屋根修理の悪徳業者|手口や詐欺被害にあわないためのポイントを解説

2021.4.30

屋根修理の悪徳業者|手口や詐欺被害にあわないためのポイントを解説

屋根修理で悪徳業者につかまらないためには、悪徳業者の手口を知っておきましょう。なぜなら、悪徳業者の手口には共通しているところがあり、知っておくと悪徳業者につかまる確率が少なくなるからです。

当記事では、悪徳業者の手口や悪徳業者につかまらないためのポイントについて解説しています。また、コラムの最後では屋根修理の相場も紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

屋根修理の悪徳業者の手口について解説

屋根修理の悪徳業者にはさまざまな手口があります。この章ではおもな4つの手口について解説していきますので参考にしてみてください。

突然訪問販売してくる

突然訪問販売してくる
突然家に訪問してきて、「無料で屋根を点検しますよ」といってくる業者には注意しましょう。そのようなことをいう業者が訪問しても、決して屋根には上がらせないようにしてください。

もしも屋根に上がらせてしまうと、「屋根が破損しているので、今すぐ修理しないと危険です」などと不安をあおり、強引に契約を結ぼうとしてくるのです。初めに無料で点検するといいながら、後から高額な修理費用を請求してくる事例が多発しています。

大幅な値引きをしてくる

キャンペーンやモニター価格などで大幅な値引きをしてくる業者にも注意しましょう。大幅な値引きをしてくる場合は、そもそも初めの費用が高く見積もってあった可能性があります。また、大幅な値引きをすると必要な人件費や材料費を削ることになり、手抜き工事をされる場合もあるので要注意です。

見積りが詳細に書いてない

見積書に「屋根工事一式」など「〇〇一式」と書いてある場合は注意しましょう。なぜなら工事内容や、施工費用、単位が明記されていないとどんな工事をおこない、どれだけ費用がかかるのかが不透明だからです。見積書の記載があいまいな業者は信用しにくいといえます。

契約をせかしてくる

「今すぐ直さないと危険です」などと不安をあおって、その日に契約させようとしてくる業者にも注意しましょう。悪徳な業者は見積りをした後にすぐ契約させとようとし、他社と比較する隙を与えないような場合があります。

屋根修理で詐欺被害にあわないためのポイント

屋根修理の詐欺被害にあわないためには、気を付けなければいけないポイントがあります。この章では、4つのポイントについて解説していきますので契約をする前に確認しておきましょう。

写真や映像で調査結果を説明してくれる

写真や映像で調査結果を説明してくれる
屋根は普段上がって見ることが少ないため、どのような状況になっているのかわかりません。そこで、写真や映像などを使ってわかりやすく説明してくれる業者を選ぶとよいでしょう。

しかしなかには、偽物の写真を使ってあたかも屋根が破損しているといってくる悪徳業者もいますので注意が必要です。屋根全体の写真を撮ってもらうようにして、自分の家の屋根かどうか確認しましょう。

見積りが詳細に書かれている

優良な業者かどうかを見極めるためには、見積書が詳細に書かれているかどうか確認することが大切です。工事に使われる建材の数量や単価などがきちんと記載されているか確認しましょう。

また見積書には専門用語が使われているので、項目の内容がわかりにくいといったことがあります。そのため見積書でわからないところがあれば、積極的に質問してみることも大切です。

アフターフォローがある

工事が終わっても定期的に点検をおこなってくれるなどの、アフターフォローがある業者を選ぶと安心でしょう。そういったアフターフォローが充実した業者なら、屋根に何かトラブルがあった際でも責任をもって対応してくれるのでしょう。業者を選ぶ際は、アフターフォローがあるかどうかをホームページなどで確認しておくのが大切です。

相見積りをとる

1社だけで見積りを出してもらうと、費用が高いのか安いのかわかりにくく高額な請求をされていても気づかないおそれがあります。複数の業者から見積りを取ることで、費用やサービスの比較ができるのでおすすめです。費用の相場や工事内容を見比べて、自分で納得した業者に依頼をしましょう。

屋根修理にはいくらかかるのか相場を知っておこう!

屋根修理の費用相場を知ることで、悪徳業者につかまる可能性も低くなるでしょう。見積りで出された費用が相場と極端に違う場合は、業者を選び直したほうがよいです。

・瓦のひび:約1万円~5万円
瓦がひび割れしたり欠けたりした場合は瓦を交換しなければいけません。

・瓦のずれ:約5万円~
瓦がずれてしまった場合は瓦を戻す作業が必要になります。

・棟板金の補修:約20万円~80万円
棟板金とはスレートや金属屋根の頂上にあり、屋根の面と面をつなぐ役割をしています。しかし棟板金が経年劣化してくると、釘がさびてきたり棟板金自体が浮いてきたりして雨漏りの原因になってしまうのです。

・葺き替え:約70万円~200万円
葺き替えとは古くなった屋根材を撤去し、新しい屋根材と交換する工法のことをいいます。また葺き替え工事の費用は、屋根材によって異なるということを覚えておきましょう。

・カバー工法:約80万円~120万円
カバー工法とは、既存の屋根材の上から新しい屋根材を重ねる工法のことをいいます。カバー工法には費用が安く抑えられ、工事期間が短いというメリットがあるのです。しかし、屋根材によって施工できない場合があるので気を付けましょう。

まとめ

屋根修理の悪徳業者にはいくつかの共通した手口があります。突然訪問販売してくる、大幅な値引きをしてくるなどの業者は避けたほうがよいでしょう。また、業者の見積書が詳細に書かれていない場合も注意が必要です。

優良な業者を選ぶためには、写真や映像を使って屋根の状況を説明してくれる業者や見積りが詳細に書かれている業者を選ぶようにしましょう。もし業者選びにお困りの際は、弊社までお気軽にご相談ください。

弊社では、屋根修理に対応が可能な業者のご紹介をしております。ご相談いただきましたら、お客様のお近くの業者を選定しすばやく手配してまいります。



急な雨漏りを速攻解決!

部分修理で低価格を実現!

※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。

雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

雨漏り修理 27,500円~
雨漏り修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

雨漏り修理の記事アクセスランキング

雨漏り修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧