お掃除のコツ・裏ワザを紹介。身近なものを使って時短で簡単お掃除!

2021.4.30

お掃除のコツ・裏ワザを紹介。身近なものを使って時短で簡単お掃除!

生活していくうえで必要不可欠になってくるのが、掃除です。できれば毎日掃除したいところですが、忙しくて時間が作れないという方も多いはず。
また「こんなところどうやって掃除するの?」と悩んでしまう場所もあるはずです。
今回は、掃除をするには面倒な場所や頑固な汚れを、できるだけ簡単に時短で片づけられる「お掃除のコツ」を調べてみました。
掃除が苦手な方、掃除したいけど忙しくて手早く済ませたい方は必見です。

網戸掃除のコツはこれ。スムーズな大掃除の仕方

網戸掃除とはなかなか手をつけにくいもので、1年に1度やるかやらないかの家庭も多いはずです。
ですが網戸とは、見えにくいだけでかなりほこりや汚れがたまっているのです。汚れがたまると通気性が悪くなってしまうので、網戸掃除のコツを覚えて、頑張って掃除しましょう。

網戸掃除の流れとしては、
①ほこりを落とす
②洗剤で洗う
③乾かす

と、手順を見るだけでも簡単です。
用意する道具はこちら。

・掃除機
・スポンジ2つ
・洗剤
・ぞうきん4枚
・新聞紙
・セロハンテープ

まず、網戸についているほこりを落とします。
このときいきなり水拭きをせず、まずは網戸が乾いているうちに掃除機で取れるほこりを除去しておきましょう。あまり強く吸い込んでしまうと、網戸のたるみの原因になってしまうので、弱い力で吸いこんでください。
掃除機で吸う面の反対側に、新聞紙を当ててセロハンテープでとめてから掃除機をかけると、より細かいところまでほこりが取れます。少しでも室内にほこりが入ることを防ぐために、この作業は網戸の室内側からやったほうがいいです。

次は洗剤で網戸を洗います。2つのスポンジに洗剤をよく含ませて両手に持ち、網戸を挟むようにして洗っていきます。汚れが下にたれていくので、網戸の上のほうから洗っていってください。そのあとは固く絞ったぞうきんを両手に持ち、同じ形でやっていきます。乾拭きも同様に行ってください。
そして最後は、天日干しをして完了です。
網戸掃除のコツは、最初は網戸を濡らさないこと。濡れてしまうと網戸についたほこりが固まって、落ちにくくなってしまうからです。

サッシの溝掃除のコツはこれ。効率的な大掃除

網戸がきれいになったら、ついでにサッシ部分もきれいにしたいですね。サッシ掃除のコツも調べてみました。
ここで必要になる道具は、

・古い歯ブラシ
・竹串やつまようじ
・綿棒
・塗装用などのハケ

などです。ハケはなんでもいいですが、適度に硬さのあるものがやりやすいです。
まずはハケを使って、サッシについているこまかい汚れを浮かせていきます。髪の毛やほこりなどが引っ掛かるはずです。
次に汚れを掃除機で吸い取り、水で濡らした歯ブラシでよごれをこすり落としていきます。このとき、水だけで汚れはきれいに落ちますが、気になる方は重曹や住宅用洗剤などをお使いください。また、すきまには詰まったほこりは綿棒やつまようじなどで取り除いてください。
最後に水で汚れを洗い流します。ホースがない場合は、ペットボトルなどに汲んだ水を流すと周りにこぼれにくいです。
水を流すこと自体がむずかしいという方は、ぞうきんを固くしぼってしっかりと拭いてください。
      サッシの溝掃除のコツはこれ。効率的な大掃除

カビが生えている場合

  
カビも歯ブラシでこすれば落ちますが、根絶やしできたとは限りません。
そこで、サッシに生えたカビを除去する裏ワザを紹介します。

①片栗粉大さじ1と塩素系漂白剤大さじ1を混ぜ合わせて、洗剤をつくります。
②サッシに生えたカビの上に置き、5~10分ほど時間をおきます。
③最後は濡らした古布でふき取れば完了です。

通常のカビ除去剤よりも片栗粉のおかげで粘度が上がり、カビに密着するのでよく落ちるのです。

すき間に溜まったホコリの除去方法!細かな部分の拭き掃除のコツ

知らないうちにすき間にたまってしまうほこり。身近にあるものを使ったほこり掃除のコツを調べました。

①針金でできているハンガーをぐぐっと伸ばし、細長い台形にします。
②古くなったストッキングをかぶせて完成。

これを冷蔵庫の下などのほこりがたまっていそうな場所に差し入れると、ストッキングが静電気を起こして、たくさんのほこりが取れてしまうのです。
このようにほこりは静電気にくっつきやすいので、テレビの後ろやキッチンの隅など、プラグやコードがある場所にはほこりがたまっているはずです。
ほこりを除去したら、再びつけさせないようにすることも大切です。

静電気を防ぐとほこりはたまりにくくなる

  
ほこりがたまるのを予防する際に役立つのが柔軟剤です。直接床などに垂らすわけにはいかないので、スプレーボトルなどに分けて使いましょう。ほこりがたまりやすいところへ1、2回ほどスプレーしたら、固く絞ったぞうきんで拭いてください。
ただ変色の心配がある家具や、電化製品に直接スプレーすることは避けましょう。

浴室パッキンのカビ取り掃除のコツ。時間を有効に使うには?

浴室のゴムパッキンに生えたカビって、どうしても取れないですよね。
ゴムパッキンはやわらかいのでそこにできたほんの小さな傷に水分がたまってしまい、カビが増えてしまうのです。やわらかいのでゴシゴシこすることもできないですよね。

そんなゴムパッキンに生えたカビを時短で除去する裏ワザがあるのです。カビ掃除のコツは、サランラップにあります。

①ゴムパッキン用カビ除去剤をぬる。
②その上にキッチンペーパーをかぶせる。
③その上からさらにカビ除去剤をぬる。
④サランラップでパックする。

たったこれだけの手順でできてしまいます。このまま半日ほど置いてから、洗い流すという作業を3回ほどやれば、カビとはお別れできるでしょう。

水垢落としが面倒?簡単にする掃除のコツためしてますか?

水垢は、実はアルカリ性の汚れです。そのため同じアルカリ性の重曹や中性洗剤でなく、酸性のものでないと水垢は落とせないのです。
そこで役立つのが「クエン酸水」を使ったスプレー掃除です。

①水300ccに対し小さじ1~2杯のクエン酸を入れて、混ぜたらクエン酸水のできあがりです。
②クエン酸水をスプレー容器に移し替えて、浴室の鏡や蛇口など水垢汚れの気になるところに吹きかける。
③ゴムパッキン掃除のときと同じく、クエン酸水を吹きかけたところにサランラップを被せてパックする。
④2~3時間置いたらサランラップをはがして、スポンジでこすりながら水で流す。

以上の手順で、洗い流した時にはピカピカになっているはずです。
また、クエン酸の代わりにお酢でも同じ効果を期待できますが、すっぱいにおいが苦手だという方にはクエン酸を使うことをおすすめします。

水回りコーティングをするとどれぐらい違うのか

  
水回りのコーティングをすると、まず見た目がよくなり、ピカピカになります。
汚れや水垢も付きにくくなり、もし汚れがついてしまっても落ちやすくなるため、掃除が楽になるのです。さらに、はっ水性がよくなるためカビも発生しにくくなるなど、多くのメリットがあります。

最近ではお風呂やトイレのコーティングをDIYでする人も多くいるようです。DIYなら時間や手間はかかりますが、プロに頼むより安価に自分の好きなタイミングでできます。
その一方で、プロに依頼すると素人では手の届きにくいところや、見落としがちな場所など隅々まで対応することができます。費用よりも耐久性や仕上がりの美しさを重視したい方は、一度プロに相談してみてはいかがでしょうか。
      水回りコーティングをするとどれぐらい違うのか

まとめ

それぞれの場所や汚れに対して、お掃除のコツや裏ワザはさまざまです。掃除は面倒だと思われがちですが、コツをつかんでしまえば面白いくらいに汚れが取れたりするのです。
生活していく上でどうしても汚れやほこりというものは出てしまいますが、掃除の仕方を覚えて、うまく付き合っていかなくてはなりません。

水回りコーティングを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「水回りコーティング」をご覧ください。

水回りコーティングはプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

水回りコーティングのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

水回りコーティングの記事アクセスランキング

水回りコーティングの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧