断熱するには素材が大事。断熱材の種類と選び方を知って快適な家へ

2021.4.30

断熱するには素材が大事。断熱材の種類と選び方を知って快適な家へ

快適な家をつくるために必要不可欠なのは断熱材です。断熱材を使用することで、夏は涼しく冬は暖かくという快適な暮らしを送ることができるようになるのです。経済的にもお得な断熱材は種類も用途もいろいろあります。せっかく建てた家ですから、長持ちさせたいと思われることでしょう。断熱材の使用は、その長持ちさせるという部分にもプラスにはたらいてくれるのです。
断熱材の種類をご紹介するのと同時に、数ある断熱材の中からどのようなものを選んだらよいのかについてまとめていきます。

断熱材を設置するとどうなるの?

断熱が不十分であると、冬場であれば室内の温度機能が下がります。建物の断熱は室内と室外との熱の移動を遮断し、外の気温が室内に伝わりにくくしてくれます。そのため、断熱材をしっかり使用した家の中であれば、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。

また断熱することで、室内と室外の温度差からなる結露を防ぐこともできます。結露が生まれるとカビの発生が起こりやすくなるだけでなく、木材などが腐る原因にもなりますので、断熱は必要不可欠です。
断熱性能が高く、工事とともに設置することができるのが断熱材です。断熱材を使用することで、家族が快適に暮らす家になるかもしれません。

詳しい工事の仕方は過去コラム「電気代の削減にも繋がる!断熱工事で省エネ住宅に変身させてみませんか? 」に記載してあります。合わせて目を通しておくとよいでしょう。

断熱材グラスウールの真実!~誤解したままではもったいない~

断熱材の種類を確認しよう

断熱材にも種類には主に3つがありますので、順に見ていきましょう。

■鉱物繊維系
これはグラスウールやロックウールと呼ばれるガラス繊維の断熱材です。流通量がとても多いのが特徴です。その他の特徴としては、非常に軽いこと、耐火性が高いことがあります。このようなメリットがあるのに加え、他の断熱材と比較した場合に割と安く入手できます。また防音材としても使用することもできるのは嬉しい点です。
デメリットとしては、使い方によっては隙間ができやすいという事です。また吸湿しないように措置しないと、この断熱材そのものが欠損してしまったり、カビなどの原因になってしまう可能性もあります。

■発泡プラスチック系
硬質ウレタンフォーム、ポリスチレンフォームなどがあり、断熱性能が高いのが特徴です。気密工事も同時に行えますが、発泡プラスチック系はもともとの密度が低いので湿気を通しやすいです。また、ポリスチレンフォームは、発泡プラスチック系の中でも形状の自由度が高いのが特徴です。板状の形状をしているため、床断熱に利用されることが多いようです。価格は、同じ発泡プラスチック系であっても品質やものによって違いがあり、手の出しやすい価格の物から高いものまであります。

■木質繊維系
セルロースファイバーなどがあり、天然素材です。天然素材というだけで地球環境に優しいイメージがあり、使用したいと考える方が多いかもしれません。ただし価格が割高になる傾向があるようです。防音性と吸音性があるため、防音材としての使用にも適している素材です。

断熱材の選び方とは?

断熱性能を表す時に用いるのが熱伝導率[W/(m・K)]です。これは熱の伝わりやすさを表わす単位で、値が小さいほど熱を伝えにくいとされています。ですので、一般的にはこの熱伝導率で断熱材の性能を計ることが多いです。しかし、熱伝導率だけで性能を判断するというのはあまり得策ではないようです。

断熱材の性能を比較するときに【熱抵抗】という値にも注目するとよいでしょう。
【熱抵抗】は「厚さ÷熱伝導率」で求められます。このような式に当てはめて計算すると、熱伝導率に対して厚さの値が大きいほど、熱抵抗の値は大きくなります。熱抵抗が大きいほど、熱が伝わりにくい性質の断熱材という事になります。

熱伝導率と熱抵抗がともに、優れているものがよい断熱材だと言えるでしょう。
断熱材の種類は様々あり、用途も違います。ご自宅にあった断熱材を選ぶことで省エネな家をつくることも可能かもしれません。


【マグ MAG】 マグパワーポリカット 住宅用断熱材 密度(kg/m³) 高性能16/入数9 相当坪数3.5/100×390×2880mm [FV1610J390]
マグオランジュ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

断熱材を設置したら湿気対策を忘れずに

壁の内部に発生する結露を室内結露といいます。室内結露は断熱材を使用することによって気密性が高まり、内部と外部の温度の差が大きくなるために発生する現象です。このときに断熱材の中で結露してしまうと、断熱材が濡れてしまうかもしれません。

そうなると、断熱材が接触している木材は腐食ししてしまう可能性もあります。腐食すると家屋倒壊や傾きが起こる可能性もあります。またカビが発生してしまうと、健康被害も出る可能性もありますので、室内結露を悪化させないためには断熱材を設置するときに湿気対策もしっかり行わなければなりません。
また除湿器を用意してできる限り室内の湿気を取り除くとよいでしょう。他にも防湿シートを張ることも大事です。

 

まとめ

断熱材をしっかり選ぶことで、家を傷ませる原因となる結露を予防することにもつながります。断熱材には様々な種類があるので、適材適所の素材を選ぶことができなければ、逆に家を危険にさらすことになるかもしれません。また断熱材を使用しているのにもかかわらず経年に伴って室内に結露が多くなってきたという場合には、断熱材を交換する必要があるかもしれません。

もし、これから家を建てる方や夏も冬も快適に過ごしたい、でも冷暖房に掛かる電気代が気になる、というお悩みを抱えているのであればプロの方に相談するのが一番です。断熱工事で大事な住宅の断熱性能をアップすることができるかもしれません。

断熱工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番 」の「断熱工事 」をご覧ください。

断熱工事はプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

断熱工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

断熱工事の記事アクセスランキング

断熱工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧