FRP防水工事を詳しくご紹介!木造ベランダが不向きな理由とは

2021.4.30

FRP防水工事を詳しくご紹介!木造ベランダが不向きな理由とは

ベランダやバルコニーからの雨漏りを防ぎたいのなら、FRP防水工事がおすすめです。FRPはとても軽量な素材であるため、ベランダやバルコニーの床面の防水加工に最適だからです。しかし、木造のバルコニーには不向きなどのデメリットもあります。

このコラムではFRP防水工事について、メリットだけでなくデメリット、施工方法や費用についても詳しくご紹介していきます。FRP以外の防水工事にも興味がある方は、コラムの最終章もあわせてご覧ください。

FRPとは?

FRPとは、繊維とプラスチックの複合材です。繊維が内包されているので、プラスチック単体よりも強度が高くなることが特徴です。FRPは強度がありながら軽量で、防水性も高いため、以下のような用途にも活躍しています。

  • 家庭用の浴槽
  • 自動車のエアロパーツ
  • モーターボートやヨットなど小型船舶の船体
  • 住宅の貯水槽
  • 酸素ボンベ
  • 人工衛星

以上のとおり、FRPは知らないところでたくさん使われているのがおわかりいただけるでしょう。次は、このように汎用性の高いFRPのメリット・デメリットについて、ご紹介します。

ベランダやバルコニーで選ばれるメリット

ベランダやバルコニーで選ばれるメリット

FRP防水工事は、おもにベランダやバルコニーでおこなわれることが多くなっています。ベランダやバルコニーで選ばれるのは、以下のようなメリットがあるからです。

  • とても軽い
  • 強度がある
  • 工期が短く済む

FRPは軽量な素材のため、建物に負担を与えずに防水工事を施すことが可能です。そのため、耐震性が保たれるというメリットもあります。また、摩擦や衝撃にも強いので、劣化しにくいとされています。工期についても、FRPは塗ってからすぐに固まるという性質があるため、早ければ1~2日で済んでしまうのです。

木造のベランダには向かないFRPのデメリット

上記のようにメリットがたくさんあるため、どこにでもFRP防水ができると思われがちですが、不向きな場所もあります。それは『木造の建物』や『紫外線がよくあたる場所』です。なぜ不向きなのか、その理由は以下のデメリットにあります。

  • 伸縮性がない
  • 紫外線に弱い

FRPは強度は高いものの、伸び縮みできません。そのため、環境の変化によって形が変わってしまう木造のベランダなどではうまく対応できず、ひび割れてしまうことがあるのです。また、紫外線にも弱いため、太陽光があたる面積が広い屋上でもひび割れやすくなってしまいます。

木造や面積の広い屋上に適している防水工事については、このコラムの「FRP以外のベランダの防水加工」で解説していますので、参考にしてみてください。

FRP防水の費用と耐用年数

続いて、FRP防水の費用と耐用年数についてご紹介します。費用についてはあくまでも目安ですので、実際に業者依頼する際は見積りをとってしっかりと確認しておきましょう。

・費用:約6,000円~約8,000円/平方メートル
・耐用年数:10~12年程度

FRP防水は、ほかの防水工事と比べると費用が高くなっています。また、5~6年ごとに表面のコーティングであるトップコートを塗り替えるなどのメンテナンスが必要なので、維持費がかかってしまうことも頭に入れておきましょう。

FRP防水工事の工程

FRP防水工事は実際にどのような工程で作業が進められるのかについても、確認しておくことにしましょう。作業工程がある程度わかっていると、無駄な工程が含まれていないかもわかるので、安心して業者依頼することができます。

【工事工程】

〈1〉床をきれいに掃除し、機械を使って表面を平らにしていく
〈2〉下塗り材を塗布していく
〈3〉1層目にガラスマットを貼って、その上からFRP樹脂を塗布して密着させていく
〈4〉密着時に入り込む空気を、ローラーを使って抜いていく(脱泡)
〈5〉2層目も〈3〉〈4〉の工程を繰り返す
〈6〉最後にトップコートを塗って仕上げる

以上が作業工程となります。丁寧な作業をしてくれる業者であれば、脱泡作業のあとに機械を使って表面を滑らかにしてから、2層目を重ねてくれるはずです。業者によって多少方法に違いがある場合がありますが、おおむね以上のような作業工程となります。

FRP以外のベランダの防水加工

FRP防水工事は、『費用が少し高め』ということをご紹介しました。少しでも費用を抑えたいと考えている場合は、ほかの防水工事と比較してから決めるという手もあります。また、それぞれの防水工事は適している場所にも違いがあるので、その点も考慮しながら決めていくとよいでしょう。

そこでここでは、FRP防水以外の防水工事について3つご紹介していきましょう。

ウレタン防水

ウレタン防水

ウレタン防水は、ウレタン樹脂という液体状の防水材を重ねて塗装していく防水工事です。耐用年数は10年前後となっています。

・メリット:下地の材質を問わないため、どのような場所でも施工可能
・デメリット:紫外線に弱い、工期が長い、定期的なメンテナンスが必要
・費用:約5,000円~約7,000円/平方メートル

ウレタン防水の最大のメリットは、ベランダやバルコニー、屋上など施工する場所を問わないことです。液体状のウレタン樹脂はどのような形状でも施工しやすいからです。ただし、5年に1回はトップコートを塗り替えるメンテナンスが必要とされています。

シート防水

シート防水は、防水シートを貼り付けていく防水工事です。耐用年数は10~15年程度となっています。

・メリット:耐久性が高い、紫外線や摩擦に強い
・デメリット:平らな場所しか施工できない
・費用:約4,000円~約7,000円/平方メートル

シート防水にはおもに『塩化ビニールシート』か『ゴムシート』が使用されます。塩化ビニールシートは、紫外線と摩耗に強いという特徴があります。一方、ゴムシートは伸縮性が高く、温度変化に強い特徴があります。費用はゴムシートのほうが若干安いですが、紫外線には弱いため、メンテナンスの頻度が高くなることがデメリットです。

アスファルト防水

アスファルト防水は、熱で溶かしたアスファルトとシート状のアスファルトを重ねていく防水工事です。耐用年数は、15~20年ほどとなっています。

・メリット:防水性が高い、耐用年数が長い
・デメリット:施工時に煙やニオイが出る、施工できる業者が限られている
・費用:約5,000~約8,000円/平方メートル

アスファルト防水はアスファルトを溶かす際に専用の設備が必要となるため、ある程度広い場所でないと施工することができません。また、煙やニオイも出るため、集合住宅のベランダなどの密集した場所には不向きとされています。

ただし、煙やニオイが出ない工法もなかにはあるので、どうしてもアスファルト防水にしたいという場合は業者に相談してみましょう。

また、防水材を何度も重ね塗りしていくため、重量にも耐えられるように基盤がしっかりとしている場所が適しています。そのため、アスファルト防水工事はビルや学校の屋上などで多く施工されている防水工事です。

まとめ

FRPはその防水性の高さや軽量といった特徴から、ベランダやバルコニーの防水工事のほかにも、家庭の浴槽や自動車の外装などさまざまなところで使用されています。FRP防水は固まるのが早いので、ほかの防水工事に比べると比較的工事が早く終わることがメリットといえます。

ただし、伸縮性がないため、環境の変化で変形してしまう木造のベランダには適していません。また、紫外線にも弱いので、太陽光をもろに受ける屋上などの広い場所ではひび割れることがあります。

このように、FRP防水工事には向き不向きがあるので、実際に工事をおこなう際は業者の意見も参考にしながら決めていくとよいでしょう。

業者選びでお困りの際は、弊社まで相談ください。防水工事のプロをご紹介させていただきます。早朝・深夜問わず24時間、年中無休で営業しておりますので、いつでもお気軽にお電話いただけます。



急な雨漏りを速攻解決!

部分修理で低価格を実現!

※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。

雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

雨漏り修理 27,500円~
雨漏り修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

雨漏り修理の記事アクセスランキング

雨漏り修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧