谷樋の雨漏りは早めに修理をしよう!劣化原因や工事費用をご紹介

2021.4.30

谷樋の雨漏りは早めに修理をしよう!劣化原因や工事費用をご紹介

雨漏りは、谷樋の経年劣化が原因で起こることが多いです。そのため谷樋は、早めに修理や新たに交換することが大切です。谷樋は、屋根に流れてくる雨水を排水する役割をもっています。谷樋が機能しなくなると周囲の屋根材にまで雨水が及び、雨漏りの被害が広がってしまうのです。

この記事では谷樋が雨漏りを起こすくわしい原因とともに、修理や交換にかかる費用についてお伝えしていきます。DIYによる修理の危険性についてもお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

谷樋が雨漏りを起こす原因

谷樋は、屋根材同士の谷間部分に設けられた樋で、屋根に流れた雨水を雨樋に流す役割があります。谷樋には、谷板金と呼ばれる金属板が設置されています。谷板金の素材は以前まではトタンや銅板などが主流でしたが、最近はガルバリウム鋼板が増えてきているのです。

谷樋が用いられているのは昔ながらの瓦屋根から、スレート屋根や金属屋根とさまざまです。まずは谷樋がどのように雨漏りを起こすのか、原因を見ていきましょう。

谷板金の劣化

雨水が集まってくる谷樋には谷板金という金属の板が設置されていて、雨水が屋根の下に侵入するのを防いでいます。この谷板金は、強風などの影響で形状が歪んでしまうことがあるのです。谷板金が変形することで水の流れが悪くなり、排水しづらくなります。それによって水が本来流れない箇所に流れ、雨漏りの原因になるのです。

また、谷板金は金属でできているため雨水によってサビてしまい、穴が空くこともあります。その穴から雨水が屋根材の下地を伝うことで、雨漏りの発生原因となるのです。

谷樋のオーバーフロー

谷樋のオーバーフロー
谷樋の排水量を超える雨や雪が降ると、排水がスムーズにおこなわれずにオーバーフローを起こします。谷樋からあふれた雨水は屋根材へ流れていくため、徐々に水分によるダメージを受けます。この繰り返しによって谷樋だけではなく、屋根材自体の劣化につながり雨漏りを起こすことになるのです。

ほかにも、谷板金の上に落ち葉や台風などの強風に巻き上げられたゴミが溜まることがあります。溜まったゴミは雨水の流れを妨げてしまうため、オーバーフローを起こす原因となります。そのため、谷樋を年に1回は業者に点検してもらうとよいでしょう。

谷樋の修理をDIYでおこなうのは危険

谷樋の雨漏りが発覚しても、DIYで修理することはおすすめできません。慣れない方が屋根に自力で上がると、転落事故の危険性があります。

また、仮に屋根の上に問題なく上がれたとしても、シーリング材を使って屋根材と谷板金の隙間を埋めるなどの修理をおこなうと、かえって悪化するおそれがあります。谷樋を流れる水の方向が変わって、屋根材のほうに流れてしまうかもしれません。

そのため、谷樋が原因による雨漏りが起こった場合は、業者に依頼して新しい谷板金と交換してもらうことおすすめします。

・屋根によっては交換より屋根工事のほうがお得になることがある
谷板金の交換をするには、谷樋の両隣の屋根材を取り外す必要があります。瓦屋根の場合は瓦の取り外しが比較的簡単におこなえるため、そのまま交換してもらうことができるでしょう。

しかし、スレートや金属屋根の場合は一度取り外してしまうと屋根材として再利用することができません。そのため、既存の屋根材から新たな屋根材を被せるカバー工法で屋根工事をおこなったほうが、結果的に雨漏り対策もできるうえに費用を抑えられることがあります。

谷樋の修理・交換工事にかかる費用

谷樋の修理・交換工事にかかる費用
谷樋の雨漏り原因やDIYの危険性が分かったところで、続いては業者に谷樋の修理や交換を依頼した際にかかる費用についてお伝えしていきます。

【谷樋の修理・交換工事費用】

  • 部分修理……3万円以上
  • 谷樋の交換……約20万円~80万円前後
  • カバー工法をおこなった場合……約80万円~110万円前後

谷樋の交換は、前述のとおり屋根材の種類や状態によって大きく費用が変わります。そのため業者に依頼した際は、どのような工事で対応してもらうかしっかりと相談しましょう。

費用を抑えるコツ

雨漏りが続くことで、屋根材だけではなく内装にもダメージが及びます。雨漏りに気づいたら、できるだけ早い段階で業者に相談すれば、費用を安く抑えられるでしょう。また、これからお伝えする2点のことを業者に正式な依頼をする前におこなっておくことをおすすめします。

・相見積りをとる
業者に谷樋の修理を依頼する際には、1社だけではなく2~3社ほどから見積りをとりましょう。また、見積りはすべて同じ条件で提示することも大切です。

1社だけでは、見積書の工事費用が適正かどうか判断することが難しいからです。さらに平等な条件にすることで、同じ工事内容でも何にいくらかかっているかなどの費用の差を比較検討することができます。

・住宅瑕疵担保責任保険や火災保険が適用可能か確認する
もしもお住まいが築10年以内なら、住宅瑕疵(かし)担保責任保険(以下:瑕疵保険)が適用できるかもしれません。瑕疵保険は、住宅を販売する事業者が加入を義務付けられています。

新築10年以内で、住宅の構造上の欠陥による雨漏りだと判断されれば、買主から事業者へ補償を請求できます。事業者や住宅の売主に相談してみましょう。

また、台風や大雨などの災害後に雨漏りが発生しているなら、火災保険が適用可能です。一度、保険会社に問い合わせてみることをおすすめします。請求する際には屋根を撮影した写真や書類が必要となるため、業者に依頼する際は火災保険を適用する旨も伝えておきましょう。

しかし、火災保険は経年劣化が雨漏りの原因と判断されれば適用となりません。必ず保険の対象となるというわけでないためご注意ください。

まとめ

今回の記事では、谷樋が雨漏りを起こす原因や修理や交換にかかる費用についてお伝えしてきました。谷樋は、屋根から雨水を適切に排出するという重要な役割をもった部分です。

しかし谷樋に設置されている谷板金は金属製のため、サビなどが原因で穴が開いて雨漏りしてしまうことがあります。雨漏りは家全体の寿命にも関わってくるため、早めに谷樋の修理をおこないましょう。

谷樋の修理や交換は、DIYではなく業者に依頼するのがおすすめです。弊社は、谷樋など屋根修理に対応した業者と提携しています。お困りごとをお聞かせいただけましたら、最適な業者をご紹介いたします。まずは、お気軽にお電話ください。



急な雨漏りを速攻解決!

部分修理で低価格を実現!

※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。

雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

雨漏り修理 27,500円~
雨漏り修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

雨漏り修理の記事アクセスランキング

雨漏り修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧