ベランダのサッシが雨漏りしてしまった!原因と補修の注意点を解説

2021.4.30

ベランダのサッシが雨漏りしてしまった!原因と補修の注意点を解説

ベランダのサッシが雨漏りして、お困りではないでしょうか。雨漏りはなるべく早く対処しないと、カビの発生や建材の腐食の原因になってしまう恐れがあります。しかし、実際に補修作業をおこなうとなると、どこから手を付けたらいいのかわからない人が多いと思います。

この記事では初心者の人でも簡単にできる、ベランダのサッシが雨漏りした際の応急処置を解説していきます。ベランダのサッシからの雨漏りでお悩みの人は、是非参考にしてみてください。

ベランダのサッシから雨漏りをしていたらまずは応急処置

ベランダのサッシが雨漏りしている場合は、本来なら業者に修理をお願いしたほうがいいです。しかし、あまりに雨漏りが酷い場合にはすぐにでも対処したいと思われる人もいると思います。

一時的な応急処置方法として、窓の外に雨戸を閉めましょう。雨戸を閉めることで、サッシの隙間から雨水が侵入することを防ぐことができます。

雨戸がない場合は、ベニヤ板で窓をふさいで雨水が侵入しないようにすることもできますが、壁に木の板を打ち付けるのは難しいので、手軽にできる対処法ではありません。

ほかにも、サッシの隙間をビニールテープで防ぐという応急処置方法があります。粘着力の強い補修用のテープならはがれにくく、浸水を防ぐのに十分な効果を発揮します。

ベランダのサッシから雨漏りをしていたらまずは応急処置

もし応急処置をおこなっても雨漏りが止まらない場合には、タオルや市販されている吸水シートを敷いて床が濡れないようにするなどの対策を取りましょう。

ここまでで、サッシの雨漏りの応急処置について解説してきましたが、雨漏りの原因を把握してないと、正しい処置をおこなうことができません。次の章では、実際に雨漏りが起こる原因について解説していきますので、是非参考にしてみてください。

ベランダのサッシ周りで雨漏りが起こる原因

ベランダのサッシが雨漏りを対処する際は、正確な雨漏りの原因を知る必要があるでしょう。これから紹介するものがすべてではありませんが、実際に雨漏りが起こる原因を紹介していきます。

コーキングが劣化している

ベランダのサッシ周りで雨漏りが起こる原因

サッシの雨漏りの原因として多いのは、窓枠と外壁の隙間を埋めるコーキングの劣化が挙げられます。このコーキングは風雨や紫外線、雪などが原因でひび割れを引き起こしてしまい隙間ができることがあります。コーキングは、10年くらいが寿命といわれています。

窓と窓の間にすき間ができている

使用している窓が引き違いサッシの場合は、台風や暴風雨などで横殴りの雨が降ると窓と窓の間のすき間から雨水が入り込んで雨漏りの原因につながることがあります。

窓の上にある配管用の穴などからの浸水

窓自体に問題がない場合は、外につながっている配管や換気扇から雨水が入り込んでいるケースが考えられます。

ベランダでの浸水

窓がベランダに隣接している場合は、ベランダ内溜まった水がサッシから室内へ浸水してしまうことがあります。ベランダの排水溝やドレンにゴミなどが詰まっていて、排水がうまくいっていないことがあるので確認してみましょう。

外壁や屋根など、ベランダではない場所からの雨漏り

窓枠が取り付けられている外壁にヒビ割れができて、浸水することがあります。また、窓の近くに屋根がある場合には、屋根の雨漏りが窓にまで届いて浸水の原因になっていることがあります。

サッシの雨漏りを自分で補修するのは難しい

雨漏りを自分で補修するのは難しいです。自分で補修をおこなうと、逆効果になって雨漏りが悪化する場合があります。この章では、個人で補修するのがなぜ難しいのか具体的に解説していきます。

間違った補修方法は逆効果

例えば、実際に雨漏りしている箇所と違う場所をビニールテープでふさいでしまうと、雨水の逃げ道をふさぐことになってしまいます。逃げ道を失った雨水はそのまま別の箇所に浸水するため、さらに雨漏りを悪化させてしまうことがあるのです。

サッシの雨漏りを自分で補修するのは難しい

このように自分でサッシの雨漏りを補修するのは難しいため、雨漏りを発見した際は応急処置程度の作業で済ませて本格的な補修作業は業者に任せるようにしましょう。

雨漏り修理を依頼する業者を選ぶポイント

ベランダサッシの雨漏りの補修を業者に依頼するにあたって、どのようなポイントを基準にして選べばいいのか知りたいと思う人もいるのではないでしょうか。この章では、業者を選ぶにあたって重要なポイントを解説していきますので、業者選びの際の参考にしてみてください。

見積りの内容が明確

雨漏り修理を依頼する業者を選ぶポイント

業者に頼む上で重要なのが、見積もりの内容が明確であることです。見積もりが不透明だと、作業が進んでいくうちに、予想もしない追加料金が発生することがあります。料金のトラブルを避けるためにも、明確な見積もりを出してくれる業者を選びましょう。

実績がある

雨漏りの発生原因はさまざまです。そのため雨漏りの原因は特定しづらく、正確な対処方法をおこなうには経験と知識が欠かせません。雨漏りをしっかりと直すためにも、業者を選ぶ際は修理の実績があるか確認しましょう。

業者の実績を確認するには、口コミを参考にするのがいいです。実際に雨漏り修理をしてもらった人から、業者の技術力と雰囲気を具体的に知ることができ、業者を選ぶ際の参考になります。

また、加入している保険の内容によっても異なりますが、雨漏り修理は火災保険が利用できる場合があります。業者に修理を依頼する際は、火災保険が適応できるか相談してみることをおすすめします。

まとめ

ベランダのサッシが雨漏りしている場合は、速やかに応急処置をおこないましょう。雨戸を閉めたり、ビニールテープで窓の隙間を防ぐことである程度雨漏りを防ぐことができます。しかし、雨漏りの原因はさまざまで、原因を特定した上で正確に対処するのは難しいです。

また、間違った対処をおこなうと、雨漏りに被害が拡大してしまいかせん。そのため、ベダンダサッシの雨漏りの修理は業者に任せるようにしましょう。

業者を選ぶ際は「見積もりが明確であるか」「実績があるか」という点に注目して見てください。

雨漏りの修理には、火災保険が適応される場合があります。修理費が全額無料になることもあるので、雨漏り修理を依頼する際は保険が適応できるか一度業者に相談してみてください、

急な雨漏りを速攻解決!

部分修理で低価格を実現!

※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。

雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

雨漏り修理 27,500円~
雨漏り修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

雨漏り修理の記事アクセスランキング

雨漏り修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧