「玄昌石」と呼ばれる石を板状に加工した屋根材です。日本では宮城県石巻市でしか産出されないため、一般的な天然スレートは、その多くが海外からの輸入品であるといわれています。
メリット:断熱性・耐候性・耐久性に優れている・高級感がある
デメリット:高価・割れやすい

化粧スレート

特徴:化粧スレートはセメントに繊維を混ぜて作られた屋根材です。注意すべき点として、西暦2000年以前に作られたスレート瓦にはアスベストが含まれているということがあげられます。そのため、古いスレート瓦が劣化して、アスベストが飛散するような状態であれば、人体に影響を及ぼす恐れがあり危険です。しかし2006年以降に作られたものにはアスベストは使用されていません。

化粧スレートは一般的に「コロニアル」とか「カラーベスト」という商品名で流通しています。また、化粧スレートは日本の屋根に最も多く用いられる屋根材であるといわれています。
メリット:安価・施工しやすい・軽量・耐震性に優れている・色の種類が豊富
デメリット:割れやすい・劣化しやすい・色褪せが顕著にあらわれる

セメント系

プレスセメント瓦(厚形スレート瓦)

特徴:プレスセメント瓦は主に、セメント・硬質細骨材などを原料として作られたモルタルの瓦です。
メリット:耐熱性に優れている・施工しやすい・色の種類が豊富
デメリット:メンテナンスを定期的に行わなければならない・メンテナンスを行わないで放置した場合は、カビやコケが発生しやすい・色があせる・変色する恐れがあります。

モニエル瓦(コンクリート瓦)

特徴:モニエル瓦は、プレスセメント瓦と原料は同じですが、セメントを用いる量が少ないという特徴があります。
メリット:日本瓦に比べると安価・耐火性に優れている・色の種類が豊富
デメリット:トタンや銅板に比べると重い

瓦の葺き替え工事の費用相場

つづいて瓦の葺き替え工事を行う際の費用はどれくらいなのでしょうか?瓦の葺き替え工事は、新しく葺き替える屋根のグレードや規模、また依頼する業者によって異なりますので一概には言い切れません。そのためここでは標準的なグレードに的を絞って、瓦の葺き替え工事の費用相場をご紹介します。

瓦の葺き替え費用のおおまかな内訳

・既設屋根材の撤去費用:約1,500円~3,000円/㎡
・下地の補修費用:約1,500円~3,000円/㎡
・新規屋根材費用:約5,000円~7,000円/㎡
・防水シートの施工費用:約500円~1,000円/㎡
・必要に応じて足場を組む場合は足場費用:約500円~1,500円/㎡
・棟や雨どいなど屋根材以外の設置修理費用:状況に応じて変動
・工事以外の交通費や運搬費などの諸経費:全体の工事費用の10%程度

屋根瓦の葺き替えを行う場合は、施工前の見積もり段階で上記のような内訳を算出してもらい、あらかじめ確認しておけば安心です。

      

瓦の葺き替え工事の費用を抑える方法

屋根瓦の葺き替え工事には、高額の費用がかかります。しかし劣化した屋根を放置しておけば、さらなる改修工事が必要になる恐れがあり、かえって高くついてしまうことも考えられます。そこで屋根瓦の葺き替え工事を安く抑えるには、どうすればよいのか見ていきましょう。

工事費用を安く抑える方法

・複数の業者から相見積もりをとって比較する
屋根瓦の葺き替え工事は、住宅の寿命を左右する可能性がある大切な工事です。そのため安さだけで決めることはできません。しかし複数の業者から相見積もりをとって、工事内容や、費用を比較することは有効です。相見積もりの内容を元に業者と交渉すれば、値引きをしてくれるかもしれません。

・屋根材や塗料のグレードを下げる
屋根瓦の葺き替え工事をする際は、つい「最高のグレード」を求めたくなるのが人情です。しかし施工した後に「あと何年程度の耐久性があればよいか?」ということを考慮し、状況に応じた耐久性の屋根材を選べばよいでしょう。

塗料の場合も、一般的なものに比べ光触媒などの高機能素材を用いた場合は、価格に10倍程度の開きが出ます。そうした点を十分考慮して屋根材を選びましょう。

・火災保険を活用する
もし自然災害によって、屋根瓦の葺き替え工事が必要となった場合は、住宅の火災保険を活用できる可能性がありますので、一度確認してみましょう。

まとめ

ここまで屋根瓦の葺き替えに焦点をしぼり、屋根材の種類や工事費用を抑える方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 近年では屋根材の種類もバリエーション豊かになり、選択肢が増えました。ご自身の生活状況と耐久年数などを考慮して、最適なものを選べばきっと満足のいく葺き替えができるでしょう。

家は大切な財産です。そしてその家を守る屋根の工事は、信頼できる業者に任せたいものです。もし屋根瓦の葺き替えを検討しておられる場合は、まず業者に見積りをとることからはじめてみてはいかがでしょうか?

屋根の葺き替えを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「雨漏り修理」をご覧ください。

急な雨漏りを速攻解決!

部分修理で低価格を実現!

※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。

雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

雨漏り修理 27,500円~
雨漏り修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

雨漏り修理の記事アクセスランキング

雨漏り修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧